<   2019年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

【2019年冬休み募集コマ】

【2019年冬休み日程表】

お申し込みは11月15日金曜日夜9時から開始いたします。

数学習チェックご希望の方は、受験生授業の前か後に入っていただきますので、適宜ご連絡をお願いします。

なお、12月授業日のキャンセルによる振替先は、別途振替コマからお選びください。 
(12月の振替コマは11月20日前後にアップします)

22

23

24

25

26

27

28

10:10

通常

17

1

3

5

7

4:10

通常

18

2

4

6

8

29

30

31

1/1

2

3

4

10:10

9

4:10

10

5

6

7

8

9

10

11

10:10

11

13

15

通常

通常

通常

4:10

12

14

16

通常

通常

通常


クリックよろしくお願いします!




by youkosodesu | 2019-10-29 10:08

「今日で終わり、さようなら」的なことを言われたあの日

【2019年11月の振替&追加枠】→

2019年 10月25日 金曜日 雨


ここでは「今日で終わり、さようなら」的なことを言ったのは保護者のほうで、私ではありません。

この生徒さんに関しては、一度もブログでは触れていません。

家庭塾に入ってきたのは4年生のとき。
通っている進学塾で下位に固定されたクラスをなんとか脱したいと、お母様が当塾を探されました。

ところが計算力、文章題の理解度からみても、塾から出された宿題をこなすどころか、むしろ(公立)小学校の授業内容のおさらいが必要な状態でした。

ある日、該当生徒さんが漏らした塾の授業に対する感想を聞いてぎょっとなった。

「日本語だということは分かるが、何のことを言っているのかさっぱり理解できない」

5年生になり学習内容が佳境に入ると、更に段階を経て教える必要性が出てきたため、下位クラスを脱するための勉強を望む母の要望に応えることは、ますます難しくなってきた。

学習ご報告では、「コレコレこのような理由で、依頼された20%しか出来ませんでした」と、そのたびごとに釈明することが重なってきた。

塾の宿題の手助けが目的で家庭塾に入ってきたので、母が私のやり方に不満を持つのは無理もないことだと思う。

だから学習前日には「明日は宿題を全部終わらせて欲しい。基礎にこだわって次のレベルに進ませないから、かえって出来るようにならないのでは」という主旨のメールがたびたび送られて来た。

上辺だけさらったって決して出来るようにはならないという私のやり方と、母の意気込みの板ばさみで本人は辛そうだったが、それとは別に、家庭塾に来れば分かることが少しずつ増えるので、そのたびにうれしそうな笑顔を見せてくれた。

私はその笑顔に魅せられて、決定的なことを告げるのを先延ばしにしていた。
告げたら辞めてしまうのは分かっていた。

しかしこのままでは、伸びる学力も母の反発で潰されてしまう。
正しい勉強のやり方をすれば、ゆっくりかもしれないが伸びることはいくらでもある。
ある日、私はとうとう本当のことを告げることにした。

「個別塾(個人塾)の使命は、保護者のニーズに応えること」が覆った瞬間だ。

●あなたが思っている以上に、お子さんの学力は危うい状況にある
●学校の勉強をおさらいした上で、基本問題が正解できることを目標にしよう
●塾から出された宿題を、全部片付けるのは無理だから諦めること
●塾ではなく、まずは小学校のテストで80点を目指そう

私の予想通り「他の個別を探すことにしたので辞めます」とご連絡があり、5年生の夏前に、その子は私の前から消えた。

ここまで方針が違う私に不満を持ちながらも、すぐに辞めさせなかったのは
●お子さんが家庭塾を楽しみにしていたこと
●確かに少しずつできる部分が増えて、それが自信につながっていたのが感じられたこと
●お子さん自身が辞めたくないと強く主張したこと
ではないかと思います。

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2019-10-25 12:48

サトシ 言い返す

【2019年11月の振替&追加枠】→

2019年 10月24日 木曜日 晴れ


サトシ君(小5)。
f0024310_11140870.png
よその子が褒め称えられるブログって、見ている人にとってそんなに面白くはないだろうなぁ、と自分的に思っているので、話題に困らない数名の貴重な常連さんを除くと、何を書いてよいものやら・・・・。

