<   2017年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

授業をビデオに撮る

2017年 11月20日 月曜日  晴れ

塾に通っている全国のみんなが、通っている年月に比例して、どんどん出来るようになっているという話は、あまりききません。
何故だろう。
その理由は、塾で聞いた授業内容は、7割くらい流れて消えてしまうからだと私は思っています。

あとで復習時に見返そうと、きちんとノートに書き写すことに専念すれば、頭の中は先生の講義に集中できません。それどころか、聞けない状態かもしれません。

反対に、一生懸命に聞いていればノートはとれない上、ついでにどんどん忘れることも加わって、結局ほとんど頭に残っていない可能性もあります。

二つのことを同時にやるのは、大人でも大変です。

本当は、テキストとは別に、授業のポイントやコツをレジュメにして配ってもらうか、ビデオ収録可にしてもらえるとよいのですが。

しかし、授業=商品ですから大手塾では、それはしません。

だけど、出来るだけ脳にとどめてもらうには、ビデオはとても便利です。

だったら、わたしが解説→生徒がリハーサルをかねて解説練習→生徒本番収録のようにやれば、写っているのはわが子ですから問題はないだろう、と言うことで、この日パープルちゃんはビデオ持参でやってきました。

家庭塾では、数学習生以外の親御さんの同席はお断りしていますが、その代わりにビデオ持込はOKなので、既に何人かの生徒さんはビデオ持参で来ています。
f0024310_20582732.jpg
パープルちゃん(小6)は、数学習生ぴぴちゃん(小3)のお姉さんで、在籍生徒さんではありません。
しかし、余り枠があれば以前から適宜お受けしていました。

この日のリクエストは「売買損益算」です。
前日にお母様から写メされた「×問題」を見ると、何点か気になることがありました。

①異なる比を同じ比にする練習が急務
②塾では、(線分図すら書かせていない)単なる式だけで取り組んでいるようなので、難問対策として、やはり図化になれることが必要

「一問やっては、その手順を収録」にしましたので、これを家で復習時に利用した結果、どの程度定着するか楽しみです。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ



by youkosodesu | 2017-11-20 20:53

期末対策に来る

2017年 11月19日 日曜日 晴れ

ピーチちゃん(中1)です。
f0024310_23160597.jpg
一学期は、数学の先生の授業の進め方とこだわりにビックリして、合わせていくことに必死でした。

先生の採点は減点方式なので、ほんの些細な書き漏らしや、先生独自のやり方を踏襲していない失点が重なると、ギョッとするほどの痛い結果になり、本人のみならず、数学は得意の子だから、たぶん上位だろうと踏んでいた私も驚きました。

二学期は幾何の授業だけに絞られており、つい最近図形の証明問題に入りました。
証明に関しての先生は、意外にも普通のやり方でしたので、ちょっと安心しました。

証明は、「型」に沿って書くやり方に慣れれば毎度同じで、そう手が掛からばないのですが、まだ学び始めの段階では、ピーチちゃんはその「型」に慣れておらず、じーっと考えていました。

ぼーっとしているわけではなく、じーっと考えているので、「もっと早くやりなさい」ということはできませんし、本人が教えてと言っていないのに、思考を遮るように口を挟むのをとても嫌がるので、今日のところは問題数は捗らず。
ママ、ごめんなさい。

次回は速度を出す練習をする予定です。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2017-11-19 23:29 | ピーチちゃん

