<   2018年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

出て来い!先生っ!

2018年夏休みご希望コマの受付が6/25から始まりました。
残りコマはこちらからご確認をお願いします。→

2018年 7月31日 火曜日 晴れ

ピーチちゃん(中2)です。

夏前の期末テスト対策(7月初旬)には、3日間連続で来ました。
さぁ、これで万全に違いない。

ところが、数学テスト終了日に、お母様から泣きメールが。
「ぜんぜん時間が足りず、本人も『こんなに出来なかったのは入学以来初めてだ』と落ち込んでいます」

ヒーン135.pngどうしよう、とオロオロしているだけで、私に対して「責任取れ」と文句をつけているというわけではありません。
いつも動揺しやすいママなのです。

うー・・・困ったなぁ、返答に窮する私。

以下そのときの返信メールを、そのまんま貼り付けます。

すぐに返信しようと思いましたが、どう書いたらよいか悩み、なんども書いては消しました。

月末を挟んで3コマとも、担任から指示のあった二次関数テスト範囲を集中的に復習したので、内容は80%以上理解していることを確認しました。

間に合わなかったらどうしようという心配の余り、パニックを起こしたとも言えますが、これは誰もが持っている感覚ですし、通常は勉強量が増えるにしたがって落ち着いてくるものです。

こうなってくると、今後まじめに取り組んでも、毎度精神的な作用で発揮できないことも考えられます。

ここまで心配性で神経質な面は、受験時代からは想像ができなかったので、すぐには対策が思いつきませんが、新しい風を入れる意味で、この夏どこかの数学塾に通ってみるという手もあります。

おそらくどこの先生も「力のあるお子さんですね」という感想を持つと思います。

役に立たない助言ですみません。


何故他塾を勧めたかというと、私が「よく理解している」「出来ている」「これ以上ないくらいに努力もしている」とお伝えしても、お母様は「ま~たぁ、上手いこと言っちゃって」とか、「気休め?」みたいな捉え方をしている様子なので、ほかの先生からも同じ事を伝えてもらったほうが、ピーチちゃんのためにも良いと思ったからです。

さて返却されたテストは・・・・
なんと学年の平均点は30点台。

だからピーチちゃんは点数的には良いとは言えないものの、学年上位1割に入っていたのでした。

断固、こんなテストを作るのは良くないと思います。
数学の先生出て来い!133.png

テストというのは、平均点が60点内外、努力している子は80点以上は取れるように作るんじゃないの?
ったくいつもいつもいい加減にして欲しいっていうの。

少し後にお母様から再びメールが来ました。
点数的には高得点とまではいえませんが、平均点から推察してもかなり出来ていることが分かりました。お騒がせしてすみませんでした。

そして今日は、返却テストで間違った問題を直しに来ましたが、私、即答できませんでした。
難しすぎる!!

リックよろしくお願いします。



by youkosodesu | 2018-07-31 19:03 | ピーチちゃん

ひっそりと通い続ける剛君

2018年夏休みご希望コマの受付が6/25から始まりました。
残りコマはこちらからご確認をお願いします。→

2018年 7月30日 月曜日 晴れ

剛君(中2)です。
辞めたかにみえた剛少年ですが、実はひっそりと来続けていました。

昨年の秋に、「中学生は固定枠に入っていただくことが出来ないから、定期的に通える個別指導塾などを探してみてください」とお伝えし、早速良いところが見つかって通い始めたのでしたが・・・
今年に入ったある日、お母様からのSOSが。
「個別の先生は良い先生なのですが、学生のため、学力の伝え方がイマイチ分かりにくくて・・・本人の現在の学力を、親が把握しにくいところが不安です」

そこで近隣の利点を活かして、小刻みに空きコマに入っていただくことにしたのです。もちろん個別もちゃんと続けています。

そして今夏は、一番たくさんの回数を申し込んでくださったのが剛家です。

さらに、ここ2ヶ月間で剛君は前よりも少しは話に乗っかれるようになったし喋るようにもなりました。3年半通っていますが、ここ2ヶ月が一番喋っていて、思春期になると押し黙る男児とは逆コースを辿っています。

