<   2008年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧

四科のまとめ

前回に引き続き、「国語力をつける」第二弾です。

今回は読書についてです。

国語で、点数が高く偏差値が高い子どもは、確かに読書好きが多いと思います。
読書好きは、読むことに慣れているので、試験最中も読むペースが速いし、前後関係で推測する技量も高いし、数え上げたらきりがないくらい利点がいっぱいあります。

しかし、本を読むことが好きでない子どもも、実はたくさんいます。
そういう子にいやいや読ませたとしても、文字の上滑りで、ちっとも味わうことは出来ません。

でも、どうしても点数を引き上げたい場合はどうしたらよいのでしょうか。

具体的に方法を述べます。

①「四科のまとめ」(四谷大塚のHPから購入することが出来ます)には、「慣用句」、「ことわざ」、「反対語」、「同義語」、「四字熟語」など、受験で必須のものが網羅されていますので、それを3年生あたりから毎日少しずつやります。

3年生から始めれば、受験日まで1400日余りあるので、それぞれを一日に数個ずつ覚えていけば、日々の負担感は少ないと思います。

慣用句などは、大人の解説がないと、どんな場合に使うのか飲み込めないまま進んでしまうので要注意です。

そして一通り終わっても何周もやります。

これらのことは、言葉数を増やすことにもつながり、大きな効果が期待できます。

②次は読解です。
かなり難解な論説文も出てきますから、出題内容に興味が持てない場合、国語嫌いの子どもの多くは、「何が述べられているのか分からない」のです。

そこでこのようにしてください。

各塾で使っている国語のテキストに載っている問題で構いませんので、段落の小さな区切りごとに、主語はどれ?述語は?としばらくの間はそれだけ聞いてください。
修飾語などに触れる必要はありません。
つまり、「何がどうした」だけを掴み取る訓練をするのです。
主語や述語のない文もあるので、お母様が見て分からないものは、当人もなおさらですので飛ばして構いません。

このやり方は、何が書かれているのかを知る、最短の方法です。
大問ひとつを一年ほど続けると効果大です。

読書力がなくても、こつこつやれば点数を伸ばすことは可能です。
by youkosodesu | 2008-04-30 00:09

国語力をつけたい

H君(小6)です。
写真撮り忘れました。

彼は算数以外の科目は、相当偏差値が高いです。
科目によっては、ドッカ~ンと70に届きそうになるときすらあります。

「学習」というほどの特別なことをしていなくても、国語は問題文を読んで、楽しみながら普通に解けば、そんなに苦労せずに60は越しますので、これは天性のものなのでしょう。

男児に良くありがちな、「どうしても国語が伸びない」、「点数に結びつかない」というお子さんからみると、まったくうらやましい例です。

H君はとても良くしゃべります。
難しい言葉を駆使して、大人のわたしとも互角に話が出来ます。

お母様が難しい言葉を教えたわけでもないし、それどころか、「叱っているときに、やたらに難しい言葉で言い返してくることに、時としてむかっとくる」とおっしゃっていました。

私「今日は一緒に、競争で文章問題やるわ。H君、やってる最中にぶつくさ言わないでよ、静かにやってよ、気が散るから」
H「それはこっちの台詞だよ、そっちこそ」

そして、間違えるとものすごく悔しがって涙目になります。
私「泣いたってしょうがないよ。早く直しな」
H「うるさい!わかってたら間違えないんだよ」

決して大声で怒鳴ったり、乱暴な言い方ではないのですが、必ず自分の思いを言葉にしてして返してきます。
f0024310_20392363.gif

さてそろそろ本題です。

国語を何とかしたい、というお母様。
具体的方法を考えましょう。
何でも塾に頼れば、という思いをここではちょっと脇へ置きます。

「意識」によって考え行動しているという認識が、まだまだ出来ていないタイプの子どもには、まず手始めにたくさんしゃべらせましょう。

はじめは何を言っているのか分からないめちゃくちゃ会話で、主語もなく、あっちに飛び、こっちに飛びでしょう。
仕方ないのです。いきなり筋の通った会話なんて出来ないと思います。

聞く際に、いちいち注意してはいけません。
「誰が、何を、したの?何言ってんのか、ぜんぜんわかんない」
なんて間違っても言ってはいけません。意思を伝える行為そのものが、楽しいと思えなくなってしまいます。

めちゃくちゃ会話でも、一日に2分間聞いてやってください。
「2分」、長いですよ。内容のことは問わず、黙ってすごく関心をもって聞くのです。
お母様の修行です。

そして読書、マンガ、テレビ、友達との遊びなど、そのほかの方法も述べたいと思いますが、長くなるので、それは後日に回します。

[H君学習ご報告]
①暗記カード106枚
②方程式48問
③約分を使った計算30問
④新演習の速さと比「基本問題」「練習問題」の合計14問、正解率87%、一問あたりにかかる時間は1分以内と、ものすごい早さでした。
by youkosodesu | 2008-04-27 20:08

