<   2011年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

本音

男児(小3)授業模様。
一行問題集で授業を進めています。

この学年の内容は、どのページもほとんど計算で占められています。

私「この中(20問程度)の計算を、自分で好きな量を決めて私の前でやって見せてね。」

子「えっ!?好きなだけって・・・。いくつでもいいの?」

私「そうそう。」

子「じゃぁ・・・半分の10コ、かなぁ・・?」

私「すごいね-。このページだけでそんなにやるとは。」

子「だって、少ないとわがままになるから。」

なんとも“けなげ”ではありませんか。

「次も次も、一冊の殆どが計算だから、このページは本当にやりたいと思った量で構わないよ。」
と告げると、

とても遠慮がちに

「じゃぁ・・・1コ。」

しかも選んだのが、一番基本的な一問目とは。



小さな主張が通ったときの、嬉しそうな顔。

一番好きな子どもの表情です。
by youkosodesu | 2011-09-29 21:43

差集め算(難しい版)

月に一回来ている、単発チームのMちゃん(小5)です。
女の子です。念のため。
f0024310_16211594.jpg

着席するなり、
M「ねぇ先生、絶叫系って好きですか?」
私「いやぁ~、ご免こうむるわ。例え一万円もらってもね。」
M「じゃ、100万ならどうですか?」
私「ぜひやりたい。だけど回転中に気持ち悪くなってゲボってなったときに、誤嚥したらどうするかが問題だね。」
M「・・・・」
そこまでリアルな話ではなかったようなので、この話は打ち切り。

いつもいきなり面白い質問をするMちゃんです。
f0024310_16382530.gif

学習日の2,3日前にはお母様から「差集め算をお願いします。」のご連絡とともに、どういう風に分かっていないようなのかの詳細も、あわせてお知らせいただきます。
「やり方を教えると、『分かった』と、どんどん正解する。しかし、どうも根本的に分かっているようには見えません。すごく難しい問題をスラスラ解いたかと思うと、基本問題が違っていたりするので。」

お母様の仰るとおり、ズバリでした。
さすがにお母様はよく見ていらっしゃる。

まず基本問題を6問やってもらいます。
線分図も描かず、式も省略気味で(ほぼ暗算)正解。

余りと不足(差の集まり)を足して、配り方の差で割る。
このことは、「言葉として」よく理解しているので、このパターン通りの基本問題はスラスラと出来ました。

しかしこの程度の理解だと、難しい問題になったとき「問題の意味も分からなければ、式のたて方も分かりません」になってしまうため、整理しやすくするためにも、面積図で解くやり方を学んでもらおうと思います。
ところがMちゃんは、ぜんぜん乗ってきません。

M「わかるも~ん、描かなくても。描かないで解いたほうが早いし。」
私「“今”は、ね。“この程度の問題”は、ね。簡単な問題で描き方を覚えようよ。」

WBのトレーニング1問、基本2問が終わったら、ひたすら練習問題、チャレンジ問題に取り組みます。
特に気をつけたいのが、配る時の人数が変わる、配る枚数の具体数が示されず、分かっているのが差だけ、のような場合です。この場合は、双方向面積図を組み合わせて解かなければなりません。

Mちゃんは時々「う~ん」とうなって考え込んでいましたが、こちらの準備していた解法を見ると、「あー分かる、分かった!」と言って、全ての練習問題を終了しました。

後はご家庭で、持ち帰った「面積図の解法」に慣れてください。

本日は全部で31問(自己解説含む)を終了しました。
月謝もありがとうございました。
ではまた。


たのしかったーーっ!!


昔のMちゃんはこちら→短期間で小3を伸ばすにたくさん登場
by youkosodesu | 2011-09-24 17:24 | M女の子

成功体験を積ませよう!

智子ちゃん(小6)です。

なんとしてでも、第一志望校に合格してもらいたいです。
しかし過去問を見ると、どうも相性がよくないようです。
f0024310_16182249.jpg

確かに、今までやったことがないタイプが並んでいます。

これでは手をつけようという気持ちになりません。


そこで次のようにしました。

ひねりのあるつるかめ算なら、5年生の「平均算」→6年生の「つるかめ算の応用」と言うように、あらかじめ復習の時間を事前に(こっそり)設け、過去問が正解しやすいように段取りをつけておきます。
この方法なら、ついでに単元復習ができる強みもありますし。


