<   2013年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

10月から

土日の単発枠に通われている方にお知らせいたします。

後半を選んだ方の開始時間は、いままで3時10分~となっておりましたが、10月から、
①[3時10分~]、②[4時10分~]の、どちらの開始時間にもお応えできるようになりました。

こちらも、それにあわせて行動しますので、前日までにお知らせください。
近々この詳細を、各ご家庭宛にお知らせします。

10月の残席を掲載しました。
こちらです。

ランキングに参加を始めました。
クリックよろしくお願いします!

 
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ

by youkosodesu | 2013-09-29 22:28

算盤力

10月の残席およびキャンセル枠を掲載しました。こちらです。

櫻丼さん(中1)です。
単発学習で、小6からポツポツ来ていましたが、むしろ中学に入ってからのほうがたくさん来ています。
部活はさほど忙しくないそうです。
f0024310_8304471.jpg

たくさん来るのでどんどん進み、とうとう中3の因数分解のところまで来てしまいました。

時間内に100点ならポイントを付与しますが、正確な上、とにかく速い。
結局、一日で300ポイントは稼いだことになります。

その速さは、あっけにとられるほどです。規定時間の半分以下で仕上げてしまいます。

小さいときからずっと算盤を習っていて、計算の時には、今でも頭の中にふーっとそろばんの玉が浮かび、玉をはじきながら答えを出すといっていました。

算盤力ってすごいんですね。


ランキングに参加を始めました。
クリックよろしくお願いします!

 
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ

by youkosodesu | 2013-09-29 08:43 | ●生徒さん

銀ちゃん大興奮 社会

10月の残席およびキャンセル枠を掲載しました。こちらです。

銀ちゃん(小6)です。
待ちに待った、楽しみにしていた社会の授業です。
四谷のシリーズと、コアプラスを見比べた結果、既にポイントがまとめられているコアプラスのほうがやりやすいだろうということで、こちらを使うことにします。
f0024310_21542591.jpg

まずは読み合わせです。
社会は、ただ暗記物として詰め込むのでは辛い科目です。
特に今日の単元あたりは。

右端の答えを当てはめながら進めますが、あえて脱線に次ぐ脱線です。
日照権では自宅を建築するときの話し。
中高6年間も英語の授業を受けながら、なぜか英語を自在に駆使できない日本の英語教育について。
生存権を争った1957年の朝日訴訟。
卒業式と君が代斉唱のこと。
はだしのゲン。その他もろもろ・・・・
f0024310_21533067.jpg

一通りの後、テストをしたところ、正解率は80%でした。
銀ちゃんは、驚くほど物知りで、物事をよく考えていたし、記憶力もよかったのです。
その点がすごい発見でした。

1個正解につき5ポイント付与だから、相当稼いだわね。

「次は理科をやろうよ」と鼻の穴を膨らませて、意気揚々と去って行きました。

私も今日の勉強がすごく楽しかったです。
そして自分自身も、もっとたくさん勉強しなくてはと、気を引き締めました。

そういえば、毎回が戦いのようだったこの子とも三権分立の授業やったわね。

ランキングに参加を始めました。
クリックよろしくお願いします!

 
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ

by youkosodesu | 2013-09-25 22:42 | 銀ちゃん

場合の数 色の塗り分け

絢斗君(小6)です。

きょう絢斗君に会えて一番うれしかったことは、「トイレ貸してください。」のあと、帰り道に↓を手にとってつらつらと眺め、「これは何ですか」とたずねてくれたことだ。
何のことはない、高さ5センチほどのジャムの空き瓶に、ガラスの人形を糊で貼った物です。
「何を入れるんですか」と聞かれたので、「まだ使える切手とか、落ちている一円玉」と答えました。
室内の、どうでもよいちょっとした物にも興味を持ってくれてありがとう。
f0024310_19494276.jpg

さっ、勉強だ。
f0024310_9964.jpg

本日は、場合の数・複雑な色の塗り分け、食塩水の天秤をやる予定です。

塗り分けは、実は絢斗君自身に苦手感はありませんでした。
エー・・・たいへん言いにくいことですが、出来ていないのに、そのことに気づいていなかったのです。

「塾で教わったやりかたでやれば、出来たり出来なかったり」
出来ないときには、「問題が難しかったから」と思っていたのです。

しかしっ!違うのだ。
塾授業内容が中途半端な理解だったため、なんだか違うことをやっているぞ。
しかも、その式の根拠も分からずに積の法則を使っているし。
しかし、訂正には手間を要することなく、あっけなくできるようになりました。

この秘伝を使ってね。

もう一方の食塩水は、天秤を教えるまでもなく既に出来上がっているため、いまさら違うやり方は不要と判断し、3問で打ち切りました。

余った時間で、図形の「狐顔を探せ」をやりました。
これも短時間で自分のものにしました。

一ヶ月会わない間に、絢斗君はとても(学習の)成長を遂げた気がします。
この夏がんばったのでしょう。

次回の学習日は未定ですが、割合をやることにしました。
割合は奥が深くて、わずかな時間で「出来るようにする」ためには事前準備が大事です。

絢斗君が正解した問題数問と、間違えた問題数問を送っていただくように頼みました。
これを見ながら、どのレベルをやるのが有効かを見極めて準備をします。

ランキングに参加を始めました。
クリックよろしくお願いします!

