変貌を遂げるラッキー君

受験生の皆様
学習リクエストがある方は、授業の少なくとも3日以上前に、出来ない問題を写メしてください。
どの程度の問題に詰まっているか把握したいからです。
時間の関係で、事前に送られたひとつひとつを私が解いたりはしませんが、目を通して学習単元レベル決定の助けにします。

2018年夏休みご希望コマの受付が6/25から始まりました。
残りコマはこちらからご確認をお願いします。→

2018年 8月18日 土曜日 晴れ

ラッキー君(年長)です。
既にランドセルも購入し、来年の入学も身近になってきたのか、ご家族に変化が現れました。

いまや、月に1度来るかどうかの家庭塾より、家庭学習の成果のほうが断然効果大です。
市販の国語の文章題ドリルや、速度を問わない足し算引き算など、毎日必ず10分間実行しています。

課題に取り組む姿を久しぶりにみて、驚きました。
f0024310_20005036.png
以前は「え~、やだ。5個ならいいけど」のように、ごねる事に心血を注いでいるように見えましたし、いやいや勉強している様子でしたので、この変化はすごいことです。
(現在は、どれも制限時間の2倍程度に落ち着いています)

ご家庭の力はおおきい!!

日々、少しの時間勉強して積み上げた力の集合体を、「学力」と呼びます。

週一回塾で50分間学習して、後は2、3日にいっぺん、のようなやり方よりも毎日10分間のほうが断然力になります。

クリックよろしくお願いします。



# by youkosodesu | 2018-08-18 19:57 | 園児ラッキー君

立体のくり抜き、表面積

2018年夏休みご希望コマの受付が6/25から始まりました。
残りコマはこちらからご確認をお願いします。→

2018年 8月15日 水曜日 晴れ

るるちゃん(小6)です。

小立方体を積み上げて作った立方体を切断して、無傷の立方体の体積を問うたり、逆に切込みが入っている立方体の個数を問う問題は、無難に終了。

次に、立体のくり抜きに入ります。
f0024310_20281380.png
問題のほとんどは(1)のような、残った体積を問うものばかりなので、特に問題なく進みましたが、表面積になるとそうはいきません。

それでも、(1)に類似したものに関しては、数字記入法で表面積も何とかなるのですが、(2)(3)になると、厚みが一律でないこともあり、数字を記入するやりかたでは返って煩雑になるため、違う方法(シリーズ解法)にしました。

ところが、るるちゃんから難しい顔つきがとれません。

おそらく、真ん中で重なっている立方体の処理に、納得していないのだと推察しました。

るるちゃんは分からない時に、食い下がってくることはありません。
無表情で黙ってしまうため(しかも若干暗い)、こちらで気をつけて見ていないと、「じゃ、次の問題やろうね」のように、不本意な形で終了を告げてしまうことになりかねないので、注意しないといけません。

そこで仕事休みに作った新しい解法が(3)です。
重なりの立方体をどう考えるか、本人が納得できるように詳述しました。

今度の授業で詳しくやるね。
待っててね。

クリックよろしくお願いします。



# by youkosodesu | 2018-08-15 20:52 | るる

あゆみ、5回分の経過報告

2018年夏休みご希望コマの受付が6/25から始まりました。
残りコマはこちらからご確認をお願いします。→

2018年 8月14日 火曜日 晴れ

あゆみちゃん(小6)です。

全部で6回の学習回を、本日まで次のように進めてきました。

1回目:●ニュートン算→牛の食べる量と生えてくる草の比をそろえる練習。
短時間で比を揃えることが出来るように、家庭塾では小4から相当算に力を入れています。

2回目:●速さの差集め算

3回目:●三人が時間差で出発する速さ問題→同じ時刻に各々がいる場所に同じマークを記入することを強調しました。

4回目:●空間の道順→内部も通る場合はコンビネーション計算で、外側だけを通るときには記入式で。内部に辺が無いものについては、コンビネーション計算の方が速いです。
●小さい立方体を積み上げて作った立方体に切り込みを入れたときの、無傷の立方体の体積→段ごとに記入していきます。
切り取った立方体をバラした中での最大体積を問う問題は、頭で想像もできないため、100円粘土で実習をしました。

5回目:●立体のくり抜き後の体積と表面積→段ごとに整理して書く練習。
●回転体の体積と表面積→進学塾では裏技は使わないそうなので、面倒な計算をいくつもするのは、時間がかかって大変なことだったでしょう。

●チェバの定理と図形の天秤→チェバとメネラウスを同日に教えると混乱を引き起こすので、メネラウスは天秤に変えました。
あゆみちゃんの塾では、面積比を利用しつつ辺の比を出していたので、とても複雑に思えて、すっかり苦手意識が出来ていました。

(三角形の内部の辺の比も含めて)全辺の比を90秒以内で一気に出せることが分かって、あっけにとられていました。
面積問題を解く上で、これを知っているのと知らないのとでは雲泥の差なので、全部の塾で扱ったらよいのにとさえ思います。

次回はいよいよ最終回です。
チェバと天秤を使って辺の比は容易に算出できるようになったので、それを利用して面積比に結び付けていきます。

学習あれこれの画像です。
f0024310_14034735.png
クリックよろしくお願いします。



# by youkosodesu | 2018-08-14 14:21 | あゆみちゃん