<   2018年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ぴぴ、等差数列にはいる

2018年 4月21日 土曜日 晴れ

ぴぴちゃん(小4)です。
月に2回来ますが、前回どうしようか考え中だった塾にも、今日になったら既に入っていました。
f0024310_19342354.jpg
ぴぴちゃんの通う塾のカリキュラム進行は、四谷とは若干違うため、塾に合わせることにしました。
(塾)算数は週に1度の授業で、先日終わったのが「等差数列」。

で、こちらも四谷の第16回に合わせて進めることにします。

四谷は、①「N番目を求める」、②「N番目の数を求める」、③「数列の和」、④「数列の真ん中の数の出し方」のように、この回では4種を一気に解かせますが、
ぴぴ塾では、②③だけを教えたようです。

ですから、80分間のうち、数学習を差し引いた60分間で4種は混乱したようです。

等差数列は、植木算の考え方を使うので、それが手薄になっていると理解が進みませんから、ご自宅でぜひ復習をお願いします。

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2018-04-21 19:27 | ぴぴ

いよいよ進学塾へ

2018年 4月18日 水曜日 雨のち晴れ

にゃんこちゃん(小4)です。

学習スタートは、2017年の12月3日でしたから、4ヶ月半経ちました。
「塾に入るまでに数学習を済ませてしまおう」を目標に、結構グイグイ進めてきました。

そして、とうとう約数を出すところまできました。
この2月からは、併行して単元学習も進めています。

先日、お試しで某塾の入塾テストを受けたら、かなり良いクラスになったことをきっかけに、なんと先週から大手進学塾にも通うこととなりました。

そして先週は、既に家庭塾で済ませた単元の授業が行われました。

「進学塾授業が復習になったので、余裕を持って授業を受けることができたし、先生の言う変則的な内容もすぐに理解できた」

こういうことを聞くと、あらかじめ前倒しで授業をしておくに限ると、つい思ってしまいますが、この塾では予習を禁じています。

と言っても、おそらく「保護者」に対して禁じているのではないだろうか。
たとえば方程式などの教え方をされると、考え方の修正に手間取るからでしょう。

テキストも解答解説書もこちらにあるし、先生によって教え方がまちまちでないならば、ぜひとも予習をやりたいところです。

何を求めるための単元かを教えて、基本問題は全部解けるようにしておくだけでも大いに助けになると思います。

写真は、3年生時代の先月撮ったものです。(注:小4以上で単元学習の生徒さんは、保護者の同席が出来ません)
f0024310_20551442.jpg
クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2018-04-18 20:41 | にゃんこ

ラッキー情報2

2018年 4月15日 日曜日 晴れ

ラッキー君(年長)です。
学習開始後、丸1年を迎えました。
f0024310_20054053.jpg
低迷していた学習意欲も、2ヶ月前に取り入れた”お金そろばん”の登場で、一気に情勢が変わったことは幸運でした。
下写真がお金そろばんです。
f0024310_19452880.jpg
「これから(来年のこと)学校で授業が始まると、毎日ずっと勉強をすることになるから、今嫌がっている場合ではない」と、ママがこんこんと説得?し続け、この頃は腹をくくっている様子です。

さらに、10才になってからいきなり受験勉強を開始する事態は避けたいという事で、最近では、現段階の10分学習の重要性を再認識したパパも参戦。

現在は、とてもよい数字が書けているので、もうこれ以上の時間短縮を目指すことはいったんやめます。1問あたり3,5秒で、ここまできれいに書けているのはすごい!
(口頭で答を言えば、もっと速さを追求できますが、口頭は絶対に嫌だと言っています)

練習の段階では、5問ずつ小刻みに区切り、同じものを5周し、次の5問も5周・・・のように、数字の組み合わせをまるっと記憶するまで繰り返すやり方を採りました。
(テストは1枚通して行います)

こちらでは、1年間で30回の授業を実施しました。
f0024310_19245817.jpg
1分41秒↓ 過去最高を記録しました。
f0024310_09512718.png
本人の機嫌が良いときとか、保護者に時間の余裕があるときにまとめてやるよりも、毎日少しずつ実行するほうが、その効果は5倍ほどに跳ね上がります。

「どんなときにも毎日10分やる」のように決めると、習慣が体に染み付いて、抵抗感がなくなります。

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2018-04-15 20:01 | 園児ラッキー君

2018 モッコウバラ

2018年 4月14日 土曜日 晴れ

この時期に面談に申し込まれた方は、モッコウバラを目印に来ます。
バラアーチが、すごく分かり易いとおっしゃっています。

2階の窓から門を見下ろして撮った写真。
道路を塗りつぶしたので、右端は不自然なグレーになってしまいました。
f0024310_09400245.jpg
外から撮った写真。
f0024310_10005957.jpg
次は、ピエールドロンサールが咲く頃にまたアップします。

