<   2016年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

剛君、目を覚ますのだ。

2016年 11月30日 水曜日 晴れ

剛君(小6)です。
今までせっせと図形関連と食塩水や数の性質に力を入れてきましたが、ここへ来て入試説明会に出席したお母様から、「速さも頼む」のメールを頂いて慌てています。

5年生の速さと比から復習します。

うわ~っ!
同比や逆比を混乱しているではありませんか。

家庭塾では簡単な表に記入して、何が等しい問題なのか判別しやすくしていますが、剛君は既に嫌でたまらない様子で、ぶすっとしています。

私「さぁ、この文章を読んで何が等しいのか考えよう。 時間かな、距離かな? 」
剛君「・・・・・(無言)」

しかし、もともと剛君は口数がすごく少ないので、気にせず続けます。
私「あのね、ここまで終わったら休憩にしよう・・・か、な? だからがんばってココまでは聞いて。」

剛君はすごくあくびをして、眠くて辛そう・・・・
分かった、じゃ休憩だ休憩だ。

さっ、気を取り直してもう一度。今度は剛君の番だね。


そうこうするうちに、一問また一問と、顔つきがしゃんとしてきました。

表の使いこなしが分かったら、言わんとすることが伝わったらしく、「○○はどこのこと?」「等しいのはどこ?」の質問にも、「ココ」くらいは伝えられるようになってきたではありませんか。

最後の10分で、おーっ!点と点がつながったぞ、と私の心は盛り上がりましたが、だからと言って、「休憩した分、延長するよ」と言うと、すごーくうんざりした顔をするので、時間通りにさようなら。
じゃぁね。
f0024310_19224637.jpg



クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2016-11-30 19:38 | 剛君

平行四辺形の性質

2016年  11月26日 土曜日 晴れ

バル君(小2)です。
驚いてひっくり返りそうになったため、ご本人の写真を撮り忘れて、「驚きの対象物」を写してしまいました。
それがこれです。
f0024310_20402025.png



家庭塾では、暗記カード(ご購入は自由意志)10枚ワンセットですべて正解したときには100ポイント進呈することにしています。

たいてい、やりやすい簡単なものばかり先に持ってきてしまうので、後半からみんなへたばってしまい、うやむやになる子が圧倒的ですが、なんと!みんなが最も嫌がるもののひとつ、「図形の性質」を選んだではありませんか。
バル君が初めてです。

そして他の課題チェックもすべて合格。

「決まったこと」を次々片付けることに達成感を持つ、という世の中の親御さんにとっては喉から手が出るような性格です。

例えば問題集を1冊提示して、10日でこれを仕上げようね、のように言うと、もくもくと取り組み、終わったときに、やったぁ~♪と、そのことを喜べるのです。
その間、イヤイヤやっている様子も、手抜きもなし。 
ちゃんとやる=うれしい
ブラボー!!

こういう性格なので、課題がスモールステップになっていれば、どの科目も苦労なく学年を超えられるということです。

お母様は、受験することをはっきりと決めていらっしゃるので、こちらもそれに合わせてせっせと課題を送信することにしますが、関所があるため、どんなに急いでいる人でも、やっぱり全6回にはなってしまうので、そこのところすみません。


クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2016-11-26 20:18

数学習 2回目の小3

2016年 11月23日  水曜日  曇り

ミニクロード君(小3)です。
f0024310_1912411.jpg

都合で10月には予定が入れられず、結局今日でおよそ90日も経過してしまいました。
おかげで、課題は全部合格しました。

逆算→OK
素数→OK
九九の逆→OK
線分図の書き方の練習→OK
真ん中ゼロ引き算→OK
単位→OK
引き算プリント→OK
と、チェックは順調に進みました。

残り3回で終了予定です。
次回までの新しい課題は、
1.割る数、割られる数とも小数点のつく、割り算筆算の小数点の移動と余りの小数点の位置
2、相当算たすき掛けの練習
3、四捨五入の練習
他いつも通り、
4、割り算のプリント
5、素数
6、逆算
7、単位
と続きます。
しかし、お母様は「自分はフルタイム勤務なので、無理は出来ないし、しません。家庭のペースに合わせてやるしかないです。」と仰っており、年末年始のあわただしい時期と重なるため、次回も約90日後の予定です。
では来年の2月頃に。


クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2016-11-23 19:16 | 数学習クラス

学校見学でエンジンがかかった

2016年 11月21日 月曜日 曇り

ハニーレモンちゃん(小5)です。
f0024310_15254165.jpg

第11回の速さと比を終わりました。
時計算は、塾の授業で疑問点が残っている部分を片付けました。

「なーんだ、この考え方なら簡単にわかる」と、100%理解しましたが、時計算は5,5でわるので、その一つ一つに面倒な割り算筆算が入るため、結局計算ミスが見られ、惜しくも100点ならず。

折角「カンタン!」と言ってくれたのだから、ここで点を逃すのはもったいないです。

この秋、学校見学を通してやる気がどんどん上向きになったので、来年度は、家庭塾への通塾回数を2回から3回に増やすことになりました。

入試まであと13ヶ月です。
1年余りで算数の偏差値が10上昇した生徒さんもいますので、ぜひ今のやる気を持続して第一志望合格を目指しましょう。

お問い合わせの皆様へ
現在の残り枠は以下です。
月、火、金は学習日ではありません。
曜日、時間帯を指定したい方のキャンセル待ちもお受けいたします。



クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2016-11-21 15:29 | ハニーレモンちゃん

数学習 初めての小2

2016年  11月20日 日曜日 晴れ

小2(名前は未定)です。
今日初めての授業です。

ママだけでいらっしゃったのが10月20日です。
あれからまだ1ヶ月しか経過していないので、2年生ではすごく早いほうです。
いえいえ、実はママからSOSのメールが入ったのです。

ママ)「だめで~す! SOS! 本人クイズごっこでもしている気分で、大喜びで毎回走り回って全く言うことを聞きません。数学習どころではありません。」

予測するに、風呂からあがった3歳児が、洋服を着せようと追いかけても、かえって遊んでいると勘違いして喜んで逃げまくる、の図でしょうか。

私)「じゃぁ、1回こちらに連れてきてもらえますか? 一度やれば、何のために毎日学習しているのか目的がはっきり分かるから、取り組み方が違ってくると思うのですが。」

これを読んでいる皆様から、「何もそんな状態に陥っている子にやらせることはないのでは。
少なくとも、何をやっているか通じるようになってからでも遅くはないと思う。」という怒号が聞こえてきそうです。
その通り。
だから、ふざけるのが止まらないなら、時期をずらせることを提案しようとおもいます。

写真にはひとりで写っていますが、周りはぐるりと母、姉が心配そうに見守っています。
ご本人は緊張のため、始めは声も出ない様子でした。
f0024310_197340.jpg

さぁ、やるよ。

素数は全部覚えています、合格!
逆算は・・・まだまだだね。ちょっとお姉ちゃん、こっちへ来てお手本を示してね。
わかったかな?このくらいのテンポね。

「10から引く」は合格しましたし、「足して10」は意外にもあと2,3秒で合格するところまでこぎつけているではありませんか。

掛け算九九は、学校と時期が重なったこともあり、なかなかいい調子だね。

逆に、1ヶ月間「ふざけながら」よくぞここまでの成果をだしたと感心してしまいました。

家庭塾では、課題に合格するとポイント付与があるので、なんだかそれに釣られた感もありますが、とにかくやれそうです。

この1ヶ月は、単に、ママが毎日自分だけ専門に見てくれることが、うれしくて仕方がないのでは、という気がします。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2016-11-20 19:15 | 数学習クラス

線路に沿って、追い越す・出会う

2016年 11月16日 水曜日  曇り

ママ教室実施日。
計画通り、①通過算、②時計算、③線路に沿って追い越す出会うを終了することが出来ました。

通過算は、出会い、追い越し、トンネル通過時間など基本的なものを模型を使ってやりました。
これを見て作る気持ちになった方は、必ず「旗」を立ててください。
これは飾りでやっているのではなく、移動距離をはっきりさせるために必要です。
f0024310_1541827.jpg

大人に対してどうかな?の危惧は全く不要で、わたしたちはそれどころではなく、実際にやって見せるとき、どんな点にポイントに置くのかに終始し、生真面目に授業を行い、笑う余裕などゼロでした。
お子さんの前で実際にやってみたら、テスト問題を見て、きっとその情景を思いだすことでしょう.

