<   2019年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

バンビ 進捗状況

12月の通常授業は、12/22日(日)までです。
平日組の生徒さんの年内授業は、第三週で終了します。


2019年11月30日 土曜日 晴れ

今日はバンビ母と面談です。
バンビ↓
f0024310_09280724.jpg
現在進学塾を休んで、大急ぎで復習をしています。(家庭塾には週1で来ています)

出した宿題を几帳面にやってくるので、9月から開始した4年生復習は予定通り4ヶ月間で終了の見込みです。

5年生は受験の肝ですから、この先、半年間は投じたいところ。

話し合いの末、復帰は(進学塾の)来年の夏期講習から、という方向にまとまってきました。

それまでは、シリーズの目次進行と志望校出る順単元を加味して配分時間を決め、学習をすすめていきます。

他の3科目(国理社)は、ネット授業で自宅学習し、どの程度定着できたかは、購入した「週テスト」で確認してもらっています。

ところが。

理社は何度も繰り返し同じ場面を見られるので、始めのうちこそ「マイペースで出来るから便利」と、喜んで真剣に向かっていましたが、そのうちなんだかダラダラのんびり。

結局算数以外は、誰もチェックする人がいない問題点がもろに現れはじめました。
(ママは小さい子に手がかかるので、チェックと言えどもあまりみてあげられない)

世の中の受験生のほとんどの人が進学塾に行く理由は、この部分にあると思います。

●先週真面目に取り組んだら、確認テスト得点がここまでアップした。
または
●こんなにのんびりしていては、順位はどんどん下がるばかりだ。
など。

周りを見ながら自分の位置を悟り、こんなことをしていてはダメだと自分を律する。

そういう点を鑑みれば、例えばとても経済的に豊かだから、全ての科目をそれぞれTOPクラスの個人の先生について、一対一で授業を行えばよい、ともいえないのです。

複数の中で、同じ目的に向かってこそ得られることがたくさんあります。

話をもどすと、バンビ母には
小さい子に手がかかるのはよくわかるが、たとえ一日に20分間でも良いから、あと半年は、理社の週テストの採点などに時間を割いて欲しい。
とお伝えしました。

相手が小学生の場合、母がかかわる効果は大きいです。

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2019-11-30 09:07 | バンビちゃん

来年度決まりました

12月の通常授業は、12/22日(日)までです。
平日組の生徒さんの年内授業は、第三週で終了します。


コマ数と生徒数が合っていないため、6年生以外の方はご希望回数に沿えず申し訳ありません。

表記数字は新学年です。
振替追加用のコマは「振・追用」とし、今までと同じ扱いです。

新しく変わったのは 赤のコマ「数学習」です。

本年度までは、数学習課題が達成できた時点でご連絡を頂き、双方の都合を加味して土日のどこかに入っていただきましたが、来年度はその余裕コマがありません。

そのため、数学習チェック(50分間・3千円)の日は、毎月下記表の赤2コマのみになりました。

この赤コマは、50分授業の生徒さんの振り替え・追加用でもあるので、場所が移動することもありますから、お申し込み前には必ずご確認をお願いします。
確認はこちらから→

「もうすぐ達成しそう」のときに、前もってコマのご予約をしていただいてもよいですが、「やっぱり無理そう」になった場合には、当日朝9時までにお申し出いただいたとしても、600円のキャンセル料金がかかることをご了承ください。

また数学習クラスの生徒さんからの「時間が余ったら、学校授業内容(または塾)の分からないところを教えて欲しい」というご要望には応じかねます。
(下記表内の固定生徒さんは除きます)

第一

第二

振・追用

数学習

第三

振・追 用

第四

数学習



クリックよろしくお願いします!




by youkosodesu | 2019-11-27 10:50

家庭塾史上 最若母

2019年11月26日 火曜日 曇り

産前産後の時期を挟んだため、初めてお会いするのが本日になりました。
f0024310_13460701.jpg
来年度からこちらに入塾する新小3母です。

一問一答方式で書きます。

私)こちらのブログはどのように探されましたか?

