<   2008年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

水量の変化とグラフ

水量の変化は苦手な生徒が多いです。

グラフと見取り図だけではとてもやりにくいので、見取り図を見ながら、面積図を描きます。

時間の経過と、伴って変化する深さを知るためにグラフが必要ですが、今日の生徒さんには、あっち見て、次にこれ見て時間を確認して記入する、と目を配る順序と、面積図の描き方を徹底的に訓練しました。

そして、チョコチョコと分けて計算をしてしまわずに、式のまま残しておき、最後に一気に約分をして答えを導くように。

こんなとき、約分の威力が発揮されます。
時間短縮と、ミス防止に役立つことが、実感できるでしょう。
f0024310_1643532.jpg

面積図↓
f0024310_16405134.jpg

それから紐結びの展開図記入も。
下のは、立方体の一辺を出す問題です。
f0024310_17273714.jpg

サイコロキャラメルで実習。
式(数字)だけでやっているときの倍速の理解度です。
by youkosodesu | 2008-01-27 16:53

当たった!

I君(小5)です。

今朝電話で受けたご要望箇所は、80%終了しました。

残すところ12ヶ月です。
毎回の学習時間が一時間半では、カード学習は今後出来ないかもしれません。
「立体の切り口」、「立方体展開図11種」の2枚を渡しました。
コピーしてあちこちと貼りつけ、目で覚えるようにしてください。


さて、到着するとどの生徒さんも、駄菓子5個を選ぶのですが、出ました!
よっちゃんイカを買い続けること数年、ようやく当たりくじに出会いました。
あまりにも当たらないため、めったに当たりくじを混ぜていないのかもしれないと諦めていました。↓
f0024310_1074221.jpg

大コーフンしました。

しかしすぐに、こんなことに幸運を使ってしまったI君のことが心配になりました。

受験生の新学年は来月からなので、まぁいいか…幸先良し、とすることにします。

ずっと当たりくじを持っていると、“交換”の気力が萎えるので、早速寒空に行ってきました。
ついでにさいころキャラメルもたくさん買いました。
立方体のいろいろに使用できるので、空き箱をぜひぜひ捨てないでください。
外側もすごく役立つし、中身もおいしいです。
さいころキャラメル万歳!
f0024310_18223939.jpg

空き箱は裏返して問題に利用。
by youkosodesu | 2008-01-25 10:30 | I(男の子)

立体実習 さまざまな切り口 

Fちゃん(小5)です。
早速お母様がオアシスを準備してくれましたので、立体の断面実習をやります。
まずは、立方体をなるべくたくさん取れるような寸法に切り分けました。
f0024310_18163724.jpg

カットしているところ。しかし、“えぐらないようにひとつの面で”というのがとても難しく、Fちゃんはよく工夫して、あちらから、こちらから、と包丁を進めていきました。
f0024310_18174441.jpg

正六角形です。
f0024310_18181635.jpg

正三角形はすごくきれいに出来ました。
f0024310_1833148.jpg

五角形は変わった形です。ひとつだけ通らない面が出来ました。
f0024310_18341038.jpg

今日のポイントは、「辺の数だけ面を通る」です。
そして「えぐる」という単語と行為が結びつきました。

彼女は、残りはつぶして楽しもう、と持って帰りました。

ところで、オアシスでやるのは「私の考案」と、自分では思い込んでいるのですが、もしかして他の誰かもやっているのでしょうか。
19年前は野菜のにんじんでやっていましたが、もったいないのでオアシスを考えついたわけなのですが、誰かやっているかもしれませんね。
by youkosodesu | 2008-01-23 18:30 | 立体実習

時計算難航

Hちゃん(小5)です。
お住まいが遠いので、月に2回だけ来ています。
今日のリクエストはN進法、時計算です。

その前に「小数から分数へ」、「素数で約分する難解な分数」をHちゃんにもやってもらいました。

週当たりに通う回数が多く、在塾歴が長い生徒ほど、早くて正確という結果が早速出ています。
どこで差がつくのかといいますと、
家庭塾では、毎回約数の早出し訓練というのを6個やっているのですが、まだこの訓練をさほど積んでいない生徒との開きは歴然としています。
たくさん練習した生徒は、分子の約数を無意識に分母に当てはめているのです。
つまり、約数の早出しが秘訣なのです。

