珍しく忘れ発見

2017年 9月19日 火曜日 晴れ

千早ちゃん(小6)です。
夏が終わって以来、復習済み単元に加わったのは赤字部分です。

1、相当算
2、差集め算(速さ)
3、平面図形比(チェバ、メネラウス)
4、損益算(割合)
5、水量と容積
6、回転体の表面積の裏技&体積の裏技
7、歩数歩幅(速さ)
8、立方体展開図
9、三人が時間差で出発する(速さ比)
10、年齢算(比例式で解く)
11、植木算
12、周期算
13、三人が時間差で出発する速さ問題(再)
14、線路に沿って出会う、追い越す速さ問題
15、整数の性質
16、ニュートン算
17、食塩水やり取り算
18、周回の旅人算
19、立方体の投影図(三方向からみた個数)
20、図形上の点の移動

既習単元がどんどん増えるにつけ、忘れ防止対策として、授業前に復習テストを行うようにしています。

千早ちゃんは、帰宅後に忘れないようにすぐに復習しているうえ、学習済みプリントをきちんと整理保管もしています。
こうしたことが奏功して、勉強内容はほとんど再現可能です。

下写真の青丸が過去プリントの束です。授業前にこの中から3単元程度テストします。
f0024310_10073547.png
そんな中、「おっ、大変、復習をしなければ」と、急遽本日の予定単元を中止して復習することにしたのが「食塩水やり取り算」です。

Bの容器からAの容器に入れたのは何gでしょう、の解き方に戸惑っています。

千早ちゃんは、今まで塾ではビーカー図の食塩移動で学習してきたので、疑問部分とは言え、そこに唐突に天秤の考え方を入れることは避けたいと思います。

ですからそこは、面積図と逆比を使う解き方で教えます。

しかし問題がどんどん複雑化して、やり取りが同時に行われたり、頻繁に繰り返されると、どことどこで面積図を作るのかに、戸惑いは依然として残っているように見受けます。

(時間切れのため)中途半端に切り上げて、とことんやりつくさなかった、というのが
正直なところです。
頻出なので、次回もダメ押しをします。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ

by youkosodesu | 2017-09-19 10:31 | 千早ちゃん
<< 水曜日、新入塾生 図々しいお願い >>