<   2017年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

中1代数/数学習 途中経過報告

2017年 3月23日 木曜日 曇り

毎日退屈です。
まだ自転車がこげないので、気分転換に大好きな外食もできないしね。

ですからブログ更新をせっせと行います。

病室に持ち込めると思ったノートPCが実際にはダメだったため、現在ペコ家とピーチ家にあおられ気味に「中学生版 中1代数数学習」を急ピッチで作成しています。

やり方のコツを書いたものを添付しますが、これがくどいと子どもたちは拒絶反応をおこして、そのうちに見流すようになるので、箇条書きに毎度5項目程度書くようにしています。

目標時間の設定は一番の肝なので、これには神経を使います。

ぺこ母様にもご協力を願って、計測時間がどのように縮まるか教えてもらっています。
「寝起き10分後の記録」のように記されていたので、ちょっと笑えました。

わたしも以前は、寝起き、入浴中、テレビを見ながら、利き手ではないほうの手で、などあらゆる場面設定をしてやっていたのですが、最近ではそのようなことをする必要もなく、全力疾走でやることに専念しています。

それは・・・・
私自身のタイムが下がり気味で、瞬発力のある子には敵わないのではないかと思い始めたからです。

実際の教材は、日夜時間を費やして作成したので㊙ですが、
f0024310_11350239.jpg
*この写真は、SHORYUDO「新Aクラス中学数学」内容をアップしたものです
例として挙げると、これくらいの難易度の一問につき、14秒としました。

これには、この課題までに積み重ねてきた力と、ここで新たに教えるコツが大きくものを言います。
考え考えやっていても時間内に入るような緩い制限時間にしてしまうと、上位5%からどんどん遠のいてしまうし、ありえない時間設定だとやる気が損なわれるので、これには一番神経を使い、真剣に決めています。

中1数学の代数計算部門は、「考える」のではなく、すばやく反応を返す場所ですから
「速く、正確に」だけを目指します。
考えるのは、方程式文章題からです。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ

by youkosodesu | 2017-03-23 12:04

昨日に引き続き「出来るようにする方法」

2017年 3月21日 火曜日 小雨

5,6年受験生の皆様にオススメの方法です。
今まで27年やってきて、この方法はどの子にも一様に効果が出ました。

それは、家庭塾を、「通われている塾のテスト直し」や「宿題のお手伝いをする場所」とは切り離して考えていただけるかどうかにかかっています。
昨日の話の続きになりますが、目指す学力を受験日に定めて、時間のすべてを苦手単元の強化に充てる、ということです。

一番困るのは、現学力がぜんぜん追いついていないレベルのテスト直しを頼まれるときです。

例えば偏差値48のお子さんが55程度の子に向けた設問をやるときを想像してください。

親御様にとっては、わずか7の差に過ぎないかもしれません。
また、よく聞く言葉「少し難しいものをやってこそ、次なるレベルに進めるのでは?」

とんでもない。
7の差は「少し難しい」とはほど遠い。

どうしても直しを、と要求された場合でも、その直前に理解させなければならない事、さらにそのまた直前まで理解しないと出来ないことにさかのぼって対策を立てます。

自己解説をしてもらえば、その時点での理解度が把握出来るので、その子が出来るぎりぎり上限問題を選びながら注意深く進めていきます。

間に合わせに急いで「なんとなく分かったような?」仕上げをしても、今後同様レベル問題を正解することはありません。

そのため、たったの1問に110分間を要することはザラです。

すると、チャチャッと直しをしてくれればそれでいいのに、1問に110分掛かったですって!!?
とお叱りを受けることになります。

ネットで当塾を選んでくださった皆様は、個別指導塾や家庭教師と考えれば安いと判断されたからではなく、先の見通しが立てられる経験を評価してくださってのことだと思います。

成果を出してこその家庭塾。

何もすることの無かった骨折入院期に、このことを繰り返し考えていました。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ

by youkosodesu | 2017-03-21 09:59 | ●私の方針

下位から抜け出すには

2017年 3月20日 月曜日 晴れ

今日は「理解の箱」の作り方のお話をします。

中学受験までに、作るべき箱の数はざっと40程度です。
f0024310_19301270.jpg
場合の数や、旅人算などの単元は細分化する必要があるので、どうしてもこれくらいの引き出しが必要です。

