<   2019年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

習ちゃん 小6

夏休み残りコマ→

2019年 7月29日 月曜日 晴れ

習ちゃん(しゅうちゃん・小6)です。
f0024310_20590706.jpg
6月の始め、お母様から学習ご相談の面談お申し込みがありました。

ご長女(高校生)が受験生時代から家庭塾の事はご存知で、ブログを見てくださっていたということです。

当時習ちゃんが小さかったため、電車を乗り継いで来訪する事は叶わなかったと仰っています。

お話も終わり、いよいよ帰る段になって「今後受験までの期間、先生にみて貰いたいのですが、どこかに空きはないのでしょうか」と仰ったので、「通常の空きはないのですが、夏休みにはぜひどうぞ」とお誘いしました。

家庭塾の生徒さんは2種類の塾から来ているため、夏期講習日が重なって、その間閑古鳥状態なので、こちらとしても願ってもないこと。

習ちゃんの通う塾は、このあたりには1校もないので、きっと夏期講習の日が重なる事はないだろうと想像しました。(実際には重なっていました)

習ちゃんは夏休みのある日やってきました。
初回なので、お母様が右側に同席しています。

とてもかしこまって緊張していましたが、この程度は想定内です。

突然私の携帯に着信が。
ちらりと見れば0120から始まる番号なので、何かの勧誘なのか。

でも反射的に電話に出てしまったので、無視するには既に遅し。

30歳から40歳ぐらいの女性の声です。
とても感じのよい人だなぁ、と思いました。
雰囲気って大事です。

私に分かるようにゆっくりゆっくり喋っています。
「ガラケーを買い換えませんか」のような内容だったと思います。

今、来客中です。
確かに真実ですが、世間では断る常套句でもあるので、これを言うのは本当に気の毒になりました。

今、来客中ですので、あなたがすごく早口で内容を一気に伝えてくださるか、1時間後に掛け直して下さい、と伝えると、習ちゃんとお母様はお互いに顔を見合わせて声を殺して笑っているではありませんか。

ふーん、この内容って笑うような事なんだ・・・・・。

私はいつもこういう事言っているけどね。

その後のメールには、「あの電話の応答で、娘は先生に親しみを感じ、一気に緊張が解けた」と書かれていました。
人は、なにでどうなるか分からないものだなぁ、と不思議な気分です。

その後、きっちり1時間後に電話は掛かってきました。

そのときには特に用事がなかったので、彼女の話を聞くことにしましたが、いきなりの電話お勧めで決めるのではなく、家電量販店にも出向き比較検討したいです、と丁重にお断りしました。

最後まで感じのよい人でした。

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2019-07-29 20:57

宣伝ですが、本当のことです

夏休み残りコマ→

2019年 7月28日 日曜日 晴れ

最近数名の高学年が、単発的に夏期学習に来ている。
週生徒ではない為、1学期はポツリポツリと顔を合わせるに過ぎなかった子たちだ。

この子達の偏差値は、現状よりも、簡単に5は上げる事ができると見た。

理解もよい。
記憶力もよい。
それなのに、計算がおぼつかないのだ。

計算ミスが多発、とはちょっと違う。

高学年は約分処理があちこち必要だが、とにかく最大公約数がすぐには出てこない。
それと、知っておくべきテクニックを持っていないため、とても手間隙がかかっている。

もう少し詳しく言うと、
難しい文章題でも、式は短時間で的確に立てられるものの、途中過程の計算になったとたん、(間違えないように)格闘している感じだ。

途中計算は、「ささっと処理」でお願いしたい。

慌てて必要最低限の課題プリントをお渡しするが、塾の宿題に阻まれて余裕がなく、進んでいるとは言い難いことと、今まで長い事そのやり方で通してきたのが習慣となって、なかなか訂正が効かないのだ。

数学習は、受験に直結した事だけ完璧にすることを目的としています。
長期にわたり通わなくても、成果に結びつきます。
(平均して、小2秋からなら1年半、小3からなら1年間で終了)

開始後、「あぁだめだ。うちの子(正確には、私たち親子)には合わない」と思われたご家庭は、1回でチェック希望のご連絡が途絶え、自動的に辞めてしまいますが、あるところまで踏ん張ったご家庭は、もれなく最終課題を終了します。
(来る事を促す事は絶対にしません)

