夢子 年齢算も楽勝

12月の通常授業は、12/22日(日)までです。
平日組の生徒さんの年内授業は、第三週で終了します。

2019年12月1日 日曜日 晴れ

夢子ちゃん(小5)。
f0024310_15570671.jpg
先日お母様から
塾ではニュートン算の単元にきた。
授業中に予習シリーズの練習問題やプリントの問題を解いたら、全問正解し、解き終わるのもクラスで一番速かった。
とメールをいただきました。
こういうときが一番 「やったぁ!」とうれしくなります。

「誰よりも速く正確に」を目指して、着席するなりこれに使用する計算を(夢子ちゃんには、いろいろ全部で15分程度です)来る日も来る日も課してきたので、子どもたちにとっても、報われる瞬間です。

本日の授業は、四谷シリーズ第16回。
●3量のつるかめ算を2量にまとめる方法
 個数が出ていなければ、表解で求めるときのコツ
●年齢算
この2種です。

文章通りに式を立てたら、もうできたも同然。
年齢算もまた、家庭塾でとことん処理の仕方の練習を積んでいますので、いともあっさり終了しました。

詳しく書きませんが、これに必要な計算処理は「式を展開する」「移項の考え方をせずに方程式を解く」です。

ところで夢子ちゃんに、ニュートン算で進学塾と家庭塾の教え方が違うかを聞いたところ、
自分の塾は四谷系だが、担当の先生は線分図は使わず、ほぼ家庭塾と一緒の教え方だった。
家庭塾で万全の予習をして100%理解していたのでゆとりがあったから、塾の教え方の細部が若干違っていても、すり合せることが出来た。(←意味としてはこのようなこと)と言っていました。

一般的に、中途半端な理解で止めてしまうと、進学塾の教え方とのほんの些細な違いに対してさえも、混乱を招くように感じます。

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2019-12-01 15:52 | 夢子ちゃん
<< ご連絡あれこれ バンビ 進捗状況 >>