12とか24みたいな容易なものは、やり始めの生徒にしか出しません。
示す数字は、51,52、57、65、121、169というような、結構難しいものです。
例→51(1,3,17,51) 65(1,5,13,65)のようにやります。

これを一題6~8秒で出来るようになるのです。
中学生になっても忘れないので、訓練の賜物は本人の財産になります。
ここにいてもらう間は、欠かさずにやりたいと思います。
Hちゃんは少なくとも後20回は来られるので、こつこつ続けましょう。

ランチの前にN進法はほぼ済ませました。これはいい調子です。
f0024310_23373123.jpg

ランチメニューは(毎回同じものしか出来なくてごめんね)
①いなり寿司
②サラダ
③ロールキャベツの中華風野菜あんかけ

午後の部の時計算は、4時から5時までに重なる時刻とか、一直線になる時刻、のような基本的なものは心配ないのですが、四谷シリーズの例題の難しさに、難航気味でした。
f0024310_01423.jpg

時間切れで展開図も出来ませんでした。

立体の断面図一覧は、生徒の皆さん全員に配っています。春休みに実習をやりましょう。
by youkosodesu | 2008-01-21 00:13 | H(女の子)

素数で約分してね

H君(小5)です。
「小数から分数へ」はどの子もみんな得意で、難なくさらさらとこなします。
しかし、13,17,19などでしか約分できないような複雑な分数になると、がくっとペースダウン。分母と分子を見ながら左側に約数を書かせ、すぐに約分もしてもらうのですが、
57/95,52/91などの並んでいるプリント一枚(14問)は、すぐにはとても出きません。
「う~ん」とうなっていました。
しかし、3ヵ月後この子達は一問を一秒で出来るようになっていると思います。
f0024310_2341114.jpg

f0024310_2341531.jpg

Fちゃん(小5)です。
約分に悩まされているところです。
f0024310_2343394.jpg

今日のメイン学習はこれ↓
全方位展開図にマークを記入し、どのように見当を付けて解き進めるのか解説しました。
f0024310_081751.jpg

張り切ってFちゃんを見つめています。
f0024310_2345070.jpg

舌をペロッとやっているので、何かもらえると思っているのでしょうか。
f0024310_23453875.jpg

by youkosodesu | 2008-01-20 00:15 | H(男の子)

立体の切り口

あまりの寒さに、自室にコピー機を運んで、問題をコピーをしたり、自分でもやってみたりと、今日は6時間くらい仕事三昧でした。

明日の(もう今日ですが)午前中の生徒さんは、最後の学習なので寂しいです。
新6年生から、毎週土曜日午後、進学塾で新たに講習が始まるそうですが、遠方のため、午前中家庭塾で授業をしていると、塾の午後授業に間に合わないので、単発学習の常連さんから外れることになりました。

19日、下の表(A4)を差し上げますので、クリアケースにいれてあちこちに貼っておいてください。
それから本日の生徒さんには立方体の全方位展開図(日能研の人はやっているはずです)の描き方を教えます。
立体は死角部分を想像でやるしかないので、それが苦手感を持つ理由と思いますが、全方位をやれば楽しく立体学習が出来ること請け合いです。
午前→単発の生徒、 午後→H君、Fちゃん  この3名様、期待していてね。
f0024310_024815.jpg

また、立体の切り口は、どんな風にやっても正五角形はできないので、覚えておくといいですよ。
それから切り口実習をご希望の方は、花屋で売っている「オアシス」という緑のサクサクした直方体をご持参ください。
¥300くらいかな?
by youkosodesu | 2008-01-19 00:45

また勝負のときがやってくる

つい一週間前面談にいらした方(その1)(その2) から、「場合の数」の応援要請がきました。

それに対する私の返答メール↓(日、時間以外は原文のままです)

「承知しました。
ここまでブログのネタにさせていただいて、お引き受けしないわけにはいきません。
○月○日の○時から○時の2時間で「場合の数」を完成させます。

準備に入りますので、どこが苦手か具体的にお知らせ下さい。」

(*注:「準備」とは、偏差値に相応の問題を、解説時間を最小限に抑えて分かるように導くため、難易度にしたがって問題を選び、コピーしておくことです)

