<   2009年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

残り、食べるべきか・・・

今朝、柴子にご飯をやり、無意識に部屋の扉を閉めて2時間そのままに。

この部屋は、柴子専用小屋、オシッコシート、水など何でもそろった専用部屋なのですが、どうも食べるときしか寄り付かず、普段は自由自在に好きなところを行き来しています。

「あら~、いないと思ったらこんなところに居たのー(私が扉を閉めたのに)」と軽く受け流すも、柴子は目も合わせずに、すねているような変な雰囲気でした。

外出から帰ると・・・
やっぱり。
スーパーの袋から引っ張り出しています。
f0024310_18203697.jpg

報復行為に出ました。
生のまま食べたのだろうか・・・ざっくりと半分欠けた部分が見当たりません。
本人(犬)は私のパソコンデスク下の別宅(小テーブルに毛布を被せただけ)に、イジイジと隠れていました。
f0024310_18235372.jpg



執念深い柴子ちゃんはこちら
by youkosodesu | 2009-11-13 18:27 | ●犬

素数で割る約分

Mちゃん(小3)です。

彼女は隔週生徒なので、先回都合でお休みしたら、今日は何と三週間ぶりになってしまいました。
f0024310_19185013.jpg

しかし小さい生徒の授業形態が、ここで何かを教えるというよりは、ご家庭でどれくらい日々の学習が実行できたかを確認するためなので、間がどのくらいあこうとあまり影響はありません。


高学年受験生が、分からない単元を解決しようという具体的な目的で来るのに比して、ほとんど“通信教育”の意味合いが濃く、腕はお母様にかかっているといっても過言ではありません。
こちらは次回までの学習課題を、「何ページのどこを何秒以内で」のように、こと細かく指示します。
(“何秒”の目標は、これらのアイテムを使って“より難しいことをやる”ために、やや厳しく設定しています)
それが上手くいったかどうか“披露”していただき、復習箇所、新たに付け加える事項を決めていきます。

約分レベル5(24問)は、ほとんどが素数で割るので、とても辛かったと思います。
(76分の57とか、65分の26のようなものです)
にも関わらず、彼女はやってきました。
その成果ありで1分11秒。

私は…速度が出ず、ここに書くのも恥ずかしい…
「塾閉鎖しろ~」「辞職だーー!」という怒号が聞こえそうなので言えません。
「60秒以内でやれたら合格ね」なんて、よく生徒に対して言えたものだなぁ。オォ恥かしい。
Mちゃんには惨敗。

形勢不利なので話題を変更。
f0024310_1913636.jpg

高学年でも、線分図がかけないお子様が多いです。
そのことを踏まえて、Mちゃんには現在特訓中です。
線分図は、和差算、マルイチ算などあらゆるところに出てきます。

以下は、そのための宿題指示です。
(関係ないものも若干あり)

1.四則計算の順序40問

2.3年一行下巻のP4②を、例の線分図学習と思って、式から線分をおこす練習をしてください。
詳細↓
P4を3日→P21の④足す引く問題だけを1日→P29④の足す引く問題だけを1日→P40②の足す引く問題だけを1日

ここからは乗除の線分の練習
P8の②、(5)~(10)
口×3=21なら、「口が3回分で全体量が21を表現して」と説明してください。

これに3日費やしたら先頭に戻ります。
その後に初めて割り算に進みます。
余りのないもの限定で行います。
割り算に入る時点でご連絡ください。


3.シリーズ下巻P42から45の文章題
本体のほうはレベルが高いです。一人でやるのが無理なら、どんどん教えてください。

4.約分№5
次回まではまだ最大公約数を書いてください。時間計測はこのぶんは外して行って構いません。

5.小数から分数、累乗など、余りのある割り算横算、同筆算、分数乗除、約数を出す、は力が落ちない程度に少量お願いします。

(今回の主学習は線分図の練習です)
by youkosodesu | 2009-11-11 19:17 | MT3年生

楽天家

N君(小5)です。
半月経つのは早いなぁ・・・
f0024310_1037182.jpg


入って来るとき、学習が終わった前半の少女とN君はすれ違いました。
側で私は、彼女のお母様に学習の様子をお伝えしていました。

着席したN君、「さっきの女の子、今度からこの塾に入る子?」と気になる様子。
私「違うよ。いつもの子が急に都合悪くなったので、そのお友達が代打者として来てくれたのよ」
N「ふ~ん、そういうことしてもいいんだ・・・、ボクの仲良しは、土日は都合が付かないかも・・・」
(注:家庭塾では、急な用事が出来たときご兄弟姉妹か友人が、代わりに授業を受けることができます)