現生徒さんでは
●年長の終わりから開始した夢子ちゃん
●小3の12月に着手し、小4の6月に終了したにゃんこちゃん
●小4時代(進学塾には入っていない)の1学期間で達成したサトシ君
●小4時代週1回通う間に、全課程を終了したミルクちゃん

この4名が数学習を終了していますが、彼らの「数を操る力」は圧巻です。
もう私は足元にも及びません。

小2は、この秋からが好期です。

数学習クラスとは→

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2019-07-28 09:42

タケ君 剛君 ふたりのこと

夏休み残りコマ→

2019年 7月24日 木曜日 晴れ

昨日実姉から電話があった。
そして、
あのボクちゃんはどうした?
この頃ブログに出てこないけど、結局辞めたの?

あなたは、どっちもどっちというくらい言いたい放題の様子だけど、相手は年端も行かない小学生よね。
先生がそんなことでいいの?

どうやら「あの子」とは、タケ君(小5)のことのようだ。
あの "ひと悶着"後、結局9月から通塾回数を週1回に減らすこととなった。

状況が悪くなっていた当時、受験日までの残された日数とやるべき量のギャップが大きく、頭の中は未習単元が渦巻いていた。

焦りからつい小言が多くなり、そのことに対する反発が今回の原因だったが、ご両親の受験に対するお考えと今後の方針を聞いて、肩の荷が軽くなった。

力まず、以前みたいに楽しくやればよいのだ、と。

いっぽう、こちらは既に中高一貫校に入学しているので、同じ生徒さんでも私の温度差は大きい。

剛君(中3)のお母様から、「数字はクラストップにまで上り詰めた。先生が諦めずに見てくださったおかげ」とのお礼メールが再び届いた。

えーっ!??
トップだって?
目を白黒。

家庭塾は「高額貸し勉強部屋」の役目は果たしていたが。

私は剛君に気合が入っていない。
気合が入ったら、先の例のごとく、きっとよい方向には進まないだろう。

ただひとつ役立ったと思われる事がある。

それは 定期テスト対策の時。
あっ、この問題はやらなくていいよ。これに時間を割くのはムダだから。
こういうのが出てきたら、すぐに捨てて。
今はここだけやればよい。

長い付き合い(4年4ヶ月)なので、剛君の思考回路が分かる。

しがみ付いても、時間だけが無為に流れて、いっこうに出来るようにはならない問題が、私には分かる。

できない事にしがみ付くよりも、できることの完成度を高くしたほうが得策だ。

実はこのことは受験生にも言える。

多くの保護者が思っている「望む偏差値レベルの問題をやってこそ、そこに一歩も二歩も近づけるのではないか」は大きな誤解だ。

(月例テストなどで)四谷偏差値が50までの人は、現学力にふさわしいところの足場を固めるほうが断然近道なのだ。

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2019-07-25 08:09 | タケくん

タケ君 剛君 ふたりのこと

2019年 7月24日 木曜日 晴れ

昨日実姉から電話があった。
そして、
あのボクちゃんはどうした?
この頃ブログに出てこないけど、結局辞めたの?

あなたは、どっちもどっちというくらい言いたい放題の様子だけど、相手は年端も行かない小学生よね。
先生がそんなことでいいの?

どうやら「あの子」とは、タケ君(小5)のことのようだ。
あの "ひと悶着"後、結局9月から通塾回数を週1回に減らすこととなった。

状況が悪くなっていた当時、受験日までの残された日数とやるべき量のギャップが大きく、頭の中は未習単元が渦巻いていた。

焦りからつい小言が多くなり、そのことに対する反発が今回の原因だったが、ご両親の受験に対するお考えと今後の方針を聞いて、肩の荷が軽くなった。

力まず、以前みたいに楽しくやればよいのだ、と。

いっぽう、こちらは既に中高一貫校に入学しているので、同じ生徒さんでも私の温度差は大きい。

剛君(中3)のお母様から、「クラストップにまで上り詰めた。先生が諦めずに見てくださったおかげ」とのお礼メールが再び届いた。

えーっ!??
トップだって?
目を白黒。

家庭塾は「高額貸し勉強部屋」の役目は果たしていたが。

私は剛君に気合が入っていない。
気合が入ったら、先の例のごとく、きっとよい方向には進まないだろう。

ただひとつ役立ったと思われる事がある。

それは 定期テスト対策の時。
あっ、この問題はやらなくていいよ。これに時間を割くのはムダだから。
こういうのが出てきたら、すぐに捨てて。
今はここだけやればよい。

