<   2016年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

自由が丘お店紹介

2016年 10月31日 月曜日 晴れ

遅ればせの夏休み、というかもう秋休みになってしまいました。

近場ですが、毎日いろいろなところに行きました。

今日は自由が丘です。

いつもは亀屋万年堂側の雑貨店などをうろついて、その付近で目に付いたレストランに入るのですが、「自由が丘・二子玉川」という雑誌を買ってから、食べるところを決めることにしました。

ひとつは「酵素・良品」という店です。

ただの玄米ではなく、熟成させた酵素玄米というのが特徴です。
自宅で玄米を炊くと、長時間水に浸していても、ぱさぱさした食感が抜けないのですが、これはまるでもち米のようにしっとりもっちりしています。

ほかのお惣菜も、ぬか漬けなど酵素を利用して手作りした自然系です。

さすがに、店名に「酵素」がついているだけのことはあります。

昭和時代の庶民の食卓でよく見たメニューなので、「ごちそう」とか「おしゃれ」ではないですが、毎日こういうのを食べていると、どんどん健康になっていく気がします。

店内に見本として置いてあった炊飯器(7万円弱)は、いつの日か買いたいです。
下の写真はHPからお借りしました。
この定食は、たしか1500円くらいでした。
f0024310_820897.jpg

f0024310_8244922.jpg

もうひとつは、「フリッパーズ」というパンケーキの店です。どうやらここは有名な店のようで、並ばずに入るのは難しいのですが、平日の夕方5時がよかったのか、すぐに入れました。

このふわふわ感は今までに味わったことがなかったし、味もおいしいので人気の理由は納得ですが、量が多過ぎです。

右後ろにちらりと見える入れ物は、プリンで使う程度の容器ですから、比べてわかるように本体は結構巨大です。
写真はHPからお借りしました。1100円+消費税8%
f0024310_20315384.jpg

この量では、他のものがおなかに入らなくなってしまうではありませんか。
この6割くらいの量で900円にしてもらえれば助かります。

雑貨店は、大規模化している店が増えていました。
TODAY’S SPECIAL
すごく見応えがある店でした。
平日なのに、とても込み合っていました。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2016-10-31 20:58 | お店ご紹介

合不合大問9の(3)出来た人いますか?

2016年 10月22日 土曜日 曇り


ねこちゃん(小6)です。
f0024310_14203982.jpg

基本問題は数をこなす。
難易度の高い問題ならじっくりと。
と思っているので、今日の学習個数はなんと6問。
9月に実施された合不合判定テストの大問9をやり直します。
(1)(2)(3)までありますが、(3)の難しさときたらあきれました。
ねこちゃんは(1)と(2)はあっさり正解。
(3)は拡大した図を描いて解説後、何とか理解した様子です。
四谷から配布される解答解説書では、とても分かりにくいときがあります。
だから、自分の言葉で解説書を作るように言いました。
そして出来たのがこれ。
f0024310_14211368.jpg

f0024310_14213597.jpg

(3)はTOP私立高校を目指す中3も真っ青だと思います。
この正答率はいったいどれくらいなのだろう。

ねこ母様、お手元の返却テスト結果資料から、正答率を教えてください。
私の予想は・・・・0.6%!

たった今、ねこ母様からご連絡があり、なんと(3)の正答率は0%と分かりました。
1万人くらい受験者がいるのに、ゼロっておかしいですよ。
だれだっ!出題者は!
だめでしょ、こういう問題をだしちゃ。
小学生を翻弄するのもほどほどにしなさい!!!033.gif047.gif

それから、筆跡が掲載されるのがご心配の節は、ご一報ください。上の写真は削除しますので。


クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2016-10-22 14:32 | ねこちゃん

数学習お母様1回目

2016年 10月20日 木曜日 晴れ

初めての数学習のお母様(小2)です。
第一回はお母様おひとりなので、平日の午前中に来ていただきました。
ノートパソコンご持参。
目の前のテキスト5年生用は、教材例としてお見せしたものです。
f0024310_15321830.jpg

母)仕事が忙しく、当時は息子も小さかったため、上の子が低学年の時に基本的なことを十分に見てあげられなかったことが心残り。

忙しすぎて、算数が手薄になっていることにすら気づかなかった。
小3でそのことに気づいてから手を打ち、その状態が解消されるまでに余計な年月を費やしてしまったので、下の息子は早めに準備したいと思った。
そして、一対一を条件にさがした結果、家庭塾を見つけた。

