水面実習

2017年 6月13日  火曜日  曇り

明日が最後の組分けテストという日に、授業で実習をやりました。
実習と言っても、5分もかかりません。

通常、6年生に関してはテスト対策はせずに、苦手単元強化をしていますが、この日は「最後」の組分けと聞いて、締めくくりとしてシリーズ上巻13回を満遍なく復習したのです。

直角二等辺三角形を利用したいため、いつも45度の出番が多いのですが、あらゆるときに水面は床面と平行になる、を実習でやってみました。

ホントだ!と改めてビックリしていたけれど、日曜日にこの関連問題が出たかは分かりません。

f0024310_10254209.jpg
f0024310_10270445.jpg
f0024310_10262958.jpg
学習室のすぐ隣には水場がありますが、適当な容器が見つからず、こんな横広の密閉容器しかありませんでしたが、床面の赤線と、うっすら見える水面がいつも平行になっていることは分かります。

不思議なことに、今まで多くの子が、「45度のときは平行になるが、そのほかの角度ではそうとは限らない」と思っているので、机上の学習だけではなく、ちょこっと実習は大いに役立ちます。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ

# by youkosodesu | 2017-06-13 10:36

ミントちゃん来る

2017年 6月8日 金曜日 晴れ

ミントちゃん(小2)です。
約50日ぶりです。

10の組み合わせにだいぶ時間を取られましたが、その後の巻き返しが早くて、結局平均的に50日に収まりました。

10の組み合わせに180枚を要しました。
もしも、ある組み合わせだけが覚え切れていないのなら、「5回言う」「言いながら5回書く」「紙に大きく書いて、家の10箇所に貼る」のようにお母様に指示出しをしたのですが、そうではなかったのでした。

いつもやる気満々ではじめますが、どこかに詰まってしまったとたん「もうだめだ、時間内には入らないだろう、じゃぁやっても無駄かもしれない」のように先走ってしまい、やる気が急降下してしまうと言うことでした。

素早くアウトプットできない組み合わせが、満遍なくあちこちにあったようです。

しかし、そこを通過して「完全に暗記した」とたん、その後のプリントはあっけないほど日数がかかりませんでした。

ですから、今日ミントちゃんが来るのが楽しみでした。
どんな様子かな?

ギャァーーー
すごいことになっています。
とにかく書くのが間に合わない。
脳内に浮かんだ数字を紙面に書くのが追いつかず、もどかしそうです。

50問24秒!

「毎日意地になって取り組んでいるようでした。わたしは見ていられず、何度も『辞めなさい。もう数学習は中止しよう』と言い続けました。でもあるときを境に一気に場面が転換し、その後の課題の仕上がり時間が激変しました。辞めなくてよかったです」と、お母様は涙ぐまれていました。
f0024310_20392189.jpg
ホント、辞めなくてよかった。
結局、組み合わせをしっかり覚えきっていなかっただけのことだったんですね。

何でも素早くて頭の回転が良いミントちゃんなので、どんなことも90%を占める優れた点に目がいきがちです。
だから残り10%には目がいきにくいのだと思います。

低学年でやることは、出来ない点を捨て置かないことが重要です。

今後の課題をどのようにクリアしていくか、成長が楽しみです。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
# by youkosodesu | 2017-06-09 20:31 | 小学生版・数学習クラス

ぴぴちゃん小3、初回チェック日

2017年 6月8日 木曜日 曇り

ぴぴちゃん(小3)です。
f0024310_10104061.jpg
ぴぴちゃんが数学習第一回に来たのが、5月20日のことでした。

あれから18日たち、初めてのチェック日です。

チェック日が決定する1週間ほど前に計測時間のピークに達してしまい、その後はほとんど練習していなかったので、合格するかなぁと不安な面持ちです。

逆算→素数→九九の逆→課題⑤→⑥→⑦→⑧と順調に進みます。

結局、どれもあっけなく1周目(1枚)で合格。

最近は受験塾入塾時期が早まったのか、数学習のお申込者は1,2年生が多くなり、3年生で申し込む生徒は以前より減りました。
ですから、3年生ってこんなに世話がなかったっけ?と、改めて拍子抜けしました。

この調子なら、過去の経験上、10月いっぱいで終わるでしょう。

同席されたお母様は
「ネット検索をほとんどやらないので、家庭塾のことを知ったのが、3ヶ月前です。今まで、ぴぴが盛んに取り組んでいることを、そこまで突き詰めて考えたことがありませんでした。
そのため長女(6年受験生)は、例えば1桁+1桁とか1桁-1桁の簡単な計算でも、当時からの苦手感が尾を引いて、今も小さなミスをすることがたまにあります。
もっと以前から知っていれば、長女も数学習に入れていたのに、残念!」
と仰っています。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
# by youkosodesu | 2017-06-08 10:27 | 小学生版・数学習クラス