しかし、2時間で、
●道順
●順列と組み合わせ
●重複カード
●塗りわけ
の四種類が出来るのだろうか・・・・・

いつも先に豪語して、そしてあたふたする私。
しかし、期日までの何日間かが、一番わくわくと楽しい準備期でもあります。

私は“まだ見ぬ君”に果たして勝てるのか。
by youkosodesu | 2008-01-17 08:28

小数から分数へ

先日の消しゴム景品をくじ引きで決めようと、生徒の前に差し出すと、「あっ、“どら焼き”持ってる、同じだ」と言われました。

どこで買ったの?と聞いたら「クラスの女の子にもらった」というので、「フフ、もてるんだね」と言ったら、烈火のごとく怒られました。

からかっているつもりはないのですが。
どうやら、この年代には、褒めは禁物らしい。

さて、昨日はちょっと暇があったので、カード学習ばかりでは飽きてしまうと思い、こんなものを作りました。
これから順次どの生徒にも、やってもらいます。
この生徒は、54問を85秒で全問正解しています。
明日以降の生徒、この記録を抜かせるかな?
f0024310_095812.jpg
f0024310_0104274.jpg

このほかには
素数でしか約分できない分数(の約分)を練習しました。
例 38/57, 76/95, 26/65 などを28問です。

子どもの力は本当に恐ろしい。
毎回ここで繰り返す(暗記カード学習)だけで、家でまったく練習しないのに、こんなに「早く正確に」覚えてしまうとは。
by youkosodesu | 2008-01-17 00:23

静かなる思春期

すじ女の子は?
反抗期というより思春期かな。
早々と社会化されていく女の子の思春期は、安心してブスッとしているか、無邪気な笑顔を見せていたのが、にわかに、にこやかになることで始まります。

あれ~?この笑顔、どこかで見たような…
思わず、「ダブルバーガー一個、ポテトも付けて」と言いそうになりました。

同じ笑顔でも、その質が変わってくるのです。
しかし、これは入塾時期と、週当たりの通塾回数との関連性が大きいのです。
中学生で入塾し、週一回の子は確実に“マックのお姉さん”になります。
f0024310_23555477.gif

これで論文が書けそうです。
題名は「笑顔の質と通塾回数の相関関係」

(*現在は、中学生からの新規入塾をお受けしていません)
by youkosodesu | 2008-01-16 00:02

吹き荒れる反抗期

毎年この時期になると、あの日あのときのことを思い出す。

当時は中学生もいたので、高校受験の間近になると、年齢的にも反抗期とかぶっているため、一月は苛立ちが頂点に達する。
なぜか、家庭塾は過去男の子が多かったので、その言葉使いの物騒なこと。

すべてのイライラは、一番反抗しやすい先(母親) に向かう。
ある日の某君のつぶやき(というより、ふて腐って撒き散らした言葉)。

「チキショー、ったく、うぜえんだよー、昨日と言ってることがぜんぜん違いやがってよー、テメーの好きにされてたっまかよー」
こわいよー、180cm近く、75キロの彼なので、ここでヤクザがすごんでいる錯覚に陥る。
「ハイ、次回こそ期日までに必ず返済します」と返事したい気分。

最後に彼が一言
「あのやろー、死ね、ぶっ殺す!」

いくら反抗期だって、言っちゃいけないことがあるぞぅ、ここまで言わせて、黙っているのかワタシ。

さぁ、今度は私の番。チ~~ン←戦いのゴング(仏壇に拝んでいるのではありません)
「あのねぇ、言葉には言霊があるんだよ。これでもし、お母さんが明日交通事故で死んじゃったら、あなたは自分の言葉に苦しんで生きていくことになると思うけど、いいの?それで」

2秒ほど押し黙る彼。


「じゃあ半殺しだ」

そうきたか。
いくら数学塾(算数塾)だからって、二分の一に減らせばいいってモノではない。

しかしこのこたえに、思わずニヤッとなった私の負け。

こんな風に、昔は(反抗のエネルギーの受け手になるという意味で)体力勝負の部分も大きかったのですが、今は全員が小学生なので、静かに時が流れている感じです。
みなさん大変お上品。

だけど、この男の子たちも、いつか変貌してしまうの?
by youkosodesu | 2008-01-15 12:31 | ●私の方針