時計の読み方指導2

2017年 9月28日 木曜日  曇りのち晴れ

さて、時計の読み方です。
文字盤だけの時計プリントを準備します。
f0024310_11080385.jpg
時計には長い針と短い針があるね。

内側に印刷された数字は、全部短針のものです。
大きい子(長針)は、小さい子(短針)に譲ろう!

じゃぁ、大きい子はどこを読めばいいの?

それはね、両方書くとギューギューづめになるから書いていないけど、実は文字盤の外側に長針専用の数字があるんだよ。

その数字は5の段の答と同じだよ。

「ごいちが」の答を内側の文字1の外側に記入する。

「ごに」の答えは内側の文字2の外側に記入する。

つまり掛け算の相手数字が、文字盤の数字と一致しているから、5の段が言えればどんどん外側の赤字は記入できるはず。
f0024310_11124294.jpg
でも「ごっく」までしか書けないから、50と55は大人が記入します。
このときに「45+5」の足し算をついでに教え込まないでください。
ただ黙って大人が記入すればよし。

足し算ができない子でも、そのうちに45の次は50だな、を覚えていきます。

次は実践です。
f0024310_11150957.png
短い針が●と△の間にあれば、小さい数字を言う。
この場合なら2と3の間だから2ね。
長い針は外側に赤字で記入した数字そのものを答えればよいです。
答えは2時40分。

このときに注意すべきは、5区切り外の、47分のような微妙な位置にある数字はまだやらない、ということです。

それはたくさん練習後に手をつけます。
毎日5くらいやった後、10日経過したら着手してください。

補足
長針は5区切りの場所に、短針は数と数の間の場所に、上の写真例のように適宜矢印をいれてください。
次に、外回りの赤字を入れるように指示します。
赤字全部記入は、2日間やります。文字盤個数で10。

次の日から1個飛ばしでやります。つまり、10、20、30・・・を2日。文字盤個数で5。

さらに次の日は5、15、30のように違ったずらせ方で記入。文字盤個数で5.
書き込み不要箇所はエアーでやり過ごします。

最終的には15,30,45だけを10行います。

すると子どもは、長針の文字盤は5区切りで増えていくことを悟るだろし、まだ手付かずにもかかわらず、間にも数が存在することを飲み込んでいきます。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
# by youkosodesu | 2017-09-28 11:43

時計の読み方指導1

2017年 9月28日  木曜日 雨のち曇りのち晴れ

時計(時間)の読み方指導のヒントにしてください。

前提条件として
1.数字が読めて書ける
2.九九の5の段が「すらすら」と言える。
「考え考え言える」のではダメです。

教える側は
1.いつもの3倍遅い口調でしゃべる。
2.ふざけない。
大のおとなに対して、「ふざけない」もないものですが、長女が小2のころこんなことがありました。

小2の2学期には、公立小学校で九九の授業が始まります。
ある日学校から帰った娘が、「○○先生が、二九うまいって言ってたよー」と告げました。

アハハ~♪
先生面白い。
そうだよね、肉は旨いよね。肉旨い!肉旨い!

それからもわたしは、このゴロ合わせに感心して、「二九うまい」を言い続けました。
大バカ母。

まっ、これによって娘のその後の九九に影響があったわけではありませんが、今にして思えば、ダメでしょう先生、初期指導でふざけたら。

こういう冗談は、高学年になるまで待ってね。

幼い人々には、向上したい、学びたいという真摯な芽が等しく備わっているので、8歳くらいまでは、次のことに注意してください。

1.出来ないときに、怒ったり揶揄したり笑ったりしない。
2.上目線で教えない。

ではいよいよ時計の読み指導を始めます。
長くなるので、(すぐに)次のブログでアップします。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
# by youkosodesu | 2017-09-28 11:00

自由が丘shiro

2017年 9月27日 水曜日 晴れ

狛江の自宅から自由が丘へは、アクセスが悪いです。

狛江駅→バスで二子玉川→自由が丘駅
または、狛江駅→下北沢→渋谷→自由が丘駅
または、狛江駅→登戸→溝口→自由が丘駅

南下すればすぐなのに、車を利用しない場合は乗換えが多く、面倒この上ありません。

さらに、街は駅を中心に放射状に広がっているため、自転車がないと街巡りも効率よくできませんし、雑貨屋さんも短サイクルで興亡を繰り返しているので、さっぱり付いて行けなくなりました。

そんなわたしが何故自由が丘かというと、出先からの帰路池袋に向かおうとしていましたが、その駅に「横浜・元町中華街行き」が偶然停車したからです。

へ~、これに乗れば中華街に行かれるのかぁ。

えぇぃ、これに乗ってしまえ!

早めに用事が終わったからどこかで一休みと思っていたので、それが自由が丘に決定したというわけです。

目指す店が定休日だったため、飛び込みで入ったところがshiro(2017年8月10日オープン)でした。
店内が真っ白な店で、飲食店らしからぬ風情です。

飲食席も外からは見当たらず、まるで研究室のようです。

食事メニューは「焼きカレー」だけ。しかもけっこうな値段です。
まぁ、入ってみるか。
この時点では、ほとんど期待していません。

でも結果は正解。
わたしは焼きカレーというものを初めて食べました。
直径12,3センチくらいの小ぶりな器なので、量が少ないように感じますが、大食漢の私でも大丈夫でした。
見た目だけをテキトウに帳尻合わせした手抜き料理ではなく、丁寧に作っていることが伝わってきたし、味もおいしかったです。
f0024310_11340615.jpg
でも、飲み物は頼みません。

ゴロゴロ野菜の焼きカレーが1400円、飲み物が500円から650円なので、合計金額に消費税が付くとなると2千円を越してしまいます。

飲み物込みで1600円というのが、妥当な線ではないだろうか。
それとも、セレブの街自由が丘ならではの料金設定なのか。

私にはアンテナショップ的な店舗に見えたのですが、そうではなく、この店はもともとは化粧品を売るようです。
f0024310_11342827.jpg
食事をしている人は見当たらず、「目玉メニュー」なのか、周りはみんな揚げパンとコーヒーでした。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
# by youkosodesu | 2017-09-27 11:59 | お店ご紹介