だからサトシ君に「何か面白いこと言ってよ」と、しょっちゅう頼んでいるのですが、礼儀正しく静かめ男児を貫き通しています。
学習内容は予定通り進んでおり、特に書き記すことも無いし。

ところが口だけは達者なので、静かに礼儀正しく頻繁に言い返してくるため、ある日の会話を思い出しました。

ある日、(学習内容での)何かで行き詰まって二人で考え込んでいたとき、

サトシ)先生が舌打ちしてどうするんですか。

私)えっ!?
してないよ。舌打ちなんて。

サトシ)いや、やりましたよ。だって聞こえたんだから。

私)あー、それはさっき食べたニラが歯に挟まっていたので、取ろうとしたときの音だと思う。

サトシ)・・・・へー・・・・

この反応は信じてないよね。

帰り際、玄関まで送るとき被せるように、

私)ねぇ、ホントにやってないから。私は舌打ちする人間が世の中で一番嫌いなんだから。わかった?

サトシ)大丈夫ですよ、お母さんには言いつけないから。

そう言い捨てて、「弁解お断り」のようにドアをバタンと閉めて、さっさと帰ってしまいました。

ということは、信じていない上、ここでのいろいろな会話を逐一母に報告している?

その時、サトシ君との会話は今後気をつけなくちゃ、と思ったものの、すぐに忘れていつも通りに戻ってしまいました。

「こんなとんでもない先生だったのか。辞めさせる」になった場合、受け入れる覚悟は出来ています。どなた様にも。

悲しいけど。

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2019-10-24 11:05 | サトシ君

辞めたくない

【2019年11月の振替&追加枠】→

2019年 10月23日 水曜日 晴れ

にゃんこちゃん(小5)です。

にゃんこは私のことが相当好きらしいです。

に)5年生全員に来年度の予定を聞くメールは、なんで私のところには来ないんですか?

私)にゃんこは来年の1月で辞めるからだよ。

に)月イチでもよいから残りたいです。先生が算数を教えられないのなら、理科でもいいですよ。
(えっ、それはもっと無理なのでは・・・)

私)お別れの日には隣の和室を見せられるように、事前準備しないと。(と、話を逸らす)


中途半端な時期にもかかわらず退塾をお勧めした理由は、下手に裏技など教えた場合、今通っている塾とやり方が違うことで、返って混乱を招く恐れを感じたからだ。
実際、この塾の解法は四谷系とはまったく違っている。

4年生からのテキストを見て前々から感じていたものの、来ることをとても楽しみにしている様子を見て、ぐずぐずと結論を先延ばしにしていたが、この7月のある日「もうストップしたほうが良い」と直感し、お迎え母を部屋に招き入れ、その旨伝えることにした。

数学習からの流れで何となく残留することとなったが、結論を言うと、この子にはセカンド塾は不要です。

この日のことを、にゃんこはすごくよく覚えていて、

ブログを見ると、先生は即「今日で終わり、さようなら」的なことを誰にでも告げるけど、それって言われる側は見捨てられた感が残るから、言い方を変えたほうがいいと思います。

へ~、なるほど。
でも内容の受け止め方の食い違いを防ぐため、ズバリ芯の部分のみ伝えるようにしていると、このようになる。

本人やご父母から辞めたいという申し出があった場合以外は、私から小学生を断ることは無いです。

与えられたこの子に逃げずに向き合うことは、私にとって次なる展開につながると思っているので、理解にすごく手間取る子、うるさくて手がかかる子など屁のカッパ。

高校範囲に入ってしまった剛君すらも、何とかなる、出来るかも、と思い直して継続することに。

出来そうなことは自分で分かるので、スケジュールさえ許せば断りません。

しかしにゃんこの場合は。
次の(1ヵ月後の)授業日までに進んだ4単元に、いったいどれだけの準備時間を要するのだろうと想像すると、やっぱり無理なことに手は出すまい。

