<   2009年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

入れたところが入るところ(結果ご報告も)

こちらでは6年生への授業はもうありませんが、入試直前の今日(1/29)、Fちゃんとお母様が立ち寄ってくださいました。
f0024310_22291093.jpg

こちらの授業前の、ほんの僅かな時間です。

F母「来る前に、2006年からのわが子のブログを全部見返してきました。
ネットで偶然見かけてご縁を得て、Fはそれまでの勉強アレルギーが消えて、それだけでもよかったです」

面談にいらしたお母様の、切羽詰ったあのときの様子が甦ってきました。

「遅きに失した」ということがないように、先手を打って勉強関係の習い事や塾の手当てをしたつもりが、段々元気がなくなっていくわが子を見て、どうしたらよいのかと困惑していたようです。

塾にお迎えに行ったあるとき、先生から「お宅のお嬢さんはしつけがいいですね。授業が終わると教室内のすべての机の位置を整えて、整頓して帰るんですよ。そんなお子さんは初めてです」というお褒めの言葉をもらいます。

帰りの車を運転しながら、わが子が不憫で涙が出ました。
7歳や8歳の子どもが、教室の整頓なんてしたいものか。
この子は塾で居場所がないのだ。だから認められたいがために過剰適応している。

ここへ来てようやく「もういい。もう止めだ」と決心がつきます。

そして勉強関係の習い事をすべて辞めます。
でも少しだけ心配が残っているので、どこかにあるに違いない「この子に合った塾」を探し求めていました。

お母様は2時間にわたり、泣きながらお話してくださいました。


能力は十二分に備わっていると見ましたが、当初は確かに「もう、うんざり」という感じでした。
ですから宿題を出さず「家では極力遊ぶ」を課題としました。

5年生時は週に2回こちらで学習をしました。
6年生になると週に4回の進学塾が加わりました。
運悪く曜日が重なってしまったので、家庭塾では一時間しか学習時間を持つことが出来なくなりました。

暗記カードはダントツです。
単位交換も学校で一番になりました。
口述方程式の記録を誰も更新できません。
進学塾での勉強も、宿題を欠かさずやり一生懸命についていくように変身しました。


神様!どうかこの子に幸あれ。

f0024310_22475198.gif

第一志望校合格おめでとうございます。

合格のご連絡のとき、なんと私は早々と家庭温泉を楽しんでいたのです。
しかし今年度は受験生が多く、気が気ではないので風呂場に携帯電話を持ち込んでいました。

雑踏と喧騒の中、ほとんど悲鳴に近い喜びの声。
Fちゃんの努力、そして何よりも長年心をくだいてきたお母様のことを思い涙が溢れました。

この2年、分からない問題に直面すると、とても遠慮して申し訳なさそうになるFちゃんを変えたいと腐心しました。
Fちゃんのかかえている劣等意識は、傍目にはとても分かりにくい形で内在しているため、こちらも心して掛かる必要があったのです。
「覚えるのが早い」点を利用して、「単位交換部門で校内一位を取ること」からコツコツはじめました。
途中で加わった進学塾もおおいに功を奏しました。


2年間休むことなく、時間ぴったりに送迎をしてくださったお母様に、功労賞を差し上げたいと思います。
長いことお疲れ様でした。
そしてこのたびは本当におめでとうございました。
by youkosodesu | 2009-01-29 20:11 | F(女の子)

質問連打

2009.1.29 木曜日

このごろとっぴな質問を投げかけるM君(小6)に、おっとっと・・・となっています。
話す時間はそれぞれ一分足らずなのですが。
ここ一ヶ月のM君語録

M「ギャル曽根の胃袋の大きさってどれくらいか知っていますか」
私「知ってるわよ~♪この前TVで、食べた後の実際の大きさが模型になってでてきたわ」
M「ふ~ん、すごいですね」
って、それだけでこの会話オワリ?

