交換条件は効果あり

2018年 10月9日  火曜日 晴れ

竹の子君(小4)です。

どうやら学校の方針が「子ども時代はのびのび」の様子で、細部をとことんやることに慣れていない竹の子君です。

そんな子に、割合の文章題の小問27問は大変なストレスだったと思います。

小休止を経て、「もう1周やります」と告げたら、すごく驚いていました。

竹)今やったじゃん、何で? 何でやったのにまたやるの??

私)一回目は、教えながら。しかも正解したり間違ったりしどろもどろだったり、だから助けなくひとりで出来るかを見たいんだよ。
あのね、問題を解く上で大事なのはテンポなんだ。
だから#$*&%$#&@・・・・ダメだ、途中から聞いてないな。
仕方ない、ポイントで釣るか・・・

竹の子君は、満点なら100ポイントにおおいに気分が高まったようで、意欲的に取り組み始めました。

バンザイ、今度は満点取れました。
え~・・・ポイントで釣ったり、休憩で釣ったり。何事にも良く乗っかってくれる子です。
f0024310_11221465.jpg
クリックよろしくお願いします!!



by youkosodesu | 2018-10-09 11:26 | 竹の子くん
<< 来年度のこと 過去問対策とは >>