にゃんこちゃんは無類の本好きで博識です。
毎度いろいろな本情報も教えてくれます。
f0024310_11195144.jpg
さらに、1か月分たまりにたまったいろいろなことを喋り尽くします。
f0024310_11182690.jpg

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2019-10-23 11:23 | にゃんこ

海外と数学習

【2019年11月の振替&追加枠】  
11月は私立中学の文化祭、各塾の実力テストが目白押しです。
また、11月23日(土)は祭日に当たっていますので、この日の学習予定者で、ご都合が付かない人は予め振替をお願いします。

2019年 10月20日 日曜日 晴れ

先日面談にお越しになったドイツ在住のお嬢さん(小4)と、通信で数学習をすることになりました。

LINE電話で、実際に課題に取り組んでいる様子を写してもらい、合格を確認したら次なる課題を送信するという方法です。

通信料も無料の上、進行を小刻みに確認することが出来るため、これはすごく良い方法だと気付きました。

単調な計算練習をたくさんやらせるのは、当事者が納得していない場合、さぞ辛いことと思います。

そこでこのような計算練習を、違うやり方でやり尽くす方法を考えたのが、この「数学習」メソッドです。(各課題は15~50問)

最終課題までひっぱるコツは、「うんと簡単な箇所」で「ありえないくらいのスピード力」が付くまで、次のところに進ませないことです。

簡単な場所とは1,2,5,6,7,8,9,11,13,14,15,16を指します。
いきなり苦手なところから始めるのではなく、5から順を追ってクリアしないといけません。
ここが120%になったら、他の課題はそんなに意識しなくても、自ずと速くなっています。
さらに制限時間も緩やかにしていますから、気分的にはよりいっそう楽になっているハズです。
大変なのは1~16です。
でもここさえ通過すればもう大丈夫。

ほか、赤字は受験に最も関係するところです。

内容

1

九九 上から

2

九九 下から

3

ばらばら九九

4

逆算

5

足して10 

6

10から引く    

7

1桁+1桁

8

1桁-1桁

9

繰り上がりある

1桁+1桁

10

素数を覚える

11

繰り下がり引き算 

12

真ん中ゼロ引き算

13

割り切れる割り算 

14

余りの出る割り算 

15

割り算筆算 

16

割り算筆算(余り)

17

真ん中0割り算

18

小数点割り算筆算

19

単位換算 

20

四則計算

21

小数⇔分数

22

平方数 

23

途中に□の入る

四則計算

24

結合の法則

25

仮分数⇔帯分数

26

同分母分数の加減

27

異分母分数加減

28

約数を出す 

29

約分

30

分数乗除

31

線分図の描き方

32

縮尺計算

33

3,14のつく計算暗記

34

相当算のとき方


数学習は平均して
小2なら18ヶ月
小3なら12ヶ月
で受験に必要な全ての力が付けられます。

こちらに通う方は、1~3ヶ月に一度チェックに来ていただき(1回50分3千円)、終了までに10回から13回通って卒業(終了)していきます。

それを鑑みて通信の料金を算出しました。
小刻みに課題を出してチェックしていきますので、通信(チェック)回数は30回前後になります。
金額は終了まで一括払いで4万円(入塾金1万円含む)です。

●世界中に散らばっている小2、小3
●日本国内にお住まいの小2、小3
で、この学習に興味のある方のご連絡をお待ちしています。

クリックよろしくお願いします!




