<   2018年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

その塾はどこの塾だ

2018年 9月20日 木曜日 雨

3年ぶりに●●さんからご連絡があった。

当時お嬢様は3年生(現在は6年生)で、数学習生として2~3ヶ月に1度遠方から小さい兄弟をベビーカーに乗せて、電車を乗り継ぎ都内某所から来てくださっていた。

ブログ掲載は断られたため、当時の数学習生徒の模様を見返そうにも様子が探れず、メールのやり取りも終了時点で削除するため、お嬢様の進行状況の細かないきさつは消えてしまった。

でもお母様のことは、はっきりと覚えている。
(注:比較的記憶力が良いほうなので、誰のことも覚えています)

しゃべりだしたら思い出したのではなく、もうずっと忘れていなかったのだ。
初回面談時に語った生い立ちから、しゃべった内容、それに答えた私の言葉も。
学校の役員ママに刺激を受けて、仕事を始めたいなぁと漏らしていた小さな会話すらも。
そして1週間前にまた思い出した。
どうしているか懐かしく思い出したというわけではなく、ブログの題材として数学習のことを載せたいと思ったから。

すると3日後に「お久しぶりです。先生にご相談したいことがあります」とご連絡を頂いて、本当にビックリした。

ご相談の内容を詳述すると、個人を特定できてしまうので控えますが、ざっと言うと「受験校の決定に関すること」のためにお越しになったのです。

前置きがだいぶ長くなりましたので、本題に入ります。

●●家は、受験用の通信添削だけで勉強をやっていて、位置を知る目的で、某大手塾の月例テストを受けていた。

徐々に受験が具体的視野に入ったので、遅ればせではあるが5年生の後半に入塾することになった。

その塾の入塾テストでは、真ん中クラスで入った。

塾の勝手が分からずアウェイ感いっぱいで、いつも(塾)先生に相談していた。
きっとうるさい母親と思われたかもしれない。

しかし「言われた指示は、必ず実行します。だから具体的にやるべきことを教えてください」と積極的に相談するうちに、娘の成績は本当にどんどん上がってきた。

思えばよい塾に入ったものだと思う。

5年生から6年生に切り替わるとき、下のクラスの生徒がごそっと抜け、さらに6年生の夏休みを挟んで再び抜け、今や入った当時に比べるとクラス数はだいぶ減っているが、それでも不動でクラス維持をしている。

先生(私のこと)、どうぞ皆さん(家庭塾の保護者)に伝えてください。
うるさいと思われても、塾の先生には積極的に相談したほうがよいと。

聞けば聞くほどよい塾です。

さすがです、SAPIX。

クリックよろしくお願いします!!



by youkosodesu | 2018-09-20 20:04

急げ、逃げ切ろう

2018年 9月17日 月曜日 晴れ

家庭塾の総勢は両手に収まる程度ですが、4年生だけ次々と増えて、現在7名になりました。

しかし4年生は時間にゆとりがある分、先に単元指導とは別の必須事項を押さえられるため、有利この上ないと実感してきました。

一番の利点は、単元学習と併行して数の学習も進められることです。

ただ、数学習を希望して入塾したわけではないから、実際には少数のご家庭をのぞき、家で熱心に繰り返しているふしは見られません。

いったい何につながるのか見当がつかないため、どうしても単元指導そのものに光が当たってしまうからでしょう。

しかし長短の差はあるものの、結果的に遅くとも1年以内で達成できるのが4年生です。

反面、「指で数える」「嫌いな数の組み合わせ」など、4年生時点で練習しても、根強く残って消えない子もいます。

さて、本日の学習者はサトシ君(小4)です。

我々は「4年生下巻の第14回」&「5年生第4回割合」まで進みました。
しかし夏の終わりに入った進学塾は、既に4年生下巻の第6回まで追い上げてきたではないですか。

塾の進み方はなんと速いものか。

私がサトシ君に特に力を入れて指導している点は、

1.筆算は、用紙に各設問ごと3cm×4cmほどの面積を占める上、計算ミスも起こしやすいので、加減以外は極力避け、分数乗除を駆使する。

2.一度通過したら即座に忘れるであろう単元を、毎回1、2問でも継続的に課題に組み込むこと。

3.要の単元で必要な、事前準備体操としての課題を先んじてやっておくこと。

本日、先んじて出した課題は、百分率⇔歩合⇔小数⇔分数の変換課題です。

予測したとおり、塾の宿題はとても多くて、生活のリズムを掴むまでは、こちらの出した課題を精力的にこなす余裕がなくなってきました。

でも、「常に5回分先を歩く」を維持してゆきたいと思います。

サトシ君持参、スイートポテト豚↓
向かって左側を私が頂きました。
f0024310_08182875.jpg
クリックよろしくお願いします!!



