塾考察(現5年生のお子様)

あと2ヶ月ほどで受験学年を迎える、全国の5年生の保護者の皆様へ。

S(サピックス)、N(日能研)、Y(四谷大塚直営校)、G(学協)、W(早稲田アカデミー)、E(栄光ゼミナール)など、この周辺にはいろいろな塾がありますが、1~2年間の受験生活を経ても、下位1~3割の位置に固定しており、今の塾でいいのかな、ぜんぜん上がらないこの成績をどうしたらいいのだろう、と困っているご家庭に一言。

お子様が通塾を嫌がっておらず、親も不満を持っていなければ、転塾を考えなくてもいいと思います。
しかし全科目を通じて、親子が不本意と感じる偏差値なら、学習科目を2科目に減らし、6年夏まで、その分を算国にまわして、基礎の見直しに専念してください。4科目が負担なお子さんはたくさんいます。そして2科受験校で、良い学校もたくさんありますから、柔軟に考えてもいいと思います。

どうしても4科受験にこだわるなら、夏から”四科のまとめ”の理科、社会をやるというのはいかがでしょう。

固定的に下位1~3割というのは、お子様にはやっていることが難しすぎるのだと思います。
まずは揺らいでいる基礎を確立しましょう。

最後に、親御さんに「この子はもっといけるはず」という勘が働けば、期間限定で、応援を頼める良心的価格の
”助っ人”を、インターネットなど、あらゆる手段を使って、探してください。

”窮すれば通ず”です。じたばたすれば、今よりは必ず状況はよくなります。
by youkosodesu | 2006-12-30 18:37 | ●私の方針
<< 年頭にむけて  塾考察(現4年生までのお子様) >>