重要単元「割合」に入る

2017年 11月18日 土曜日 曇り&小雨

西島ヘラクレス君(小4)です。

中学受験の最重要単元は、割合、速さ、比の三単元です。
ある日ヘラクレス君は、いよいよその重要単元である「割合」の予習にやってきました。

①比べる量÷基にする量=割合
②基にする量×割合=比べる量
③比べる量÷割合=基にする量

同じ単位同士を比較する①式が基本中の基本です。

ですから上式3つとも暗記する必要はなく、②③は、①から逆算によって求めればよいです。

割合とは、「割」の字を使っている以上、割り算だと理解してください。

小学校3年生で初めて割り算を習います。
意味としては「分ける」ことです。
「分ける」には、包含除(ほうがんじょ)と等分除の二種類あります。

「10個のアメを5個ずつ分けたら何人に分けることができるか」→包含除
「10個のアメを5人で分けたら何個ずつ配れるか」→等分除

もうひとつ、割り算には「何倍か」を調べる目的があります。
それが、今回学ぶ割合です。
例えばここに50人、100人のグループがあったとしよう。

ⅰ 50人グループは、100人グループの何倍か。
ⅱ 100人グループは、50人グループの何倍か。

こんな簡単な問題では、半分の確率で正解しますが、突き詰めると、多くの子どもが、50÷100と100÷50の式の立て方に、モヤモヤ感を抱えているのです。

各塾では「の」は掛け算のことだよ、と教えているので、
ⅰは、50=100×□ 
ⅱは、100=50×□
になり、あっさりした一行問題程度なら、どの子も瞬く間に正解するので、私も一通りの解説を終えたあとは実際にこのようにやっています。

ですが、いきなり「”の”は掛け算」から入るのでは、同じ単位同士を置いて比較する
①比べる量÷基にする量=割合
をすっ飛ばして、掛け算のかたちになっている②式から入ることになり、具合がよくありません。

問題が複雑化してくると、「”の”は掛け算」のような理解の仕方ではなく、
「誰が(どの数字が)が基準値になるのだ」を見分けることが必須になります。

その見分けの訓練をすべく、基本問題を30問程度用意しています。
基準値を見い出し、式を立てる練習なのですが、なぜその数字を基準値と見たのかいちいち言わせていたら、途中、ヘラクレス君から抗議を喰らいました。

先生の教えかたは、遠回りでまどろっこしい、と。

もう出来る。
だって、「”の”は掛け算」のことなんだから、そんな遠回りをしなくても、あっという間に式が立てられる。

ヘラ君はTOP層に食い込みつつあるので、これくらいの能力の子には私の教え方はうっとうしいのかなぁ・・・。

いろいろ葛藤していますが、でも問題が入り組んでくるとまずいのではと、一方では不安にもなります。

これからいよいよ塾ではその授業が始まるのですが、TOP層にどんな教え方をしているのか参考にしたいです。
f0024310_11140471.jpg
クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ

by youkosodesu | 2017-11-18 11:18 | 西島ヘラクレス

織田裕二君 9回目

2017年 11月17日 金曜日 晴れ

織田裕二君(小6)です。
写真撮り忘れました。
この9月に入ってきたばかりですが、この日織田君は、早速数学習の最終教材に合格しました。(単元学習と数学習を同時進行でやっています。)

実は、いつもたいした練習枚数を経なくても各課題を合格してしまうのが不思議でした。

「今回は最終なので、この1週間で5枚も練習してきました。」と言っていたのですが、6年生という学年を考慮しても、制限時間に入るには12,3枚の練習量が必要です。

ここでもまた「そろばん」の底力を見せ付けられました。
宿題を課されない「そろばん塾」はスポーツで忙しい小田君にぴったりだったのです。
しかも、授業料も安い。
昔から、読み書きそろばんとはよく言われていますが、本当にそう思います。

数に対する感覚が研ぎ澄まされているため、あっという間にクリアしましたが、終了テストのこの日は、織田君なりに緊張していました。

酸欠で倒れるか、というぐらいに喉から苦しそうなフゴフゴという音が聞こえてきたので、もしかして息を止めてやっている?
しかしその甲斐あって、制限時間を大きく上回って合格しています。

今後はもう数学習をやる必要はないため、次回から時間の全てを単元学習に当てます。
現在、平面図形ばかりを追いかけており、毎回同種類問題を20問以上行って、定着を図っています。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2017-11-17 10:39 | 織田裕二君

ラッキー君 四則の読み方を学ぶ

2017年 11月16日 木曜日 晴れ

ラッキー君(年中)です。
f0024310_15050808.png
掛け算は7の段に入りました。
書き取りをしています。
f0024310_14584850.jpg
それから、いよいよ数学習の肝である逆算に近づくために、四則の読み方を練習していきます。
これを出したら、すぐ読んでね。
f0024310_15102386.jpg
クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2017-11-16 15:12 | 小学生版・数学習クラス

