<   2012年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

幸ちゃんはどう?

初登場 幸ちゃん(仮名・小3)です。
名前は、あまり考えずに1秒で決めてしまいました。
ご本人にご希望があればすぐに変更しますので、あとでメールでお知らせ下さい。

「約分と逆算の力」を付ける目的で、3月から月に2回来ています。
f0024310_10281833.jpg

家庭塾では前提として「保護者の方が、家庭学習を一日に30分~50分間担えること」が条件になっているので、おうちでは、毎日大変な思いをしていらっしゃることと思います。

見た目だけ、形だけの「自学自習」は、自覚の持てない小さい子にはかなり負担な上、ひいては勉強嫌いに繋がりかねないと前々から思っていました。(私が思う小さい子=年齢が一桁の子)

「短時間にさっと切り上げ、その代わり毎日やる」で、伸ばすことができたらいいなぁという思いで、小三限定のクラスを作ったのです。

「難しいことをやる、長い時間やる」という必要はなく、目指すは「速度」だけです。
「誰よりも早く、大人より早く」の一心で、とても簡単な問題を作りました。以下は「スタート」教材の内容です。
例えば、
2+3、5+4、3+6、4+1などを30問。
その後、4+7、8+6、5+9のように、繰り上がりのあるものも混ぜていきます。
引き算なら、6-4、7-5、8-3程度のものです。

一問に付き1秒で出来ないと、次のステップには進みません。
(ステップは全部で およそ20段階くらいに分かれています。ひとつの段階も、さらに数レベルに分かれているものもあります。ひとつひとつ厳しい時間制限をクリアしながら、一年がかりで最難の「約分」と「還元算」(←逆算力が必要です)までたどり着く事が目的です。)

そうは言っても、一問一秒はなかなか簡単に出来ることではありません。
“一秒”だと、考えている余裕はなく、反射的に答えを書くので精一杯です。

要求が厳しすぎるといえば言えます。

2秒でもいいじゃないか、という意見もあると思います。
しかしそうすると、次のステップ余りのある割り算に進んだ時
78÷9=8…6
余りの6が即座に出せなくなってしまいます。
78の下に72と遠慮がちに書いて、筆算をやっている5,6年生は大勢います。
または指を折って数えたり。


スタートでうんと厳しくしておけば、後がものすごく楽になるのです。

幸ちゃんのお母さまからは、始まってすぐの頃、「助けてメール」が幾度か入りました。

30問の足し算、引き算のタイムが伸びません。
間違えたものは壁に貼って覚えましたが、繰り上がり、繰り下がりがある計算の後の、繰り上がり繰り下がりのない計算の時に思考がとまってしまうように感じます。


私の助言は
「途中いろいろと上手く行かないことが発生しますが、続けていればいつかは一問一秒で出来るようになりますよ。だから毎日一喜一憂することなく、淡々とやり続けて」のようなことを書いたと思います。

3ヶ月経った今は、「学校の宿題と家庭塾の課題をやっても、50分程度で終わってしまい、物足りない」と仰っています。

私が考える小三の、一日の総学習時間の上限は50分です。
「物足りない」くらいの時間で終わりにしているから、かえってよい結果を生んでいるのです。

今くらいでちょうどよいので、決して増やしたりしないでね。
by youkosodesu | 2012-05-29 18:26 | 幸ちゃん

二次方程式に進む

山田一郎君(中3)です。

f0024310_19524795.jpg

「もしもし」と声を掛けたらむくっと頭を上げて、手がしびれてアイテテテ・・となったので、わずか5分休憩にもかかわらず、眠りに落ちていたことがばれました。
ヨダレ垂らしてなくてよかったね。
f0024310_2035276.jpg

たまりに溜まった“抜け”の修復が終了したので、現在は一歩先んじて二次方程式に進みました。
今日やったことは、二次方程式の計算を20問、二次方程式を利用した文章題10問です。

中学受験で苦労した単元も、方程式を使うとすごく楽に解けます。

小6で戦ったあれは一体なんだったんだろう・・・


追加
一郎君は2日続きで、次の日もやって来ました。
「解の公式」 の導き方と、「解の公式」を使わないで答えを導くのを両方50問くらいやりました。
だんだん出来るようになってくると、解くのも楽しそうです。
テンポも上がって来ました。
f0024310_20351670.jpg