私)そうでしたか。
今も超ご多忙なのですね。
一日にどれくらい数学習を担えますか。

母)1回5分がせいぜいです。

私)では一日に朝5分、夜5分お願いします。

決して、「ママはすぐそばでにんじん切っているから、○○君はひとりでこれやっちゃいなさいね。」はだめですよ。横について計測してください。

なぜかって?
それは、ママが見ているほうが、俄然やる気が出るし、一人でヨーイ、ドンなんて30秒以内になるまで練習したってつまらないですよ。いったい何の修行?になってしまいますから。

母)分かりました。
息子は小2だし、急ぎません。
普通どおりのペースで進みたいと思います。

私)最近は終了までに、目標4~5ヶ月の方が圧倒的に多かったのですが、そういうことでしたら、次回までは①から⑧を課題とし、来訪予定日を11月末といたします。

いい忘れましたが、途中経過のご報告を少なくとも1回はしてください。
その時に計測時間の記録も合わせてお知らせください。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2016-10-20 15:41 | 小学生版・数学習クラス

図は大きくかく

2016年 10月19日  水曜日  晴れ

斗真君(小6)です。
f0024310_10173710.jpg

大手進学塾のテスト結果を持ってきました。

間違ったその問題だけを教えるのではなく、始めからやり直すことにします。
二度目のニュートン算なので、前よりもぐっとスムーズに流れます。

そして、10問終わった時点で該当問題に戻ると、あっさり正解しました。
「何で出来なかったんだろう・・・こんなに簡単なのに。」と不思議そうにしています。

次は平面図形比です。

特殊算とは違い、相互の関連性が薄いため、いきなり該当問題に取り組むことにします。

別の用紙に図形だけ大きめに書き写します。

1度目は私が解説。

斗真君は良く分かった様子です。
その後、、じゃぁ次、と急いでいます。

ちょっと待って。
さぁ、今度は斗真君が私に解説をする番だね。

「えーっとぉ・・・」と、小問(1)から考え込んで押し黙ってしまいました。

じゃぁもう一度解説をするね。

さぁ、今度は斗真君が私に解説をする番だね。

繰り返すこと3周。
斗真君から、「その考え方が、自分の中にはありませんでした。だから、先生の解説が言葉として流れてしまうため、脳に残りません。」という訴えが初めてあがりました。

「聞く一方の授業は案外記憶に残らない」が、ここではっきりと身にしみて良かったです。

もともとゆっくり解説を行うようにしていますが、さらに小刻みに区切って、ここまでは納得しているかを確認しながら進めていきます。

4周目にして、「あーわかった、そういうことか。共通比を作る必要性が良く分かった。」になりました

この時期、あれこれの単元を復習したくなりますが、完全にわかってから進めたほうが、同じ間違いを繰り返さないですみます。

急がば回れ。

それから、図形問題の解説のコツです。
問題用紙に印刷されている小さい図形上に、あれこれギューギュー詰めに書き入れるのではなく、別用紙に3倍以上の大きさに書き直して考えます。
こうやるほうが、どの子も理解が良いです。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2016-10-19 10:33 | 斗真君

ゴミ箱

2016年 10月18日 火曜日 晴れ

長い間風雨にさらされて、ご苦労様でした。
f0024310_9374926.jpg

じゃ、また新しいものを作ろう。
ユニディで、厚さ10ミリの合板をカットしてもらい、緑の地色を塗ります。
自己流テキトー仕上げだから、仕方がないと分かっているものの、この時点でいつもながら「大丈夫なのか私?」と先行きに不安感を持ち、続ける気持ちが失せます。
f0024310_940249.jpg

気を取り直して描き続けますが、まだまだ立ち直れません。
f0024310_9403295.jpg

おっ!? 徐々に立ち直る。
f0024310_9411196.jpg

完全に立ち直りました。
本体のプラスチック容器はまだ使えるので、これで当分持ちそうです。
小学生が登校途中に「あっ、かわいい!」と言ってくれるときが一番うれしいです。
f0024310_9421433.jpg

デザイン画は古屋加江子先生の本を真似しました。↓
f0024310_954592.jpg


クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2016-10-18 09:56 | ●趣味

西島ヘラクレス君

2016年 10月16日 日曜日 曇り

数学習の西島ヘラクレス君(小3)です。
f0024310_2082592.jpg

今年の冬休みから進学塾に入る予定なので、課題をどんどんやってもらっています。

ところが課題がたくさんのため、チェック事項も多くなり、80分でも足りずに、最後の相当算たすき掛けの解説が少なめになってしまったのが、気になるところです。
スマホで撮りましたが、ちょっとでも分からなかったらすぐに聞いてください。
ここ大事!