初・パパが勧める家庭塾

2017年 11月15日 水曜日 晴れ

数学習をご希望のお母様(小3・女児母)です。
本日は面談と、第一回の授業も兼ねています。
試みに繰り下がりのない引き算をやってもらったら、あまりの速さに絶句しました。やっぱりそろばんの威力ってすごいのですね。何年たっても体に染み付いているようです。
f0024310_15130550.jpg
すでに3年生秋も深まっているので、前倒しで進学塾準備というわけでもなさそうです。
お話を聞いているうちに、お父様のお考えで「早々に進学塾へはいれない。もうしばらくは様子見をする」ことがわかりました。

では、もし途中でお友達の影響などにより、ご本人の気が変わるなどして、入塾期が早まったとしても対応できるように、最低でも月に1回はチェックに来てください。

はじめのお父様のお考えは、「新小5でよい」でしたが、それは余りにも今どきの受験内容の変化に疎い、無謀なお考えというものです。

第一回チェック日はお父様がいらっしゃるそうなので、じゃぁパパといろんな意味で対決だ。
しかし、よくよく聞いてみたら、家庭塾を探し出してママに勧めたのはこのパパであることがわかったので、思い直して対決は止めるかな。

あっ、いや、やっぱりパパ来ないでください。
やりにくいです。ホント、来ないでよ。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2017-11-15 15:22 | 小学生版・数学習クラス

働く母でも数学習指導はできます

2017年 11月14日 火曜日 雨

ミニクロード君(小4)です。数学習生です。
f0024310_16314628.jpg
約4ヶ月ぶりの来訪です。

お母様はフルタイム勤務です。
さらに、下にもうおひとりのお子様もいるため、毎日がフル回転です。
働く母たちは大変です。
帰宅後から就寝までの2,3時間で、食事準備、食事タイム、学校の宿題、入浴を済ませなければなりません。

数学習は、ほんの20分程度ではあるものの、時間の長さそのものではなく、双方ともに気ぜわしくて、なかなか集中することが難しいとお察しします。
そんな中、昨年3月に、よくぞ申し込んでくださったと感謝の気持ちでいっぱいです。

お母様の尽力でようやく終盤まで来ました。

今日は以下の全てが合格しました。
1.約数だし
2.帯分数⇔仮分数
3.約分1,2,3です。

前回不合格だった約数だしが、今回は飛躍的に伸びていました。
あと少しだから何とか踏ん張ってください。
来年の2月には、全部終了しますよ。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2017-11-14 17:01 | 小学生版・数学習クラス

明日頼む!拝む!

2017年 11月11日 土曜日 曇り

ハニーレモンちゃん(小6)です。

明日の合不合に備えて、午前の部、午後の部ともに6年生がやってきました。

今まで学習してきた単元を、満遍なく復習していきます。
ハニレモちゃんには、以下の4単元を2問ずつ選んで行うこととします。

私の予想では、食塩水のやり取り算がでます。大問5あたりの結構難しい問題がでるのでは。(あくまでも予想)

今日やったのは
①食塩水
②全体量の不明なニュートン算
③整数の性質
④場合の数の階段問題
ハニレモちゃんは指示棒で解説するのがお気に入りです。
f0024310_21321122.jpg
クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2017-11-11 21:37 | ハニーレモンちゃん

数学習クラスママと面談

2017年 11月10日  金曜日 晴れ

数学習クラスにお申し込みくださったママ(小2男児母)です。
お住まいは、東京都地図の右の端の下あたりなので、乗り継ぎを考えると片道2時間は掛かります。

1年以上前からブログを見てくださっていたようですが、最近昔の記事まで丹念に読み返してくださり、暗記カードご購入後、追って数学習クラスに申し込まれました。
f0024310_10515798.png
これから約10ヶ月かけて、受験に必要なことに特化していきます。

「必要なこと」とは、
逆算約分力を使った分数乗除を筆頭に、
1.結合法則
2.分配法則
3.同じ数同士を掛ける累乗 例17×17=289など
4.四則計算の順序
5.還元算計算(式の途中にある□を求める)
6.単位変換のやり方(小数点の移動のやり方含む)
7.相当算たすき掛けのやり方
8.その他
これらを、「時間内合格したら次」という方法で、最終課題である分数乗除を目指してカリキュラムをこなしていきます。

