<   2019年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

非情に切る

2019年 1月31日 木曜日 曇り

にゃんこちゃん(小4)です。

お迎え時、すごくしゃべる我が娘を心配したお母様が、

母)先生、うちの子本当にちゃんとやっているんでしょうか。
ずっとしゃべりっぱなしで、学習がおろそかになっていないでしょうか。

私)大丈夫。(私の)ノルマは達成しないとね。

じゃぁどうやるのか、その技をお教えしましょう。

にゃんこ)
風邪ひいて寝込んだら、たちまち体重が落ちて、肥満度マイナスになっちゃったんですよ。
マイナス○○でしょ、その次の年はマイナス○○、(と順番に覚えている数字を挙げる)

私)
いいなぁーー、
家族全員が痩せ型かぁ。
体質っていうのはいいよね。
ダイエットの必要もないし。
私なんか小学生の頃、(男子に)ブタと呼ばれていたわよ。

にゃんこ)
えーーっ!? センセー、それはかわいそう。かわいそ過ぎる&%$#*・・・

(まずい、話題に喰いついてしまった)

さぁてと、じゃ続きをやります。
それでもさらにしゃべり続けるにゃんこには、無表情を決め込んで、「やるよ」とひと言。(コツは、言ったあと一点を見つめて黙る)

注:非情に会話をぶった切るこの方法は、常日頃は楽しい会話もたくさんあり、さらに人生の大御所世代の私だけに通用する技です。
よい子の(講師の)皆さん、絶対に真似しないように。

シリーズ食塩水の応用例題に取り組むにゃんこ。
ビーカー図だけではダメよ。途中、2回にわたり天秤も使うし。
(1)は正解し、(2)は分からなかったけど、説明したらすぐ理解した9歳児。
十分にすごい。
f0024310_13420653.jpg
クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2019-01-31 13:38 | にゃんこ

架純 卒塾

2019年 1月31日 木曜日 曇り

卒塾お食事会第一弾は、架純ちゃん(小6)です。
4年間通いました。
中学生になるに当たり、中学生向きの次の塾が見つかり次第卒塾予定です。
f0024310_09132216.jpg
子どもには珍しく、揚げ物(とんかつや唐揚げなど)が苦手ということで、ご本人の希望を聞きパスタ(orピラフ)に変更。

そのため、授業後にお迎えのママの車に同乗して、三人で店まで行きます。

ママとお会いするのは入塾前面談以来ですから、4年の月日が流れました。

始めの30分ほどはどんな塾が合っているかなど話しましたが、その後はママとまったく勉強とは関係ないことを話し込みました。

ご実家が昔飲食店経営をされていて、そういうのに詳しいので、そのことを聞いてみました。

個人が夢をかなえる程度の飲食店経営なら、「店舗は小さく、自分ひとりでまわせる程度に(ランチタイムのみアルバイト)」が鉄則。
結局、家賃と人件費と食材仕入れ代金でほとんど消えるそうです。
中途半端な規模の飲食は、労多くして儲からない。

これ、塾経営と似たところがあります。
駅近のビルならたくさん生徒が来るかもしれないが家賃は高額だろうし、かと言って、古アパートの1室では親御さんの不安が募る。
大学生の応援を頼むにしろ、ある程度の時給が発生するし。

すると、私が一番効果があると認めた「1対1」では、受け入れコマに限りがあるため採算が取れず、違う形態をとらざるを得ません。

昔この仕事へのスタート当時、募集もしていない中規模塾へ自分を売り込みに行って採用された結果、初めて授業を任されたのは、忘れもしない「食塩水濃度」の単元だった。

私はうれしくて、給湯室から食塩と水を運んで目の前で小実験をした。
子どもたちは「なになに?」と興味津々。

でもその後学年主任から、「いつも実験に頼るわけにはいかない。受験単元は頭で想像してやらざるを得ないことだらけだから、そういうのはだめですよ」と言われ、しょんぼりしたのでした。

あと少し本人に合わせてあげれば、飛躍できる子はたくさんいたのに。
そして、それがどんどん1対1指導へつながっていった。

それを考えると、1対1では費用の点で成り立たない「食事付き滞在型の中学受験塾」の夢は、やっぱりついえるのか。

側で聞いている架純ちゃんはたいくつそー。ねむそー。

じゃ、そろそろお開きにしようか。

ママとお会いするのはこれで最後です。
架純ちゃんとはあと少し。

では、お元気で、さようなら。

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2019-01-31 10:02 | 架純ちゃん

受験生にエール

2019年 1月30日 木曜日 晴れ

受験生4人にエールを送ります。

●るるちゃん
●あゆみちゃん
●非公開様→もと数学習生徒女子
●非公開様→世田谷区在住(もと数学習生徒男子)

がんばらない、けど諦めない。
力まない
普段どおりで
風邪ひくな(人ごみを避ける)