by youkosodesu | 2018-09-17 09:28 | サトシ君

行き詰まる私

2018年 9月15日 土曜日 雨

るるちゃん(小6)です。

進学塾はニュートン算に入りました。
家庭塾では既に学習済みの上、TOPレベル問題も難なく片付けていたので、意気込んで「どうだった?さぞや簡単だったでしょう」とたずねました。

すると、
るる)
塾では線分図で教わった。
簡単な問題は線分図でも理解できたのですが、難しい問題は出来ませんでした。

出来なかったものをここで再びやってもらうと、私が教えたやり方であっさり正解出来ました。

私)
確認のために聞くけど、「塾の線分図では出来ない」とは、いったいどこが分かりにくいの?

るる)
塾の線分図だと、出力が明示されておらず、そこんところは脳内処理が必要なんです。それから、出力と入力の比が違うものには対応しにくいところ。

解法の弱点をここまで客観的に把握できているにもかかわらず、るるちゃんがそれでもなお、塾やり方に固執する理由はいったい何なのだろう。

塾が好きで、義理立てしているだけではなさそうだ。

始めにどんなやり方に巡りあうかは大事です。
しかし難問は捨てるという方針に統一すれば、そのやり方が多少分かりにくいとしても、私が介入しないほうが、むしろ混乱がない分だけマシなのかもしれない。

さらに言えば、実際に本人が頭打ちと自覚している塾のやり方に、現に目前で高速正解へ導いた「私のやり方」が負けたということだ。

双方に遠慮して、本人が二本立てでやらざるを得ないのは、塾に合わせない私のせいだ。

はたして私のやっていることに、意味はあるのだろうか・・・・・

その後、ある二人の生徒のことを思い出した。

二人に共通しているのは、家庭塾には塾の補佐ではなく、身近なテストで高得点をとりたいからでもなく、「(裏)技を買い取る」という見事なまでの割り切りを持っていた点だ。

「自分は短時間で正解できる方法を学びに来ている。だから塾のやり方はどうでも」といった調子だった。

きっと塾講師に指摘を受ける場面もあったのではないか。
そんな時には、いったいどのようにやり過ごしていたのだろう。
あっさり受け流していたのだろうか。
今も謎。
f0024310_14305385.png
クリックよろしくお願いします!!




by youkosodesu | 2018-09-15 12:56 | るる

ミント泣く

2018年 9月14日 金曜日 曇り

今日ミントちゃん(小3)は泣きました。

4週続きで暗記カードに合格出来なかったのが、すごく悔しかった様子です。
間違えは同じカードで、内容は、三角形の相似条件3つのうちのどれか2つを答える問題です。
f0024310_09134663.png
解答面に書かれた文言は、小3には何のことだか分からない、まさに呪文です。

再三「このカード内容はまだ早すぎるから、他のものと差し替えてください」とお母様やご本人に伝えていたのですが。

そのうちに気付きました。

チェックを受けるカードは、ご本人が決めているのだと。

ミントちゃんは几帳面なので、右下に小さく付記された番号順に合格を果たさないと気が済まないのです。

チェック後に袋にしまうときですら、再び番号も紙の端もビシッと整えて収めるほどですから。(いったんバラバラにするので番号が入り乱れるため)

涙を悟られないように顔が見えないように振る舞う幼い子の姿を見るのはなんとも辛く、一緒に泣きたい気分です。

一言でも「残念だったね」などと声を掛けようものなら、ワッと声をあげて泣き伏すような気がして、そこはサラッと「では今日から下巻に入ります」というしかありませんでした。

ミントちゃんは徐々に気持ちを立て直し、和差算線分図の解説に耳を傾けるようになりました。

ところで、この「演習問題集」はやればやるほど難しいと感じます。
f0024310_09144832.jpg
受験準備小3に対しては、違う教材を検討すべきと思い始めました。
単元内容のさわり部分だけが載っていて、習熟課題が省かれているため、スモールステップとは程遠いからです。公立小真ん中レベルの子なら、ついてこられない事必至です。