by youkosodesu | 2019-10-20 20:43 | 小学生版・数学習クラス

高校数学

2019年 10月20日 日曜日 晴れ

剛君の授業用に買ったのはこれ。

f0024310_10524550.jpg
説明を読んだらすぐ次のページに問題が準備されていて、今のことが理解できたかを自分で確認できるようになっている。

解説ばかりが続くと、どんどん読む気がうせてくるので、これは良い。
といってもこれは剛君用ではなく、あくまでも私の勉強用です。

分かりやすくてとてもよい参考書なので、高1ですっかり数学離れを起こしてしまった生徒や、前倒し授業が前提の私立中学生は、有力な選択肢に加えてください。

アマゾンで(その1)は1円でした。(その2)は300円~400円の間。

これで高校数学指導に自信が持てたら、中卒・高校中退者を対象に「高卒認定試験」対策希望者を募ろうかな。

でもそれを希望する人は、「ようこそ狛江の家庭塾」のブログを見つけないとおもうので、高校数学は剛君で終了する公算が大きいのが残念。

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2019-10-20 11:06

計算大会に向けて

2019年 10月17日 木曜日 小雨

在塾生保護者様から、
「手間取っても、式を工夫せずそのままやってしまう。本人が納得する上手な説明の仕方が分からない」というメールを頂いたので、ブログ上でお答えします。

9234-(656+234)
工夫することと、その考え方を学ばせるところです。

ですからカッコの前が-なら、カッコを外したときに+が-になる、のような機械的な説明をしてはいけません。


まず数字を簡単にして考え易くする。
1000円-(ノート80円+チョコレート50円)で考えよう。
店で、買ったものを並べて1000円を出せば、おつりは上の式になります。(消費税のことは考えない)

次に
1000円-80円まで店のおじさんが計算を始めたところ、横にあったチョコも追加して買ってしまった場合、最後に50円を引けばよいだけだから1000円-80円-50円。
買ったものをまとめて引いても、順番に次々引いていっても、結局つり銭に変わりはない。

だから
●1000-(80+50)
●1000-80-50
この2つの式は同じことだよ。

さて本来の式に戻ります。
9234-(656+234)

始めにカッコの中について。
足し算は3+5でも5+3でも同じだね。
だからカッコの中の数字を入れ替えよう。

ここで、「何で?」という質問があったら、「似た数字は近くにあったほうが計算しやすいから」と答えてください。
ついでに「出題者はこのことに気付いてもらいたいと思っているんだよ。だから似た数字が出てきたら、なにか工夫できないかなーと着目して考えてみよう」と付け加えると良いです。

9234-(656+234)
カッコ内数字入れ替えて

●9234-(234+656)
まとめて引いても、順々に引いても変わりなかったよね。だから
●9234-234-656
=9000-656=8344

ねっ、こういうふうに計算したほうがずっと楽だよ。

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2019-10-17 22:37

約数出しのやり方説明

【2019年10月の振替&追加枠】  

2019年 10月16日 水曜日 晴れ

先日の大嵐の日が学習日だったので、結局その日はお休みとなりました。
そこで、次回までの学習日にやっておくことを、文章題とは別に送ることにしました。
それがこの約数出しの課題です。

この生徒さんはこの秋から通うことになったため、もちろん数学習もやっていません。

「計算のテクニックを知らないこと」、「速度が遅いこと」に関しては、遅ればせながら毎回の学習日に少しずつ追い上げて補充しています。

ではご質問のあった「約数出し」のやり方を、ブログ上でお伝えします。
f0024310_11355095.jpg
f0024310_11391051.jpg
知っていて、さらにそれを十分使いこなせていないと、とても手間取ることがたくさんあります。
その代表格を挙げます。

●逆算力→還元算で必要
●約分力→分数乗除処理で必要
●結合の法則

今回載せた「約数出し」は約分に関係しますので、相手がすぐに出るまで練習してください。これにも制限時間があります。

受験勉強は、進学塾に通塾開始した時からいきなり始まるのではありません。
それでは子どもにとって負担が大きすぎます。

かといって、学年相当よりも少しだけ難しめの文章題を、数多くやればよいというのでもありません。

親御さんはどうしても計算よりも文章題を上と見る傾向があります。
確かに生半可な計算力では、その解釈はあながち間違ってはいません。
(生半可な力とは「やり方は知っている。だけど2,3割はたいていミスをする」程度の計算力を指します)