私の前では物静かで口数も少なく、たまにしゃべってもボソボソっと言うだけなので、聞き取れない時は曖昧な薄笑い?でごまかしてしまうことも多々ありますが、「帰りの車中、ご機嫌で授業の様子を話していました。」と、お母様からメールを頂いて、大ビックリ。
へ~・・・この2時間、嫌でもなかったのね・・・へ~・・・
by youkosodesu | 2012-05-26 20:32 | U(男の子)

2012年のバラ

2012年のバラ

去年思い切って剪定したら、“たわわ”になったのに味を占めて、今年はもっとバッサリいきました。

2月12日 骸骨のようにボリボリになってしまいました。
f0024310_18294615.jpg

3月15日 まだまだ。切りすぎて死んでしまったのだろうか・・・
f0024310_18315986.jpg

4月5日  ちょっとだけ青い葉っぱが。
f0024310_1839385.jpg

5月15日  去年に比べてやっぱり少なめです。威勢よく剪定しすぎたのでしょうか。
f0024310_18393468.jpg


昨年
f0024310_18442044.jpg

by youkosodesu | 2012-05-18 18:46 | ●趣味

おにぎり1個50ポイント

家庭塾では、小さなテストや課題をクリアしたらポイントをあげることにしています。

この子には、今の段階ではちょっと無理かも・・・と思っていても、「クリアしたら“200ポイント”ご褒美をあげるね」といったとたん、朝晩練習して、みんなすごい力を発揮します。
(たいていは10ポイントなので、200は破格なのです。)
何かしらの目的があると、張り切りようがぐっと違ってくるのですね。

過去いちばん稼いだ子は、年間6000ポイントです。
最近の横綱格は、1000ポイント以上もっているあの子とあの子ね。

今日おにぎりを一個50ポイントで売ることにしました。
直接手を触れないように(ラップ上で)作ったので、上手く行かずに形がいびつです。
f0024310_1631565.jpg

この生徒さんの現在の手持ちは450ポイントなので、いくら使うか考え抜いていました。

一個食べたあと、「う・・・・ん」と考えて、「やっぱ、もう一個買う」となりました。おいしかったらしい。
わーい、売り上げは100ポイントです。

夏休み前に、「大・オヤツ釣堀大会」を催すので、それまでにせっせと手持ちのポイントを使わせようとたくらんでいます。

10ポイントで両面テープ1㎝買うことが出来ます。
割り箸にこの両面テープを貼り付けて、時間内にどれだけのオヤツをくっつけることが出来るかを競います。
すぐにお菓子が尽きてしまうのと、時間を5分以内に抑えたいので、使える上限は、一人200ポイント(20cm)とします。
1日につき一回ですが、7月中は何度でも挑戦できます。

こんなことをします。
f0024310_114447.jpg
f0024310_115169.jpg

f0024310_11163363.jpg

by youkosodesu | 2012-05-14 17:00

Lちゃん相当算をやる

トイレから出てきたLちゃん(小5)です。
f0024310_1821960.jpg

シリーズ第七回をやって欲しいとのリクエストがありました。

今日は、「相当算とはなにか」「どうやって式を立てるのか」に時間をかけました。

練習問題を予め用意しているので、15問×2周やります。

それに慣れたら次に進みます。
割合と実数が一致しているところを見つければ、そこから解き進めてゆくことができるから、文章の端々に込められているヒントを拾って、一致箇所を見つけるようにいいました。
相当算はあちこちで使えますから、ここは時間をかけて徹底的にやりたいところです。