加えて、一対一の授業のため塾で○番を目指したい、のような手近な目標もありません。
そのため今後も復習にさほど力を入れるとは思えず、内容の多くは時間とともに流れ去っていくでしょう。

ミントちゃんは現在まで目立った行き詰まりは見られませんので、目指せばどの中学でも合格できそうな子ですが、「負けに弱い」ことが今後の大きな課題であることを、この1年半で感じました。

受験はひと言で言えば、日々「負ける自分にどう折り合いをつけていくか」の練習を積んでいるようなものです。試練ですが、同時にその後の人生の糧にもなります。
f0024310_09063287.jpg
クリックよろしくお願いします!!





by youkosodesu | 2018-09-14 09:45 | ミントちゃん

男子向き指導法で

2018年 9月13日 木曜日 晴れ

にゃんこちゃん(小4)です。
f0024310_08470656.jpg
本日は消去算を学習します。

にゃんこちゃんにとっては、式を書くまでのことでもないのか、メモ書き程度でどんどん進めていきます。(つまり式ではなく、筆算のような書き付けメモです)

私)ねぇ、途中式をちゃんと書こうよ。受験の時に途中式を見て加点してくれる学校は多いよ。だから、式を書く練習と思って、採点官に分かるようにきちんとした式を書こうではないの。

156.png)う・・・・ん でも書かなくても簡単。この程度ならすぐに答えは出せます。

私)そういうことではない、式を書く練習が必要だと言っているんだよ。

156.png)う~(と、軽く受け流して、あくまでも自分流を貫く)

今度は代入法。
私)あなたの暗算処理能力はなかなかのものだが、やっぱり式を書いたほうがいいと思う。

156.png)塾クラスでは、私以上のスピードでみんな答えを出しています。
私などぜんぜん速いほうではありません。
簡単に答えが出せる問題にも式を書いているのでは、塾先生のスピード講義に追いつけません。(す、すごいね149.png)

このように言って、次なる代入法に臨みましたが、途中から
「あれっ!? えーっと、おかしいな・・・148.png」になりました。

その様子をしばらく眺めていましたが、
「やっぱり式を書こう。そのほうが見直したときにどこで違ったのか見つけ易いし、遠回りしている感覚なんだろうけど、結局こっちのほうが速い。(書くのに要する時間は8秒くらいだし)」

156.png)分かりました!

納得したら、意外にもあっさりとこちらの指示に従うではありませんか。

156.pngは、身をもって悟らないと言うことを聞かないということが、よく分かりました。

指導方針として
「男子にはたくさん失敗させる。そして失敗から学び取らせる」
「女子には、出来るだけ失敗が少ないように段取りする。そして成功から学び取らせる」
としていますが、この子には男子流指導が合っているようです。

クリックよろしくお願いします!!



by youkosodesu | 2018-09-13 09:00 | にゃんこ

どの子にも分かる割合の教え方(2)

2018年 9月11日 火曜日 曇り

「4.5mで540円のロープ3.75mではいくらか」のように、何(m)が,何(円)に相当しているのか一組述べられていれば、すぐに答えは出ます。

しかし実際には、このように始めから一致しているところを示してくれる問題は、大問2の一行問題以外には出てきません。

結局受験割合問題は、実数と割合が一致しているところを探してゆく作業に尽きます。
すぐに分かってしまっては問題にならないから、難しい問題ほどおいそれとはたどり着けないようになっています。
出来る子と出来ない子の差が大きく開く割合とは、そもそも何だろう。

以下は、一度も割合を学んだことがない生徒との授業模様です。

私)何かを比べたいとき、四則のどれを使ったらいいと思う?

生徒)う・・・ん、う・・・ん 引き算かなぁ。

私)正解!引き算を知っていれば、差で比較できるよね。
では足し算や掛け算はどうしてダメだとおもったのかな?