単位交換

Jちゃん(小5)です。

Jちゃんは受験するかどうかを、まだはっきり決めていないので、昨年は自宅で4年生シリーズを自学自習していました。

今年はどちらを選択してもいいように、家庭塾で週一回受験準備を兼ねて、算数だけ学習しています。

しかし、4年生の問題集での、分からない部分を全部埋めていないので、まだ5年生シリーズにはぜんぜん入っていません。

今日はやり残しの部分を、重点的にやりました。

f0024310_1922022.jpg

Jちゃんが空白にしていたのは、単位交換でした。
f0024310_19441567.jpg

これはおそらく、大人でも即答出来ないでしょう。

しかしこんな難しいものが、4年生の夏前には出てきます。

さっきもJちゃんと二人でやりながら、「5年生でも難しいから、出来なくても気にしないでやっていこうね」と話しました。

ふ~っ、受験て大変です。9歳や10歳の子どもに、こんなことを要求するわけですから。

単位交換が好きという子どもは、わたしもあまり見たことがありません。
みんな不得意感を持っているので、わが子だけではないと気楽に考えて下さい。

必要な暗記は、全部で十数種ほどですから、毎日気長くカードで暗記しましょう。
学習効果は相当あがると思います。

[Jちゃんの学習ご報告]
シリーズの穴埋めと、口述方程式48問と暗記カード13枚です。
by youkosodesu | 2008-04-24 19:44 | J(女の子)

しつこいようですが

あと少しで最盛期も終わり。

f0024310_12254937.jpg

二階のパソコン部屋から見下ろして、門アーチの部分を撮りました。
f0024310_22151544.gif

下校時刻になると、いつも仲良しの小4女の子二人組みが、家の前を通ります。
この前、道路を掃いていると、二人のなつっこい少女が話しかけてくれました。

「私達、いつもこの家は花がきれいだなぁと話しているんだよ」
「この犬って咬みつく?なでてもいいの?」

今日また家の前で会ったので、「(門の)中に入る?」と聞くと「うゎ~い♪前から中に入りたかったんだよー、実は」というので、「今日はおばさんは出かけるからダメだけど、今度お茶でもいかがですか?」(子どもキラー)と誘うと、「うん♪」と楽しみにしてくれました。
女の子は総じて、社交性が小さいときから身についているなぁ、と感心することしきりです。

さらに会話は続きます。
「あたし達大きくなったら、こんなきれいなお花でいっぱいの家に、一緒に住もうねって約束しているの」
「・・・・ん?ふ~ん・・・??」
木曜日はキャンセルの生徒さんがいるので、この二人を待ち構えてお茶に誘おうと思います。

子ども達が家に帰って、このことをおうちの方にしゃべった場合、こんな世の中ですから、お母様方はやっぱり叱ったりするのだろうか・・・・、ちょこっと不安。
どうしよう。
いいのかな・・・
by youkosodesu | 2008-04-22 12:26

四谷大塚一行問題集の準備お願いします

H君(新小6)です。

先日のメール訂正します。
一行問題第八回の文章題だけ、一問ごとに時間を計り、どれくらいの正解率かを見てみました。

平均して一問一分ちょっとですから、時間については合格です。

20問中4つの間違えがあったのですが、そのひとつは数字の書き写しミスでした。
残り3つの間違えは「表とグラフ」でした。解説はしたものの、ちょっと心配なのでもう一度やりましょう。

出来るものは30~40秒で解いてしまいますが、×はすべて3分近くかかっていました。
当然のことながら、理解度と時間は密接な関係があります。
f0024310_1853668.jpg


今後はご家庭で、以下のところまでをやってください。
①四谷シリーズの基本問題の右半分のページ、
②新演習の基本問題全部、練習問題左半分のページ

「トレーニング」、「一行」、「シリーズ基本左面」をやる時間があればもちろんやるに越したことはありません。
現在の実力が、上記のものと四谷練習問題のちょうど中間レベルなので、中途半端な答え方しかできず、すみません。

ついでですが、学習ご報告も。
暗記カード106枚、
計算を約分を使って解く30問、
方程式を解く48問
口述約数10問
そのほかに上で書いた文章題
以上で120分です。


済み分の回数券をバッグに入れ忘れていましたので、後ほど添付送信します。
by youkosodesu | 2008-04-20 18:51

梶みゆき先生ご覧下さい

2008年2月半ば頃のモッコウバラのアーチ
f0024310_18563728.jpg

2008年4月半ば頃のモッコウバラのアーチ
f0024310_18552524.jpg

バラの大御所、梶みゆき先生の本と首っ引きで育てました。

わずか2ヶ月で、植物はこんなに生長するのですね。
スゴイ・・・
まもなくピエール・ド・ロンサールも開花します。
by youkosodesu | 2008-04-19 14:32 | ●趣味