私「今日何やろうか」
N「比、比だよ」
私「比は大丈夫よ・・・、導入は、何もここでやるほどのことでもないわよ。N君には」
N「だめだよ、だって比は1,2,3まであるんだから」
私「そうか・・・受験の要のひとつだもんね。でも通過算はどうなの?」
N「楽勝楽勝」
私「ちょっとテキスト見せて」
 「何で基本問題だけしか手をつけないの?N君は最高レベルまで出来るはずだよ。
これで楽勝とか言われちゃ困る。サピの子たちが、どんなに難しい問題に取り組んでいるか分かってんの」

N「知ってる。僕の友だちサピに行っていて、すごく頭いいから」
私「他人を褒めてる場合じゃないの。さっ、サピの★★★をやって」
どんどん意地悪くなっていく私。

このまま受験問題になりそうな難解な問題でしたが、解き方は80%はいい線行っています。

N君にとって、受験はまだまだ遠い将来のことらしく、出来るだけ楽をしようとする、受身的な傾向が濃くうかがえます。
その点が本当に惜しい、と言うかもったいない。
(クラスは4クラス中、上から2番目なのに、宿題が易しすぎない?
それと、算数だけの、レベル別授業を望みたいところです)


今後こちらでは、基本問題はさておいて練習問題とかチャレンジ問題だけをやります。

さてご報告。

約分レベル5 48問
10から引く  100問(駄菓子の景品目当てに、「やりた~い」と言いましたので)
逆算      48問
最近数学習の時間をガクッと減らしました。その分を文章題にまわします。

文章題↓
通過算4
比と比の性質 大問で16

以上で120分授業でした。
by youkosodesu | 2009-11-09 11:01 | N(男の子)

家にこもる

7日土曜日の生徒(6年生)のための下準備です。
あらかじめ苦手な単元、過去問で間違えた単元など聞いておきます。
そしていろいろな問題集の中から、レベルにあったものを抜き出します。

彼女は難しい問題でも、単なるダイヤグラムは出来ます。
しかし、“時間経過”と“両者間の距離”をまとめてグラフ化したものになると、とたんに読み取れなくなるという特徴があるので、それに絞って問題を見つけないと。
模範解答も書いてと。
f0024310_1651387.jpg

内容に集中すれば字がむちゃくちゃ。
字をきれいに書こうとすれば、中身がおろそかに。
008.gifもう直りません。
f0024310_15493872.jpg

次、これ。
難しい・・・・並みの差集め算ではありません。(汗)
f0024310_15315898.jpg

一人用コタツの周りに、お茶、計算機、筆記具、柴犬を配置。

今日は修行僧の気分で、一日家にこもって仕事です。
by youkosodesu | 2009-11-06 15:45

Lちゃん仕様の教材出来ました

Lちゃん(小2)は今年の3月から授業を開始し、16回余りの通塾期間で以下までやりました。

①掛け算九九の読み上げ約1000段
②九九の逆読み上げ約500段
③一桁同士の足す引く各400問
④逆算400
⑤足して10の組み合わせ1500組
⑥他、真ん中にゼロの付く多数桁の引き算筆算、文章題、暗記カードも多数回
⑦割り算横算2桁÷1桁 割り切れるもの 1000600
f0024310_2128627.jpg

一日も早く「約分」に入りたいので、その準備として、この後一足先に3年生の内容に進みます。
Lちゃんは割り算横算(48÷8=6のように割り切れるもの)を一問当たり2秒という速さまでやりこみました。
いよいよ42÷9=4…6、のような余りのある割り算に、1週間前から入ったところです。

しかし「ここへ来てガクッと速度が落ちました」というお母様の訴えが…
確かに要する時間は、7~8倍に増えています。
その上うんざりした表情です。
Lちゃんは…繰り下がりの引き算が嫌いのようです。
2桁-1桁、例えば13-7のようなものがとても弱い。
それで余りがすんなり出てこないのです。
この子に2桁-1桁の課題は、きっと「やりたくない事の極み」と化してしまうでしょう。

そこで先ほど作ったのがこれ。
f0024310_21252979.jpg

「上下の数の差の補数を下に書く」ゲームです。
3と5の差は2、その2と何を足せば10になるかを下に書きます。
楽しげに「ゲーム」と書いていますが、実は面白くありません。
引き算を暗算で行い、その答えを頭に記憶して補数を探すのは結構疲れますので、1日一回(10個)にとどめましょう。
説明するまでもありませんが、繰り下がりのある引き算の、一の位の上下数字を表しています。