 
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ

by youkosodesu | 2013-09-24 09:28 | 絢斗君

100%を目指して。追記あり

奈々ちゃん(小6)です。
中学数学の予習に来ています。

先週、台風による悪天候のため授業がなくなったので、結局一ヶ月近くも間があいてしまいました。
さて、方程式を覚えていてくれるでしょうか。

一歩一歩厳しく進めていたのが幸いして、すぐに思い出したため、早速次の段階に進みます。
f0024310_2052156.jpg

ところが、10問をひとまとまりにやっている問題ですが、同じ問題を9周繰り返してもびしっと決まりません。
括弧をはずした時の符号ミス、移項のときの符号ミス。
速度はどんどん速くなっているのですが、ミスが消えないのです。
残念でした。

最後はやけくそで、外に流れる夕方5時の「夕暮れ音楽」にあわせて口ずさみながらやっていました。

たとえば100問やったとしましょう。
正解率90%と聞けば、印象としては「よい出来栄え」のような気がしますが、実は10問もミスをしているのですから、これではOKを出せません。

この正解率なら、ひとりで「適度に」練習しても大して変わりないことになります。
わざわざ月謝を払って「先取り塾」に通うまでもなくなってしまいます。

正解率は100%を目指しているので、小学生にはちょっと辛いかもしれませんが、(一回でもよいから)100%になったあかつきには、不思議なことに移項も括弧外しも、体が反応してくるので、それ以降の間違えが激減します。
「目が該当箇所を瞬時に拾い、脳がその指令を出して、手がそれを行う」を、意識しなくても、ミスなく手順を踏めるようになるんです。
ホント。
きっとその部分の一連の回路が、絶えず使っているうちに強化されるのではないかと思います。

今の段階の正解率じゃぁ、まだまだだね。

追記
中一日置いて、再び授業です。
10問×5周目でとうとう合格!
よかったー。
結局、まったく同じ問題群を14周繰り返したことになります。
本人へたばっていますが、達成感でいっぱいです。

次は、左辺と右辺のすべての項が分数になっているという、厄介なものです。
時間の関係で、30問で打ち切りました。

ランキングに参加を始めました。
クリックよろしくお願いします!

 
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ

by youkosodesu | 2013-09-21 21:13 | 奈々ちゃん

キャンセルが出ました。

9月28日 土曜日にキャンセルが出ました。詳細はこちらです。
本日中に10月分のスケジュール表を、各ご家庭宛に送信いたします。
本文はありません。
表だけお送りします。

ランキングに参加を始めました。
クリックよろしくお願いします!

 
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ

by youkosodesu | 2013-09-20 21:12

「昔の言葉」なの?

銀ちゃん(小6)です。
夏の勉強疲れでぼーっとする銀ちゃんです。
f0024310_20283265.jpg

家の前の空き地に出て、「銀ちゃん来るかな~♪」と待っていたら、向こうからタタタッと走ってやってきました。
大通りに車を止めて、そこで降ろしてもらうのです。

銀「やっぱ せんせーかぁ。お母さんが『向こうのほうに見える人、先生じゃない?』って言っていたけど、当たっていた。」

私「もしや、お母様は『向こうのほうに見える、ずんぐりむっくりした人』って言っていなかった?」

銀「ずん栗?言ってないよ。何それ。」

私「えっ、おうちでこの単語が一度も出たことないの?」

銀「出てこないよ。」

注:ずんぐりむっくり=チビでデブのこと。肥満体のちょい手前くらいかな。

へ~、驚いた。

そういえば15年前、小さいお子さんを連れてお迎えに見えたお母様と世間話をしたときも同じようなことがあったっけ。

わが子が三歳くらいまで「髪の毛を梳かそうね」を「かんかんきれきれしようね」と言っていたが、そのお母様はびっくりしていた。そんな言葉を使ったことも、聞いたこともないとおっしゃっていたのだ。

もう現代では死語なのだろうか。

自分の家族だけに通用する「作った言葉」ではないと思うので、なんだか複雑な心境です。

さぁ勉強です。
2学期が始まってから「図形→速さ→図形・・・」と交互に繰り返すことになりました。
最近受験校を意識する余り、取り組む問題を難しくしすぎたので、少しばかりレベルを下げました。
それで、調子よくすいすい行きました。

どんどん正解してしまうのでは物足りず、かといって毎回ごとに頭を抱えるのではやる気もうせるので、ふさわしい問題を選ぶのは結構重大事です。

次回は社会を一緒にやりたい、と言っていますがいいんですか。前回のマナちゃんブログ記事を見て、触発されたらしいです。

銀ちゃんも、私と勉強したらきっと楽しいだろうな。
じゃ、80分の中の、30分だけやらせてもらえないでしょうか。
だめならしょんぼり引き下がります。
でもやりたいなー・・・・

ちなみに社会は教えられません。
が、こちらからの質問に答えるという形をとりながら、単元のテーマをまとめさせるという方法で一緒に勉強していきます。

ランキングに参加を始めました。
クリックよろしくお願いします!

