<   2010年 01月 ( 33 )   > この月の画像一覧

連続更新貫徹

本日、いよいよ入試を迎えます。
家庭塾の3名の皆様のご健闘を祈ります。
それから、横浜にお引越ししたJちゃんにも。
落ち着いて、平常心で臨もう!
f0024310_19294347.gif

やったー!
本日で一ヶ月間連続更新貫徹。
ブログ開始以来初めてです。

連続更新を企画して一週間目辺りが、書くことがないためとても面倒になりました。

しかしそれを過ぎると慣れてきて、日常に根ざすようになりました。
午前中はパソコンにほとんど取られてしまい、体には悪かったと思います。

明日からは再び気ままに更新します。


[内部ご連絡]
塾生の皆様にご連絡です。
春休みの予定表が出来ました。
HP画面から入ってください。右横の花束を持つ女の子からお願いします。
クリックしても手ごたえがなく、あれっと思いますが、1秒ほど待つとパスワード入力画面が出てきます。
パスワードは2月と同じです。(パソコン12月25日着信の添付ファイルをご確認ください。)

背景がピンク色のところが空いています。
ふさがった場所は時間を追って更新します。
お申し込みの方はご連絡ください。

まめに更新しますので、空きを確認後にメールをお願いします。
by youkosodesu | 2010-01-31 00:10

試写会

試写会はがきが当たった友人に誘われて、虎ノ門まで行ってきました。

あらすじ
南アフリカ共和国のネルソン・マンデラ大統領は、アパルトヘイトによる人種差別や経済格差をなくし国をまとめるには、1995年に自国で開催されるラグビーワールドカップでの優勝が必要と感じていた。
その代表ラグビーチームが、ワールドカップ制覇へ向け奮闘する姿を描いた人間ドラマ。


ところが私は友人から“南アフリカ”、“マンデラ”と聞いただけで、勝手に「マンデラの名もなき看守」と思い込んで映画を見ているので、始まってしばらくは「なんかへんだな・・・おかしなストーリー展開だな・・・」と腑に落ちない。

終わった後に友人にはがきを見せてもらったら、この映画の題名は「インビクタス」だった。

後で分かったことは、確かに両映画とも南アフリカのマンデラ大統領についての話で、偶然かどうかは分からないが、同一人物を同時に取り上げている。

紛らわしいったらない。
by youkosodesu | 2010-01-30 01:06

比例式で解く

「比と比の性質」の文章題を解くやり方として
①四谷シリーズの和一定、差一定の表を書いて解く方法

②線分図を使い、異なる比を統一して解く方法

③比例式で内項の積=外項の積で解く方法

この中で各塾が一番採用しているのは②ですが、一問を解く速度は③が圧勝します。

しかし小学生は、移項が理解できていないので危険です。

塾によっては「内項を左右入れ替える」と教える場合もありますが、プラスマイナスが混合の場合、鵜呑みにしてやっていると間違えが多くなります。

それを防ぐ為と相当する部分を見つけやすくする為に、こちらでは最後に線分図を使います。

比の文章題はいくらでも難しくできるので、CやSコースを目指す場合は、どんな文章も、読んで式化すれば早く答えにたどり着ける比例式でやってみようか…(等式の性質→移項を理解させて)
と思案中です。

この子は比例式がばっちりでした→L君
by youkosodesu | 2010-01-29 00:15

♪さようならMちゃん(3年生女児)♪

Mちゃん編です。

今日でMちゃんともいよいよお別れです。007.gif
進学塾の通塾曜日との兼ね合いなどがあり、どのお子様とも一年間でお別れすることになっています。

お母様方は「何をどれだけやらせるか」に迷った時、たくさんのことを浅く広く、ついつい時間オーバーでやらせる傾向があります。

彼女の場合、毎日の勉強時間が50分以内の割には、成果は大きかったです。
「狭く、深く、最速で」を目指したため、数学習プリントは、高学年でも成し遂げられなかったほどの速さと正確さになりました。
最後に記念のオヤツ釣堀↓
f0024310_013654.jpg
f0024310_044029.jpg