大事なことは、箱の作り方。

ある子どもは、理解の芽を5個飛ばしたら単元が何を要求しているかを飲み込み、5個の芽が一気につながります。

このときに「分かった!」となるのです。

20ほど理解の芽を飛ばしてようやくつながる子もいます。

至近な例として、この2月に第一志望校に合格した剛君のことを挙げます。

彼は、単元による理解の差が大きくて、例えば推理算、食塩水、割合、演算記号、図形角度関連問題では、ものすごく少ない理解の芽数で、すぐに真意を汲み取ってしっかりした箱が出来上がりました。

ところが、かつて「さようなら群数列」にも書いたように、決まりを駆使する問題になると、たとえ50飛ばそうにも、最後までそれらがつながることはなく、判断して途中撤退するにいたりました。

このように、同じ人物でも、毎回同じ理解の芽数を要するかと言うとそんなことはなく、単元によってまちまちなのです。

理解の箱は、1個1個強固に作らなければ、武器として使いこなすに至りません。

学年が上がるに従って、何かと何かを組み合わせて解くものも多くなっていきます。

もっとも効率の悪いやり方は、理解の芽飛ばしを一応してはいるが、つながったことを確認せずに、次から次へと違う引き出しに手をつけることです。
これでは、すべての箱がスカスカの状態です。

志望校が決まっていれば、出る順3単元をしっかり作ると言う方法もよいと思います。

下位から抜け出せずに親子で行き詰まっている場合は、目次について行こうとする事はいったんやめて、強固な箱数を増やすことに邁進してください。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ

by youkosodesu | 2017-03-20 20:22 | ●私の方針

骨折日記その3

2017年 3月18日 土曜日 晴れ

先週の月曜日に入院し、今週末に退院したので、12日間の入院生活でした。
新年度生徒さんには、授業に穴をあけてしまい申し訳ない気持ちでいっぱいです。今からダッシュで巻き返します。

病室で使用できると思っていたパソコンは、結局使えないことが入院したその日に分かり、がっかりしました。

食べること、テレビを観ること、本を読むことに終始しましたが、毎日7時間くらいパソコン前に座る生活が10年以上続いていたため、たまっていた眼精疲労からは解放されました。

枕周りをぐちゃぐちゃにして、ほとんど横になって暮らすのは常日頃大好きなので、この生活は全くいつもと変わりませんでした。

メールでお問い合わせがあったらどうしようとか、知り合いからメールがあったら、返事ができなくて申し訳ない云々と心配でしたが、3日すぎたら全く気にならなくなりました。
まっ、仕方ないな、と。

帰ってくるなりパソコンを立ち上げ、どのくらいメールがたまっているのかドキドキしながら開くと・・・・・

な、なんと12日間で10通。しかもそのうちの2通は間違え送信とそのお詫びメールですから、実質8通。

ぎゃーー、少ない。

ですからそれぞれの方へのお返事は、あっという間に終わりました。

25日から、通常通り授業を始めます。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ

by youkosodesu | 2017-03-18 22:43

骨折日記その2&重大発表

2017年 3月4日 土曜日 晴れ

室内の移動はもっぱらこのようにしています。
骨がパカッと2つに開いてしまっている赤い部分を曲げたら、えらいことになるらしいので、そこだけ注意しています。

ふだん運動嫌いの割りに、生来股関節だけはすごく柔らかいので、むしろこの姿勢はとても楽で、普段からよくやっていたことも幸いしました。
f0024310_09173697.jpg
ところで、こんな場で発表というのもなんですが、「中学生版数学習」をこの1月から作り始めました。

2017年度小6になります。中学予習を一年間お願いしたいが、遠方のため、通信みたいな方式で、やり取りしながらやってもらうことはできますか。
のようなお問い合わせが昨年1件ありました。