進学塾に入るまでに、受験で使う計算部門を最強のものにしておこう!
最強とは、文字通り最強です。

スピードと正確性で、本気を出した父母にも負けない力、または、どんな難しい計算も最速ノーミス。

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2019-10-16 12:02

タケ 近況

【2019年10月の振替&追加枠】  

2019年 10月14日 月曜日 雨

タケ君(小5)。
小学生部門の男児王者はこの子です。

秋になり、学習回数を減らし、週1回となったタケ君の様子はどうなったでしょう。

とにかく、問題個数をこなすことに集中し始めたことは、一歩前進です。

前はそれすらも格闘のようでしたから、やれやれです。
ただそれは、自分の気に入った問題に限ります。

苦手箇所に遭遇するとストレスを感じ始めるのか、注意深く接しないと思いがけない砲弾を浴びることになります。

言語能力が格別優れているため、小学生にありがちな「おまえのかーちゃんでべそ」的なことは一切言わず、「よくこんな言葉知っているなぁ」とともに、子どもとは思えぬ論理展開を繰り広げ、立て板に水で私をやり込めてきます。

その時の私の胸中はこれ。

f0024310_08291856.png
血は吐いていません。
実際には涙&ヨダレなのでこっち↓
f0024310_08294143.png
そういう訳で、この子を不機嫌にさせたくありません。

ところがそのタケ君が、今日から変わりました。

なんと、私に対して敬語(いや、丁寧語)を使い始めたではないですか。
帰国子女だから敬語が使えないんだと思っていたので、1年以上経った今頃なぜ?とギョッとしました。

さらに、「わかんない。説明して」(こういうときには丁寧語は使わない)もそこに加わりました。

あれっ、あれあれ?
おとなしい・・・・。

私)どうした?
頭でも打った?

タケ)頭は打っていません。
でも下校途中、左膝を強くぶつけました。ホラ、ここ。(確かに青あざが)

膝と脳はつながっているのだろうか・・・。
f0024310_08352340.jpg
このブログは母たちのご厚意により成り立っています。
ありがとうございます。

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2019-10-14 08:44 | タケくん

またまた剛君

【2019年10月の振替&追加枠】  

2019年 10月13日 日曜日 晴れ

剛君(中3)。
突っ込みどころ満載なので、どうしても剛君のことばかりになってしまいます。

男児母たちのご厚意ご協力の元、このブログは成り立っているようなものです。
特に剛母様はまったくブログを見ないので超気楽。

先週「今日で終わり。月謝は返す、さようなら」と告げて目を白黒させてしまったので、責任を取り、今日までに何時間かを投入して「集合」「整式」を事前勉強しておきました。

集合の単元は6つの記号と意味を覚えさえすれば、あとは計算も不要だし、簡単なゲーム感覚で正解してしまうのですが・・・。
この数字はベン図のどの場所にはいる?じゃぁこっちの数字は?
のように仕分けすればよいだけです。
(1)a∈A(要素)

(2)A⊂B(部分集合) 

(3)A∩C(共通部分)

(4)A∪C (和集合)

(5)Φ(空集合)
(6)Aバー (補集合)


きっとこういうのを覚えるのは拒絶するんだろうな。
剛君の脳内が手に取るように分かります。

さて、どうなるか授業をやってみましょう。
剛くん、(学校の)授業中こういうのを描いている場合じゃないよ。
f0024310_22023756.jpg
f0024310_22030498.jpg
全部が似たような記号だから、区別がつきにくいのは分かるけど。

ダメだぁ・・・・。
私が喋れば喋るほど、あくびをして眠そう。
どうしよう、50分なんてあっという間だ。

次は1週間後だよね。
その間に、更にまた分からないところが溜まってしまうではないか。

(1)から(6)の集合記号と意味をたった今メール送信しましたが、きっと見てもくれないんだろうなぁ・・・・。さみしくむなしー。

おっ!?
珍しく返事が来ました。私のメール見たのね。
件名が「覚えて」だったので、何を?と興味を持ったのかもしれません。


クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2019-10-13 22:32 | 剛君