すぐに“聞き手”にまわりたがるので、Lちゃん主導でやってもらうには、何度でも繰り返し先生役をやってもらうしかありません。

【本日の学習ご報告】
1.逆算48
2.分数乗除15
3.結合の法則20
4.四谷第7回 やり取り、和差算11問×2周
5.相当算30

分数乗除は久しぶりにもかかわらず、すごいスピードで満点を取りました。
by youkosodesu | 2012-05-12 17:54 | Lちゃん

マナちゃんです

マナちゃん(小3)は、このティーセットを見て大喜びしてくれました。
f0024310_2231833.jpg

ちゃーんとポットには紅茶を入れておいたし、ガムシロップもはいっていますよ。
f0024310_2232179.jpg

あれから2ヶ月たちました。
今日で7回目です。
どの程度こちらの課題が消化できているかのチェックをするだけなので、大変なのはひとえにお母様です。

掛け算を(聞き取り不可能なほどの)フルスピードで言うのを直して欲しかったので、「ひとつの段15秒」と指定して、「ぴったりに言えたらご褒美」という作戦が成功して、落ち着いて言えるようになりました。

逆算48もたくみになりました。

そろそろ次の課題に進みます。
今からのおよそ2ヶ月間を、割り切れる割り算横算と、余りのある割り算横算に費やします。

では本日のご報告など。

やったこと。

1.1+1  80
2.1-1  60
3.たして10 1枚
4.素数
5.逆算48
6.逆九九 4の段以外は合格
7.累乗などの掛け算プリント 100点
8.暗記カードの掛け算12枚

HWは

1.1+1、1-1を、20問ずつ毎日各1枚やってください。
今後はこちらではやりませんが、ご家庭では継続して練習し、時間をさらに短縮してください。
2.九九の逆 4の段 暗唱
3.1行問題集上巻P28の、割り切れる割り算40問を一日に20問ずつ行ってください。
次回までに20問100秒を課題とします。 最終的には20問40秒を目指します。
4. 素数1日1回
5. ABCカード一日2分。


以上です。
by youkosodesu | 2012-05-10 22:22 | マナちゃん

C君のこのごろ

C君(小6)です。
帰国した4月から、早6回目の授業になります。
f0024310_22575780.jpg

N進法→速さの差集め算→3つのつるかめ算→食塩水ビーカーでのやりとり→平面図形と比
と、順調に来ました。
一回の授業で完結させますが、次の回には必ず復習テストを行い、忘れていたらまた仕切りなおします。
そこに暗記カードやら分数計算やら逆算を入れていくので、120分は大忙しです。

ところでこの写真でC君は腰巻のようなものを巻いています。
自転車で来る途中に雨でズボンがビチョビチョになったので、脱いでシーツを巻いてもらったのです。

小6で初めて出会ったなら躊躇するところですが。
「あっちいってるから、脱いだら呼ぶんだよ。いいね。」
「は~い♪」

途中でトイレに行くときには困りました。
ずるずるずるずる・・・
このままシーツと共にトイレというわけにも行かず、
「トイレのドアの前にこれを置いて入るんだよ。誰も来ないから安心して。いいね。」
「は~い♪」

身長はぴゅーっと40cmくらい伸び、あっという間に私を超しましたが、小1のころから、ぜんぜん変わりません。
by youkosodesu | 2012-05-08 11:39 | C(男の子)

公園仲間

昔々の公園友達、端橋さん次女の結婚式に招かれました。

この姉妹は、ほんとに始終大喧嘩をしていました。
f0024310_2119371.jpg

女の子とは思えないくらいの掴み合いの喧嘩が、20歳前後まで続いていました。

私の娘たちは物静かなので、それをみていつも目玉を真ん丸くして逃げ腰です。

最近はようやくふたりの喧嘩が収まり、今日の式でいちばん泣いていたのが“おねえちゃん”という、普通の姉妹の光景になりました。

公園仲間との関係はながーく続いていて、他の仲間とも会うことが出来るので、ちょっとした親睦会みたいな雰囲気になります。
f0024310_22175346.jpg

by youkosodesu | 2012-05-06 22:22 | ●友達

T君のこのごろ

T君(小6)です。
なんだか三段跳びのように、どんどん出来るようになっていきます。
正直のところ、三年生の時には予想がつきませんでした。ゴメンね。
f0024310_2245386.jpg

f0024310_2239365.jpg

持ってきた問題は、NN駒東の問題や、聞きなれない「回文数」の問題です。

「えーっと、ちょっと問題を読むから待っててね。」のロスを極力無くすため、4日前までに、予め問題をパソコンで送ってもらっています。

今はいい時代になりました。
by youkosodesu | 2012-05-04 22:44 | T(男の子)