<   2007年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

毎回が判定テストです

Fちゃん(小5)です。
f0024310_18295419.jpgf0024310_18304542.jpg









水曜日のFちゃんは、たいてい学校帰りで制服姿なので、前回の写真を掲載します。
学習メニューです。
①暗記カード 数に関するもの、単位に関するもの、
漢字を30分
②進学塾のテキストの整数の性質、最小公倍数、最大公約数、約数など

Fちゃんはタイルを縦横に並べる公倍数の問題のところで、思いっきり嫌な顔になっていました。「あたしこれ嫌い」といったので、負けじと「あたしも」と答え、それについてはさらっと流して黙々と2ページを解きました。

「問題文を読めば、3秒以内に“解ける”問題かどうかが分かるから」
「分からないところはすぐに聞いてね。説明したいから。私に説明やらして」
とあくまでも自分中心。
「この解説は果たして採用してもらえるのか」といつも判定員である生徒を前にドキドキです。

きょとんとしたり、目が宙を泳いでぼ~っとしていると「あ~、ダメだったんだわこの解説じゃ」となって、「ゴメンね、次なる手を考えさせてね」となります。

“生徒に教える”なんてとんでもない。学習時間はいつも“教え方の判定テスト”を受けているようなものです。

私の授業
by youkosodesu | 2007-05-30 19:00 | F(女の子)

デビ夫人から電話?

大御所A現る。
中2Aちゃんが久しぶりに定期テスト対策のため、やってきました。
「6時からのはずなのに来ないなー、もう6時半だわ」と思っていると、電話が・・・
デビ夫人ソックリの話し口調の、成城マダムのご祖母様からでした。
「すごく疲れていて、今やっと出たところなんですの。無事に着くといいんですが」
Aちゃんの家からは自転車で10分ほどで到着するのですが・・・
f0024310_2035749.jpg

開口一番Aちゃんは「センセー、あたしサー、何点とれる?」と聞いてきました。
「し、しらないよー(久しぶりに会ったのに) 、そんなの」とたじたじしていると、「お腹すいたー」という呟きが聞こえたため、¥300のディナーが登場しました。実は昼のランチパーティーの品々です。
「うわーおいしい」と焼きそば、高野豆腐、サラダ、野沢菜漬物を食べてくれたのでよかったわ。
思えば、Aちゃんが登場してくれたおかげで、このブログはとても楽しいものになりました。
元気いっぱいすぎて、振り回されっぱなしでしたが、いつも楽しそうに生きています。
若いっていいなー!Aちゃん万歳。

小6の1月
もうすぐ中学生
お餅が火事に
一緒に大戸屋へ
宙に浮くみかん
by youkosodesu | 2007-05-29 20:33 | A(女の子)

ブログご出演お礼会その5

ブログ登場のお礼会は一巡し、これが最後になりました。
今回は知り合い同士のお二人が一緒のため、量がいつもよりちょっと多目です。

稲荷寿司を先頭に時計回りで、焼きそば、持ってきてくださったケーキ、スイカ、海老のにんにく炒め、イタリアンサラダ、高野豆腐の煮物、ごぼうとふきと牛肉の煮物
以上です。
f0024310_15443589.jpg

3時間でお開きとなりました。

ブログ掲載を許可してくださった方々、また来年のバラの季節になったら、お礼会にご招待しますね。料理のレパートリーが少ないので、同じメニューになると思いますが。
by youkosodesu | 2007-05-29 15:54 | ●料理

夏期講習締め切りました

夏期講習のお申し込みありがとうございました。

まだ若干枠残っていますが、これから面談予定の方が少しいますので、その方々の為に残しておく都合上、これで締め切らせていただきます。

こんな小規模すぎる塾の心意気を感じてくださり、「待っていたぞ」とすぐにお申し込みをしてくださった方、「帰国後にわが子を通わせたいから」と、英国から予約を入れてくださった方、うれしい気持ちでいっぱいです。

“楽しく気楽にやっても、学力は伸ばすことが出来る”ということを立証したい、そんな思いで、あらゆる手を使って、子どもたちを甦らせようと日夜戦っております。

本当にありがとうございました。5月26日
by youkosodesu | 2007-05-26 16:03 | ●私の方針

きれいになった

夏期講習の前に、クーラーの掃除屋さんに来てもらいました。
f0024310_1831186.jpg

買ってから4年経ちますが、一度も洗浄したことはありません。
f0024310_18303492.jpg

この部屋では、学習時以外はほとんどクーラーは使わないし、冬場はガスストーブなので、まさかこんなに汚れた水が出るとは思っていませんでした。
f0024310_18321030.jpg

このコーヒー色が汚れ液です。こんなすごい色でも「お宅はそんなに汚れていないほう」といっていました。へ~。

これで、きれいなところで勉強が出来ます。
by youkosodesu | 2007-05-25 18:36 | ●趣味

出来るようになってきた

J君(小6)です。
わーい、もうすぐ「比」のところ一冊全部終わりそうです。
この子はいけるな、と判断したらひたすら競争で問題を解きます。(ここは三回目なので)
勿論手抜きはなしです。毎回勝って、高笑いをし、J君に悔しい思いをしてもらいます。
今回は手始めに29問をやり、そのうちJ君の正解数は19問だろうと予測をたてました。制限時間は20分です。
その結果、J君は18分で25問出来ました。なかなかのものです。だんだん出来る様になってきたことと、何よりも「楽しかったー、もっとやれるよ」と言ってくれるので、この先が明るいとおもいます。
出来なかった4問は、線分図がかけないことが原因ですから、書き方の訓練を兼ねた解説をした後、同じ問題に挑戦しました。

脳が、“自分なりのやり方”を記憶してしまっているので、ちょっと間をおくと、元の間違ったやり方に必ず戻ります。およそ4~5回目で直っていきますから、根気良く繰り返して、脳に“正しいやり方”を叩き込みましょう。

J君は進学塾には行っていないので、たった一人で受験に立ち向かっている為、周りが見えず、この上なく孤独です。夏休みには「せんせーと一緒に理科やりたいな・・」と言ってますけど、いいですか?ダメ?

