期末対策に来る

2017年 11月19日 日曜日 晴れ

ピーチちゃん(中1)です。
f0024310_23160597.jpg
一学期は、数学の先生の授業の進め方とこだわりにビックリして、合わせていくことに必死でした。

先生の採点は減点方式なので、ほんの些細な書き漏らしや、先生独自のやり方を踏襲していない失点が重なると、ギョッとするほどの痛い結果になり、本人のみならず、数学は得意の子だから、たぶん上位だろうと踏んでいた私も驚きました。

二学期は幾何の授業だけに絞られており、つい最近図形の証明問題に入りました。
証明に関しての先生は、意外にも普通のやり方でしたので、ちょっと安心しました。

証明は、「型」に沿って書くやり方に慣れれば毎度同じで、そう手が掛からばないのですが、まだ学び始めの段階では、ピーチちゃんはその「型」に慣れておらず、じーっと考えていました。

ぼーっとしているわけではなく、じーっと考えているので、「もっと早くやりなさい」ということはできませんし、本人が教えてと言っていないのに、思考を遮るように口を挟むのをとても嫌がるので、今日のところは問題数は捗らず。
ママ、ごめんなさい。

次回は速度を出す練習をする予定です。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2017-11-19 23:29 | ピーチちゃん
<< 授業をビデオに撮る 重要単元「割合」に入る >>