「なーんだ。ここの中学の過去問は、ちゃんと読めば案外単純なんだね。」と最後に頼もしい言葉をもらしていましたので、「〇〇中を絶対に第一志望校にする」と決めている場合は、このやりかたで自信を付けるほうが効果があります。
わざわざ自信を失うようなやり方をする必要はありません。

このやりかたがふさわしくないのは、次の場合です。

強く希望しているわけではなく、問題傾向が合っていれば受けるかもしれない場合です。
こういうときには、実際の入試同様、何点取れるかを厳正にはかります。

しばらくは、智子ちゃんには「〇になるように(〇をとらせる)」だけを目的に、私は動こうと思っています。

今日のご報告
1.前回の消去算の続き
2.過去問平面図形と比2、自己解説2
3.平均算3
4.つるかめ算3
5.過去問つるかめ算1

HWは
WBのつるかめ算の「練習とチャレンジ」問題を全てやってきてください。
by youkosodesu | 2011-09-17 16:56 | 智子

二人目の完答者が。追記あり

エリカちゃん(小6)です。
f0024310_20131231.jpg

席に着くなり、「挑戦します!」とキッパリ。
かなりの自信が伺われます。

相当練習を積んできたようです。

とうとう二人目の、暗記カード図形編50の完答者が出ました。

おめでとう!

ところでエリカちゃんは、受験勉強のスタートがかなり遅かったので、この夏5年生の四谷の一行問題集からきちんと復習するように義務付けました。
ノートに間違えた問題を抜き出して貼り付け、連続して正解するまで、解き直しを徹底しました。
「完璧な」復習を要求したので、たぶん進学塾の宿題の足かせになったと思います。

このやり方は、一見遠回りに見えますが、近いうちの飛躍を約束すると私は確信しています。
やはり思ったとおりになりました。
中レベル以上の誤問題理解に掛かる時間が、圧倒的に短縮化されています。
グングン伸び、今が盛りと吸収しています。

今日やったことは↓
1.シリーズ7回例題2問 自己解説1問
2.練習問題7問、自己解説も7問

好調でした。


エリカちゃんのことから離れて、一般論に移ります。
「難しい問題は解けるのに、基本が出来なくなっている」のご相談があります。
それは、基礎の理解を100%見ないまま難しい問題に入ってしまい、いわばやり方を“ただ覚えている”場合が多いです。

「こんなところばかりやっていては時間がない」と、あせる気持ちは分かりますが、ぐっとこらえて、基礎の完成度100%を実行していると、後々の時間が掛からず、結局時間的には変わらない結果になります。
by youkosodesu | 2011-09-08 21:00 | エリカ

P君登場

P君(小6)です。

8月は受験生以外はお休みなので、ほぼ一ヵ月半ぶりの再会です。
この夏だいぶ身長が伸び、顔つきも大人びてきました。

学校帰りの今日は、何故かいつにも増して疲れている様子です。

そのためなのでしょうか、単位交換の単元をやっていると、顔が↓のようになってしまいました。
眉間に皺が寄っています。
明らかに混乱して苦しそう。
f0024310_2237131.jpg

子ども顔から成長したので、どう描いてよいか分からず“オッサン風”になってしまいました。

ところがすごく似ている…
by youkosodesu | 2011-09-07 22:53 | P(男の子)

珍しく旅行

旅行予定地は、一週間前になってもぜんぜん決まりません。

案は二転三転し、
伊勢神宮
  ↓
養老温泉
  ↓
京都・神戸
  ↓
軽井沢
と、くるくる変わります。

結局面倒臭くなり、一番近い軽井沢に決定。


この料理は、旅行本に載っていた「覃(たん)」という店のランチメニュー・「野菜チラシ丼」です。
*「覃(たん)=根を張る」と言う意味です。
f0024310_19192466.jpg

これがまたすばらしい。(味も)
ひとつひとつ種類別に味付けし、美しく並べてあります。
すごく手が込んでいて、これが1650円とはとても思えません。

旅行にはとんと興味関心が薄いため、「泊まってみたいホテル(旅館)」、「食べてみたい食事」などで気分を引っ張らないと、重い腰が上がりません。

そんな訳で、レトロな万平ホテルに泊まりました。
f0024310_19363469.jpg

f0024310_19394580.jpg

これで少し気分は盛り上がりました。

明日からの授業の時間帯は今までと違いますので、智子ちゃん、るり子ちゃんはご注意下さい。
by youkosodesu | 2011-09-03 19:48 | ●家族