 
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ

by youkosodesu | 2013-09-18 21:10 | 銀ちゃん

懲りずにまた社会

マナちゃん(小4)です。
臨時に社会を受け持ちました。
f0024310_1724594.jpg

楽しかった~♪
マナちゃんは、「社会なら(私に)勝てる」と余裕たっぷり、自信満々。
だけど、こっちだってダテに長く生きていないため、「脚気」の話で対抗。
昔はね、お金持ちは胚芽ビタミンを全部とった白いご飯ばかり食べていたから、脚気になったんだよ。
脚気って言うのは、ビタミン欠乏症のことよ。「金持ち病」って言われていたわよ。
だから胚芽を全部取らないで、七分つき米がいいよ。
f0024310_17205364.jpg

へー、これがコンバインて言うのかぁ。
そうそう、私が子どものころ、井関農機や、クボタ農機という会社が、盛んにトラクターやコンバインのCMをTVで流していたけど、東京でそのCMを流すことって、いったい何の意味があったんだろう・・・
さらに長年気になっていたことも、今日の勉強で解決した。
それは、農業用の機械の価格がはっきりしたことだ。
金参百萬円也。
f0024310_17371251.jpg

「社会」は楽しいなぁ、世の中のいろいろなことが一気に分かる。

これなら今後一緒に「お勉強」を請け負えるかも・・・なんちゃって、ずぅずぅしいにもほどがある。

えーっと、備中グワ、千歯こき、それから・・・・もうひとつなんだっけ。なんとか「み」だった?
三歩あるいたらもう忘れちゃったヮ。
ダメだ。

補足:48時間後に思い出しました。
唐箕(とうみ)  
f0024310_2174914.jpg

収穫した穀物を脱穀した後、籾殻や藁屑を風によって選別する農具である。(ウィキペディアより)

ランキングに参加を始めました。
クリックよろしくお願いします!

 
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ

by youkosodesu | 2013-09-15 17:51 | マナちゃん

とうとう完成、ドリームキッチン。

こっち側とあっち側に、並列に置かれたキッチンです。
f0024310_2083542.jpg

私の家ではなく、実家(姉が継いでいる)です。
キッチンをリフォームしなくちゃ、と言ってから2年も経っています。
凝る人は、「検討」にも時間を掛けるようです。
また、それが楽しいのかもしれません。
外国製で、表面が木製で、輸入住宅に溶け込むようにと、えらく凝っています。
扉の色は、こういうグリーンです。
f0024310_20251581.jpg

すごいなー・・・いいなぁ・・・
でも台所仕事が嫌いな私のことですから、いくらリフォームしてもあっという間に見る影もないでしょうから、直すつもりもないですが。

物を吟味するのが面倒で、苦痛です。
うちの冷蔵庫も、夫が家電店に行って検討を重ねて決めてきました。
私は、品物にこちらが合わせるので「何でもよい」です。

あの品も、この品も、大して違わないと思っているので、なんでもOK!

ランキングに参加を始めました。
クリックよろしくお願いします!

 
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ

by youkosodesu | 2013-09-11 20:33 | ●家族

その塾はどこの塾だっ!?

チアリちゃん(小5)です。
昨日の授業では、写真を撮るゆとりがなかったため、この前の、おやつ釣堀のときのものを代用します。
f0024310_18484096.jpg

新しく入った大手進学塾にもやっと慣れて、少しずつ軌道に乗り始めました。

やれやれと思ったのもつかの間、「第二回 比」の確認テストで、えっ!?という点数をもらってきたので、家庭塾でやり直すことに。

チアリ
「代行授業で、普段は私たちの学年を担当しない6年生の先生が教えてくれたんだけど、まだ習っていない事をどんどん使うので、みんな何を言っているのか分からなくて、ポカ~ンとしてしまった。その後にやったテストは、100点満点中の、20点とか15点がたくさんいた。50点以上は誰もいない。」


「それは困ったね。とにかく20人全員が、半分も取れていないのは問題だよね。」
「それから、同じ比の問題なら、やり方を変えないほうが分かりやすいよ。じゃぁ、チアリちゃんの場合は線分図で統一しようね。そのほうが、差が一定、和が一定が一目瞭然だからね。」

6年生のせんせー!頼みます。
5年生には5年生の教え方で。

ついでに全国のお父様にもお願い。(除く チアリ父)
受験問題は、方程式で教えないようにね。
塾のやり方とぜんぜん違うため、当人が目を白黒させてしまいます。

ランキングに参加を始めました。
クリックよろしくお願いします!

 
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ

by youkosodesu | 2013-09-08 19:17 | チアリちゃん