これから長い受験生活が始まります。
元気で頑張ってください。さようなら~~(涙)






というのはウソで、
実はMちゃんは、今後も月に一度ずつ、学習チェックのために家庭塾に通うことになったのです。
塾から出された宿題のやり方、気を抜けない単元でのポイントなど、細かく指示を出し、監督者としての役目を務めさせていただきます。

一年間(12回ですが)よろしくお願いします。
by youkosodesu | 2010-01-28 00:09 | MT3年生

堀口珈琲

娘達二人と、おいしいコーヒー店に出掛けました。

通には有名な店らしいです。

ケーキもおいしい。
写真のアップルパイは、薄切りのりんごを積み木状に重ねて層のようになっています。
f0024310_23292990.jpg

私の作るアップルパイのりんごは柔らかめですが、これはりんごの歯ごたえが感じられます。このほうがずっとおいしいです。

各自コーヒー2杯ずつ。ケーキ一個ずつ。
最後の会計は、なんだか分からないうちに私が支払うことに。
by youkosodesu | 2010-01-27 00:10 | お店ご紹介

通信教育

昨日の朝日新聞に、「通信教育」の広告が掲載されていました。

SAPIX、日能研、四谷大塚、市進、学研、月刊小学エース、全家研小学ポピー、Z会、ドラゼミ
の8社です。
(対象学年は幼児~6年生までいろいろ)

ここでは一年生前後を対象に述べます。

お母様が上手にみてあげれば、通信教育は通塾よりは費用が安い上、内容も十分に吟味されていて役立ちます。

「上手にみる」とは、
1.その気になればあっという間に終わってしまうので、繰り返せるように、あらかじめ複数枚コピーしておく。

2.字体、書き順、姿勢、鉛筆の持ち方の初期指導のための教材と心得て、側についてお母様も一緒にやる。
  丁寧に仕上げようと思えば、一枚に思いのほか時間がかかりますので、時間を決めてやるようにしてくだい。   

いちばん身にならないやり方は、お子様が「つぎつぎ仕上げる」ことに興味を持ち、大雑把なやっつけ仕事で、あっという間に一冊終わらせてしまうことです。


お母様が夕方の忙しい時間帯でも、「ママは忙しいから、一人でやってね」は避けたほうがよいです。

この時期に勉強に向かう“姿勢”が決まるので、初期指導はことのほか気配りが必要です。
by youkosodesu | 2010-01-26 08:47

どこかに先生いませんか?

保護者の方々から、
「国語の点数が伸びない」
「偏差値が40以下になったり58になったりと、安定しない」
「算数の文章題で、何を求めるのか読み取れないことがある」(←これは数をこなせば大丈夫!)
といったご相談を、話の折に受けることがある。

国語の点数を引き上げるのは、算数のそれよりはずっと奥深く難しいと思う。

こちらは先日「国語はご希望なら、シリーズの指導に限り受けます」という文言をHPから外したばかりなのだ。

たまに頼まれる何回かの授業を通して、自分の教え方は「上手くない」と分かったからだ。
シリーズのその問題の、該当設問に限りは解説できる。
しかしこれを基盤にして、もっと大きな“国語力の向上”に結びつけることが出来ないのだ。

算数だと、「分からないところはここの部分だな、〇〇まで戻ってこういう指導をしよう」というのが自然に分かるし、何よりも次々アイディアが湧いてきて楽しい。
分からないその問題の解決を通して、全体力を引き上げる方法も見えてくる。

その結果面談は、
「算数は高学年になってからの入塾でも間に合う。しかし国語はそうはいかない。だからむしろ国語の塾を探すことが先決」
「国語大好き人間が専門塾を開いていないかしらねぇ。HPも作っているといいんだけど。一緒に探そう」
「〇〇っていう国語塾がいいらしいと生徒さんから聞いた」
「△△は一対二の指導で、授業料は〇円らしい」
という井戸端会議のような流れになる。