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2018-04-14 10:20 | ●趣味

丸1年経ちました

2018年 4月13日 金曜日 晴れ

ミントちゃん(小3)です。

ちょうど1年が経過しました。
f0024310_09173673.jpg
去年の今頃、と言うか、やり始めて1ヵ月半くらいまでのミントちゃんの様子は忘れられません。
なにせ、出だしの2課題に360枚を要したのですから。(通常は、小2という学年を考慮してもその半分くらい)
私にとっても360枚は初めての経験なので驚愕でした。

学習後40日目
50日目

ミントちゃんは生まれてこのかた、何をやっても同年齢よりも格段に早く要領を掴み、さしたる苦労もなくTOPになる体験を積んできました。

ですから、課題に取り組む途中で「あれっ!? 手間取ったかも。もう時間達成は無理だろう。じゃ、このまま続けても無駄な作業になるかもしれない」のように、プライドを保つために、先を見越してやる気を途中撤退させてしまう傾向が強かったのです。

その時点で気力を踏ん張ることに、50日(18000問)かかりました。

そしてそこを過ぎたら、すごいことになりました。

この2月からは週に一度になり、現在は最終課題の分数乗除を学習中です。
数学習が終了したら、いよいよ四谷の勉強に入りますが、はなまるリトルにするか、ジュニア予習シリーズ3年生用にするか迷い中です。
"はなまる"は、名前はかわいらしいですが、中身はぎっしりです。
予習シリーズよりも問題量も多いし、内容も難しいくらいです。


お母様はフルタイム勤務で、学習に付き合えるのは朝の10分だけですから、総学習時間をざっと計算すると、年間約3600分=60時間(=1ヶ月で5時間=1日10分)です。

超多忙の朝の時間帯に継続するのは、10分と言えども大変な負担だったに違いありません。

お母様に感謝!

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2018-04-13 09:57 | 小学生版・数学習クラス

成城九丁目カフェ

2018年 4月10日 火曜日 晴れ

店の名前は「成城九丁目カフェ」です。

一歩足を踏み入れると、店内は薄暗く、古めかしいアンティークの品々が雑然と置かれています。
f0024310_09314513.jpg
瞬間的に、以前観た映画、よしもとばなな原作の「アルゼンチンババァ」を思い出しました。

店はとても分かりにくい場所にあるし、あまり宣伝もしていない様子なので、商売として経営しているのでもなさそうです。

お客は私ひとり。
帰る間際にもうひとり。

ハーブティー(500円)は丁寧に淹れてくださり、おいしかったし、メニュー外でマロングラッセを振舞ってくれました。

自宅カフェを開くのが夢という女性は多いと聞いています。

外も緑であふれているし、中も雰囲気があります。
素敵な店でした。
f0024310_09354138.jpg
クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2018-04-10 09:45 | お店ご紹介

襟 洗濯

2018年 4月9日 月曜日 晴れ

そろそろ冬物を仕舞います。

襟だけウサギの毛が付いたセーターは、洗濯液に15分浸け置いたのち、よくすすぎ脱水せずに風呂場にかけておきます。
この時は、ハンガーには掛けません。
水を含んだ自分の重みで全体が伸びてしまう上、肩先にハンガーのとんがり跡が残るので。
風呂場に設置している、直径2cm程度の物干しパイプに全体を二つ折りくらいにして掛けます。
水がぼたぼたというか、ザーザー流れ落ちている状態です。
この段階では、毛は、動物を風呂にいれたようになっています。
下は、水がおおかたきれた時の写真です。

f0024310_15521619.jpg
下に水が滴り落ちなくなったら、セーター本体がまだ乾いていなくても、タオルで周りを包んで(周囲が濡れるので)、襟部分だけドライヤーをかけます。
水に濡れてぺたっとしている状態のまま乾くと、にっちもさっちも行かないので、急ぎます。
f0024310_15524078.jpg
毛の部分が乾いても、セーター本体はまだ湿っている、というか、濡れているので、あとは吊るして自然乾燥させます。

f0024310_15531747.jpg
われわれが、いわゆる「汚れ」と思っているものは、汗とほこりと化粧品による油性のものです。
ですから、全ての衣料品はドライ不要と信じて、何でも中性洗剤で洗うことにしています。

化学的なにおいもせず、すごくきれいになりますよ。

以前、毛皮襟付きコートの写真を載せました。
「私失敗しないので」→

別仕立てのフォックス襟の洗濯工程を、順序だてて示せなかったことが、返す返すも悔やまれます。
とくに、コームで髪の毛をブローするように立ち上げるところを見てもらえば、多くの方々が、自宅洗濯派になること間違いなし、なのに・・・。