5,6年受験生と学ぶうちにその重要度にいっそう気づき、小3から始めることにしました。
ヘラクレス君が、あゆみちゃんに次ぐ第二号です。
これは思考ではなく訓練なので、今からやっても問題はありません。

さて、今日の授業模様の学習ご報告をそのまま貼り付けます。

やったこと
1.口述方程式→何度か言い直している場面がありました。テンポ良く言えるまで継続してください。「早く言う」のではありません。訂正なく最後まで言い終わるように練習してください。
2.素数→OK
3.単位→間違えたものだけ、家中に10箇所貼り付けてください。追って(2)(3)を送ります
4.結合の法則→OK 次回までに、途中式を完成するところまでやって下さい。
5.四則の鍵印→OK いったん終了。
6.⑭→合格終了
7.⑮→合格終了
8.⑯→合格終了
9.⑰→合格終了
10.⑱→合格終了
11.小数から分数→合格しましたが、毎日5個続けてください。
12.線分図→合格終了

今回お送りする課題です。
1.⑲割り切れる割り算筆算(下に途中経過を書かず暗算で処理する練習)(1)→(2)→(3)この順に。
2.⑳余りのある割り算筆算(〃)(1)→(2)→(3)→(4)この順に。
3.㉕分数から小数へ(1)→(2)順不同
4.㉖累乗(平方数)丸暗記(1)→(2)やりやすいほうからで可。
5.相当算たすき掛け
6.単位(2)(3)この順に。

現在の募集枠はこちらです。→

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2016-10-16 20:19 | 西島ヘラクレス

ママとニュートン算大成功

現在の募集枠はこちらです。→


2016年 10月13日 木曜日 曇り
受験ママ教室です。
5年生下巻 第13回の仕事算とニュートン算を、本日の1コマで完結する予定です。

なんとかクラスアップして欲しい、そうなって頂かなくては責任は果たせない、この一心で臨んでいます。
さらに、ご自宅からここまで、往復5時間のプレッシャーにも押しつぶされそうです。

前回、白熱した挙句、帰りのバスを一本逃してしまったので、今日は注意深く時間配分をしました。

前半は普通の仕事算、後半はニュートン算です。

ニュートン算のこのやり方は、式がイメージとして捉えやすくて、生徒側の理解力にかかわりなく、どの子も点差が見込める私の財産単元になっています。

牛草問題は、実質処理能力を算出するために、牛の食べる力と生える草の比をそろえる必要があるので、どの子も嫌いますが、これも今まで練習を重ねてきた相当算たすき掛けと、逆算がものを言いました。

そんなこんなで、たった1回の授業ですが、お母様は完全に出来るようになりました。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2016-10-13 16:06 | 受験ママ教室

2017年度のご案内郵送します

2017年のご案内は、郵便局のスマートレターでご郵送いたします。
内容物保護のため、厚紙製の封筒です。

1~2日でお手元に届きますので、少々お待ちください。
f0024310_15481159.png


クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2016-10-12 15:51

さようなら群数列

2016年 10月8日 土曜日 午前中は大雨、午後は晴れ

剛君(小6)です。
f0024310_2133265.jpg

通常は平日夕方授業ですが、今日は土曜日でゆっくり過ごしたこともあり、いつもよりずっと元気にやってきました。

過去問2ケ年度分と、それとは別に図形や角度のプリントもやります。
いつにない大量学習が出来ました。

ところが、同じプリントを何周も繰り返しているからか、途中チラチラと私の様子を窺っているではありませんか。
こんなことは初めてです。

場の顛末が予測できる年齢の子どもが、わざと「ダラダラする」「グズグズする」「注意力散漫になる」「さっき教えたばかりのことをまた間違える」ことはありません。

そうなってしまう理由はカンタン。
頭の中に、解く回路が出来ていないのです。

剛君、明らかに肩身が狭く思っている様子です。

「アハハ、私の様子を気にするとは珍しいね。でも時間がもったいないから、考えているポーズは必要ないよ。分からなかったらすぐに言って。私は何度でもぜひ教えたい。そのために頼まれているから。」

私がこの仕事を自分に合っていると思えるのは、「何かを伝えよう、分からせよう、分かって欲しい」ときに、そこに全く感情が加わらないという点です。

教える先生は熱意があって熱いのが良いともいえますが、良くも悪くも、熱くなりません、というか、なれません。

20周(期間にして3ヶ月ほど)同じ問題を繰り返しても定着しない場合は、深追いをせずに外します。別の言い方だと「打ち切り」ます。

剛君の場合、それは群数列でした。

この三ヶ月間、理解ではなく「型」として丸暗記することから抜けだすことが出来ませんでした。
レベル的にはもっと難しいほかの単元が解けるというのに、不思議です。

毎度同じ問題なので、自分でも「またか」と思っていたのでしょうか。

いいよ、これは今後外そうね。

その時間に、他の問題をやったほうが有益だからね。

今まで見てきた子どもたち全員が、「出来ない・わからない」ことをとても引け目に思っています。

出来ないこと、わからないことに対して、相手に非難がましい気持ちが潜んでいると、人間はそれを反射的に隠そうとします。

その思いグセが抜け切れないので、どの子も暫くは「いったいこの人はいつ爆発するのか」と心配な面持ちですが、ともに学習を重ねていくうちに、それが少しずつ薄れて、なんのてらいもなく「分かんない。教えて。」と言えるようになります。

