<   2012年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ぎゃーーー、です。

内部ご連絡

今日から9月です。
9月初回授業時に、予約なさった回数分の授業料をまとめてお納めください。
よろしくお願いします。
f0024310_17203192.gif

f0024310_1784160.jpg

角度を変えて写すと、その形がハッキリと。
長さ2~3センチ、ウエスト(と思われる位置)1センチくらいの、ころっとした形をしていました。
暑いときにこれを見ると、さらに暑苦しく感じます。
f0024310_175614.jpg

今までいろいろな毛虫がつきましたが、これは初めて。
と言っても、モッコウバラは病虫害には強いほうだと思います。

根元が(頭とお尻?)こげ茶という毛虫も珍しい。
木の枝から、若芽が少し伸びているように見せているのでしょうか。
by youkosodesu | 2012-08-29 17:13

過去問2周目突入

C君(小6)です。

この夏、すごくたくさん来ています。
そのせいか、過去問5年分一回目、二回目を1周終わりました。
今日から2周目に入ります。
f0024310_22525940.jpg

ほかの苦手単元もやっているので取り組む問題数は多く、集中しているC君も相当疲れているのではないかと気になります。
「甘いものをちょっと食べなさい。脳を休ませたら?」
などの言葉掛けをしますが、若者はぜんぜん平気な様子です。

前回出来なかった問題も5回は繰り返さなければと段取りを考えつつ、今取り組んでいる問題が出来なかった場合は、このレベルと同じ問題種はどこにあったかな・・・と考えて。

メネラウスの完璧度をもう少し上げておいたほうがいいかな。

この学校は損益算が好みだから、もう一周したほうが安心だ。

いや待て。おかしい・・・いつもなら共通比をさっさと作るのに。問題に戸惑っている様子だぞ。ということは「割合」が優先だ。

次から次へ心配が湧き上がってきます。

今日は22問の文章題に取り組みましたが、最後のころ(私が)ぐったりしてきました。
この夏、一日に2枠の学習枠を、昼と夕方に引き離しておいて大正解でした。

ついでに9月以降の土日も、時間枠を引き離すことにしました。
このほうが、各生徒さんに対して“元気に”臨めるので。

授業と授業の間の時間は、
★犬と遊ぶ
★食べる
★本や新聞を読む
★ごろっと横になる
このように過ごして、次の子のために元気を復活させます。
by youkosodesu | 2012-08-23 23:21 | C(男の子)

リメイク

古くて埃と汚れまみれでぜんぜん使っていないのに、脱衣室に掛けっぱなしして、風景化すること10年。
どうしよう、捨てちゃおうかな・・・

まてよ。
よく見ると、ほうきの先もへたっていないではないか。

濃い目の洗濯洗剤に漂白剤を入れて浸けること10時間。
ぅわ~~、黄土色の汚れ液が。
これを2回繰り返してやっとさっぱりしたので、天日干し殺菌後、洋服も着せ替えることにしました。
f0024310_9111331.jpg


愛着がわきました。

又しばらく使えそうです。
by youkosodesu | 2012-08-19 09:25 | ●趣味

半年ぶり

卒塾生の海ちゃん(中2)です。

一年間に6日くらい通ってきます。
帰国子女の海ちゃんですが、英語よりも断然数学が好き、と言っています。
その海ちゃんが「これ!」というマークをつけて、最後に出してきた質問。
f0024310_213629100.jpg

これを頭の中だけでまとめて、式を立てるのは難しいよね。
ちょっとした工夫で整理すると「自分がどこの部分をやっているのか」がわかりやすくなるわよ。
「でもー、数学の先生は、自分の教えたとおりのやり方でやらないとダメっていうから・・・」とは海ちゃんの弁。
そりゃーそうでしょう。
この工夫は自分に理解しやすいようにしているだけで、試験の時にはこれを書いている暇はないよね。
今どこの場所の何を解いているのかをはっきりさせるだけで、すごくわかりやすくなるんだってば。

ということで、今日は途中までで時間切れ。
残りは明日ね~♪

うだるような炎天下、大学生に見える海ちゃんは、リゾート地を散策するように優雅に帰っていきました。
f0024310_21332439.jpg
f0024310_21333940.jpg

by youkosodesu | 2012-08-17 21:55 | 海ちゃん

大宮から単発学習生徒

こちらのお嬢様(小6)は、なんと、埼玉県の大宮から来てくれました。(車で)
f0024310_20273852.jpg

お母様がこの春「暗記カード」を買ってくださったご縁で、続いて面談にもお越しになりました。

そして夏休み。
たくさん開いているので、何箇所か空き枠が残っていました。

「もし可能なら、娘を見てもらえませんか。」ということで3回お引き受けすることになったのです。

リクエストは、「全体量がわかっていないニュートン算」。
これは、不思議と出来る子でも案外苦手とするところです。

小学生は方程式を習っていないので、線分図を使い相当算で出すのがミソです。

一度教えた後、同じ問題をストップウォッチ片手に再びやってもらいます。

注意深く左手で問題文をなぞり、数字の書き写しミスはないかと点検しています。
えらいっ!
次もがんばろうね。
f0024310_9194552.gif

は~い、次の回になりましたよ。
今日は「数の性質」です。

彼女は↓程度の超基本になると間違えが増えます。
f0024310_901931.jpg

ところが、内容がどんどん難しくなるほどに、完璧度を増していくのです。
f0024310_9215.jpg


お母様にそのことをお話しすると、
「そうなんですっ!塾テストのはじめのほうをぽろぽろ取りこぼしているので、とても心配になり、こちらに依頼しました。そうなんですか。難問は大丈夫なんですね。」