M「ジェットコースター好きですか」
私「大嫌い、どんなことがあっても絶対に乗らないわ」
M「じゃ、10万円あげるって言われたら?」
私「いりません、結構です」
M「じゃ、100万円って言われたら?」
私「・・・・・・・・・・・・・・・・・・やらせていただきます」

M「下の娘さんはどこの会社に勤めているんですか?」
私「う~ん、言っても子どもにはきっと分からないような、名前を知らない会社だよ」
M「博報堂ですか?」
私「??」

M「今度やるお別れ食事会どんなところに行くんですか」
私「そうね、7回催さなくてはいけないから、そんなに豪華なところは無理なのよね、ごめんね」
M「大丈夫です、気にしないで下さい。何ならボクの時は、お年玉で差額を負担しますから、豪華なところにしてください」

M君はこの子↓です。
f0024310_10492615.jpg
f0024310_1050750.jpg

ぶどうのジュースです。
by youkosodesu | 2009-01-29 10:52 | M(男の子)

面談のお母様

2009.1.29 木曜日

2010年度入塾ご希望の、小さい生徒さん(現2年生)の保護者面談です。
f0024310_8323880.jpg

「1年間のお受験塾を経て私立小学校に合格し、丸2年。
内部進学なので受験予定はないが、学校がノンビリ型なのでこのまま宿題だけやっていればよいのかも分からない。
そろそろ勉強の内容が難しくなり、公立小の子どもたちも入塾する時期と聞いているので、大手塾の体験に行ってみた。
わが子はとても楽しそうに積極的な授業態度だった。
しかし明確な目的意識を持たないこの年齢の子どもは、分からない箇所の追究意識が薄いので、それを希望するなら一斉塾ではなく、個人の先生のほうが良いのかと迷っている。」

大手進学塾の効果は
①自分の学力位置を知る
②周りの子どものがんばりを目にすることが出来る
③データが豊富

しかし私立小のお子様に関しては、塾側も積極的な受け入れ姿勢を示さないところもあり、
補習塾では物足りず、どうしたものかと思案している親御様が多いのが現状です。

中学から入学してくる新クラスメートが、どんな勉強を経てきているのか知っておく意義は大きいので、こちらでは受験予定のない私立生も、3年生以上は四谷シリーズの算数で授業を進めます。
学校の宿題をこなすだけなら、ご家庭でもやれなくはありません。


「お子様の性格に合わせた指導」がご希望なら個人塾
「周りをみて刺激を受けさせたい」なら一斉塾
がいいと思います。
by youkosodesu | 2009-01-29 09:09 | 保護者面談

最後の授業

2009.1.25 日曜日

今日でこちらの受験生は、最後の授業になります。
ハ~、何だか感慨深いものがあります。


最後の生徒さんがおもむろに取り出したのは、布製の寄せ書き用の色紙(しきし)です。
進学塾の先生方の励ましの一言が、所狭しと書き込んであります。

へ~、今時の塾はこんなことをしてくれるのね・・・
「先生(私のこと)もなんか一言書いてよ」のリクエストに、早速走り書き。
f0024310_20242853.jpg

「な、なんだよーー、これ励ましなの?お母さんも見るよ」
「えっ、大変だ」
と上に書き加えたのがこれです。
f0024310_2025106.jpg

良く見ると、先生一同は皆揃って「実力はあるから、発揮出来るように落ち着け」と書いてあるではありませんか。
そうです。その通りです。ぜひ平常心でお願いします。

それから布に書き込んだ言葉通り、受験終了後に、すべての受験生と「お別れお食事会」を個別に行う予定です。

知らない生徒さん同士が同席しても、お互いにやり辛いと思うので、私は7回出掛けることにします。

予算の関係で、お母様かお子様のどちらかしかご招待することが出来ません。
年末から内々に打診していますが、男の子はほぼ全員が「ボクが出る」と答えます。

普段はむしろ会話の弾む女の子のほうが、恥ずかしそうに困っています。
ここでも、ひと足早く大人への道を歩む女の子と、まだまだ無邪気な男の子の違いがはっきり出ています。
詳しくは2月半ば頃お知らせします。



ふと見ると、室内の空気が乾燥しているためか、柴子の唇の片側がめくれ上がって閉じません。
f0024310_2045944.jpg

下からも。
f0024310_20452585.jpg

違和感があるのか、困った顔をしています。
by youkosodesu | 2009-01-25 21:02

おめでとう!