長い付き合い(4年4ヶ月)なので、剛君の思考回路が分かる。

しがみ付いても、時間だけが無為に流れて、いっこうに出来るようにはならない問題が、私には分かる。

できない事にしがみ付くよりも、できることの完成度を高くしたほうが得策だ。

実はこのことは受験生にも言える。

多くの保護者が思っている「望む偏差値レベルの問題をやってこそ、そこに一歩も二歩も近づけるのではないか」は大きな誤解だ。

(月例テストなどで)四谷偏差値が50までの人は、現学力にふさわしいところの足場を固めるほうが断然近道なのだ。

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2019-07-25 08:08 | 剛君

みぃちゃん(小3)初  数学習生

夏休み残りコマ→

2019年 7月24日 水曜日 曇りのち晴れ

みぃちゃん(小3・私立生)初登場です。
f0024310_20485327.jpg
最後に来たのが5月13日ですから、かれこれ70日が経過しました。
現在は、九九を徹底的にやっているところです。

小3という学年からしても、「もう出来ている」「わかっている」かもしれませんが、いちどリセットしてやり直しましょう。

この後に続く割り算横はすごく大切なところです。
36÷9=のようなものが15問区切りで75問あります。

「すぐ(1~1,3秒)」答を出さないといけないのですが、これには九九がとても大事です。考えるのではなく、反射的に数字が出てくるまでやりつくします。

だから、九九を120%にしておこう!!

ママは、捨てられた子猫4匹を保護して育てているという、とても優しい方です。
1匹だけだと思っていたら、ぞろぞろくっついてきたので、かわいそうに思って全部一緒に飼うことになったとか。

猫の写真写メお願いします。
犬猫大好きです。

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2019-07-24 20:50 | 小学生版・数学習クラス

夢子 比

夏休み残りコマ→

2019年 7月22日 月曜日 小雨

夢子ちゃん(小5)です。
f0024310_19320679.png
現在在籍している5年生7人中で、数学習時代から継続している生徒さんはこの夢子ちゃんだけだ。なんと夢子ちゃんは5歳のときから来ている。

私は数学習の中で、比に特に力を入れてきた。

具体数が示されているうちは何とかなるが、比と比になるとどの子も右往左往が始まる場面を見て、課題を作って練習を重ねてきた。

5年生下巻第一回以降、比(1) (2)→平面図形と比(1) (2) (3)→速さと比(1) (2) (3)と延々と続く。

毎回うるさくしつこく比関連の復習を繰り返していたが、それが花開くところにやっと来た。

さて、私がやってきた事は、子どもたちにどの程度役立つのだろうか。

夢子ちゃんには、先んじて第一回の予習を始めることにする。

約分と相当算をかなりの量やってきたので、その理解はあっけなかった。
わずかな解説時間で文章題のやり方をあっさり理解し、確認テストも満点を取った。
次回はレベルアップした変則問題を学ぼう!

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2019-07-22 19:24 | 夢子ちゃん

子育て 私の場合

夏休み残りコマ→

2019年 7月21日 日曜日 曇り

事故に遭い骨折した娘の元に、再び手伝いに出向きます。
そこで作ったおかずの一品をご紹介しましょう。

もどした高野豆腐の水気を手の平に挟んで70%程度きり、全体に片栗粉を満遍なくまぶす。
f0024310_07290896.jpg
低温でじっくり素揚げする。
f0024310_07292706.jpg
うっすら狐色になったらいったん引き上げ油をきる。
醤油、みりん、砂糖、酒少々の出汁のなかでひと煮立ちさせ、青物(ここではあらかじめさっとゆでたオクラ)と混ぜる。
f0024310_07294494.jpg
ずいぶん前にTVの料理番組で見たのを、それ以来ずっと作り続けています。
出汁加減は、味見しながら決めているので、何ccというのは分かりませんが、「やや濃い目の甘辛汁」と覚えておくとよいです。

安価ながら存在感の有る惣菜です。

ハイ、次は髪の毛を乾かすのね。

ドライヤーでブローしていると、
「あ~、昔を思い出すなぁ。お母さんはよく髪の毛を乾かしてくれたよね。その時に、愛されていることが実感できてすごく幸せな気持ちになったこと、今でもよく覚えている」