【数学習お母様&子どもクラスのご案内】にも書きましたが、サピックス上位の生徒が、逆算に自信が持てなかったのか、いちいち簡単な数字に置き換えて確認行為をしていたことがきっかけでした。

さらに、「水量と容積」の単元で、計算式をブツブツと区切らないとできない生徒に出会ったことも理由のひとつです。

「これを120%の出来にするには、じゃぁこっちをやっておかないとまずいだろう」のように、下へ下へと課題を作っていくうちに、最終的には「足して10のまとまり」に辿り着いた、というわけです。

ただ子どもたちは、出口の明かりを示さずに繰り返しを強制されることに、内心空虚感を感じている(が、我慢している)ので、「一度でも私の前で時間内合格したら、次へ進める」を合言葉にしています。

昨日第一回の課題送信をしたので、クリアのご連絡は約1ヵ月後と思っています。

課題チェック日には、ご本人とともにお越しいただき、合格できたら次の課題へ差し替えを行います。

クリアするまでご家庭で学習することが前提なので、学年を考慮しても、今後は平均して三ヶ月に2、3回程度の来塾回数になると思います。

ママ、これからよろしくお願いします。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2017-11-10 10:39 | 小学生版・数学習クラス

年中さん・ラッキー君の進捗状況

2017年 11月7日 火曜日 晴れ

ラッキー君(年中)です。

少し前の半そで写真を掲載します。
f0024310_20133385.jpg
現在、市販のドリルを使って、数字をきれいに書くことに力を入れています。
f0024310_20063850.jpg
数字の周りに赤ボールペンで300とか100とか書かれています。
ひとつ書くたびに、「ねぇ、これは何点?」ときいてくるので、そのたびに私が点数を入れているのです。

十の位の数字と一の位の数字の大きさが揃っていればOKですが、上の端が揃っていない場合は、遠慮なくマイナスします。

赤字のほうが下手なのは、逆さに書き込んでいるからですが、それにしてももう少し(私は)上手に書かないとだめですね。きれいに書く練習なのに、これでは示しがつきません。

そのうちにラッキー君は心得てきたようで、「これは70点。」と自分で決めるようになりました。

手が決まる(字の形が決まる)のは幼稚園時代なので、結構厳しくダメ出しをします。

次は10のまとまりです。
前回、私がストップウォッチを持ったとたん、反射的に急ぐ様子が見られたので、今回は計らないことを伝えましたが、実はテーブルの下でこっそりと計っていました。
5分5秒。
上のほうに、小さく100てんと書いているのがカワイイ。
f0024310_20065584.jpg
試みに、口頭で組み合わせを言ってもらったら、84秒でした。
とても速いです。

あれこれ先を急がずに、ゆっくりやっていることが、10のまとまりの完成度を高くしたのだと思います。
最終的には30秒ですが、当面の目標は、口頭で60秒以内に入ることです。
他、9の段を十回読みました。

年中時代は、
①九九を一定の速度できれいに読む。
②足して10になる相手数字が即座にでてくる。
③ひらがな、カタカナ、数字を形よく書く。
ひとつひとつの完成度を高くしたいので、①~③で十分だと私は考えます。

わが子に対して「なかなかいいぞ、もっと行けるかも」と感じたとたん、お母様方は往々にして、多くのことを盛り込み過ぎたり、時間を長くやらせ過ぎるのがタマにキズです。
そして当然の成り行きとして葛藤が生まれ、バトルが始まります。

しかしこのほうが、毎日決まったことを地味に淡々と済ませるよりも、かえって「勉強している感」が強まるかもしれませんけどね。

でもこれですと、小2,3年生のころには、勉強そのものに飽きてしまうこと必至。

絶対的な自信を培うべき時期ですから、120%になったら次へ進もう。

初期指導は気が張りますが、その子の将来に関わる重大事に参加できるワクワク感があります。

ラッキー君のお母様は、ほかの事をインプットする時間的&気分的余裕が日々の中でまったくないそうですから、こちらが指示したことを一日に10分間だけやるので、かえって好都合です。

1回30分の学習は、楽々と集中できるようになりました。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2017-11-07 20:58 | 小学生版・数学習クラス