<   2017年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

来年度生徒母と打ち合わせ

2017年 12月29日 金曜日 晴れ


来年度から入塾予定(新小4)のお母様に、初回までにやってきていただきたいことをお伝えしました。
f0024310_08351424.png
まだブログ登場名は決まっていません。

小4時代は、家庭塾だけで力をつける予定です。

本日出した課題は、
●逆算の練習
●素数を覚える
●九九の徹底(たまに間違えるところをあぶり出す)
●暗算力の強化プリント
以上の4つです。

じゃ、授業開始までに毎日取り組んでください。

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2017-12-29 08:38

受験を勧めようか迷う

2017年 12月28日 木曜日 晴れ

いちごちゃん(小4)です。
f0024310_19544467.jpg
私立生のため受験しないので、この4月~11月までは学校の勉強をしていました。
しかし、学校の勉強に全く困っている様子はないので、夏休みからは、四谷の計算テキストも加わりました。

ところが、計算テキストにも行き詰まる様子はみられません。

今日、上巻の第13回立方体の展開図をやりましたが、これもどんどんできるようになって物足らなくなり、シリーズの練習問題にも手を伸ばしました。

うーーむ、今から外受験を決めるとなると、180度違う生活になってしまうし、かといってずっとこのままだと、吹きこぼれてしまい、学校の勉強ではちょっと物足りないかもしれません。
悩みどころですね。
f0024310_19554402.jpg
クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2017-12-28 20:05 | いちご

ある日の学習ご報告

2017年 12月25日 月曜日 晴れ

ある日の誰かへの学習ご報告を、そのまま掲載します。

1.逆算→OK
2.素数→OK
3.復習のため、再度13回をやり直しました→16問
4.第14回の割合→6問

①相当算たすき掛けで解く問題→これは問題文に特徴があるため、文面ですぐに分かりますから、いつも間違えません。
②割合の3用法のどれを使うのか頻繁に混乱しています。

前回は基本を押さえるために
比べる量÷もとにする量=割合
の一辺倒で教えましたが、今回は各塾で教える方法を取り入れています。

その上で、3用法全部の使いこなしの練習を行いました。

文章題中には、3用法のどの式を使うのか判別するための一文が必ず示されていますから、それがキャッチできないことには、式の立て方に迷います。

でも式を暗記させることは不要です。暗記した式に、数字を当てはめさせないでください。
あくまでも文章中の一文を読んで、式が立てられるように練習します。

テキスト13回をやり直しながら、決め手となる一文を見い出す練習をした結果、最後のころは若干理解度が上がりました。

HWは、今日やったものと同じ問題20問をやり直してください。

正解するかどうかよりも、文中のどの一文を手がかりとしたのか、それを言わせてください。
注:お母様は中学受験経験者なので、こちらの宿題指示詳細は伝わります。

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2017-12-25 19:31

ミント、約数を学ぶ

2017年 12月24日 日曜日  晴れ

ミントちゃん(小2)です。
f0024310_18451557.jpg
こちらに入塾したのがこの4月。
それから9ヶ月が経過し、今まで8回の数学習チェックに訪れています。
(平均して、34日間に1回です)
⑳までの課題には、それはそれは厳しい制限時間を掛けていますが、日ごろの練習の賜物で、ここまで来ました。

毎回持参する時間記録表をみると、たくさん練習していることが分かります。
赤○が時間内に入った日です。
f0024310_18461667.jpg
「足して10」にはだいぶ手こずりましたが、それを過ぎたら、どれも不思議なほどスムーズに進んでいます。あれはいったい何だったのだろう・・・

今日から約数に入りました。

ミントちゃんは小2ですから、本来であればお母様に同席していただけるのですが、妹さんはまだ小さくて、どうしてもうれしくてはしゃいでしまい、秒を競うこの学習では、当人の気が散るため、小さい方を伴っての同席は遠慮していただくことにしました。

それで、後々の授業内容の確認のために、ビデオを持参で来てもらっています。
小2でありながら、初回約数授業に全く躓きがなかったのが、かえって不安になります。ぜひご家庭でビデオを見ながらもう一度やって下さい。

約数だしが終了したら、いよいよ約分です。

リックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2017-12-24 18:58 | 小学生版・数学習クラス

二者間の隔たり ダイヤグラム

2017年 12月24日 日曜日 晴れ

ハニーレモンちゃん(小6)です。
本日が年内最終授業です。

弁当持参で、通し授業を行います。
f0024310_16041066.jpg
四谷第5回の合不合判定テストに出題されている、二者間の隔たりをダイヤグラムにしたものを学習します。

多くの子が、「これが出てきたら即行で捨てる」と言っているほど敬遠されている問題です。

ダイヤグラムを読み取る上で一番大きな情報源は、グラフの傾きと折れ曲がる頂点が何を意味しているかです。
しかしこれは決まっているので、一度分かってしまえばあとはラクショー。
傾きが急の時には、一直線上で二者が向かい合って進んでいるか、またはその反対に背中合わせに反対方向に進んでいるかです。