出来ない文章題に遭遇すると心に波風が立つので、最後は算数には手を出さず、もっぱら社会や理科の暗記方面か、国語の漢字などおさらいしてください。

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2019-01-30 10:06

やり方変更の提案

その日の学習事項はご本人と相談して決めている。

今のところ「塾の宿題を家庭塾で片付ける」ことを望んでいることが分かったが・・・。

3回目授業で、初めて告げることとなる。

「この勉強のやり方では、あなたが出来るようになるとは思えない。このまま好転しなければ、その時には私の提案する学習の進め方を受け入れてもらえないだろうか。1学期末まではこのやり方で様子を見るけど」

私が「この勉強のやり方は効果的ではない」と告げたとき、彼女はポカ~ンとしていた。

えっ?
個別って、自分が希望しているところをやってくれるんじゃないの??
じゃ、宿題はいったいどこで・・・・。

彼女は「その内容を深く理解する」よりも、「この時間内で、ザックリでも構わないから"全部"済ませる」ことを優先しているように思えた。

宿題を解きながら、この部分が弱い、だからここに時間をかけたいと思っても、彼女からの見えない抵抗が伝わってくるし、何よりもそれをしていては時間内に収まりそうもないので、次々進まざるを得ないこととなる。

そうこうするうちに4回目の今日、「前回(進学塾)授業を休んでしまったから、第4回割合をやりたい」と言ってきた。

割合は受験の肝なので、数訓練も中止して予習授業に注ぐこととした。

この授業では理解の手ごたえを感じたので、次なる塾授業が復習となり、おそらく余裕を持って聞けるに違いない。
 
しばらく予習型で様子を見ることとしよう。

注:数訓練とは、計算練習のことではなく、特殊算を簡単に解くための技術を磨くことです。

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2019-01-28 11:40

中学生 続々さようなら

2019年 1月27日 日曜日 晴れ

蓮子ちゃん(中1)です。
f0024310_21071445.jpg
新年度から、とうとう中学生を受け入れる隙間がまったくなくなったため、今日でお別れとなりました。

蓮子ちゃんは始めのころ、完璧にやらないと気が済まない傾向がありましたが、今やそういうのがまったく無くなりました。
入ってきた当初私よりずっと小柄だったのに、今日二人で並んだらはるかに大きくなっていたことに、流れる年月を感じます。

ご家族で最後のご挨拶に来てくれました。
写っているのはパパではなく、お兄ちゃんの隆治君(高校生)です。
f0024310_21073215.jpg
一緒に勉強していた当時の隆治君は、自己表現が上手で、さらに甘え上手でもあるので、将来きっとモテ男に成長するのだろうと思っていましたが、その通りになっている様子です。

お兄ちゃんのときから数えると、かれこれ5年の月日が流れました。
もうこれでお会いすることもないと思うと、本当に寂しさが募ります。

どうぞ皆様お元気で。


クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2019-01-27 21:15 | 蓮子ちゃん

るる 最終授業

2019年 1月26日 土曜日 晴れ

るるちゃん(小6)。

最終回の本日は、差集め算、仕事算のおさらいをしました。

思えばいつもいつも生真面目な るるちゃんでした。
我慢強くお行儀良く、倒れるのではないかと思うほど音をあげませんでした。
それもこれも、あと5日で終了!
f0024310_19342388.jpg
2018年3月から2019年1月末まで在籍し、授業回数は37回(110分間)でした。

学習内容(数字は学習した文章題の個数)
相当算30
●図形の辺の比・面積比 (チェバ・メネラウスの使い方)45
●ニュートン算22
●仕事算15
●年齢算15
●場合の数80
●速さ関連ひっくるめて40
●食塩水濃度38
●差集め算16

●第一志望校過去問5ヶ年度分100
以上全401問

生徒記録表に記載された問題数の集計をしているうちに、だんだん胸がいっぱいになってきました。
るるちゃんはよくやったなぁ。
塾のハシゴでヨレヨレのときも炎天下も。

もう十分がんばったので「がんばれー」は止めておきます。
るるちゃん、合格しますので、どうかこのまま平常心で受験に臨んでください。

最終授業なので、お母様がお迎えに。
f0024310_19344597.png
クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2019-01-26 19:42 | るる

Cafe&Meal MUJI

2019年 1月26日 土曜日 晴れ

新百合ヶ丘のOPA3階の無印良品の中に、こんな店が出来たことを知りませんでした。

【Cafe&Meal MUJI】(カフェ&ミール ムジ)

↓写真はHPより拝借しました。
f0024310_07481200.jpg
↓写真は食べログに掲載してあった写真を拝借しました。
この中から、好みのものを3種類とか4種類選びます。
(金額は品数により税込み1000円内外)
f0024310_07483533.jpg
↓写真はHPより拝借しました。
セット例写真。これにごはんと味噌汁も付きます。
f0024310_07490469.jpg
並んで好みを伝えるときに、「コレとコレとコレ」みたいに指で現物を示すのではなく、番号で(1,3,5とか4,5,7のように)申し出られるようにしてくれるとラクなのに、と思いました。