母)塾を探していたというよりは、算数の教え方で分からないところのヒントを得るべく、ネット検索していたら偶然ヒットしました。
そして、へーー、個人仕様でやってもらえるのか、と興味が湧きました。

私)現在公文を3教科学習中とのこと。お子さんもやる気満々でまったく嫌がっていないにもかかわらず、来年度から算数だけ取り止めて家庭塾に移行する理由は?

母)公文式を体験したことがない私から見ると、ずーっと計算ばかり。この先計算だけで大丈夫なのか、という心配が湧いてきました。

子どもは、やるべきことはさっさと片付けたい性格です。
だから、公文から帰って来たその日のうちに、次の学習日までに出された3科目の大量のプリント(50枚くらい?)を、夕飯も食べずにもくもくと全て片付けてしまう。(やっつけではなくきちんとやっている)

このことが悪いとは思わないが、日々配分して計画的に行う力を培って欲しいと思います。

そしてこのような、「やらなければ気が済まない呪縛」から、どうか解き放されて欲しいとも願っています。
これではこの先、生きてゆくのに大変になるのは目に見えているから。

また、何でも容易に上位に入れるので、「井の中の蛙」になるかもしれないという不安もあります。

プライドが高く負けず嫌いにもかかわらず、上手く行かなかったときに”なにくそ”ではなく、凹む方向に行くことも心配のひとつです。

限られた集団の中ではいつも上位でも、集団を変えれば「普通」になることなど、今後いくらでも出てくると思います。

そんなときに凹まない力も、受験勉強を通して育ってくれればうれしいです。

本日はありがとうございました。
では来年お会いしましょう。

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2019-11-26 13:26

剛君づくし+追記

2019年11月22日 金曜日 雨

ここ、東京都狛江市は朝から冷たい雨が降っています。

さて、剛君(中3)。

高校参考書も入手したので、もうちょっと剛君との学習を継続しようかな、と内心思っていました。

ところが新年度編成真っ最中の今、それは無理だと分かりました。

来年度は学年の偏りが顕著で、ほぼ小6で占められています。
ですから空きコマの関係で、やむなく1月末でお別れになることを告げるしかありません。
なにせ、本業は小学生専科ですから。

剛君の顔に珍しく感情が表れて、すごく不安に満ちた表情になりました。

道案内(私のこと)がいたほうが心強いのは、よくわかります。

でも考えてみたら、この先いつまでも家庭塾を続けるわけには行かないし、これを機に新しい個別を探してね。

ゴメンね、剛君。

本日の授業時
剛君) お母さんは、1月いっぱいで家庭塾が終わることを知っていました。

私)なぬ!? 何だってーーっ!!143.png 145.png 135.png
と言うことは見たんだね。
22日以降にこのブログを見たって言うことだよね。
だってそのことは、まだお伝えしてないんだから。

怒られたよね。
あなたのことボロクソに書いてゴメン。
こわいよーこわいよー。

しかし今までまったく見ていなかったのに、何で今頃急に見ようと思ったのかなぁ。

困った、ほんとーに困った。
f0024310_08291856.png
もう外を歩けない。

ところで、今日の授業は事前にずーっと勉強しておいた単元なので、自信満々で立て板に水の授業をしたところ、剛君はどうしたわけか、何度もあくびをかみ殺して眠そうだった。

やっぱりいつものように、自信無さ気でしどろもどろ風のほうが、危なっかしくて眠気も吹っ飛ぶのか。

クリックよろしくお願いします!





by youkosodesu | 2019-11-22 10:53 | 剛君

大好き先生

2019年冬期講習表→

12月の通常授業は、12/22日(日)までです。
平日組の生徒さんの年内授業は、第三週で終了します。


2019年11月17日 日曜日 晴れ
にゃんこ(小5)。
f0024310_18521301.jpg
に)(来るたびに)来年度も残りたい。こうなったら社会でもいいですよ。先生は地理は出来ますか?

私)・・・・・・

に)じゃ、歴史は?

私)・・・・・・

ここまであからさまに好意を表現してくれる生徒も珍しい。
思わず「月1ならいいよ」と喉まで出掛かるのをこらえる。

に)だってこの塾って楽しいから。
(何が楽しいんだか???)
せんせい、この後ほかに生徒来ますか?
(来ないけど)
今日はお母さんに帰りに室内に上がってもらって、何かお話をするって言うのはどうですか?