たしか、トンネルを通過するのに掛かる時間は(トンネル長さ+列車長さ)だよね。でも、トンネル内に完全に隠れている時間をだすときには、(トンネル長さ-列車長さ)だったな。
このような違いにすぐに気づくことが出来ます。

時計算は、文字盤プリントを使用して、短針固定と考えて計算してよい理由や、短針と長針が重なる時刻、一直線になる時刻、2度目に60度をなす時刻などの解き方手順を伝えました。

最後、「線路に沿って追い越す出会う」は、次回の組分け範囲には入っていませんが、これは曲者でした。
ママも読みながら目が点。

どのように図化、または線分図化したらよいのかに、戸惑っています。
「何を言っているのか意味も分かりにくい」とおっしゃっています。

やり方は、「この線分図」さえかければ、いともあっさり解けるのですが、これ以外のやり方では、とても難しいものになります。

はじめ、わたしの指示通り図をかきつつやっていたのですが、そのうちに、「あ~♪ これが意図することね。」と、どんどん出来るようになり、自己解説もビデオに収めて(撮影は私です)帰りました。

この問題は、やらない期間が長いと、やり方を見事に忘れてしまいます。
しかしビデオを見直せば、手順が簡潔であっさりしているため、あっけなく思い出します。

ではまた。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2016-11-16 15:50 | 受験ママ教室

だらだら過ごす一日

2016年 11月15日 火曜日  曇り

明日は受験ママ教室です。
学習単元を決めるのは、友人を食事に招いたときのメニューを決めるときの感覚に似ています。
何にしようか・・・
3日ほど前から考えて、テキスト進度とほぼ合っている通過算、時計算をやることにしました。
うわべだけざっとやると考えれば、110分間で十分です。
ところが、ママは数学が超得意なので、基本レベルなら往路電車内でテキストに目を通せば「教え方のコツ」を伝えるだけで十分なのだ。

それとも通過算は、電車の模型(平面)を新たに作るべきか・・・
ママを相手に人形芝居のようで、それはおかしいか・・・。
いや、やっぱり作ろう。
それが済んだら、私からママへ、ママから子へと伝える大事な中継基地の役割を果たしているので、ここはひとつママを最大限に活用させてもらい、難しい問題に進んじゃおうかな。
f0024310_18533212.jpg

この手の問題は、ひとえに「図の表し方」にかかっているので、それを伝えます。
何を言っているのか分からない難しい問題です。
ったく、10才や11才にこんな問題出すなんて。
ちょっと前までほんの幼児に過ぎなかったのに、と、トンチンカンとは分かっていても、難しい問題を見ると毎度同じ怒りがわいてきます。

f0024310_18524978.jpg

寝そべって、だらだらと一日がかりで準備しているところ。
勉強も本を読むのも、いつもこうやって寝ながらやります。
さらに右足だけ必ずこのように曲げてしまいます。
理由は分からないのですが、楽なので。
両足を曲げるのは、どう考えても無理な姿勢というか、おかしいというか、ヨガ仙人?

あと、時計算は、文字盤に記入するやり方でことはカンタンにすみます。
じゃ、明日お待ちしています。066.gif
足の曲げ方が違っていますが、やっぱり右足を曲げています。→

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2016-11-15 19:19 | 受験ママ教室

本日の合不合結果

2016年 11月13日 日曜日 曇り

ピーチちゃん(小6)です。
f0024310_1942771.jpg

午前中に受けた合不合結果は好調でした。
「大問6のニュートン算できたよ」と、うれしそうです。
ニュートンは徹底的にやりました。
結果的に、この1年で算数に関しては8~10偏差値が上昇しています。