今日のはなし。
「文房具は自分で買うの? お兄ちゃん(智也くん)はとても珍しいしゃれた文具を持ってきていたけど」
剛「たまにお母さんにシャー芯買っておいてと頼むことはあるけど、僕は文具に興味ないです。なんでもいいかな」

剛「お小遣いもお兄ちゃんの中学時代と比べて少ないけど、そういうのもどっちでもいいかな。使わないし」
うーむ、達観している。
f0024310_20230639.jpg
えー、皆さん。
一見授業の合間に楽しく談笑しているかに見えますが、その実20秒/1回くらいです。
すぐにシ~ンとして続かず、「じゃ、始めようか」になります。105.png

クリックよろしくお願いします。



by youkosodesu | 2018-07-30 19:47 | 剛君

二回目のあゆみ

2018年夏休みご希望コマの受付が6/25から始まりました。
残りコマはこちらからご確認をお願いします。→

2018年 7月30日 月曜日 晴れ

あゆみちゃん(小6)です。
今日は二回目です。

本日は一人で来たので緊張すると思いきや、かつて母と45回、ひとりで60回来た歴史が蘇ってきたようで、二回目にしてすっかり古参の雰囲気です。

前回やったニュートン算の、やり残しの難しい版に結局50分間を要しました。
やっては解説を繰り返しましたが、解説は驚くほど完璧でした。

仕上げは、志望校過去問から、3問のニュートン算を見つけて二人で競争しましたが、いずれもいとも簡単に正解できたので、合計三時間費やした成果は上々です。
本日をもって、ニュートン算は終了します。

その後速さに進みます。

「家から学校まで行くのに、分速100mで歩くと始業時刻の4分前に着き、分速70mで歩くと5分遅れる。家から学校までの距離を求めなさい。

問題を見せたとたん、「えー・・・148.png145.png149.png」と言ったので、これが苦手なことが分かりました。

前にも書きましたが、四谷のやり方は、何故わざわざ難しく教える??になっています。線分図では分かりにくいんだってば。

「こうやるんだよ」とたったの1問教えたとたん、その後一切の助言なく正解したので、このやり方も、やっぱり外部に漏らすのをやめておこうと思います。
あゆみちゃん、絶対にほかの子に教えるんじゃないよ、分かったね。

次回は何にしようかなぁ。
何だかパーティーのおもてなしメニューを考えている気分で、わくわくします。
f0024310_15420923.jpg
クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2018-07-30 15:37 | あゆみちゃん

台風の中を

2018年夏休みご希望コマの受付が6/25から始まりました。
残りコマはこちらからご確認をお願いします。→

2018年 7月29日 日曜日 晴れ

るるちゃん(小6)です。
台風の中、(車)強行軍でやってきました。
悪天候時は何かあってはいけないので、休止するきまりになっているのですが、なにぶんるるちゃんのスケジュールはぎっしり埋め尽くされているため、こんな日でもやってきたのでビックリしました。
f0024310_09351125.jpg
今までの状況から、るるちゃんはかなり出来るところに位置していることが分かりました。
月例テスト算数はいつも70%以上ですし、主塾の授業もしっかり聞いているし、ノートも漏れなくとっています。
この几帳面な性格は受験にぴったりです。

しかし・・・
前回色の塗りわけをやった頃から、「おやおや?」

テキストを見ると、確かにさらっとした問題ばかりです。
どうやらこの塾では現時点までには、場合の数に力を入れていないことが分かりました。たぶん二学期に力を入れるのでしょう。

場合の数は似たような設問に見えていても、順列と組み合わせの違いを見抜かなくては正解できないときがあるのですが、文面が似ているとすぐに「あぁ、あの方法だな」のように、短絡的な処理をしてしまいます。