私)いえいえ、今日は特に喋ることないから。
じゃ、1月の最後の日にそうしようかな。

に)その日は先生に、手料理を振舞ってもらうっていう案はどうでしょうか。

この面白すぎる会話を、爆笑しながらお迎え母に告げると、

母)ほんとにすみません。この子は先生のお弁当ブログをすごく羨ましがって、「食べたい」と連発しているんですよ。

了解です。
最後の日は、お弁当出します。
こんなに好き好きって言ってもらってうれしいので、さいごに私からのお礼の気持ち。
ママもお腹すかせて来てねーっ!

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2019-11-17 19:38 | にゃんこ

ニャンツー ニュートン算

2019年11月17日 日曜日 晴れ

ニャンツーさん(小5)。
f0024310_19040706.jpg
進学塾ではいよいよ第13回のニュートン算、仕事算に入りました。
同じ日に2種類教えたようです。

ニュートン算は予想通り線分図を使いました。
「分かりにくいので、途中から聞いていなかった」と言っています。

そりゃー良かった。
なまじ半分くらい理解してしまっている状態だと返って混乱するから、100%分からないほうが、今日教えるのに都合がいいわ。

「算数担当先生の教え方は、難しくて分かりにくかった」と言っていますが、先生は四谷シリーズに忠実に教えただけなので、それは致し方ない。

小規模個人塾では、私と似通った教え方をしているところはありますが、大きい規模の塾や四谷準拠塾では、おそらくシリーズと同じにしないとダメなのだと思います。

しかしこんなに分かりにくいと言っている子が続出なのだから、シリーズは改訂版を作ったほうが良いと思います。

ところでニャンツーさんは、18問やったら、あっけなくできるようになりました。

でも、牛草の問題にはまだ手をつけません。
草が1日に生える量と牛が1日に食べる量は比が違うので、草の比を牛に合わせないと計算できないところが難しいところです。

もうちょっと練習を積んだらやろうかな。

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2019-11-16 19:01 | にゃんつー

2019年12月-1月 冬期講習表

【2019年12月-1月冬期講習表】

全コマ塞がりました。
ありがとうございました。
キャンセルが出ましたらお知らせいたします。

12/22

23

24

25

26

27

28

10:10

通常

4:10

通常

29

30

31

1/1

2

3

4

10:10

4:10

5

6

7

8

9

10

11

10:10

通常

通常

通常

4:10

通常

通常

通常



クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2019-11-15 22:53

お奉行様

2019年11月15日 金曜日 晴れ

ミルクちゃん(小5)は(鉛筆)削り奉行だ。

さぁ彼女が到着する前に、机周りを少しは綺麗にしておかないと。

鉛筆入れの中に赤ペンやらハサミ、ストップウォッチなどが投げ入れられている状態を手早く直し、到着を待つ。

さていつものごとくミルクちゃんは、到着するなり学習開始時刻までのつかの間、一心不乱に鉛筆ケースの整理整頓を始める。

まず全ての鉛筆を削る。
手回し型と、ミニ削り器の両方を長さに応じて使い分ける。
毎回やっているので、研鑽を積み、削り方もプロっぽくなってきた。
f0024310_12075466.jpg
その後小さい順に並べる。
ちょっとでも順序がくるってはいけないので、下に定規を当てて細かく高さをチェック。
f0024310_12080850.jpg
私)家でもこんなに几帳面なの?

ミルク)うぅん、全然。自分の部屋はぐっちゃぐちゃ。

ここへ来ると反射的に働くモードになるらしい。

そういえば「先生、もっと整理整頓したほうがいいよ」と、気働きの子がもう一人居た。
彼女が来ると全部やってくれた。
助かるというよりも、勉強時間に食い込んでいるぞーと、ヒヤヒヤしていたのを思い出す。
もう10年以上も経過したのね。

この子→

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2019-11-14 12:14 | ミルクちゃん

やまと まだ慣れていないのね

【2019年11月の振替&追加枠】→

2019年11月11日 月曜日 晴れ

やまと君(小4)です。
f0024310_09241296.jpg
お迎え母)男子が登場するブログを拝見し、うちの子だけじゃないんだといつも救われる気分になります。