生徒)増えていく感じだから何か違うと思う。

私)なるほど。
もうひとつ比べる方法があるよ。
さぁ今から割り算で比べることを勉強しよう。

もともと比べるのは「子ども3人とバス15台」のように、単位が違うものは出来ません。

あくまでも同じ単位でしか出来ないと思ってね。

しかも割り算で比べるときには、条件があるんだよ。

÷の後ろの数字を「中心人物」 と考えないとダメなんだ。
その中心人物から見て、相手が自分のどれだけかを述べているのかが、「割合」だと思ってね。

2つの数字を比べるとき、÷の後ろにどっちの数字を持ってくるかは、すごく大事なんだよ。

読んだだけでは分かりにくいから、文中に必ずヒントの言葉が出ている。
「私を÷の後ろ側に据えてください」ってね。

そこまで終了したら、文章題から基にする量を見極める練習に入ります。

その後、実際には一番多い「一致箇所探し」の問題に入っていくのですが、相変わらず「比べる量÷基にする量=割合」を逆算するやり方に固執していると、時間がかかることと塾との教え方の食い違いが生じるため、冒頭の青地部分相当算にいったん戻り、これを利用して式を立てるやり方に転じます。

塾では各単元に費やす時間に限りがあるため、いきなり「く・も・わ」の三用法を教えて、「一致箇所探し」の問題に向かわなくてはなりません。
納得してもしなくても、三用法のどれかの式に当てはめてやらざるを得ず、生徒自身が何をやっているのか(やらされているのか)まったく掴めないところが、差が開く原因だと思います。
その結果、もともと理解力に長じている子以外は取り残されることとなるのです。

まとめると、次の手順で教えています。
①事前に相当算を習熟させる
②比べる量÷基にする量=割合の式だけ教える
③基にする量を見抜く練習を積む
④相当算を利用しつつ、三用法の残る二式を逆算で立式できるようにする。
覚えるのは②だけ。

クリックよろしくお願いします!!



by youkosodesu | 2018-09-11 10:36

竹の子成長する

2018年 9月8日 土曜日 晴れ

竹の子君(小4)です。
f0024310_21121116.jpg
今まで、日本の小学校のように細部まで緻密にやる習慣がないまま学年を重ねてきたせいか、家庭塾のやり方には面食らった様子です。

私「半月ほど経過しているけど、これ、何回練習してきたの?」
竹の子「4回はやった」

私「それは、一日に4回という意味かな」
竹の子「違うよ。全部で4枚」

全てがこんな調子でした。
いつか学業が最終地点に到達する頃には、このようなやり方でも遜色なく肩を並べる出来栄えになるのでしょうが、今はこれでは困ります。

そこで授業のご報告は
○○(課題名)→ぜんぜん出来ていません。
△△→時間内には程遠いです。
のようにはっきり伝えました。

竹の子君はやる気がないようには見えませんが、現在の学校も宿題はほとんど出さないため、何をして良いのか分からない、といった様子です。
ですから前々回から、やるべきことを細々と指示することにしました。

今一番頭に入り易い学齢なので、この機を逃す手はありません。

すると、やってきましたよ。
そして、やればやるほど出来るように変化してきました。

とはいえ、いまだに受け入れられないのが、勉強しているところを凝視されることのようです。

鉛筆を動かしながらも途中途中、こちらに視線を返してきます。
そして、「あぁ、僕を見ているのではなく手元を見ているのだ」と分かると、安心したように、再び課題に向かいます。

そうとう嫌らしい。

「いままで、勉強しているところをこんな風に見つめる人は誰もいなかったから、緊張する」そうです。

相手にストレスを与えてもいけないから、「わかった。ごめんね、嫌がることは止めるね」と、目の前に屏風を立てることにしました。
が、実は脇からのぞいていました。二重にゴメン!

どんなところが弱いのか、見ないと分からないのでやっぱり見てしまうのですが、その結果、対策も立て易くなります。

今日から竹の子君は、素の自分が出せるようになりました。(と感じます)

いままで、ずいぶん背伸びしてしっかりと振舞っていたのが不憫でしたが、10歳児(9歳か?)らしくなりました。
そうとう緊張していたんだね。

クリックよろしくお願いします!!



by youkosodesu | 2018-09-08 21:04 | 竹の子くん

学習相談面談ご希望者にお願い

学習ご相談のお申し込みがあったため、夏前のものを再掲載いたします。


先日、夏休みの勉強のやり方を相談したいと言う方から「面談申し込み」のメールをいただきました。
この方は家庭塾の生徒保護者ではないため、成績はお会いして話を聞くまでは、偏差値でしか窺い知ることはできません。

そこで面談の限られた時間内で効率よく対策をお伝えするために、次のようなお願いをしました。

今まで行われたテストで、ここ3ヶ月以内の出来なかった問題を、目に付くまま・思いつくまま・手当たり次第に写メして欲しいと。

その際に、問題だけではなく用紙の隅に計算が書き散らしてあるものも含めて写してもらうほうが、判断しやすいです。

途中どこまで理解しているのかは、筆算だけ見ても分かるので、少なくとも数にして20枚程度送って欲しいです。

きれいなものを送ろうとしたり、単元ごとにまとめようというお気遣いは不要です。

これからお申し込みを希望される方にも、同様にお願いします。

時間があるときに拝見しますが、受信トレイを探す時間短縮のため、件名にはお名前を明記なさってください。

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2018-09-06 08:40

間に合うか、あと何回来られる?