でもるるちゃんの志望校では、そのような単純なものは出ないはず。

ただ、すごくよいことがあります。
勉強に忠実な子なので、どうしても主塾のやり方以外を受け入れることに拒絶感がともなうのですが、この場合の数に限って言えば「そうですか。分かりました」のように、どんどん受け入れてくれました。
私としては、かえってやり易いです。

今回は、図形の場合の数を学習しました。
80%理解しました。

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2018-07-29 09:30 | るる

角柱円柱・角すい円すい

2018年夏休みご希望コマの受付が6/25から始まりました。
残りコマはこちらからご確認をお願いします。→

2018年 7月27日 金曜日 晴れ

夢子ちゃん(小4)です。
f0024310_08003469.jpg
角柱と円柱、角すいと円すい」の体積と表面積を勉強します。
塾によって進行がマチマチなので、この塾では4年生でありながら、もう5年生上巻のところをやっています。
どんどん進むというわけではなく、(シリーズ目次を)行きつ戻りつしている様子です。
生徒さんは、現在異なる5つの塾から来てくれていますが、各々かなりカリュキュラムが違います。


本日の単元の、体積は簡単ですが、表面積のほうが計算が面倒です。
ここで盛んに使うのが、
逆算、約分、分数乗除、結合の法則を使って出来るだけ3,14の掛け算の回数を減らす工夫をする力。
結合の法則に慣れていないと、式をひとつずつ区切って、そのたびごとに3,14をかけてしまう子がいると思いますので、負担や計算ミス防止のためにもぜひご家庭で練習して、使いこなせるようにしておくといいですよ。

ここへ来て一気に、暗記公式や計算の工夫事項が増えてきたのですが、夢子ちゃんは暗記カードや数学習を終了していたので、授業はスムーズに進みました。
4年生でもぜひ覚えよう!以下の公式。

 

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2018-07-27 21:00 | 夢子ちゃん

あゆみちゃんと再会

2018年夏休みご希望コマの受付が6/25から始まりました。
残りコマはこちらからご確認をお願いします。→

2018年 7月26日 木曜日 晴れ

2年半ぶりにあゆみちゃん(小6)登場。
f0024310_15405696.png
数学習を終了後進学塾に進みましたが、6月始めにお母様からご連絡があり、苦手単元の補強のために、この夏6回来ることになりました。

身長がかなり伸びたこと以外、顔はあのときのまま変わっておらず、「あゆみちゃん、ママ、私」の三人で授業をしていると、小2~3年生のころに時間が戻ったかのようです。
(久しぶりのため、初回のみママにも同席していただきました。ママ、こっち側に隠れる)

テキストで間違ったところをどんどん写メしてもらい(その数50枚くらい)、志望校の出る順単元も勘案して、初回は「ニュートン算」に決定。

まずはこれをやります。
①逆算の力を維持できているか確認→②式を展開するやり方を知っているか→③相当算たすき掛けを使って比を揃える力はあるのか→④移項の考え方を使わずに方程式を解くやり方を教える

この中のひとつでも欠けると、指導がとてもやりにくくなるので、はじめの30分間を使って、どんどん落とし込んでいきます。

さぁいよいよニュートン算の始まりだ。

このやり方は、偏差値30の生徒であれ50の生徒であれ、みんな等しく出来るようになります。

あゆみちゃんも、時間がかからず見ている前で出来るようになっていきます。

私のやり方は、理解させるというより、出と入をはっきり視覚化するところがポイントです。
この図(絵)無くしては、絶えず増える水、人、草に阻まれて、脳内は整理できず立式すらやりにくいことになります。

あゆみちゃんは今日来る直前まで、ニュートン算に出くわしたとたん、テキストを閉じてしまっていたそうですから、ほんのわずかな時間で長足の進歩です。
さらに同席しているママからも、「自分の中学受験のときから、ずっと難しいと思いこんだままだったのが、こんなに簡単に解けるとは」と、うれしい感想をいただきました。

思うに四谷テキストは、多くの人が簡単に分かる方法を載せては「みーんな、合格してしまう」から、わざと難しく教えているのかな?と思いたくなるような解法が載っているときがあります。

