私の元旦

2012年を迎えました。おめでとうございます。

20年以上前の写真が出てきました。
この頃は「お母さん全開」の時代でした。

毎年大晦日の夜から三が日の4日間、振袖で過ごすようにしました。

ごまかしてそれらしく仕上げた“なんちゃって日本髪”を4日間毎日結い直しました。
この時期だけしかやらないにもかかわらず、年々手馴れてくるから不思議です。
f0024310_12503477.jpg

上の写真から4年後です。(「写真」を、写真に撮ったのでぼーっとした写り具合です。)
長女はまだ同じ着物を着用しています。
f0024310_1301178.jpg

後ろ向き。自己流日本髪の出来栄えをお見せします。“髢(かもじ)”もちゃんとはいっています。
f0024310_2275780.jpg

振袖姿の子どもをめったに見かけないせいか、注目されて二人ともお正月はすごく嬉しそうです。

取って置きたいと思うような高価な着物ではないので、着られなくなった順に、
①ネットに入れて、ごく薄い漂白剤と濃い目の中性洗剤を入れた洗濯機に1日放置。
(絹も、これで驚くほどシミが取れました。)
②ガラガラと洗濯機を回すこと10分。(弱で。)
③適度に脱水。
④6割乾いた時点で、当て布をしながらアイロンを入念にかけて、振袖部分に新たに絹糸で躾をしなおす。

ポイントは、ネットに入れる。十分洗剤液に浸す。漂白剤は少なめに。脱水は軽く。生乾きのうちにアイロンを。


これを新品のたとう紙(和服収納用の紙袋)に収めてリサイクルショップに持って行ったら、3000円で買い取ってくれました。
帯もつまみ細工のカンザシも、全部この調子で処分しました。
私の見ている前で、次々売れていったので、なんだか早まったような惜しいことをしたような気持ちになりました。

今思うと、カンザシだけは場所をとらないから、とって置くべきだったと悔やんでいます。
“あんみつ姫風”に、デパートで2万円以上の値が付いている昨今です。


こんな調子で、子ども中心の毎日が過ぎていきます。

子どもを可愛がりたい、かまいたい、一緒に遊びたい、ばかり思っていたので、彼女たちの勉強にまで余力がまわりませんでした。

もう二人ともよそへいってしまったので、今は生徒さんを可愛がって?います。

番外編 ひな祭りにも着物でした。
f0024310_2211271.jpg

by youkosodesu | 2012-01-01 00:05 | ●私の方針
<< えっ、N進法やらないの? 私の大晦日 >>