平日にもかかわらず混んでいて社員食堂のような雰囲気なので、「健康によいもの」を食べ次第、どこかの静かなカフェに移動してゆっくりしたいなぁ・・・。

パンチが効いた味付けではありませんが、素材が生かされた薄味でおいしかったです。
また行きたいです。

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2019-01-26 08:06 | お店ご紹介

恋する先生

12,3歳までは、完全に社会化される直前の、まだ十分に高潔さが残っている時期。

思い返せば、私はいつも子どもたちの顔ばかり見ていた気がする。


誇らしい時には、あえて感情を抑える。

残念なミスで不正解の時は、悔しい顔などせずむしろ無表情。

へ~ぇ、そんな切り返しもできるのか。


おっ、言い返してきた。

互角に戦おうとしているね。

すごいね、大人が 怖くないんだ。


どんな年齢の子からも、中に深い意味を含んでいる話をきくことができる。

私が子ども時代できなかったことを、 目前で臆することなく全部やってくれる。
いいなぁ、のびのびとしていて。

私は、どうやら子どもたちに恋をしているようです 。

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2019-01-25 10:11 | ●私の方針

横に座る

2019年 1月23日 水曜日 晴れ

にゃんこちゃん(小4)です。
風邪をひいて1回授業を休んだだけでも半月会わないことになるので、今日は久しぶりです。
f0024310_19465963.jpg
本日やった学習ご報告をブログ上でいたします。

1.逆算 48問
2.素数 2~59まで
3.数列の和 1問
4.数学習範囲各1問ずつ全24問
5.式を展開する9問→ニュートン算や比例式で使うのでその準備
6.素数で約分する分数2問
7.小数⇔%⇔歩合5問
8.四谷シリーズ5年上第7回 食塩水例題9問
にゃんこがやる→分からないところは教える。

最後に食塩水学習を終了したのが昨年の12月5日なので、その後50日経過しました。
すると、天秤のやり方があやふやになっていました。

平日組の生徒さんは学習時間が短いため、結局省略したのは、既習単元の文章題復習です。

にゃんこはたくさんしゃべるため、残り時間内で上記全部を済ませるのは急ぎ足になりますが、1~7には躓きがないため、テンポ良く進みました。

私は、通常向かい合って授業を行っていますが、最近では横に座って教えるようになりました。

向かい合うだけでも圧迫感なのに、横に座られたらもっとかもしれません。
ごめんね。
よっこらしょっと。
f0024310_19421117.jpg
クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2019-01-23 20:40 | にゃんこ

この塾のやり方1

2019年 1月21日 月曜日 晴れ

【5年生で110分間授業の場合例】

①始めの5分間で以下の2つをやります。
●逆算
●素数
この2つは卒塾するまで続けます。

②次の10分間を使い、忘れ防止のため以下を毎回組み合わせてあれこれ数個ずつやります。
●結合の法則
●還元算
●数列の和
●相当算
●式の展開
●特殊な分数計算
・・・など

③次の25分間を使い、今までに終了した単元の文章題(例:つるかめ算、弁償算、損益算、食塩水・・・など)を、忘れ防止のため各1問ずつ毎回5問程度復習を入れます。

④次の30分間は、新規単元の解説。
四谷解説書どおりにやりません。
線分図や面積図を使うなど、一番分かりやすいと(私が)判断した解き方を伝えます。

⑤最後はいよいよアウトプットの時間です。
確認テストだけやるか、自己解説もやってもらうか、残り時間と内容量を照らし合わせて決めます。

アウトプットまで見届けて完了します。
インプットだけで打ち切らないことが大事です。

5年生でも数の学習を完了していない子は②にすごく手間取るし、学習時間が110分間以下の場合は何かを省略せざるを得ません。

短い時間内に多くのことが課されるので、水面下ではいつも残り時間との戦いです。

でもご両親がこの私を選んでくださった以上、あらゆる手段を使い、必ずやらせます。

あらゆる手段とは、
●気分を低迷させないために、しゃべったり食べたり
●賞品(または賞金)で釣る
●懇願
●泣き落とし
●拝む
●褒める
これらに合計5分間程度費やすことになるので、①~⑤までの予定時間から少しずつ頂戴することになります。

意外にも学年が上がるにつれて効果が薄いのが「褒める」。

そしてもっとも効果を発揮するのが「一緒に(競争で)解く」です。ただしこの場合はある程度以上の力が付いている子に限ります。

どの子も長くて半年程度で、やっている事の重要性を悟り、直面していることに集中するように変わっていくのを見るのは圧巻です。

しかし実際には「重要性を悟る」というきれいごとよりは、片思いの相手を振り向かせるかの熱意で全力を尽くす私を見て、子どもなりに(無意識に)気の毒な気持ちがわいてきて「仕方ない、やるか」となり、そこからちょっとずつ中身に目を向けるようになるというのが、解釈としてはぴったりだと思います。

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2019-01-21 08:45 | ●私の方針