結局仕上がった状態の写真では、肝心なところが全く分かりません。
このときは、一刻も早くドライヤーで仕上げなければ、と焦っていまいました。

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2018-04-09 16:23

西島ヘラクレス君

2018年 4月4日  水曜日  晴れ

西島ヘラクレス君(小5)です。

遠方乗り継ぎで、毎度疲れてヨレヨレになってたどり着くヘラ君ですが、本日は一家総出で、車でお越しになりました。
時間調整のため、近所の公園で遊んでいたようで、元気ハツラツやって来ました。

テキストはいよいよ、多くの受験生が苦手とする売買損益算に入ります。
f0024310_12033867.jpg
毎年同じことを書いているのは重々承知の上で言いますが、10才や11才の児童には言葉(見込み利益、総売り上げなど)が難しすぎやしませんか。

皆さん!
この日のために、「日常の買い物をお子さんとともにする」、または「ひとりで買い物をさせる」をやっておきましょう。

スーパーマーケットで、各ご家庭に沿った金額を渡し、「自分の好みではなく、全員のことを考えて買い物をしなさい。条件は野菜関係30%、肉か魚関係40%、果物30%。その中で必ず割引の品も各1点は入れること」のようにします。

このような経験がある子は、こちらの解説がスムーズに入っていきます。

さて、ヘラ君はお母様から一通りの授業は受けているはずですが、持参した手紙にはこう書かれていました。

「『うるさいな、ママはあっちへ行って。分かるから』ばかりで、真剣に聞こうとしてくれません」

ママへの先取り授業は、ビデオを撮りに来ただけになってしまったのか・・・

気を取り直して、いつものこちらのやり方を伝えましたが、シリーズの基本問題左ぺージでは、しきりに「そんなまどろっこしいことをしなくても分かる。すぐ式がでてくる。こっちのほうが速い」と言い張り、しぶしぶ従っている感がアリアリと感じられました。

こんな簡単な問題では、確かに回り道になることはわかっているけど、いよいよ複雑化した問題に直面したときのために、図の描き方を学んでいると思ってね。

図など不要で正解できる、一部の超優秀者もいると思うけど、一般的には、廃棄個数が登場したり、頻繁に値引きを繰り返すなど難しくなったとたん、「どこの、何を聞かれているのか」が掴みにくくなるので、この図が救世主となるんだよ。
四谷の線分図のことではありません。
独自考案しました。

そして、その日のうちに、ある程度難しい問題までこぎつけたヘラ君は、後半でやっと「そうか、この図を描かなければ確かに分からないな」と認めたのでした。
4月の残り1回も、引き続き売買損益の応用をやります。

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2018-04-04 12:08 | 西島ヘラクレス

対策は、ある

2018年 4月1日 日曜日 晴れ

ピーチちゃん(中2)です。

新学期が始まるとすぐに、中1範囲全部の試験が待っています。
じゃあ今日は、「方程式計算と文章題」に絞って復習しようよ。
f0024310_18493301.jpg
競争しよう!
まだまだ若いもんには負けてはいない。
よーい、ドン!

あれっ!?
この計算すごく難しい。
ピーチちゃんも鉛筆が止まってるでないの。
特別難しいのを選んじゃってゴメンゴメン。


「終わったー、私8分!
ピーチちゃん、どうしたの?途中でやめちゃって。」

「えっ? もうとっくに終わっています。6分です。」
えーーっ?ということは、計算は遅くないじゃない。

えっ、私、まさかの負け?
・・・・ち~ん
いつかこんな日を迎えると予測はしていたが・・・

しかし、文章題で状況はガラリと変わったのでした。
ピーチ遅し。

ピーチちゃんは、受験生時代、算数の成績はたいしたものでした。
大人も舌を巻くほどでしたから、ご両親も私も、この調子で行くとTOP層に食い込めるに違いない、と確信していました。

でも実際にはTOP層にはなっていませんので、お母様も、どうしてなのかと頭を悩ませていました。

月に一回程度ではありますが、テスト直しや試験対策で顔を見せているので、月日を経るごとに、文章題を解く速度が遅くなっていると、気づいてはいましたが。
しかし、今日はっきりと原因が分かりました。

受験時代に、算数が出来たことが返って災いしています。

脳内には、全盛期だったあのころの解法がすぐに思い浮かび、そのやり方でさっさと出来てしまうのです。

そして自分の立てた中学受験風式を見つつ、今度はそこから思考を逆方向に進めて行きます。

何をするの?

今度は、数学担当先生のこだわりのやり方から逸れないように、忠実に方程式を立てる方向に。

その結果、Xと置くのはここかな、じゃぁ式はこうかなとやっていて、結局解く順序が完全に逆になっているのです。

つまりひとつのことを二回やっているので、これでは当然時間がかかります。
そしてそういう習慣が、どんどん固定化している様子です。

長くなるので、これについての対策は、直接ご本人にメールでおこたえします。

クリックよろしくお願いします!





by youkosodesu | 2018-04-01 19:02 | ピーチちゃん