間違えて買ってきた

2017年 8月14日 月曜日 曇り&小雨

ハニーレモンちゃん(小6)です。

最近は6年生授業が占めています。
いつも一緒に問題を解くので、2時間近くそれをやり続けると、こちらはすっかりくたびれてしまいます。

とくに午前中が6年生だと、午後の授業にもヨレヨレ感が抜けないため、不都合がない方には「開始時刻の繰り下げ」をお願いするほどです。

何がヨレヨレの原因かは分からないのですが、たぶん「ジャガビー」かもしれないと、密かに思っています。カルビー(株)様、ごめん!

毎日1個、必ず食べることをノルマとしているので(大好きだからです)、この歳だと脂分がよくないのかもしれません。
あー、止めなくちゃ。

しかし今日も買ってしまいました。
何故かいつもよりぐーんと安いではありませんか。
Sale??

さぁ、と蓋を開けたら、何か違う・・・・
中身がじゃがりこ。

アー・・・がっくり。
ちゃんとジャガビーって書いてあるのに・・・中身がちがう。
紛らわしい容器です。
f0024310_19301533.jpg
そうだ、自分で食べてしまう前に、ハニレモちゃんにあげよう。
すると、「ちゃんとここに書いてあるじゃないですか。先生はCalbeeと jagabeeを勘違いしたんです。よく確認したほうがいいですよ。」ともっともな分析。

ホントだ、確かにひらがなでも「じゃがりこ」とちゃんと書いてあります。

はじめ、「全部なんて無理、食べられません」と言っていましたが、ハニレモちゃんは後半授業中、止められず、結局食べきりました。

やっぱりこういうのは、クセになるように味付けをしているんですね。
そう思うと、明日から絶対にやめよう!という弱い意志が湧いてきます。

ところで、こんなことを書くブログではありません。
勉強です。

授業の始めは、単元の復習として、既に済ませたプリントをやります。
時間の関係で、あれもこれものチェックはしませんが、今日は自分から「三人が時間差で出発する速さ問題をやります」と申し出ました。
「家で復習しているので、自信があるんです」だって。

へー、じゃ一番難しいのを出そうかな。

本当にちゃんとできていました。

ハニレモちゃんはこのところ、一気にできるようになった気がします。

一対一の長所を生かせる家庭塾で折角学んでも、家で繰り返さなければ、その70%は失われてしまいます。
人間の記憶力は、そこまで都合よくできてはいません。

しかし、以前は塾の宿題が・・・の理由で、結局やりっぱなしのことが多かったのですが、どうやら最近復習をやり始めたようです。

その後に続く食塩水難問レベルも快進撃で、教えたやり方を忘れていませんでした。

この調子で行ってみよう!

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
# by youkosodesu | 2017-08-14 20:40 | ハニーレモンちゃん

今日でひとまずオ ワ リです

2017年 8月12日 土曜日 曇りのち晴れ

西島ヘラクレス君(小4)です。
遠方のため到着するまでに疲れてしまうのと、ちょっと車酔いも。
始まるまでの5分間は、こうして休むようにしています。
f0024310_19493872.jpg
ある日の動物園入場者を十の位で四捨五入して表すと、全体はおよそ2800人、うち大人はおよそ1300人でした。子どもの人数は何人以上何人以下と考えられますか。

全体人数は2750人以上2849人以下
大人は1250以上1349人以下

すると子ども人数は、
2750-1250(人)以上、2849-1349(人)以下
ではありません。

正しくはこれ。
2750-1349=1401(人)以上
2849-1250=1599(人)以下

これと同じ間違いをする子は多いです。
子どもどころか、大人だってこのように考える人は多いです。

お母様いわく、「正しいやり方をその時には”分かった”になっても、しばらく間を空けると、また戻ってしまう。きっと腑に落ちていないのだと思う。だから子ども最小を出す時にはそれぞれの最小同士引いて、最大も同様にするんだなと。型として覚えているだけで、ストンと落ちているわけではないのかもしれません」

どのように納得してもらうかを考えて、作ったのがこれ。
問題文に加筆して、「一番少ないと考えられる人数は○人。最も多いと考えられる人数は△人」にすると、さらに考え易くなります。

左2本の赤と、右2本の白の組み合わせ方を考えよう。
f0024310_18594255.jpg
右の白の最大を重ねたとき、見える赤がもっとも少ないときを、子ども人数が最小と考えていいよね。ホントだ、赤が見えるのはほんの少し。
f0024310_19000639.jpg
たくさん赤が見えるようにしたいときは、これ。
f0024310_19064731.jpg
何度も解説の練習をしてビデオに収めました。

今日の学習は約3時間です。
1.逆算
2.素数
3.相当算たすき掛け
4.単位を小数点の移動で考える
5.方陣算予習
6.移項の考え方を使わないで方程式を解く練習

たくさんやりました。

オヤツ代わりのオニギリも持参。
長丁場に耐えられるようにとの母心です。
f0024310_19272967.jpg
クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
# by youkosodesu | 2017-08-12 19:37 | 西島ヘラクレス

お嬢 三人

2017年 8月10日 木曜日 曇り

三人てんこ盛りですが、すべて一対一授業で別々に行っています。
ハニレモちゃんとパープルちゃんのTシャツが酷似していますが、人物は違います。同じ柄?
そういえば同じ髪型だし。でも違う人物です。

ハニーレモンちゃん(小6)です。
整数の性質27問終了。
ハニレモちゃんもこういうのが苦手でした。↓
「12で割っても、15で割っても11あまり、17で割ったら4あまる数のうち、最も小さい整数を求めなさい」
教えたら、あっけなくよい調子です。
「えー?そういうやり方をするんだ」という感想を漏らしているところを見ると、今までこういう問題はやる機会がなかったのかな?
f0024310_18274733.jpg
千早ちゃん(小6)です。
昨日はニュートン算を仕上げました。集団塾では線分図でやっていたので、分かりにくかったようです。しかし、このやり方で一気にできるようになりました。
そして今日は食塩水。
理解度と塾の解き方を知りたいので、まずは基本を4問。これは完璧でした。
その結果、ビーカーAとBでやり取りを繰り返す、難問だけに絞って学習することになりました。こちらもできるようになりました。
あー、千早ちゃんとは既に6コマも終わってしまったのかぁ。
あせる。まだまだやるべき単元が残っています。
f0024310_18282578.jpg
パープルちゃん(小6)です。
ニュートン算牛草問題に絞って、17問行いました。
一度コツを掴めば、どの問題にも使えます。
コツは、牛一頭の食欲を○1とし、一日に生える草量を△1にして、とにかく定型式をたてて、あとは逆算で処理します。そして、引き算が可能なように、△1が、○ならいくつに相当するか出すことが重要です。
やっぱり逆算は大事です。そして相当算たすき掛けも大事です。あらゆるところで活躍します。
f0024310_18284823.jpg

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ

# by youkosodesu | 2017-08-10 18:59