2018年 9月4日 火曜日 雨

るるちゃん(小6)です。

夏休みは6回来ました。
着々と成果を出し、塾で行われる確認テストでは常時高得点でしたが・・・

先日大きなテストが行われ、その結果「今までよりも振るわず、本人も落ち込んでいます」とのメールが。

早速問題用紙を写メしていただくと、あちこちに書き散らした計算から、現在の理解度がすぐに分かりました。
(ですからほかの皆様も、送っていただく写メには、必ず本人の計算部分を写し込んでください)

ご本人の気持ちもあり、間違え箇所を詳しく書くのは控えますが、「ん?? この子はもしや割合が苦手?」と感じたので、こちらではまだ一度もやっていない割合を、学習単元に組み込もうとおもいます。

今日までに終了したのが以下の単元です。
1.何分速い・何分遅い(速さ)
2.三人が時間差で出発(速さ)
3.三角形の辺の比 を求める(比)
4.三角形の部分面積を求める (比)
5.ニュートン算
6.仕事算
7.場合の数・色の塗りわけ
8.回転体の体積表面積
9.立体のくり抜きの体積表面積

これから学習予定の単元は
1.線路に沿って出会う・追い越す(速さ)
2.円状を回る三人の旅人算 (速さ)
3.途中で誰かを降ろしてUターンしてまた誰かを拾って同時到着(速さ)
4.求積問題
5.演算記号??志望校過去問に載っていなければ必要ないとも思います
6.水槽、水を入れるダイヤグラム
7.水槽の中に重りを入れて増えた水かさを求める
8.割合
9.整数の性質
10. 立方体の切断

1学習回では収まらないのが中身が難しい上記3と、問題量が膨大な4とほぼ全員が苦手感をもっている9です。

8の中の食塩水濃度や売買算は出来るので、ほかの割合だけやります。

あと、くせ者は場合の数。
種類別に行ったほうが良いですが、まだ色の塗り分けしか終わっていません。
f0024310_09053383.jpg
クリックよろしくお願いします。



by youkosodesu | 2018-09-04 09:18 | るる

臨時 りんご

2018年 9月3日 月曜日 雨

りんごちゃん(小4)です。

当塾には、数学習生徒として入塾しました。

数学習生は、自宅で練習した課題のチェックをするために来てもらうので、学習時間が短いため、「できました!」のご連絡を受け次第、比較的どこにでも入っていただけます。

ある日逆算や相当算の指導をしていると、「もうすぐテストなんです。分からないここだけ教えてください」と、遠慮がちにある単元を示した。

それを聞いたのが、終了19分前。取り急ぎ4問だけ解説し、あれこれの場面で活躍する逆算の重要性を伝え(練習してきている様子が感じられなかったため)、その日は終了。

そこである日、結果的に残ってしまった誰も申し込まない廃棄コマを、りんご母にご案内しました。(こちらもおおいに助かりました)

今日、単元学習に入る前に、まだ若干しどろもどろの逆算,相当算,式の展開の復習もします。
何せ4年生なので、近々これを頻繁に使うことになりますので。

それでは、ご本人のリクエストである四谷上巻第14回の立方体展開図を始めます。

1.11種類の展開図の作り方
2.展開図に頂点の記号を記入するやり方
3.重なる辺や頂点の探し方
4.向かい合う面はどこか
5.見取り図に付された記号や文字を、展開図に正しい方向で記入する方法
6.辺7本の切り込み線に沿って、展開図を作る方法

ざっとこれだけやりました。
f0024310_09532977.jpg
りんごちゃんは、国社に並外れた学力があるため、結果的に上位クラスに配置されて、周りは算数ができる人ばかりだということです。

このような内容全部を教えられていなかった、とも言っていたので、上位クラスには先生も細かい説明を省いているかもしれません。

クリックよろしくお願いします。



by youkosodesu | 2018-09-03 09:47 | りんごちゃん