さらに今年になって
中1代数予習はどんなカリキュラムですすめるのか教えて欲しい。
のご要望があり、「よし!家庭学習で達成可能な、『数学習中学生版』を始めるぞ」と意思が固まりました。

そして、週に2,3回午前中の2時間ほどを、教材作成に費やすことになりました。

ルールを覚えることが主の中1代数は、
①授業を聞いて、出された宿題をやる 
②市販テキストを使って予習する
だけでも、もちろん出来ます。

しかしその結果、定期テスト対策で久々に顔を見せる中1の多くの生徒さんに、詰めの甘さからくるほころびを常々感じていました。

ですから目的を「正確さとスピード」のただ一点に絞って厳しく作ることにしました。

既に1月末に、ペコちゃんが試作スタートを切りました。
経過のご報告によれば、順調に進んでいる様子です。

今回の骨折で来塾が見送られてしまい残念ですが、退院次第春休みにチャンスを作ることできればと思っています。

今20課題出来上がりました。(全部で約100課題前後)
昨日作り始めたのが、「文章を文字の式で表わす」です。

例↓
①3で割ると、商がxで余りがyになる自然数→3x+y
②agのx%→ax/100
注:いきなりこれを見ると難しく感じますが、ここに到達するまでスモールステップ課題を達成しています。

何人かの新中1は、家庭塾で2月からこの課題をスタートしています。
実際には1課題合格するために、平均的にのべ200問の練習が必要です。
ですから量に圧倒されないように、繰り返しにめげないように作るようにしています。

無事合格を果たしたそれぞれの私立中学で、数学は上位5%以内をキープして欲しいです。

*教材が全部出来上がったら、ブログ上で「中1代数予習希望新小6」を募集します。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


by youkosodesu | 2017-03-04 10:28

骨折日記その1

骨折後、結局手術はベッドの空がないことと、より緊急の患者を優先したいと言う理由で家に帰されてしまい、ギプスのまま自宅待機となりました。

仙川からの帰り道、自転車をこいでいて(比較的スピードが出ている状態だったかも)そのときに、「おっ!? こんなところに新しいマンションが建ったな。へ~」と一瞬目をやった。その時間はたぶん1秒にもなっていなかったと思う。
あっと思ったら、目前に障害物がある。
方向を変えなければと焦り、急ブレーキをかけたら、重い電動自転車の後部がバウンドしたように宙に浮き、自分は体ごと(何故か正座のような体勢で)道路に投げ出されてしまいました。

体重&自転車の加速度が加わった重さを、左膝の皿だけに受けてしまい、その瞬間「長く生きてきて、こんなに痛いことは初めてだなぁ・・・」が漠然と頭をよぎったのでした。
f0024310_19203622.jpg
一歩も動けなくなり、娘をケータイで呼んでタクシーの手配を頼み、近所の整形外科でレントゲンを撮ると、やはり見事に割れていた。

これはギプスでは治らないよ、手術必至と言われたので、昨日大きい病院に行ったものの、4時間ほど検査をいろいろやったに過ぎず、なんと帰されてしまった。
手術ってすぐにやってもらえると思ったが、来週になってしまったのだ。

結局手術が済んでリハビリをしなければ退院は無いので、スケジュールにぎっしりと入っている生徒の皆様一人ひとりにご報告し、少しの間お休みすることとなりました。

しかし、入院中、わたしにはやることがびっしりだ。
ノートパソコンの持ち込みはOKのため、教材を作ろうと今から張り切っているのだ。

右上の図は、担当医から説明を受けた治療法の絵です。
卵型の真横方向に(ぎざぎざと)割れており、それを八の字のようにひも状の何か(忘れた)で締めるのだとか。
お産以外の入院は生まれて初めて。骨折も初めて。

手術のリスク説明は怖かったなー。

皆様、本当にすみません。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


by youkosodesu | 2017-03-02 19:45

ご連絡

自転車で転倒し骨折してしまいました。
今日から1週間程度入院になります。

そのため、お問い合わせの返信ができません。
すみません。
又再開の折、ブログアップします。


by youkosodesu | 2017-03-01 07:44