私)ほんと、勝手に好き放題書かせてもらって、男子母たちには感謝感謝です。
でも今のところ、やまと君は普通ですけど。

お迎え母)慣れてきてすっかり安心したとたん すごいことになるので、それが怖いです。
まったく指示が通らず、鼻くそをほじったり走り回ったり。
いつそれが出るかとヒヤヒヤです。
週末勉強も、半分は拒絶することにエネルギーを使う始末なので、実際の勉強時間は微々たるものになってしまいます。

そういう理由で、家庭塾の先生とは気持ちが密にならないように、意識的にほどほどの間隔を置いて「前日申し込み」をしています。
だからまだ外向きの顔を見せています。

フ~ム。
やまと家は来年度通常授業をご希望されて「空き待ち」の状況ですが、では週一コマに空が出たとしても、ご案内はやめておこう。

そこへいくと女子はすごい。
どの年齢でも場の空気を無意識に瞬時に読み取り、余分なエネルギーは一切使わず、どんな話題にも適度に私に合わせる。

まさに大人と喋っている感。

性差は、こんなに小さいときから歴然としています。

さて授業のことです。
塾授業は、4年生下巻第13回に入りました。

割合の導入です。

割合に苦手感を持ったままの小6は、ここに戻れば回復できる侮れない重要箇所だと私的に思っています。

比べる量÷基にする量=割合
のような、3公式に当てはめればOKの文章題ばかりではありませんから。

1.公式当てはめ型の場合なら、基にする量の見抜き方
2.⑤が200人なら③は?みたいな相当算の考え方
3.「の」は掛け算と考えて処理したほうが、すぐに答が得られる型。
「の」があちこちにある場合は、どの「の」なのかを見つける方法

文章題がどの型に属しているのか判別が付けば楽になりますが、実際の受験問題は、1,2,3が絡んで出されます。

ママには、導入部分で判別をつける練習に力を注ぐようにお伝えし、躓き防止の独自プリントもお渡ししました。

ではまたほとぼりが冷めた頃に申し込んでね。

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2019-11-11 09:17 | やまと

剛君 集合は◎ 整式は×

【2019年11月の振替&追加枠】→

2019年11月10日 日曜日 晴れ

剛君(中3)。
f0024310_09063632.jpg
私)この前、たぶんママに怒られたよね。
「今日はあくびばかりして、半分眠っているような状態でほとんど授業を聞いてませんでした」と授業報告で告げ口をしたから。
で、すごく怒られた?

剛)いぇ、そうでも。

授業態度をちゃんとするように 叱ってもらいたいから書いたのではない。

この年代層は、 親の小言など効き目がないことは分かっている。

立場上、叱ってやらせる役目はこの私だと承知しているが、でも私は中学生には絶対に注意しない。
小学生とは違い、そのような子は申し込まなければよいだけだ。

ママからの絶大な信頼感を肌身に感じているが、結局剛君は自分が「やるぞ!」と思ったときだけ勉強するし、そうでもない時には常にボーっとしているから、私と成績は関連性が無いことを、母に分かって欲しいのだ。

90%は無関係。
残り10%のために来ているけど、それでもよい?と。

だからちょいちょい本当の状況を、挟むように伝えることにしている。

さて、中間テストの結果はいかに。

能力別クラスがアップしたにもかかわらず、集合は80%得点している。これはすごい。

一方、試験二日前に二人で必死に勉強した整式は、残念な結果だった。

ほらねっ。
だから関係ないんだってば。

しかし、最後の日に勉強した中の2問は得点していたので、もしこれが間違えたら、もっととんでもない結果になっていたから、チョッとは役立ったと言えるかもしれない。

科目全てのテスト解答用紙の塊をバサッと机に置いたので、いろいろ見ていたら、社会の記入箇所は、すごく読みやすくきれいな文字で書いているではないか。

そして90%得点していた。

心底ビックリした。

剛君はこの5年間近く、私の前ではどんな人物を見せているの???

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2019-11-10 09:00 | 剛君