お食事会第三弾(千早)

2018年 2月12日 祝・月曜日  晴れ

千早家とお食事会を行いました。

パンパカパ~ン、千早ちゃん第一位です!
何が一位かと言うと、「過去30年で、世間話をまったくしなかった女児」の第一位。

始めはおとなしかったり、ぶっきらぼうだったとしても、女の子は慣れてくると程度の差こそあれ、しゃべります。

ペットのこと、学校のこと、塾のこと、テストのことなどで打ち解けるのですが・・・・。

ところが千早ちゃんは全くしゃべらず、中休みも拒否するし、静かに黙々と勉強をやり続けます。

心を開かないかというとそうでもなく、勉強内容のことでは、二人して大いに盛り上がりました。

いつも解法については話し込みましたので、コタツ学習のときは、ふと、大学受験で友人の家に集まって勉強する二人、のように錯覚したことが何度もあります。

「このとき方、どう思う?なんかこの式に納得いかないよね。この解法を書いた人、どう思っているのかね。千早ちゃんにいい考えある? 私はネ、○△●:*%#!&だと思うけど・・・」などなど。楽しかったぁ~♪

お母様からのひと言
イヤでイヤでしょうがなかった算数でした。

それが少しずつ変わってきたのが、一回一単元を学習し、潰していった単元が増えてきた頃からでした。(補足:全部で26単元やりました)

私自身も家庭塾に出会うまでは、「少し難しいものをやってこそ、そのレベルが出来るようになる」と思い込んでいたので、結果的にざっと目次をなぞるようにやっていても、それがさほどマイナスになっているという自覚はありませんでした。

ですから、「やった直しを又間違える」ことを叱責することはよくありましたし、レベルの難しい問題に、頭を抱えながら取り組んでいる様子を見ているほうが、むしろ安心する傾向にありました。
あぁ、勉強ちゃんとやっているのね、と。

しかし家庭塾方式で、現レベルが80%完璧になってから次の段階に進むと、確かにスムーズに流れていくので、頭を抱える場面も激減したし、算数に対して自信が生まれ、どんどん好きになっていくのが、親にも、塾の先生にもはっきりと分かりました。

わずかな間(9ヶ月間)にここまで伸ばしていただいたこと、感謝します。

お母様、ありがとうございました。
そして千早ちゃん、希望の中学に合格おめでとう!

千早ちゃんは近々、数学習中学生版代数をスタートします。
f0024310_20291833.jpg
クリックよろしくお願いします!


by youkosodesu | 2018-02-12 21:27 | 千早ちゃん
<< ミント、約分まで進む お食事会第二弾(カメ) >>