国語嫌いの児童にかろうじて伝えられる、点が取れる長文読解方法は、“主語述語抜き出し方式”だ。
主語と述語だけ意識して、一文一文を読み進めていく。これで少なくともこの文章がなにを言いたいのかは分かる。


えーっと、さっきの話題に戻りますが、「だれか国語好きの先生!楽しいHP作ってください。できれば料金も普通くらいでお願いします」
by youkosodesu | 2010-01-25 08:39

単位を身近に

1.牛乳パック2本用意します。

2.ひとつは上部の△部分をカットし、本体に10等分の線をマジックで書きます。
1ℓ=10㎗=1000mlも書き込みましょう。

3.もうひとつは10分の1下だけ残し、あとは取ってください。
内側の底部分に1㎗=100mlとマジックで書いてください。

両方を風呂場に置き、入浴時遊びに使うと自然に単位に馴染みます。
f0024310_0272274.jpg

7~8歳までのお子様向きです。
by youkosodesu | 2010-01-24 00:29

新三年生保護者面談

新年度から入塾予定保護者様との打ち合わせ会です。
月に2回コースで22回、一年間の期間限定でお預かりします。

会話の中で、「間違いがクセになり、直らないので困っている掛け算九九」のことが話題になりました。
直し方は次のようになさってください。

A4コピー用紙に間違えたところ、例えば7×8=56の場合なら、それを一枚に付き、ひとつ大きく書く。
家の、目に付くいたるところに貼る。最低でも10箇所。
一週間を目途に一種類ずつやる。
あれこれ混ぜるより、結果的には早く覚えます。

早々に直ったように見えても、少なくとも5日間は剥がさない。
間違いが直らなければ延長する。

それと併行して、唱えながら 7 8 56 と、一度に付き5回書かせ、二度行う。
(つまり10回書く。×=は省略可)
倍にすると、嫌になってしまう率が高かったです。

このように目、耳、手、口をフルに使います。

こちらでは、22回でかなり高度なことまでやります。
その時、各場面で掛け算がとても重要な役割をしますので、上から下からを完璧に覚えておくことが大前提です。

[その他のご注意事項]
三年生の間は5時まで遊び、今までの習い事(スポーツ、ピアノ、習字、そろばんなど)もやめないで続けてください。

家庭塾からの宿題は、50分間やってください。(振り分け可)
最初が肝心とばかり、学習時間を増やし、その分遊び時間を減らすなど、出だしに張り切りすぎると予期せぬ結果を招くことがありますので、抑え気味でお願いします。

[毎日のスケジュール例]
朝7時~25分間  勉強
8時 登校
~5時     友人との遊びや、習い事、スポーツなど
5時~6時   学校宿題と入浴
6時~7時   食事
7時~25分間  勉強
それ以降自由
9時  就寝

50分間/日×330日/年間=275時間
真剣に275時間やれば、すごく飛躍します。

ではこれからの一年間、よろしくお願いします。
by youkosodesu | 2010-01-23 00:17 | 保護者面談

“アンティーク”というと、聞こえが良いですが

ところで、焼肉屋で新年会をやったパッチワーク教室で作った、私の作品をご紹介します。

(狛江市民作品展に出品↓)
f0024310_21392846.jpg
f0024310_21394173.jpg

これはいまや、カーペットのように敷いて使っています。
スリッパでズカズカ乗っかるため、もうかなり汚れてしみがついています。

そのことを言ったら、昨日の皆さんはビックリしていました。
作品は、タペストリーとして壁に飾って大切にしているそうです。

私は、洗濯機に入れてざぶざぶ洗って、色が褪せて年季が入ったようなのが味が出て好きなので、どんどん日常で使うようにしています。

現在は再び、ベッドカバー大のものを製作中です。
このごろは1日2時間熱心にやっていますが、それでもあと600時間近くかかりそうです。

気の長い話です。
by youkosodesu | 2010-01-22 21:59 | ●趣味