図形の場合の数

2017年 7月8日 土曜日 晴れ

かめちゃん(小6)です。

前回は歩数歩幅の授業でした。
約半月前です。
その時のことがどれくらい定着しているか、テストをしてみます。
おーっ!
5問中4問正解。
まずまずですね。

で、今日は?
何やるのかな?
f0024310_20212914.jpg
あー場合の数ね。
図形ね。
かめちゃんが「こういうの嫌い」といったのがこれ↓
「正○角形の中にできる合同な三角形を1種類とすると、何種類の三角形ができますか」
図に三角形があれこれ書き込まれていたけれど、そんなことしなくても、すぐに分かる方法があるよ。

今日の授業内容を忘れないようにする方法は、「わたしが説明した解説を、自分の言葉に変換して、用紙に書き直すこと」です。

テキストの解法は、紙面の都合で短く省略してある場合が多いため、改めて自分作成の解説書を書くのです。

これは、ちらっと目にしただけでも、すぐに今日のことがよみがえってくること間違いなし。
皆さんもやってみてください。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2017-07-08 20:26 | カメちゃん
<< 第二回合不合 残り物 >>