華麗なる?転身   つづき

ほんの洋服の記事が、ここまで書くことに及ぶとは。


つづき
テストの点が悪ければ母はとても機嫌が悪く、家中が暗くなりました。
“勉強”が、母を喜ばせる手段になった時、同時にその興味も失いました。
大学卒業の日、「やれやれ、これで大嫌いな勉強とは縁が切れた。これからは会社と趣味に没頭だ」と開放感でいっぱいでした。

結婚後、娘が入学を迎えても、自分のやりたいことがいっぱいのため、勉強に対して意識を傾けたことがありません。
本人が必要と思えばやればよいし、ずっとその気持ちが芽生えてこなければ、それはそういう人間なのだから、他の道を探せばよしと思っていました。客観的に見ているというよりは、正直にいうと「勉強の世界はもう結構」という気分が強かったのです。

それが、姪に教えたちょっとしたことがきっかけとなって、5年生秋から受験勉強を娘とともに始めることになったのです。

正解でも嬉しい。間違っていても嬉しい。どちらが先に正解できるか、どちらが先に先生役を勝ち取れるか。

生まれて初めて勉強を楽しめました。
中学受験の勉強は楽しすぎて、私にとってほとんど遊びに等しいものでした。


ほぼ全員のお母様が、自分の子には無理と断言している「学習時、ついカッとなって怒る」気分には一度もなりませんでしたし、何故お母様方がそうなってしまうのかも、いまだに分かりません。

やらせたいと思う側が、やりたいと自発的に思っていない小学生を動かそうとする場合、やらせたい側に当然「工夫、歩み寄り」が必要です。
簡単に言うと「面白い、楽しい、この人と一緒に勉強したい」と思ってもらう努力を、やって欲しい側がしないといけないのです。
それが出来ない、やりたくない場合は、「ご本人が自発的にやり始める」まで待つのが一番です。


優しさに満ち溢れているわけでもないこの私が、この点にだけはまったく短気を起こしません。これが私の天職だ!
よーし、この私が授業をしよう。
娘の受験が済んですぐ、募集しているわけでもない塾を、履歴書片手に一軒一軒訪ねてまわりました。


これが家庭塾の始まりです。

結果的に、あれほどいやいややっていた“勉強”に舞い戻ってきました。
しかし今「子どもに共感して寄り添う」という大きなおまけが付いています。

今となっては、遠回りしながらも、私をこの道に導いてくれた母に感謝しなければ、と思っています。
by youkosodesu | 2009-11-16 21:53 | ●私の方針
<< やっと出来た 昔の作品出てきました >>