子どもの「“嫌だ” “やりたくない”という気持ちを軽く受け流さない。でもきちんと力はつける」という相反することと私は日夜戦っています。

個人別対策のため、思いつきであたふたと泥縄式に教材を作ることもありますが、これでひと山越えれば、本当に嬉しいです。
途中経過ご報告お願いします。
by youkosodesu | 2009-11-04 21:31 | 小さい生徒

メールへ回答

本日暗記カードをご購入されたA様
お便りを拝読いたしました。
多くのお母様がきっと同じお悩みを持っていらっしゃると思い、一般論としてここに回答いたします。

お子様(小2)は、今は勉強に興味が持てず、きっとつまらないのかもしれないと感じました。

こちらにも小2が一名いらっしゃいますが、やるべき内容を細かく指示すると共に、お母様には、(小2なら)30分以上の勉強(学校宿題を除く)をさせてはいけないといい続けています。

今“うんざり感”を抱いてしまうと、この後(いよいよ受験勉強開始の4,5年生から)が、とてもやりにくく厄介なことになるからです。
適切なことを少しだけ、ただしとことんやりましょう。

やり方は、ブログをぜひご参考になさってください。100%本当のことを述べています。
by youkosodesu | 2009-11-04 20:43

来年度の生徒 

一年ほど前のことですが、お母様が「暗記カード」をお申し込みくださいました。
そのメールには同時に、勉強のやり方を尋ねる質問が2,3添えられていました。
中学受験はご両親にとって初めてで、どういう風に進めてよいものかとても行き詰まっている様子が伺えました。

彼女(現在5年生)はそのようないきさつで、単発学習者に加わりました。
今日で6回目です。
f0024310_19263854.jpg

通過算をやります。

彼女は★は心配ありません。

サピックスの★★や★★★は四谷の「練習問題」くらいに相当し、5年生の今でも、既に入試問題として通用します。
「電車内の人の前の窓が、長さ184メートルの鉄橋を通過するのに、11,5秒かかりました。」
彼女はこの分かりにくい表現に引っかかっていました。

単純なことなのに、、確かにずいぶん分かりにくい表現をしています。
「こういうことよ」と絵を描き(マル秘絵)解説すると、あっさりと理解しました。


“チョコチョコ絵”を私はよく使います。
これは思っているよりも、とても理解の助けになります。
ニュートン算などは、どのレベルの子も「あっ、そ~か~」と納得します。
脳内で処理するより、ビジュアル化したほうがイメージしやすい子は大勢います。


結局自己解説も含め14問の通過算をやり、リクエストの仕事算をひとつやったところでお迎え時間になりました。
by youkosodesu | 2009-11-03 20:14

水量の変化  グラフ

本日のR君(小6)の授業は「水量の変化とグラフ」です。
f0024310_2136365.jpg

まずは、どの程度の実力があるかを測る為に、何問かの文章題をやってもらいます。

グラフが出てきたとたん間違え始めました。
おそらくグラフ読み取りが得意ではないため、“嫌だ”という思いが先立っているようです。

そこでサピックスの教材が登場します。
写真↓のような、数値だけを変えた同じ問題が延々十数問、いやというほど繰り返されています。
f0024310_21344716.jpg

こういうサピのやり方は大好きです。
こちらがいくら流暢な解説をしても、そのときは分かったように思えても、聞いているだけではほとんど定着しません。

自分で自分の脳に叩き込むには、「パターンを覚える」ことは大事です。

次に解き方のポイントです。
①この方向から見て、こういうふうに面積図に表すこと
②いちいち計算を仕上げないで、式としておいたままにし、約分力を駆使すること(筆算は場所をとるし、間違えも増えるからやらない)
③グラフを見て、面積図に時間を書き入れること
を繰り返し伝えました。

彼は3~4問目までは、「あれっ?今何をやっていたんだっけ?」と式の意味を見失いました。

しかし答えに正解が続けば、解法の手順を飲み込んだ証ですから、その後はゆとりが生まれ、どの子もやっている内容に着眼するように変化します。

R君は「あっという間の2時間だった。楽しかった」と言って、ニコニコ顔で帰りました。

しかしその人独自の「解き方回路」があり、間を置くとどうしてもそこに引き戻されてしまいます。
ですから今日中に同じ問題を復習してください。

R君へ
私の箇条書きを、自分の言葉にかえて書き直そう。
シリーズの該当文章題をやったら、結果を知らせてください。


[学習ご報告]
逆算48
約分24
約数8
小数から分数へ24
文章題14
以上で120分です。
by youkosodesu | 2009-11-01 21:36 | R(男の子)