バンビ小5 初登場

夏休み残りコマ→ 

2019年 8月12日 月曜日 晴れ

バンビちゃん(小5)初登場!
絵が上手く描けず、ハイエナそっくりになってしまった。
f0024310_19002849.png
本来は秋からですが、夏期の埋まらないコマに申し込んでくれました。
ありがたい。

ところで本日はご相談もあり、お母様も一緒に座っていただく事になりました。

こういうお悩みは、多くの保護者が抱えているので、本日は許可を得て掲載させてもらいます。

内容
塾に入ったのは、本人が中学受験を希望したから。
算数は好き。

家でもまじめに机に向かっているし、本人の性格からしても授業をちゃんと聞いている様子。
ところが入塾以来8ヶ月間、テストの点数にまったく反映されず、本人も何故こんなに授業内容が理解出来ないのか分からず、落ち込み気味。

思い余って塾に相談に出向くも、「そうですかぁ、授業態度もまじめだし。でもなかなか反映しませんかぁ」だけ。

ちゃんと真面目にやってはいるのだろうが、たぶん要領が悪いのだろうな・・・と親は思うしかなかった。
f0024310_19004561.jpg
そして本日、今までのテスト一式を見せてもらいました。

うわぁ~!!
なんだこりゃーー。

下のクラスの子にも、このような問題をやらせているとは。

授業では基本問題の扱いは一切なく、基本問題と言うよりは中レベルの文章題に飛び、さらに一足飛びに難問へと。
つまり四谷系塾にも関らず、計算テキストまたは同等レベルを使用した解説授業は行っていないのです。

私は他塾のやり方を批判したことは今までありませんが、ダメでしょう、この進め方は。
責任者のせんせい出て来い!

このような問題の選び方や、基本的なことをすっ飛ばした授業の進め方をされては、(四谷)偏差値45までの子は、絶対に出来るようにはならない。

同じクラス内を見渡せば、周りの子の中には、(100点満点中)5点とか10点の子が何人かいるとのこと。

確認テストで(100点満点中)30点以下が80%を占めるような内容は、不適切もはなはだしいと思う。
プロにもかかわらず、そこに気付かないとは。

ではバンビちゃんが必ず出来るようになる授業を始めます。

四谷の「計算テキスト」の第一回比を、1問ずつ解説しながら進めていきます。
いつもの倍ゆっくり話します。

●比ってなんだ? :は÷の分数線(括線という)をとったものと考えてね。
●分数や小数が出てきたら、こうやったら楽だよ。(小さい裏技も伝える)
●逆比は?
●連比も。(重なり部分では必ず最小公倍数を出す事。そうしないと数がすごく大きくなってしまうし、更に答の約分点検も必要になるよ)
●約分大事だよ。(最大公約数をすぐに出す練習プリントを渡すね)
●相当算もあちこちで使うよ。

いよいよ文章題へ。
●線分図の描きかたはこうやる。
●差一定ってどこが一定なの?
●比と実数がセットになっているところを探すか、なければ工夫して自分で作っていこう。比と結びつく実数が1箇所なければ、割合は解けないんだよ。それを探すのが与えられた課題なんだ。

これらの事に、計算テキスト(四谷/基本問題テキスト)を使ってじっくり向き合わせます。
同じ第一回の中でも、分母・分子問題は、他のとは区別して教えます。

じゃ、自分より出来ない人に対して、懇切丁寧にわかるように説明してあげるとしたら?

もう一回。

まだしどろもどろのところがあるよね。

さっきの解説メモを見てもいいから、もう一回。

小刻みに文章題を与えて、解説を促します。
しかし、絶対に正解するように、私の解説→反復→自己解説と誘導しているので、最終的な確認テストは、どの子も必ず正解します。

バンビちゃんはだんだん自信が付いてきました。

じゃ、そろそろシリーズに進むよ。
シリーズの基本問題は1問ミスしましたが、他5問は正解にこぎつけました。
ここまで来るのに、1.5コマ分の時間を要しました。(160分前後)

簡単だと思われるところを手厚くすれば、その後は思うほど手が掛かかりません。
だから学習の時間差は、差し引きゼロになります。

バンビちゃんの場合、
やっている(ように見える)のになかなか伸びない、と親御さんが思う原因は、実は本人にあるのではなく、塾の大雑把で不適切な進め方によるものでした。

大丈夫。
あなたはちゃんとやっている。

半年後の力を見て欲しい。

すべての単元を挽回させてみせよう、この私が。

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2019-08-12 20:07
<< あの子のことを思い出した 夢子 連投 >>