あゆみ、5回分の経過報告

2018年夏休みご希望コマの受付が6/25から始まりました。
残りコマはこちらからご確認をお願いします。→

2018年 8月14日 火曜日 晴れ

あゆみちゃん(小6)です。

全部で6回の学習回を、本日まで次のように進めてきました。

1回目:●ニュートン算→牛の食べる量と生えてくる草の比をそろえる練習。
短時間で比を揃えることが出来るように、家庭塾では小4から相当算に力を入れています。

2回目:●速さの差集め算

3回目:●三人が時間差で出発する速さ問題→同じ時刻に各々がいる場所に同じマークを記入することを強調しました。

4回目:●空間の道順→内部も通る場合はコンビネーション計算で、外側だけを通るときには記入式で。内部に辺が無いものについては、コンビネーション計算の方が速いです。
●小さい立方体を積み上げて作った立方体に切り込みを入れたときの、無傷の立方体の体積→段ごとに記入していきます。
切り取った立方体をバラした中での最大体積を問う問題は、頭で想像もできないため、100円粘土で実習をしました。

5回目:●立体のくり抜き後の体積と表面積→段ごとに整理して書く練習。
●回転体の体積と表面積→進学塾では裏技は使わないそうなので、面倒な計算をいくつもするのは、時間がかかって大変なことだったでしょう。

●チェバの定理と図形の天秤→チェバとメネラウスを同日に教えると混乱を引き起こすので、メネラウスは天秤に変えました。
あゆみちゃんの塾では、面積比を利用しつつ辺の比を出していたので、とても複雑に思えて、すっかり苦手意識が出来ていました。

(三角形の内部の辺の比も含めて)全辺の比を90秒以内で一気に出せることが分かって、あっけにとられていました。
面積問題を解く上で、これを知っているのと知らないのとでは雲泥の差なので、全部の塾で扱ったらよいのにとさえ思います。

次回はいよいよ最終回です。
チェバと天秤を使って辺の比は容易に算出できるようになったので、それを利用して面積比に結び付けていきます。

学習あれこれの画像です。
f0024310_14034735.png
クリックよろしくお願いします。



by youkosodesu | 2018-08-14 14:21 | あゆみちゃん
<< 立体のくり抜き、表面積 新しい生徒小4 >>