2009.1.23 金曜日

先ほどかつての生徒さんのお母様から、喜びのご報告が届きました。
高校に推薦が通ったそうです。

「思いつきのようにはじめた(中学)受験だったが、あの時落ちてよかった。
ほかの子と比べても幼ない12歳の段階では、この子にとってはまだまだ受験を自分の事として捉えられなかった。
15歳の今、ようやくその時期が来た。
先生、生徒さんにどうぞ伝えて下さい。
花咲く時期は皆一様ではないことを。
思い通りの結果が得られなかったとしても、落胆することないですよ。」

入試まで残すところ一週間あまりのこの時期に、いいお話を聞かせていただいたものだ。


f0024310_20214552.gif

この生徒さんをお預かりしたのは、5年前の5年生4月からの10ヶ月間です。
家庭塾で週一回1時間半、算数のみの授業を受け持ちました。

学習に慣れてきたので家庭塾は終了し、4教科を教える進学塾に転塾してゆきました。
そこでは一年弱の期間勉強したようです。

そして受験。

しかし残念な結果に終わりました。

お子様よりも、お母様の落胆が激しく、かける言葉も見当たりません。

5月を迎える頃、ようやく元気を(お母様が)取り戻したようでした。
「部活頑張ってます」
「中間試験でいい点数が取れました」
節目節目にお母様からご連絡があります。

今度は高校受験に備えて、土壇場ではなく中2から通塾を開始した、とも言っていました。
周りを見ながら、いい意味での競争をし、モチベーションを維持しつつ、通信簿でオール4以上をキープし続けたこの3年間でした。

お母様は本当に嬉しそうです。


この生徒さんは4月から「明治学院高等学校」に通学することになります。

(お母様からすべての掲載許可を頂いておりますが、お住まい、お子様の性別は伏せることにします)
by youkosodesu | 2009-01-23 20:40

N進法

2009.1.22 木曜日
Jちゃん(小5)です。

本日はN進法をやります。

いったん仕組みが分かれば、どの子もゲーム感覚で喜んでやるので、教えていても楽しい単元です。
四谷一行とシリーズだけでは問題数が少ないのですが、彼女が持ってきた何冊かの塾教材には豊富にN進法が載っており、ほぼ6割の26問を済ませることが出来ました。

f0024310_1805147.jpg

①10進法からN進法へ
②N進法から10進法へ
③何進法か見つける
④複数段で構成されている表のやりかた

この4種を、解説するだけの授業では大手塾と同じことになりますので、種別問題量を増やして、自分でやりながら「ああそうか、そういうことか~」と理解してもらおうと思います。

私のやる仕事は、「ここまでやってね。これはやらなくていいよ」と、問題をレベルにしたがって仕分けることと、じっと見ていることだけです。

学校帰りで疲れており、はじめ見ていても気の毒なくらいのJちゃんでしたが、出来るようになってくると、眠そうな目がパッチリして、どんどん粘り強い人格に変貌を遂げていきました。

単元をN進法だけに絞りました。
どうしても「数の学習」を省略気味にしてしまうので、今後が不安です。
文章題を優先して勤しんでしまうのですが、「数の学習」は後々思った以上に効力を発揮するので、中の暗記カードだけでも家でやるといいと思います。

新演習の宿題どっさり出しました。

帰りは時間が押して、慌ててテキスト一式を私が手提げに押し込むと
「ダメっ!だめだめ。入れ方に順序があるんだから~、んもぉー」と全部出してやり直し。
いつも几帳面なJちゃんです。
f0024310_1824256.jpg

by youkosodesu | 2009-01-22 18:51 | J(女の子)