「みんなの前でこの方法をやらないでね。みんなに教えないでね」と頼んで、本日の授業は終了。

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2018-07-26 15:35 | あゆみちゃん

数学習小2男児初回

2018年夏休みご希望コマの受付が6/25から始まりました。
残りコマはこちらからご確認をお願いします。→

2018年 7月24日 火曜日 晴れ

ぶどう君(小2)です。
ご本人からひらがな表記希望がありましたが、意味的には葡萄?武道?どっちなんでしょう。
いずれにしろ響きがかっこいい名前です。

遠く、つくば市から数学習のために来てくれました。
夏休み初日に1回、そして家での練習期間を踏まえて40日後の夏休み最終日に1回予約が入っています。
f0024310_09231702.jpg
ぶどう君はそろばんをすでに1年半習っているので、簡単なもの(1桁+1桁や、1桁-1桁)はこの場で合格できました。

そろばんを習っているのに何故重複して数学習なの?と思われることでしょう。
 
この地区はとても教育熱心で、学校の多くの子が東京地区を中学受験するので、塾に入る前に、中学受験に直結することを済ませておきたいとのお考えです。

例えば
●逆算
●単位
●途中に□が入る計算
●四則計算
●約数
●約分
●分数乗除
●結合の法則
●相当算
など。

もちろん親御さんが工夫すれば、課題のほとんどご家庭で出来ます。
でも、本人に「次に家庭塾に行ったときに合格できるように練習する」という目標を持たせるのに良いとおっしゃっています。

その距離から考えても、夏が終わればせいぜい2ヶ月に一度程度の頻度になりますから、終了は来年の夏くらいです。
ですから、3年生の後半からの通塾にちょうど良いと思います。

思うに、やっぱり数学習は小2、小3が適正年齢であると最近感じ始めました。
指先が巧みでない小さい子は、高速は受け入れがたい感が否めません。

小さい子で上手く運んでいる夢子家(今は小4で中学代数に進んでいます)、ドラゴン家(年長終わりから開始・現小1)にぜひ秘訣を教わりたいです。

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2018-07-24 09:14 | 小学生版・数学習クラス

竹の子くん2回目

2018年夏休みご希望コマの受付が6/25から始まりました。
残りコマはこちらからご確認をお願いします。→

2018年 7月22日 日曜日 晴れ

竹の子くん(小4)です。

1週間前に来て、今日もチェックのために再度来てもらうことになりました。
f0024310_15045271.jpg
前回とは打って変わってフレンドリーで、まったく別人のようでした。
前回緊張して倒れそうに見えたから、一人学習の今日こそ倒れることを予測して、長座布団を買うべきか否か3日前から迷いました。
が、実際には不要でした。

えっ!?
お母さんがいるほうが緊張するって?
ふーん、そういう子もいるんだね。

かの地では、日本の小学校同様、九九を上から逆からのように綿密にやらないどころか、九九を指導する時間そのものがないから、竹の子君はだいぶ面食らったと言っています。

例えば九九では4を「し、よん」、「8」は「は、ぱ、はち」などその時々に応じて変わるため、そこに馴染みきれない部分があるようです。

確かにね。
日ごろ何気なくやっていますが、その読み方には法則はないからね。

私が前回出した課題は
●九九を読む
●逆算
●素数
●1桁-1桁
●1桁+1桁
●結合の法則
●四谷1回⑧

1桁-1桁だけが時間内に入りません。
かの地では「みんな引き算は苦手。あんまりやらない」
はぁ168.png148.png

次、四谷第一回の確認テスト⑧を目の前でやってもらうことにします。

すると途中で、「何故そんなに僕を見るの?」

(嫌そうだな)それはですねぇ、やっているところを見ていると、その子の実力が分かるからだよ。

一箇所ちょっとした計算ミスをしたものの、あとは全問正解。

ですが・・・
えらく滑らかさがありません。
だから時間もすごくかかっています。
なんというか、中身にはつまずいていないのに、計算とは格闘している感じです。

本当のところ、4年生でもあるから、ざっと数学習を流すようにやって(時間内に入らなくても次々と進む)特殊算に入ろうかと思っていましたが、こりゃぁちゃんとやったほうがいいな、との結論に至りました。