季節はずれ

クリスマスに間に合わせようと思っていましたが、この時期にようやく出来あがりました。
鉛筆の下書きを消し忘れました。

寒そうな絵ですが、真夏も飾ります。
f0024310_2040077.jpg

ここだけ、作者(古屋加江子先生)の見本文字とは違う「katei Juku」と入れてみました。
f0024310_2043145.jpg

by youkosodesu | 2008-04-18 20:49 | ●趣味

先取り学習  

M君(小6)です。

「中学からは、偏差値70(四谷系)くらいの受験組が入学してくるので、落差がないように」との目的で学習しています。

M君は受験せず、そのまま内部進学するので、四谷シリーズで受験組が学んでいるのと同じやり方で、単元を消化していきますが、もうひとつ、この4月から中学一年生の数学も並行して始めました。

2時間学習の中での約20分間ですから、
入学までに80分(ひと月)×12ヶ月=16時間やるに過ぎません。

この16時間で連立方程式(中2)まで進む予定です。
中1のこの時期の数学は、内容的に難しくはないので、「正確に、早く」に狙いを定めます。

「正負の数」のカッコをはずすところまで来ました。さらっと説明後は、ひたすら80問以上の数をこなしてもらいます。

じ~っと見て、やるそばからすぐ採点します。
その様子は、向かい合って将棋をさしているような感じです。
邪魔にならないように手を伸ばし、相手が答えを記入するのと同時に、こちらも○×を入れます。
「即座に」は、曖昧な記憶が脳に定着する前に、自分の間違いに気づくので、効果があると思います。

次は乗除に行きますが、これは加減よりも楽勝です。
項目を短期間に焦ると、符号がごちゃごちゃになりやすいので、どれも400問ずつやります。ただし先取りの宿題は出しません。

中学生は、どの教科書も練習量が驚くほど少ないです。
だから、ここにいてもらううちに、最終的に5000問を解くことを目指しています。

この生徒が負担なく数学を習得できたら、今後は内部進学組に、どんどん先取りを導入していくつもりです。
by youkosodesu | 2008-04-17 09:10 | M(男の子)

駄菓子屋風

今日から駄菓子屋風に、可愛く並べてみました。
こういうのやってみたかったんです。
みんな(まだ二人ですが)大喜びで選んでくれました。
そういえば、今日初めて「たこせんべい」が一枚売れました。っといってもこれは無料ですが。
一番人気はなんといっても「ペーパーキャンディー」です。

明日の子も喜ぶかなぁ・・・ 
f0024310_2121757.jpg

f0024310_2128733.jpg

by youkosodesu | 2008-04-16 21:29 | ●趣味

合不合予備テスト

Hちゃん(新小6)です。

午前中、四谷の合不合予備テストを受けて、そのあと急いで駆けつけてくれました。

一時からの授業に間に合わせようと、バス停でおにぎり一個しか昼食をとらなかったのだそうです。
「たこせんべい」でも食べてお腹いっぱいにしたら?と言うと「いらない」といいます。
どうも子ども達に、「たこせんべい」は不評のようで、今までの5人の誰も選んでくれません。たて25cm幅13cmくらいの大判せんべいです。
f0024310_2128218.jpg

今日のリクエストは立体の切断です。
オアシスを3個持ってきたので、かつてないデカ版でやることにします。
出来る限りの大きさで立方体を切ります。
一辺7センチのものができました。
今日の授業は3時間ですが、立方体をいくつも作ることに追われて、果たして時間内に終わるのか不安がよぎります。
f0024310_21142144.jpg

受験に出る順、正三角形→正六角形→菱形→台形→五角形とやる予定です。
図を見ながら案内線をいれ、その後サイコロ展開図に線を入れます。
f0024310_2119816.jpg

最後は包丁でカットします。
いつも大胆なHちゃんが、「失敗したらどうしよう」と、包丁を入れるのをためらっていたので、意外な一面を見ました。
余りもので小さいサイコロをつくり、練習してから本番です。

ドキドキしながらやったためか、ためらいがよく現れて、左側の真ん中あたりに段が出来ています。
画像で分かりやすいように、正六角形の案内線を緑で入れました。
f0024310_21181022.jpg

切断のための下線を入れるのに一番苦慮したのが、五角形でした。

展開図に切断線を入れるのは、想像だけではとても無理です。
実習を一度やっておくと、記憶のどこかに必ず残ります。
by youkosodesu | 2008-04-13 21:50 | 立体実習