制服ですが

2009.1.21 水曜日
M君(小6)です。
学校帰りの制服姿なので、ぐっと下を向いてもらいました。
f0024310_2125782.jpg


今予習している教材は、実際に中学校で使用しているものをご用意していただきました。
レベルが高いです。

P43からP46までの25問中、正解は15 誤は10です。

他、方程式計算は14問中11問正解でした。

“方程式”と言ったって、かわいらしいものじゃありません。
こんなのばかりです。
f0024310_20292335.jpg

しかし四谷の「計算と一行問題集」に必死で取り組んでいる期間に方程式が手薄になり、時間が一問20秒前後と、スピード正解率ともに落ちてしまいました。

また仕切り直しです。
が~んとなったM君は、自発的にどっさり宿題(方程式計算)を持って帰りました。
by youkosodesu | 2009-01-21 21:01 | M(男の子)

感想です

2009.1.17 土曜日
姉と恵比寿に出掛けた折、手土産にともらったものです。
ケーキ教室に通っているので、「いろいろな作品を誰かに味見してもらいたい」そうです。

まるで売り物にも出来るような外見です。
ぜんぜん出来ない私からすると、すごい!の一言です。

大きさの参考にと、マジックインキを目前に置いてみました。
f0024310_141572.jpg

じゃ、感想言うわよ~。
左端の“キャラメルなんとか”↓
はキャラメル部分がもう少し乾いた感じで、パキッと割れるような食感のほうが好きだな~・・・、これでは歯で噛み切るのが大変です。
印象は「甘く、ぬが~っとした何か」という感じです。
それともこれはこういうものなの?
f0024310_1445876.jpg

真ん中列のフルーツゼリーは買ったものと遜色ないくらいの出来で、甘さといい丁度良いです。
『彩果の宝石』という有名なゼリーそっくりの味です。

右端のクッキーは、普通においしいです。
きっとこんな感想じゃダメなんだろうな・・・

陳腐な褒め言葉ですみません。

では結論。
ゼリーが一番おいしかったです。
f0024310_132122100.jpg

大きさは3×3です。
by youkosodesu | 2009-01-17 14:25 | ●家族

顔が見せられなくて残念

2009.1.17 土曜日
Iちゃん(小3)です。
月に1~2回来ています。

さすがに女の子、おままごとセットを見て弾ける笑顔でしたが、載せられなくて残念。
f0024310_13153785.jpg

本日の学習は
割り算横算を10、筆算を10、ABCカード30回後、口述方程式を40  
f0024310_13121083.jpg

四谷シリーズ三年下巻P72から76と、
一行問題集P50を12問終わりました。

応用問題の途中から「通分」もはいり、今日はじめて読み方から分数をスタートしたIちゃんにとっては、混乱を招きそうな急進度のため、これ以降に踏み込むのは止めました。

第12回の「分数って何?」から始めましたが、13回にはもう分数計算です。
一回一回の進み具合が大きいので、これは9歳までの子どもが一人で学習するのはちょっとばかり無理があります。
大人がそばについて、
①分数概念を教える、
②同種、同レベルの問題を50位やった後に次のステップへ
にすると、どの子も定着率がぐっとアップします。

こちらでも「導入は慎重に、理解の手ごたえを得たら演習量で定着を、その後は時間をはかることで、飽きるのを防ぎつつステップアップする」という緩急を意識したやり方で“自信”を育てています。
by youkosodesu | 2009-01-17 13:51 | I(女の子)

ご報告です。

2009.1.15 木曜日

小さい生徒さんC君(小2)です。
f0024310_20365864.jpg

「並び順」を学習しました、
①まこと君は前から8番目、後ろから6番目です。全部で何人いるでしょうか。
これを15問。
次に
②全員で16人います。
まこと君は後ろから6番目です。前からは何番目でしょうか。
これを10問。

①をパターン化して覚えてしまうと、②に行き詰まります。
人数を棒にして書き、実際に数えるなど工夫はしていましたが、30人になったら多すぎて書いて求めるわけにはいきません。
口を挟むタイミングを考えながら見ていました。

いつもは50分で盛りだくさんやるのですが、逆さ九九とこの文章題で今日はいっぱいいっぱいでした。
by youkosodesu | 2009-01-15 21:06 | C(男の子)