にゃんこ 初めて苛立つ

2019年 6月16日 日曜日 晴れ

男子母たちはブログの受け止め方が大雑把なので、どんな事でも気兼ねなく話題に出来るため、題材に困る事はありません。

そこへ行くと、女の子には気を使います。

だからこのところ停滞気味でしたが、今日は久々に女子登場!

にゃんこちゃん(小5)です。

に)この頃載っていないから、早くブログに載りたいです。
私)あなたは成績的には褒める事しかないので、そういうのを載せるのはちょっとねぇ・・・・

にゃんこが通う塾は、答を導くアプローチが四谷とは違うため、通常お断りしているのですが、この子を受け入れることになったのには、経緯があります。

数学習終了後、4年生でも家庭塾に通うことが決まったその後にこの進学塾を決めたので、「え・・・・●●塾かぁ。すみません、じゃお断りします」とは言えませんでした。

詳述すると特定されるので避けますが、入塾後のクラス上昇はあっと驚くほどすごかったです。
この子、こんなに出来る子だったんだ!

塾では割合に入りました。
この先、損益算→食塩水と続くので、久々に損益算を復習する事にしました。

実は毎回教える事などほとんどありません。
余裕があるのか、喋りながらやっていてもいつも正解します。

ところが損益算難問では、徐々に雲行きが怪しくなって不機嫌になってきました。
こういう様子は初めてです。

男児はこういうときには、物に当たる子が大勢居ます。
消しゴムを投げたりテキストを投げたり。

にゃんこは物には当たりませんが、すぐに答を導き出せない自分に苛立っています。

「教えるよ」と言ったらさらにイライラして「ちょっと待ってください。自分で考えたいです」

結局最後まで分からなかったため、時間切れになる前に解説をしました。

「あー、そこで躓いたのかぁ、そこさえ分かれば出来たのに」とすごく悔しそうな顔をしていました。
でも立ち直るのも速い。

台所を覗く↓
f0024310_09430343.jpg
クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2019-06-16 09:33 | にゃんこ
<< ママ面談 タケ 豹変 >>