最初の頂点は、速いほうの人が目的地に着いたことを示しています。

あとは省略しますが、
見所は決まっているので、同じ場所からスタートする場合と、向かい合ってスタートする2パターンを、グラフから線分図が起こせるように練習しました。

「必勝湯のみ」を今日から6年生に配ります。
f0024310_16142896.jpg
お茶を飲むときには必ずこの湯飲みを使ってね。

リックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2017-12-24 16:16 | ハニーレモンちゃん

甦るパープル

2017年 12月22日 金曜日 晴れ

パープルちゃん(小6)です。

塾の先生の(教え方)がずっとわからなかったのが、今日はわかったようです。
ほんとにもっと早く狛江塾(家庭塾)を探し出していたら。
パープルは今日、速さがわかってすっきり顔でした。
ありがとうございます。
原文のまま。()内は私の補足です。

本日の学習ご報告メールを送ると、追いかけるようにお母様からこの返信メールが届きました。
こんなメールを頂くと、本当にうれしくなります。

前回のブログをご覧になったお母様は、早速今日の学習単元を「3人の旅人算」に変更しました。
(例)3人乗せて途中まで車を走らせ、ある場所でその人々を降ろして歩かせ、即座にUターンして既に出発していた徒歩組を拾って、全員が同時に到着する。

パープルちゃんの通う塾では、どんなやり方をしていたかというと・・
f0024310_19594294.jpg
このやり方は、早稲アカ「上位校への算数」の解説にも載っているので、分かる人には分かるし、慣れれば簡単かもしれませんが、グラフを書くことそのものに手こずるのではないかと推察します。
書けたとしても、そこからさらに図形問題を解くようにすすめていくのも大変です。

やり方の変更は、子ども側にとってストレスが大きいので、どうしようかと様子を見ていました。

パープルちゃんは、グラフを書くことすら滑らかとは言い難いし、なんとか書き終わってもそこから一歩も進むことが出来ません。

私「ぜんぜん進まないけど、やり方を変更する気持ちはある? 変更してもいい?」
パープルちゃんは、余り気が進まない様子で、「う~ん、う~ん」とどっちつかずの返事を繰り返していましたが、「もう待てない、間に合わない」と、そこから変更突入!

1問目は、受け入れ難い様子がアリアリと。
自分にとって分かりにくいにもかかわらず、始めに塾で教わったやり方にしがみ付こうとしています。
私が新たなるやり方を解説するも、なんだか捨てばち風。

この問題種の核部分が、ひねりがない基本形で盛り込まれている2問目が鍵だと判断し、同じ問題を4周させることにします。
1回目出来ない→私教える→2回目パープルやる(助言あり)→3回目パープルビデオ撮り→4回目パープル再び1人で取り組む

私は毎回教えまくるというわけではなく、進行を仕切るだけですが、それでも勝手に相手が分かっていきます。

4回目のときに、何かの気づきがこちらに伝わりました。
この時が一番うれしいです。145.png

その後は手助けなく、どんどん解いていきます。

同じ問題をやるなんて無駄とか、そんなに何度もやっていたら、うわべだけ覚えてしまい、真似しているに過ぎない、と言う無かれ。

もちろん始めはただの真似。
たとえ真似であっても、自分の声(解説)を耳で聴いて、脳が咀嚼し、繰り返すごとに、「おっ、この部分わかったかも」が増えていきます。

最終問題に取り組むとき「この問題には賞金(ポイント)を出す」と言ったら、
「げっ! じゃぁ難しいということだよね」と及び腰になっていましたが、見事賞金を勝ち取りました。
どうか神様、入試ではこの問題が出てきますように。

リックよろしくお願いします!




by youkosodesu | 2017-12-22 20:39 | パープル

年長さん入塾

2017年 12月21日 木曜日 晴れ

ドラゴン君(年長)です。

ラッキー君以外に、初めて園児が入塾して来ました。
あれほど「園児はまだ」と思っていたのが嘘のように、
\(≧∇≦)/ キャァ♪

とは言え、園児時代は残り僅かで、3ヵ月後はいよいよ小学生です。

お母様はその準備として、この夏から「ひらがな、カタカナ、数字の読み書き」を教えていました。
しかし短期間で仕上げたため、ひとつひとつの完成度が低かったので、やり直しをすることにします。

小学校には書写の時間もありますが、学年が上がれば上がるほど、その時間だけ「よそ行きの字」を書きます。
よそ行きの字は根付いていませんから、日ごろはいつもの自分の字に戻ってしまうのです。

「いつもの自分の字」をきちんとするには、癖が付く前の今やったほうが、断然効果が上がります。

f0024310_15100252.jpg
ちょっと前まで赤ちゃんに近かったのですから、園児指導は、慌てずゆっくりやるのがコツです。
数学習の目指す速度を付けるのはまだまだ。

