2018年 03月 12日 ( 1 )

お食事会第五弾(蓮子)

2018年 3月12日 月曜日 晴れ

蓮子ちゃんは、小3の3月(新4年生)から家庭塾で学習を開始したので、丸3年が経過しました。
私立生なので、受験はありません。

内部進学者とは言え、受験組と同じように、特殊算などの解き方を分かっていた方が良いと、四谷の基本テキストを使って4年生上下巻、5年生上下巻の4冊を勉強しました。

4冊に、2年3ヶ月を要しました。

その後6年生の初夏の頃から、中1幾何と代数の教科書学習をスタートしましたが・・・
ひぃ~~
最初に音を上げたのは私です。
「いついつまでに○○を終わらせる」のような、目先の目標がいきなり消えてしまい、緊張感がなくなって、学習時間がすごーく、すごーく長く感じ始めたのでした。

蓮子ちゃんは実際には中学生ではないから、定期テストもないし宿題もない。
おまけに小学校の勉強も全く困っていない。

中学生内容を目的なくただ勉強しても、なんか張り合いないなぁ・・・どうしたらよいのだろう。

教える側がこんな風だと、教わる子どもの側も敏感に感じ取り、50分間過ぎる辺りから二人で顔を見合わせて、頻繁にハァ~とため息ばかりついていました。

私「時間が過ぎるの遅いね。まだ代数計算練習しかやってないよ。
どうしようかぁ、学習日を1回減らすとか、時間を減らすとか。
ママに交渉してみよっか。」

蓮子「そういうのはたぶんダメだと思う。」

私「いいよいいよ、ダメもとで頼んでみようよ。」

「お宅のお嬢様の集中力が続かず、時間が持たないので、80分間授業にしたいのですが。」
ママが怖いので、思わず蓮子ちゃんのせいにしようと思っちゃいましたが。

正直に打ち明けるのが一番ですね。

「私の集中力が続きません。すみません、どうか30分間減らしてもらいたいです。」

そして昨年秋から、あっさりと学習時間短縮の許可が下りました。
実際にはママは全く意に介さず「そうですか。じゃ、30分短縮してください。」みたいな感じでしたので、ほっと胸をなで下ろしました。

これから蓮子ちゃんは中学生になるので、やっと定期テスト対策に目を血眼に出来ます。
これで私のやる気ホルモンが出ます。
と言うか、なんかこぅ
必死になったり
苦しんだり
血眼になったり
寿命を縮めたり
結局私は、そういうのがやりたいのだと思います。
f0024310_19450787.jpg
ところでお食事会当日は、またも主役の生徒をそっちのけで、すごくためになる話に聞き入ってしまいました。
その話はえらく興味深かったです。

現お母様はすごく細っそりしていますが、その昔は太っていたという話です。
そして極めつけは
「私は大食いだから、本気を出せばいくらでも食べられます。もともと太る体質だから、食べまくって再び太ることなんて簡単なことです。そうならないためには、朝にたくさん食事して、それから徐々に食べる量を減らしていき、夕食はヨーグルトだけ。」

たぶん、これは藤野武彦先生のBOOCSダイエット(Brain Oriented Oneself Control System・脳指向型自己調整システム)の考え方と同じで、とても理にかなっていると思います。

全国の皆様もやってみよう!
夜はヨーグルトだけ!

リックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2018-03-12 20:44 | 蓮子ちゃん