帰るとき、「じゃね」といったら、J君も「じゃね」と返してきたのでなんだか友達化してきたようです。


線分図↓の書き方の練習。 比を揃える問題が苦手です。
f0024310_2262732.jpg

by youkosodesu | 2007-05-24 22:17 | J(男の子)

指示語の探し方

Gちゃん(小3)です。
四谷大塚国語シリーズ第6回。「指示語を正しく読み取ろう」のところです。
四谷の教え方は非常に的を射ています。
指示語が出てきたら、だいたいその前のほうを探せば出てくるよ、なんていう大雑把な説明ではありません。
①指示語のすぐ後にくっついている単語または文に注目。
②前のほうにそのような単語が出てきている場所は無いかを探す。
③いくつかその箇所を探したら、①の単語を問いかける文を自分で作って、それに答えているような内容を選ぶ。
というように、実に具体的に指示してくれます。

次は本文です。ひまわりは、芽生えからつぼみが開き始めるまでの間は、太陽の方向と共に向きを変えますが、その仕組みについて語っています。まったく「理科」でした。

算数のほうがずっと好きなGちゃんですから、毎回「国語を始めるよ」というとげんなりして、今日の学校での出来事を語り始めたりして、何とか時間を遅らせる努力をします。
しかし、夏休みいっぱいでシリーズ上巻を終わらせなければならないので、「はい、はい、やりましょ」となります。つぶらな瞳のお母様のお顔もちらついて、何とかしなければと、生徒さんとお母様の板ばさみになって苦しんでおります。

f0024310_21392617.jpg

by youkosodesu | 2007-05-24 21:41 | G(女の子)

とうとうばれてしまったのね         

突然のピンポ~ン、外へ出てみると
「あのー、すぐ近所のものですが、知り合いに『ネットに載っている塾と同じ外観の家が近くにある』と聞いたものですから・・」
困った、いつも“オンボロ好き”なので、穴があったら入りたい気分。
う~ん・・・とうとうばれてしまったか・・・。
f0024310_204289.jpg

そしてもっと驚くことが。この幼児は10ヶ月ほど前に、下はオムツ、上はパジャマで、泣きながら道路をはだしで縦断していた子ではないか。きっと昼寝から起きて、ママが見当たらないので、外に出てしまったのだ、と直感し、泣き叫ぶこの幼児を引き連れて、一軒一軒「この子はどこの子か知りませんか」と尋ね歩いたのは、何を隠そうこの私だったのだ。
縁はどこに転がっているか分かりません。
こんなところで再会を果たすとは。
f0024310_8401954.gif

by youkosodesu | 2007-05-23 20:10 | ●私の方針

初デコパージュ(5月23日水曜日)

リサイクルショップで漬物用のホウロウ容器を¥500で購入。
しかし、ここにべっとりと張り付いている「漬物・・・」という強力シールを剥がすのがすごく大変でした。
f0024310_7391958.jpg

デコパージュの先生のお宅で。
切り抜いた絵をのりで貼り付けて、保護剤を塗る。
f0024310_740318.jpg

だいたい出来上がり。
f0024310_7422494.jpg

つや消しのスプレーニスを吹き付けたので、ピカピカ感は取れました。
f0024310_7552519.jpg

この状態でこうして置いても「なんだろう・・・?」という感じですから、蓋を取り、中に花を飾ります。しかしデコパージュは外気で劣化するのが早いそうです。
後ろは「バレリーナ」というバラです。今年はたくさん花を付けています。
f0024310_82093.jpg

by youkosodesu | 2007-05-23 08:10 | ●趣味

写真なし(5月21日月曜日)

J君(小6)です。
前回「速さと比」のステップ1~ステップ3まで宿題に出しておきました。

以下は前回の宿題指示直後の会話です。
私「全部で29問あるから、多分正解は13問くらいだよ
(約45%)」
J「えーっ、ひどいよ、半分もいかないなんて」
私「あのねぇ、みんなそんなもんなの。ちょろっと説明して、どんどん解けてしまったら塾はいらないよ、ヒヒ、絶対に予測は当たるからね」

さて結果はいかに。
J「大変だー。正解数は11問だった」
私「あはは~。でしょ、でしょーー」と自分の予測が当たったことに大いに喜ぶ。

私 「今から間違えたところの反復を始めます」
「よーい、どんね、勝ったらわたしに教えさしてもらうね」
しかし今度は私が試される番に。というのは、J君やや目が宙を泳いでいます。

J君の場合「間違える」ということは、そのときの問題に対して「これは、このやり方で解くのだな」という解法の分別が出来ない状態を指すので、一問ずつの解説はそれなりに理解してしまいます。
J「だからーー、それは分かるんだってば。どういうときにその解き方にするとか、それが分かりにくいときがあるんだよー」
私「どうもすいません、私はこうやってそれを見つけてるけど」

そして今日は18問終わったところで時間切れとなりました。
宿題をたくさん出そうと思ったら「やだ!」と威勢よく断られました。
「もし気が向いたらこことこれやってね」とあくまでも低姿勢で頼んでおいたので、多分J君は全部やってくるでしょう。
by youkosodesu | 2007-05-20 23:33 | J(男の子)