当面は、
書き順や形に気をつけて数字や文字を書く。
算数では、
10のまとまりがすぐに口をついて出てくる。
掛け算九九を、一定の速さ(リズム)で読むことが出来る。
以上のことを目指します。

今週の標語。
「覚えさせるな、読めば良い」

リックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2017-12-21 15:28 | 小学生版・数学習クラス

数学習 新男児小2

2017年 12月21日 木曜日 晴れ

フェニックス君(小2)です。

先日の面談では、「のんびりした子、なんでもゆっくり」と聞いていましたが、それは何かの間違えでした。

予め出しておいた課題を全てクリアするどころか、練習していないものを試しに口頭でやってみたら次々と合格しました。

f0024310_13131577.jpg
家で、お母様と数学習の練習をしようとすると、やきもちを焼いた弟さんが邪魔をしてくるということですが、今日は、ママを独占できてうれしそう。

教育熱心な某地区に住まわれているので、3年生からはぼちぼち通塾者が増えてくると思います。

ですから、私も夏前には数学習を終了する心積もりでしたが、今日来てもらったら、7月で終了するのは楽勝だと感じました。

フェニックス君、これからよろしくお願いします。

リックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2017-12-21 13:15 | 小学生版・数学習クラス

あっけなく正解にビックリ

2017年 12月19日 火曜日 晴れ

かめちゃん(小6)です。

電車バスを乗り継いで、遠いところからひとりでやって来てくれるのも、あとわずかとなりました。

今日は最終の詰め、(ご本人のリクエストで)「平面図形比」を学習します。

例えば平面図形比問題で、(1)が辺の比、(2)はある部位の面積を求めさせる場合、難易度が高くなると、かめちゃんはすごく時間が掛かってしまうので、今日は「メネラウスの定理」「チェバの定理」を教えることにします。

これを自在に使いこなせれば、90秒以内で三角形のどこの比もあっけなく出す事が出来ます。
辺の比さえ分かれば、相当算を使い面積を求めることは楽なので、さぁメネラウスから。
一度簡単に解説をします。
定理は普遍的なものなので、ここで時間を割くことはありません。
やり方がわかったら、準備している問題を10問余りやってもらいます。

ここで大事なのは、どの頂点からスタートさせるか、必ず出発点に戻るように式を立てるように考えること、これがポイントです。
f0024310_11024166.jpg
次にチェバ。
チェバはメネラウスに比べると、単純で実にあっけないです。

教えるときのコツは、大変なものから教える、そしてその演習量は多くする。
次に単純なものを教える。

二種は使いこなしが似ているため、混乱しない様に相違点を強調してください。

かめちゃんは最後に、過去の合不合大問8をやってみました。

すると4分程度であっけなく正解したので、自分でびっくりしていました。

この定理は、多くは中2幾何で扱いますが、知っているのといないのとでは受験で大きく差がついてしまうため、今や多くの塾で教えているようです。

リックよろしくお願いします!




by youkosodesu | 2017-12-19 11:08 | カメちゃん

妹とチェンジするパープル

2017年 12月17日 日曜日 晴れ

パープルちゃん(小6)です。

過日、妹ピピちゃん(小3数学習生)枠の振替として、お姉さんのパープルさんが来ました。
リクエストは流水算です。
f0024310_14241587.jpg
どの程度の実力か把握するために、まずは四谷シリーズの基本問題右面文章題をやってもらいます。

これは全く手間取らなかった為、いよいよご本人にふさわしい問題へと進みます。

こちらには、昔の生徒さんが置いていってくれたデイリーサピックスがあるので、その中の★★と★★★だけをやることにします。

こうしてみると、なかなかよい問題が揃っていますが、変則ばかりを扱っています。
でも、こういうのこそが必要だったため、それはそれでありがたかったのですが、解説が不親切です。
というか、サピックスは出来る子が対象のため、懇切丁寧な解説は紙面の都合で省いているようです。
ですから、生徒に質問されてもすぐに対応可能なように、予め自分仕様の詳しいものを作ってあります。

今日パープルさんは、お母様に臨時に借りたスマホをビデオの代用にしていましたが、途中電話が2度あったため、録画は自動的に止まってしまいました。

へー、途中止まってしまうとは知らなかったので、便利なような不便なような。

総括すると、パープルさんの躓きは、線分図を省略することから来ています。
そのため、問題が複雑化すればするほど、どこの何をきいているのか分からなくなってしまうのです。

それから、平常時と、大雨が降ったときの出水による、流れの速さが変化するときの対処法が分からないので、今日はそこのところを強化しました。

次は「通過算」ということですが、複雑な旅人算はやらなくていいの?

こちらの受験生は、「(例)3人乗せて途中まで車を走らせ、ある場所でその人々を降ろして歩かせ、即座にUターンして既に出発していた徒歩組を拾って、全員が同時に到着する」を今盛んに練習中です。

リックよろしくお願いします!




by youkosodesu | 2017-12-17 14:18 | パープル