印象に残る6年生ふたり

2018年 12月4日 火曜日 晴れ

なんでも記録するのが好きなので、日記としての意味もありこのブログを綴っています。

とても印象に残っている二人の事を思い出して、いったいいつの生徒さんだったのだろうと探したところ、ひとりは2006年、もう一人は2011年のことでした。

G君はSAPIXαクラスにいたお子さんで、当時、αは受けたくないなぁ嫌だなぁと思ったことを覚えています。おかげでいつも勉強に明け暮れる日々でした。
それにしても男児を泣かせてしまうとは、ふとどきな先生です。

V君をお引き受けしたのは小6になろうとする頃で、残された時間が少ないため、しゃべりたいV君をかわしつつ、その日のノルマをどうこなしていくかとの戦いの日々でした。

それにしても先生(私)楽しそぅ。

追記
(V君)あれこれ読み返したら、実際のやり取りとはいえ、よそのお子さんに対して余りに辛らつで失礼な書きぶりです。
当時よく抗議を受けなかったと、今更ながら冷や汗が出てきます。
ママ、ごめんなさい。

クリックよろしくお願いします!



by youkosodesu | 2018-12-04 19:36
<< 合格した 売り物のような出来栄え >>