<   2009年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

内部ご連絡

①「11月12月予定」を載せました。
HPトップ画面よりお入りください。
クリックしても手ごたえはありませんが、1~2秒でパスワード入力画面が現れます。
前と同じ4桁暗証番号です。
土日の方は、間違え防止のためプリントしていただくか、事前にご確認ください。

②学習日当日の緊急ご連絡は、携帯アドレスにお願いします。(パソコンは見ないときがあります)

③単発学習の授業料は、学習日の2週間前までにご入金ください。
by youkosodesu | 2009-10-31 09:15

静か

本日第五週のため、通常生徒はお休みです。
代わりに定期テストを控えた、元単発生徒の中学生(中1)がやってきました。

薔薇の砂糖も、この箱でいよいよ最後となります。
一人一回につき3個と決めたので、1000個ですから半年以上持つ計算になります。
f0024310_1953013.jpg


授業はとても静か。
彼女は口数も少なく、黙々と問題に取り組みます。
・・・・・・・・
(あ~ヒマ、何か聞いてよ)
・・・・・・・
(出番無しかぁ・・・つまんないね)
手元をじっと見て「遅い、いよいよ出番か」と身を乗り出そうとすると、スラスラ解きはじめます。
彼女は出だしがゆっくり目なので、それが、わからないのか考えているのかよくよく判断しないと。
結局9割は一人学習、残り1割が出番となりました。

聞けば、数学は学年で一、二を争う成績とか。
何だかもったいない。いいんですか?お母様。

やったこと↓
比例の問題30問くらいかな・・・?数えるの忘れました。
by youkosodesu | 2009-10-29 20:14

戦う先生その2

Y君(小1)です。

こちらの小1君は、実はとても繊細で感じやすい。
f0024310_18222644.jpg

だから家庭塾での、一対一で見つめられながらの授業は、緊張のきわみになってしまうようです。
緊張の反動で、毎度慣れるまでの30分は、正反対の行動に出ます。
そのため前半は私にとって、成果をあげるための厳しい戦いになります。


「あのねぇ、後で直すのは大変なことなのよ!私は5,6年生に向かっては、もう書き順や字の形なんて注意しないわよ。そんなことやっている時間はないんだから。出だしの今が重要なのよ。だから正しい書き順でやらないと、何回でもやり直しね」と、6歳に理解できないような言葉を並べたててクドクドクドクド・・・・
可愛そうに、高学年生より何だか対応が手厳しい・・・

私の勢いに押されて、きれいに書き直し、「(カメラで)写してくれ」とひと言。
f0024310_18263598.jpg


その後は算数に移行したので、いつものペースで楽しく学習しました。
今日やったこと
1.10から引く50問
2.10の合成 100問
3.逆算 (お母様喜んで!今日初めて全部出来るようになりましたよ)
4.九九を読む 3,6,7,8の段
5.カタカナP48
6.漢字 P61
以上で50分授業です。


ハ~・・・全国の男児をお持ちのお母様方、お疲れ様です。
by youkosodesu | 2009-10-28 19:01 | 小さい生徒

質問に目を白黒

6年生女児(写真は載せません)

初めて話題に登場しますが、一年半ほど前から家庭塾に通っています。
6年生ですが私学なので、受験はしません。

独特の視点で物を見るため、いつも驚かされます。
(学習と無関係な)質問も、こちらが詰まってしまうものばかり。

1.冥土の土産ってなあに。

2.ヤクザとヤンキーの違いは。

3.法令線って?

正しいことを伝えないといけないと思い、「回答は後日」とし、そのたびにネット辞典で調べます。

こちらが勉強になります。ヤフー辞書をコピーしました。

<冥土の土産>
冥土へ行く際に持参する土産。それを手に入れて初めて安心して死ねるような事物をいう。


<ヤクザ>
3枚ガルタの賭博(とばく)で、八(や)九(く)三(さ)の3枚の組み合わせで最悪の手となるところから、 役に立たないこと、価値のないこと、また、そのものや、そのさま。

<ヤンキー>
不良青少年。

<法令線>
鼻の両脇から唇の両端に伸びる二本のしわのこと。


カード賭博から「ヤクザ」の名前が来ているとは。
そういえば漢字の表記はありませんね。

「法令線」は、その昔若かりし頃の私は“法霊線”と思っており、「この世」と「あの世」の境界線のことかと思ってました。
美容には疎く、お笑いぐさでした。

調べたこれらをざっとまとめて、子ども向きに回答します。

次、どんな質問が来るか楽しみです。
by youkosodesu | 2009-10-25 12:44

訂正します

T君(小3)です。

今年度は小3が4名います。

隔週の子あり、通信の子もありです。

うち、おひとりの保護者様から プチ抗議メールを先日頂きました。
「真ん中にゼロの続く引き算筆算は、かなり速く仕上がっていると(自分的には)思うのですが、平均して一問7秒には達しません。7秒で出来るお子さんはいるのでしょうか」