そして、時たま私の喋りに固まるので、
「私の話(日本語)は通じている?」と確認しながら進めるようにします。
まだ私には「通じる度合い」がつかめないので、通常の3倍のユックリ度でしゃべるようにしました。

ではまたね。

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2018-07-22 14:58 | 竹の子くん

塾決まりました

2018年夏休みご希望コマの受付が6/25から始まりました。
残りコマはこちらからご確認をお願いします。→

2018年 7月21日 土曜日 晴れ

サトシ君(小4)です。
f0024310_16185404.jpg
進学塾が決まりました。
入塾テストの結果が良かったことと、顔見知りの子がいたことが決め手となったようです。

本日は四谷下巻の第3回。
推理算はまったく教える必要がなくて、授業料を頂くのが申し訳ないくらいでした。(と言っても返しませんけど)
あっという間に最終ページの確認テストになりました。

最後の問題に時間をとられていたので、「分からなかったらそのままにしておいて」と声をかけると、大慌てしていましたが、一言。

「知恵を絞ったら出来た」

この表現に受けて、「なんとまぁ可愛いことをいうね」と言ったら、不本意な顔つきをして、これまた大人な意見を言ったので、さらに大ビックリ。

「女の人が"可愛い"という表現を使うとき、それはいったいどういう時なんですか。僕にはわかりません。褒めていないような気がするけど・・・」

もっと素直に「たくさんの言葉を知っているね」と言えばよかったのに。
返す言葉もありません。122.pngごめんね。

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2018-07-21 16:14 | サトシ君

感心する二点

2018年夏休みご希望コマの受付が6/25から始まりました。
残りコマはこちらからご確認をお願いします。→

2018年 7月21日 土曜日 晴れ

常々感心していることがあります。
保護者の皆様の、車運転の巧みさです。
門前に静かに滑り込んで、同位置でピタッと止まる。(インターフォンモニターを見ています)
皆様、「そんなの当たり前、免許があるのだから」と思っていることと思います。

世の中の人が、こんなに簡単そうに運転しているのですから、自分に出来ないわけはないと思って教習所に通うも、怖くて怖くて「あのぅ、一日目で辞めた人っていますか?」と思わず指導員にたずねてしまいました。

その後免許はなんとか取得しましたが、その間ボロクソを通り越したことを言われ続けました。

どんなひどい人格否定めいたことを言われたって、自分の運転能力が低いのだから仕方ないんだと、言い返すことは思いつきませんでした。
なんだか、いじめとか虐待の構造にそっくり。
(今の時代では大変なことになりそうですが)

今までに2回運転しましたが、それ以降はもう運転していません。
まさに「適性がない」とはこのことなのでしょう。

保護者に「すごいですねー、こんな大きい車を自在に操って・・・」と感嘆の声を上げると、皆様一様に「はぁ?ハァ・・・・105.png」と不思議な顔つきになります。

それからもうひとつ。

最近遅ればせながら、スマホを手にしました。キャンペーンに乗っかって格安で手に入ったのです。

私はメールを打つのが出来ないので、もっぱら音声入力方法を利用していますが、保護者や生徒さんのメール入力の速いこと速いこと。
指使いが、軽業師のようです。
これには感心を通り越して驚愕します。

私は指先がコロッと太っているのか、ガラケーすらうまく打てません。
違うところばかり押してしまい、かえって時間がかかります。もーヤダ。

二子玉川高島屋まで颯爽と車を運転し、「到着した」とスマホメールを送る、これが夢だったのですが、もう達成できそうもなく人生終わりそうです。

夢、さようなら~145.png145.png145.png

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2018-07-20 10:13