子どもが小学生までは、洗髪後このように寝かせて髪の毛だけ外側に出して姉妹交互にドライヤーをあてていた。
もちろん洗髪も”美容院ごっこ”と称して「お痒いところはありますか」とやっていた。

乾かしているうちに、そのまま眠ってしまってもいいよーー。
f0024310_07304056.jpg
時間が限られている場合、そばに私がいれば全部やってしまったので、何かを「早くしなさい」と叱る場面はなかった。

わが子が可愛いからというのも勿論あるが、私がやったほうが手早く滞りなく終わるからだ。(この事の是非は横においておく)

起床後いつまでもボーっとしていたら、服を着せたし、口に食べ物を運んだし、靴下もはかせた。

全部親掛かりでは、何も出来なくなるのではないか、のような心配はなかった。
あったらきっとやっていないと思う。
かと言って、人間は成長するときには自然に離れるものだ、だから今はたくさんの愛情を注ぐのだ、のように奥深い事を考えているわけでない。

私がいなければ自分でやるしかない。
今は私がいるのだからやろうかな。
いや、やりたい。そのほうが断然手っ取り早いから、といった程度だ。

「さぁさぁ、はやく学校に行ってちょうだい」というのが本音だった。
なんなら、おんぶして近所の小学校まで連れて行こうか。

たった二人の子なので、検証するには少ない例ですが、ふたりとも中学生になったら急速に独り立ちしていったように思う。

その後寂しいとか手持ち無沙汰と言った感覚はなく、「あ~、これでやっと、誰かの人生の脇役として生きていく必要がなくなった。今から自分自身が主役の人生がスタートだ」と、いやにすっきりとした気分になったのを覚えている。

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2019-07-21 08:39 | ●家族

やまと(小4) 初登場

夏休み残りコマ→

2019年 7月18日 木曜日 曇り

この4月にお申し込みがありました。
やまと君(小4)です。

本来は週ごとに通うことをご希望でしたが、空きコマがないため、数学習を先にスタートさせていました。

職場で、一足先に受験を終了した同僚の方から、家庭塾の事を聞いたそうです。

初めてママにお会いしたときの印象は、
色が白くてほっそりしていてか弱く、声がとても小さかったことを覚えています。

声は、音声と言うよりはささやき?
「気が弱い人」を人物にしたらこのママになる。
ちょっとでも強く出たら、倒れてそのまま泣き伏すような雰囲気です。

とうとう私は、
「申し訳ないのですが、あなた様の声はほとんど聴き取ることができません。
すみませんがもう少し大きな声で」と、2,3度重ねてお願いしました。

このようなか弱い印象の方が、保育園児と小4の男児二人を育てる事ができるのかと、余計な心配をしたくらいでした。

するとママは
母)大丈夫です。家に帰ったとたん、ドスのきいた地声で、やくざさながらに怒鳴りまくっています。
だから、勉強の事では息子をだいぶ萎縮させてしまいました。

私)105.png・・・・・
f0024310_08295898.png
このような方から発せられる本音とは到底思えず。
ホント、最近おもしろい保護者が続出してきたなぁ・・・。

やまと君は今のところ与えられた課題を次々制覇して、萎縮する場面は見られませんが、ママ曰く
きっちり量が決まっていて、1枚をクリアすればよい、のような分かりやすい目的のものには乗っかりやすいが、思考が必要な文章題になったとたん、ぴたっと全てが停止してしまうのが気になると言っています。
f0024310_12365933.jpg
この夏50分授業を何度か申し込んでくださったので、その時に様子を見ることとします。

今日のママは、やや地声に近づいたかな。
前よりは聞き取れるようになりました。

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2019-07-18 12:42 | やまと

ぶどう 約分

夏休み残りコマ→

2019年 7月18日 木曜日 曇り

ぶどうくん(小3)。
数学習生(かずがくしゅうせい)です。

前回から75日が経過しました。

約分のやり方説明にこちらの不備があり、ぶどう家では最大公約数の書き出しも含めて60秒以内を目指したため、達成に時間が掛かりましたが、返ってそのぶんすごく力が付いていました。