お母様が管理して、家庭学習や塾宿題に本気で取り組みだしたのが5年生の二学期以降ということでしたので、それまでの期間に済んでしまったところがどうやら怪しくなっていたことがわかりました。

「公倍数」「公約数」の言葉の定義がしっかりしていなかったのも大きな原因だと思います。

中学受験では、保護者力にかかるところが大きいと改めて実感しました。
by youkosodesu | 2012-08-14 20:57

銀ふたたび(オリンピックではありません)

銀ちゃん(小5)です。

駄菓子は、箱ばかり大きくて中身はもう底をついています。
少ない中から、ものすごく吟味して選んでいました。
f0024310_1313715.jpg

銀ちゃんはこの夏、何回か来ることになっています。
そして急いで今までの手薄部分を見つける作業をします。

今日までに終了したのが、「つるかめ算」と「場合の数の重複カード」。
今日は5年生の第1回からやり直しました。

たくさんやりました。
この夏ちょっとしか来ないので、少しでもたくさんやろうと焦っていますが、ご本人はマイペースで、いたってのんびりしています。

第1回 倍数、周期算 20問
第2回 約数、角の大きさ 8問
第17回、18回  場合の数の並べ方、組み合わせ 10問
合計38問終わりました。
ほか、逆算少し。

宿題は今日やったところ全部繰り返してください。
by youkosodesu | 2012-08-13 13:29 | 銀ちゃん

過去問やってます。

T君(小6)です。

過去問やってま~す♪
あらかじめお母様から渡された16問を、いつも小脇に携えて、電車の中、一人外食のレストランの待ち時間、入浴中、あらゆるところで解いています。
いゃぁ~~ ィヤィヤ、四谷偏差値60越えの男子進学校過去問は、なかなか難しい。

しかし、T君は次々制覇していきます。
本来なら喜ぶべきことなのに、だんだん自分の出番がないことに軽くがっかり・・・
しかしこれを提示したとたん、にわかに色めき立つ私。
「(1)は簡単だから5ポイントね。(2)の完答はすごく難しいから50ポイントはずむわョ~。できるかなーー??ウヒヒ」
(はやく自分の出番来て)
f0024310_17581713.jpg

「そうか、やっぱりむずかしいよね。これは場合の数の考え方でやるのよ。やみくもにやっちゃぁダメよ。拡大コピーもやっておいたからね。この解説だけじゃ、わかりにくいわよね。」(だんだん張り切る自分)

次っ。
これも難しい。
結局50%縮小版をやってみて、等積移動がはっきりしました。
f0024310_183353.jpg

f0024310_1813651.jpg

結局、難問ばかりをやったので、大問にして5問しか出来ませんでしたが、それでも完璧に理解しました。
次回に残りの11問全部は出来ないと思いますので、なるべく難問を選んでやることにします。
by youkosodesu | 2012-08-10 18:34 | T(男の子)

オジイ君 命日

オジイ君(16歳)が逝って、今日で丸一年経ちました。
花を手向けて、チ~ン ナムナム。
f0024310_21244489.jpg

生まれて初めて犬を飼うと決めた時、とにかく“雑種”にこだわりました。(私の中ではどういうわけか、犬=雑種になっているのです。)
しかし家中の誰もが消極的で、だれも飼うことに賛成してはくれません。
だけど絶対飼う。ずっとずっと飼いたかったのを子育て優先で我慢していたのだから。
散歩したり、ブラッシングしたり、頭をヨシヨシなでたり、抱きしめたり、年老いて死ぬその日までいっぱい世話をしよう。

どこかに落ちていないか、捨てられていないか、なるべくなら仔犬をと、あちこち探して2ヶ月後にやっと見つけた貼り紙。
「三ヶ月の仔犬もらってください」
やったー!
ところが、会いに行くと、私が描いていた仔犬のイメージとはずいぶんかけ離れていたので戸惑いました。

仔犬特有の「明るく無邪気」とは程遠く、ビクビクして神経質な感じだったのですが、一度も間近に犬を見たことがないためよくわからないので、「初対面だからかも」と解釈して、3000円のケーキを心ばかりのお礼に、晴れて私の子になったというわけです。


本当に、度肝を抜かれるほど神経過敏でした。
なにせ「首輪」が嫌で嫌で、散歩中もギャンギャン悲鳴をあげて首を道路にこすりつけて転げ回り、こちらはボーゼンと見ているしかありません。
散歩なのにちっとも歩かずに、ずっと悲鳴を上げて体をこすり付けるばかり。

なでたり、体をヨシヨシしようとしてもまた悲鳴をあげて嫌がります。

しかしそのうちに、家の者にだけは少しだけ気を許すようになりました。

毎日合計4時間くらい散歩をしていました。
「犬=散歩大好き」というか、散歩しか楽しみがないと思い込んでいたからです。

その後オジイ君は、本来の「同族が好き」という利点が生かされて、どんどん犬友達を増やしてくれました。


時が経ち、とうとう犬の仲間たちもみんなあちらの国に帰ってしまい、いまや柴子一匹になってしまいました。

こちらは「人間は好きだが同族は嫌い」ときているので、さみしいことに、誰ひとりの犬友達もできません。
できないどころか、「すみません」と謝ってばかりです。



ふと横を見ると、半分眠りかけの柴子の幸せそうな顔が・・・
ん?、三頭身?
f0024310_22471652.jpg

by youkosodesu | 2012-08-06 08:05 | ●犬