この問題です↓
f0024310_738189.jpg

そうですか…7秒無理ですか…

ということで、「ものすごく早い」T君のタイムを試みに計ろうと思います。
やっているその手の動きを見ただけで、こちらが勝てそうも無いことがすぐに分かりましたので、恥をかくので「競争しよう」は慎むことにしました。
f0024310_20521992.jpg

T君はコンマ何秒かで暗算をしているようです。
この“かなりの”速さで、一問当たり7,6秒です。

こちらは、あとでこっそり一人でやって8秒に手が届かず、競争しなくてよかったです。
(作った当初は7秒で出来ていたのに・・・短期間で速度が落ちてしまうとは。老化です。涙)

メールを下さったお母様、ならびに他の皆様には、一問当たり8秒に訂正します。すみませんでした。

f0024310_20541019.gif


T家は、4年生直前に進学塾に入れる心積もりです。
しかし今まで「チャレンジ」のみで心許なさを感じていたため、「ほんの短期間でもよいから、受験に直結した指導をしてもらいたい」と、キャンセル待ちをしてくださっていました。

T君は物静かで、何をやるにも「控えめ」なため、授業中も活発さに欠け発言も少なく、親御様から見て本当はどの程度の力があるのかが掴めずに、何をどの程度やったらよいか戸惑っているご様子でした。

家庭塾では、高学年の受験指導をするうちに、やりこんでいないためにこうむる不利益を何とかしなければと、力を入れるべきものをピックアップした結果、下降方式で決めた40項目の「数の学習」に取り組んでいます。
(全学年に対して、各人の弱点に沿ったものを選びます)

そのひとつ、「約分-レベル2」まで、この2ヶ月で追いつきました。
しかしここまでの道のりは長く、九九の逆から始まり、余りのある割り算横算(四谷一行問題集の繰り返し)だけをみても、ざっと2000以上はやっています。

さぁ本日の学習ご報告です。
1.逆算48問
2.約分36問
3.約数10個
4.バラバラ九九をカードで
5.真ん中がゼロの割り算 9問
6.真ん中がゼロの引き算 12問
7.50マス計算
8.10から引く 50問
9.筆算割り算 8問
10.横算割り算 7問
11.一行問題集下巻 第19回 
四則混合計算の順序付け 24問

以上で90分授業です。

宿題は上記2,3、5,6,9、10、11です。9,10は少量で。
3は、「40から50の数」をやってください。
by youkosodesu | 2009-10-22 20:56 | MT3年生

四谷合不合 二回目

R君(小6)です。

四谷の合不合を午前中に受けてから駆けつけました。
到着するなり、テスト用紙を広げて何点取れたかを一生懸命に数えていました。
ホ~、なかなか良い点数でよかったね。

今日は前回の確認をします。
場合の数の「塗り分け」です。
今まで、色数と場所数が同じか少ない基本問題は正解していました。
しかし、例えば5色から3色を選び、場所も5箇所を3箇所にして場合の数を出すような問題がお手上げでしたが、復習が功を奏してよく定着していました。


今日は通過算をやりましょう。
R「塾でやったやり方は…、よく覚えていない。覚えているのは鉄橋の絵を描いて解いたこと」
私「へ~、じゃ自分のやり方でよいから問題を解いてみよう」
R君解く。・・・・・・・・・・・・・・・
f0024310_209523.jpg
私「では。今日は最初から復習しようね。中途半端に5問解いて終わり、というのが一番身にならないやり方だから、少なくとも30問やろうよ」

長さ100メートルの列車が250メートルの鉄橋を渡るときには
(100+250)÷速さ=時間
追い越すときは、二つの列車の長さを足してそれぞれの速さの差で割る、など。

そういえばたくさんの子が(この問題に限らず)、かつてこのような感覚を訴えていました。
「このようにやれといわれれば、そう難しいことではないので、いくらでも“やり方”として覚えることは出来る。でも何かストンと落ちるものが無い、心の底から、あ~そうか、という感覚がもてない」
そのことを言うとR君も「ボクも同じ」といったので、早速実習をすることにしました。
f0024310_2010367.jpg

ガッタンゴットン 電車は進む。
軌跡が分かるように色鉛筆を装着。
f0024310_21225855.jpg

①幅のない電柱や人間の前を通過する
②鉄橋やトンネルを通過する
③又はその中での滞在?時間
④速さや長さも違う列車同士の追い越しや出会い
実際に軌跡を調べてみて「あっ、ホントだ、だから二つの長さを足すんだ(②や④の時)」と納得したようなので、それ以降の問題がスムーズにいきました。

さて今日の学習ご報告
約分24
逆算48
分数乗除15
塗り分け2
通過算22(30問に足りず済みません)
以上で120分授業でした。
by youkosodesu | 2009-10-18 20:14 | R(男の子)