この課題の目的は、約分そのものよりも、むしろ最大公約数がすぐに出るようにする事を目指しています。

その際の見極めのひとつとして、分子数に注目しその数が素数なら、それが即最大公約数になります。

そのほか、素数を覚えておくと便利な事が何かと多いので、皆さんもぜひ素数暗記に力を入れましょう。

素数は6の倍数の両側に存在しています。

例えば48の前の数字は47、あとの数字は49ですが、49は1,7,49の3つの約数を持つので素数ではありません。
こんなふうに数回に一回は、片側には違うものが出てくるので、その点だけ注意してください。

30までの素数10個は必須です。
その際に「約数は1とその数の2つ」のような説明は小3には不要です。
歌の歌詞のように、ただ覚えてください。

「先に最大公約数の書き出しをしていいよ。それは時間にいれないから」と告げるとすごく驚いて、それなら楽勝!と本当にさっさと合格し、初見の№2もその場で合格。
f0024310_09342781.jpg
№1に40~50枚の練習を積ませてしまった事は、実は大きな力につながりました。
でも伝え方がちゃんとしていなかった事、ごめんなさい。

そのほか、相当算の式が立てられているかチェック。

最終課題「分数乗除」に合格したら、相当算の式を分数の約分処理して完成する事を課題に出します。

クリックよろしくお願いします!




by youkosodesu | 2019-07-18 09:38 | 小学生版・数学習クラス

章太 落胆する

夏休み残りコマ→

2019年 7月14日 日曜日 小雨

章太君(小6)です。

週生徒ではないので、久しぶりに顔を見ました。
この夏休み一度もお申し込みがなかったので、最後のご報告にボロクソに書いたのが災いしたか、と心配していました。

「心配した」は嘘ですが、書いたのは本当です。
授業の和気藹々ムードとは裏腹に、シビアにお伝えするのが私の役目でもあるので、特に小6に対しては現在の学力を端的に伝えるようにしています。

自分の受験なのに、まるで他人事のよう。
ただ何となくやっている。
このままでは「裏技を伝える」どころではないなぁ、と。

塾や家庭塾から与えられた宿題に対して、一球入魂のごとく丁寧に向かう姿勢が見られず、気分が散漫になっているのを感じていたので、ひとつの事に集中したほうがよいとは思っていました。

あれから二回目の合不合で偏差値は盛り返し、少しばかり元気になっていました。

私の顔を見るなり、「この前はブログに載せるって言っていたよね。なのに何故載せてくれないんだよ~。夏前には、欲しい雑誌を買いたいんだよーー。早くしてくれよぅ」と、文句タラタラ。

母に直接電話で交渉。
章太)今日千円が欲しいんだ、だから妹の(数学習生)のポイントを借りたい。後で必ず返すからーー。

母からはっきりと拒絶され、ものすごく落胆した章太君は室内の引き出しの中身を調べたり、私のスマホ内の写真を点検しようと試みたり(これは断固拒否)。

たった今届いたamazonの荷物を
章太)なにこれ~、開けるよー。先生の名前だからいいよね。

私)チョッと待て、なんかへんなもの買っているかもしれないから、まずは自分で開けるわよ。

章太)え~っ!? 自分で買ったものを覚えてないの?
だからぁ、"ひまわり”に行けって。
何回も言ってんだろォー。

そう言えば以前から章太君は、ひまわり、ひまわりと連呼していたような・・・・。

本当に何を買ったのか覚えておらず、「ひまわり」と言う場所をぜひ訪ねてみようかと本気で思いました。

何のことはない、シャンプーとリンスでした。
こんなにはやく届くとは・・・・
昨日の深夜頼んだのに。
amazonすごい。

母の拒絶がかなりのショックだったのか、
章太)あーぁ、帰る気がしない。帰りたくなくなった・・・・。

私)じゃ、明日休みだから泊まっていく?

章太)ヤダ。絶対泊まりたくない。

私)じゃぁ、早く帰りな~。

この切り返しで、どの子も大急ぎで帰ります。
しょっちゅう言っているので驚きもせず。

実際に、体力に任せて「お泊り夜通し勉強会」というのを昔やっていました。
(注:一対一ではありません。生徒さんが個人的友人を連れてきて、複数人数で泊まってもらいました)

ふて腐りながら、引き出しを開けているところ↓
f0024310_08032111.png
クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2019-07-14 08:08 | 章太