寒くなってきたので、そろそろコタツの出番。
f0024310_19432929.jpg

思えば、泣きの涙の内容でご連絡を頂いたのが、ちょうど一年前。

もともと全く悪くない成績でしたが、お母様がすごく心配性で、面談時に「もうだめだ。どうしようもない」のような口ぶりだったのですが、わたしには優秀なお子さんに見えました。

しかし、「そんな気休めを・・・」「お世辞でしょう」みたいな目つきでした。
どなたも、わが子の優れている点は、あまり目に入らないようです。

お母様いわく、「先生と一緒に問題を解くと『勝てる!』と自信を持つみたいなので、家庭塾に行くのもとてもうれしそうです。」

042.gifあぁ、そうですか。( ̄ー ̄;

わたしは競争してしばしば生徒に負けるので、ちょっと複雑な心境・・・

今の時点では、難レベルだけやっていますが、しばらくは1学習回に1単元を目安に、苦手単元に絞って基本から徹底的にやり直しました。

「テストのための勉強ではない。入試日に照準を据えて、苦手単元をつぶしていこう。」を何度もいい続けました。

テスト結果が良くなれば、モチベーションも上がり、きっとやる気もおきるだろうと誰でもが思います。
わたしもそう思います。

しかし、あるレベル以上のお子さんは、何のための勉強かを受け容れているし、モチベーションも既にあるので、取り組みを緻密に落とし込んでいったほうが、実は断然効果が上がります。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2016-11-13 19:49 | ピーチちゃん

大事なことを書きます。

2016年 11月9日 水曜日 晴れ

保護者ご自身が中学受験の内容にかかわっていない場合や、中学受験未経験の場合、以下のような本心が拭い去れないようです。

①受験とは言っても、小学生が勉強する内容なのだから、現段階では我が子に少々難しいとしても、きちんと教えてもらいさえすれば分かるようになるはず。
なにせ、大人も理解できないような難しいゲームの解説書だって、本気になれば我が子はどんどん理解しちゃうので。
要するに、本人が本気を出すか出さないかの問題だ。

②「ちょっと」難しいところをやってこそ、少しずつ力がついていき、次第にそのレベルの問題にも慣れてくるのではないか。

③「例題」でしょ?これから学ぶ内容の代表的なものを、分かり易く解説してくれているのだから、これが分からないなんて言語道断。

④「基本問題」など出来て当たり前。

⑤「練習問題」は、家庭でひとりで練習するのにふさわしいレベルのことだね。

このような感覚であれこれ口を出されては、当人たちは大混乱してしまいます。

早く上のクラスに上がりたい、あるいはテストに反映させたければ、次の方法で勉強してください。

現レベルに相応しいものを20問選び、これを一定時間内に8割以上ミスなく正解できたとき、実力は既に次のレベルに上がっていると見てよいので、次レベルの問題をやり始めます。

正解率が8割以下なら、ぐっと我慢して現レベルにとどまり、反復をします。
実は8割以下で次なるものに仮に手を出したとしても、間違えだらけでボロボロということはありません。

試しにやってみたら、なーんだ出来るじゃないかと、どんどん先に進みがちですが、すぐにほころびが始まります。ここが落とし穴なのです。
ですからそこをぐっとこらえて現レベルにとどまり、8割になるまで反復をします。

そして8割を確認しながら、基本→中→難と、この作業を繰り返します。

次のレベルに上がりたいから、次のレベルの問題に取り組むのではありません。
とどまるか進むかに(本人や保護者の)感情を入れないでください。
お子さんが「先へ先へ」を強く望んでいたとしても、保護者がこのことをお伝えください。
中学生になったときの勉強のやり方にも、大いに役立ちます。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2016-11-09 14:50 | ●私の方針

お問い合わせの皆様へお願い

最近入塾のお問い合わせを多く頂きますが、携帯やスマホのメールアドレスが書かれていない場合が多いです。
個人的なことを公表したくないお気持ちは分かりますので、その場合はgmailのアドレスを記入してください。

メールに以下1.2.3が明記されていない場合は、お返事出来ません。
何卒ご了承ください。

1.ご住所 「家庭塾ご案内書」の送り先
2.お名前 「家庭塾ご案内書」をお送りする際の宛名  
3.メールアドレス&携帯番号 

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2016-11-08 20:28