姉へ

出来たわよ。明日持って行くね。
f0024310_1952285.jpg

ウエストからヒップ回りにかけてブワッと膨らむのでは、もっとお腹が出て見えるのできっと嫌でしょう。
だから上だけはアイロンで押さえて、裾周りにはアイロンをかけない仕上げにしました。

折角のタータンチェックなので模様を生かそうと思い、裾線はまっすぐにし、体の丸み対応はウエストラインのカーブとプリーツのたたみ加減で処理しました。
今度はもっと上質の生地でやろうと思います。
by youkosodesu | 2009-10-18 19:16 | ●趣味

約分競争して負けました

Mちゃん(小3)です。
f0024310_18203594.jpg

今日やったこと↓
1.逆算48
2.素数
3.約分24
4.約数10
5.小数から分数へ24
6.新登場真ん中にゼロの続く割り算 
7.分数乗除の約分のやり方

f0024310_18184936.jpg

約分はレベル5へ進みました。この家庭塾内で、進度速度ともにTOPです。
練習が行き届いていて、「眺めるだけ」で約分が出来ています。
二数を見て、反射的に最大公約数が頭の中に浮かび、かつ割り算もやり、一問当たりが2秒弱ですから、小6にも負けません。
彼女が現在やっているレベルは 70分の56、60分の42、56分の21 のようなものです。

何かに特化して自信が付くと、受験勉強も幸先のよいスタートが切れます。

宿題は
レベル5約分
上記5.6.7(5は言うだけでも可。満点を維持させてください。)
横算の余りのある割り算、
筆算の余りのある割り算、
分数の足し算引き算

を1日当たり各10問程度(少ないですが、もう力を落とさないためにやるだけなので)、お願いします。

余談ですが、約分24問を競争したら、彼女に負けました。
生徒に「〇秒以内」と指示を出しているだけで、自分は長らくやらないでいると、「間髪入れずに」最大公約数を出すことが出来ません。やはり頭の中でほんの一瞬考えます。
そうこうしているうちに、手がよどみなく動く彼女は終わってしまいました。
私は一問当たり3,3秒かかっています。
子どもって、本当にすごいなぁ・・・
by youkosodesu | 2009-10-14 18:50 | MT3年生

安心して。大丈夫。

単発学習にきてくれた6年生は、今日で5回目です。

どの単元を復習しても、理解力があり良く出来ています。
自己解説をさせても、(独自の解き方ですが)なかなかいい線行っている解釈です。

勉強が好き、のようです。読書も。

しかし「大きな会場」で、「大きな試験」になるとそれが発揮できません。
「発揮できない」などという生易しいものではなく、これは誰の試験結果ですか?と首を傾げたくなるほど日頃の実力とかけ離れてしまいます。

ヨーイ、はじめっ、という合図が出たとたん、頭が真っ白になり、緊張が脳内を支配し、問題を解くゆとりはそこにはありません。

どんどん時期が押してきて、ますますその傾向は強くなり、お母様は混乱し、お子様も落ち込んでいます。

こういうお子様は決して少なくないのです。
そんなに悲観することはありません。

自然体で過ごしていても、常にトップの座を確保していられる中学に入るように、天が配剤してくれます。

推薦校が充実した学校の制度を利用して、かねてより希望していた大学に入ろうではありませんか。

視点を変えましょう。たった6年後です。
by youkosodesu | 2009-10-12 21:00

100点バンザイ

N君(小5)です。

一緒に、コンビニに駄菓子を買出しに行って以来です。
f0024310_18281393.jpg

先日行われた四谷の月例テスト問題(算数)が、なんと全部合っていたのです。
満点とはすごい。
バンザイ!
f0024310_18284235.jpg

あの日特に力を入れて復習した問題が、たくさん出ました。
何が書かれているか整理する為にも、図を描くように口をすっぱくして言い続けましたが、端のほうに面積図を描いて解いています。
良かった・・・
f0024310_18293897.jpg

最後の問題、大問7の「速さの差集め算」も、面積図で正解することが出来ました。

今日はいつもの勉強に戻ります。
シリーズ7回の予習、「整数の分解と構成」をやりました。(18問)

出来れば「つるかめ算」もと思いましたが、時間がおして手が廻らず。
最近文章題の時間が足りなくなってきたので、次回からは数の学習の時間を20分間短縮します。

しかしお菓子が欲しくてたまらないN君は、がっかりした顔をしていました。(数学習では、単調さを少しでも軽減するべく、駄菓子を賞品に時間当てクイズを盛り込んでいます)

数学習でやったことは↓

分数乗除15問 100点
約分48問  100点
素数  100点
累乗などの掛け算24問  100点
暗記カード100枚の点検→忘れ数枚
ゼロのたくさん付く縮尺計算を、横算のままで行う練習9問
→テンポが出ていません。そしてミスも多い。
やはりほんの少しでも毎回やらないといけませんね。
by youkosodesu | 2009-10-11 18:59 | N(男の子)