強いて言えば、こんなときに一番うれしい気持ちになります。

自分を良く見せようとする気持ちが消えたとき、物事は違う方向に回り始めます。


クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2016-10-08 20:14 | 剛君

小学低学年をお持ちの保護者の皆様へ

通塾対象の低学年クラスは満席になりましたので、現在募集を停止しております。
f0024310_18235254.gif
*このクラスは、毎週狛江に通うことが可能な小1,2,3年生が対象です。
数学習&四谷の指導を50分間行います。

勉強との出会いが楽しいものであって欲しいと願って、低学年枠を作りました。

低学年までの家庭学習は「中身濃く」、「時間短く」、「側について」、「毎日」に尽きます。
「中身濃く」のメニューを担当するのが、こちらの役目です。
小3までの勉強時間は、毎日やれば30分で十分成果が上がります。ご安心下さい。

次の方がお申し込み下さい。

1. 中学受験予定のある、来年度の小1、小2、小3。 (現在は年長、小1、小2です)
2.「中学受験塾に入るまで、本道からそれない家庭学習を指示して欲しい」、 「進学塾に入る前のプレ塾として利用したい」というご要望をお持ちの保護者様。
3. 家庭学習を、小3は30分、小2は20分、小1は10分担える保護者様。
4. 当塾で、規定時間内の座学が可能なお子様。
5. 時間通り送迎が可能な保護者様。
6. ご家庭での指導に必要な教材を、添付ファイルで送信することが頻発しますので、日常的にパソコン&プリンターを使用する保護者様。                          

❑一対一のご指導です。

❑指導希望される教材は各人で準備されてください。 
例:四谷大塚はなまるリトル、市販の教材など                       
50分間で、数学習指導、四谷テキストor学校の授業で弱い単元を補います。

❑お預かりの期間は、入塾時より翌年の1月末までです。1月で自動的に終了となります。

なお、無料体験や、よそのお子様への授業見学はできません。
授業内容はブログの
小さい生徒さん
短期間で小3を伸ばす
数学習 授業模様
に詳しく述べられています。

【お問い合わせ要領】
お問い合わせの方は、下記の1~10を明記の上、「低学年○○(ご自身のお名前)」の件名でご連絡をお願いします。

こちらからのご郵送物は、当家までの地図、こちらの住所、電話番号などの個人情報です。

始めのころ、お問い合わせにすごくうれしくなって無条件に送っており、その結果大変恐ろしい目に合いました。

事前面談を含め、個人宅に見知らぬ人に上がっていただく関係上、防犯の目的で下記1~3が未記入のメールに返信できない旨、なにとぞご理解のほどお願い申し上げます。
重ねて非礼をお詫びいたします。

1.ご住所と郵便番号(必須)
(ご郵送物が届くように、正確にご記入をお願いします)

2緊急時対応可能な、携帯やスマホなどの電話番号とアドレス(必須)

3.保護者のご氏名(郵便物の宛名)(必須) 

4.お子様の学年と性別 
5.塾での成績 (入っていなければ省略してください)
6.今までの塾(学習)歴 
7.特に力を入れて欲しいところ                                           
8.学習ご希望の曜日と時間帯 (現在空いているのは水曜の4時10分~5時です)
9.通塾手段 例:電車とバス、車など。 
10.何かお困りのことがあれば、お書き添えください。                  

40分間の事前面談(原則的に水木午前中)をご希望の方は、あらかじめメールにご希望日時(複数個所)をお書き添えください。
         
メールアドレス  youkosodesu★hotmail.co.jp  
(★を@に変更なさってください。)
こちらからのメールが受け取れるように設定をお願いします。

【皆様へのお願い】
面談お申し込みの方、授業を受ける生徒さんへ。
入室は、お約束時間の10分前からしていただくことが出来ますが、それ以上前のご来訪はご遠慮ください。
授業開始10分前を目標に、あれこれ準備している最中なので、ビックリあたふたしてしまいます。
どうかよろしくお願いします。


by youkosodesu | 2016-10-08 09:56