カテゴリ:中学生版・数学習( 13 )

募集します

数学習 中1代数予習ご希望者を募ります。

昨年度までは、卒塾生を対象に2月、3月までの8回程度通ってもらい、集中的に先取りを行っていました。
中学生版数学習「中1代数」は作っていなかったため、ご家庭での宿題は、自分で好きなテキストを購入して、似通ったところを復習としてやってもらっていました。

しかし、押さえたい部分が手薄になっていたり、スモールステップになっていなかったので、宿題にはさほど重きを置いていませんでした。

とにかくココに来てやろう!のようなやり方です。
だから、学校が忙しくなった時点で、うやむやにならざるを得ませんでした。

そこで、本年度から中学生版数学習を作り、練習は家で、確認は家庭塾で、にしました。
さらに、幅広い学年の小学生にも対応できるように、スモールステップを意識して作りました。

中1代数計算は、方程式にたどり着くまでに細かくいろいろあるので、中1全項目を完璧にするためには、すごく順調に進んだとしても5000問、なかなか時間内合格しない場合なら17000問。

この問題量を、嫌がらずに挑むようにさせるために、1課題はほとんど20問としました。
これくらいの量なら集中力は続きます。

この20問を利用して、「時間内に入る」「全問正解」を名目に、繰り返さざるを得ない状況を人為的に作り出し、緻密さや正確さ、無駄のない視点移動を身に付けるのです。
大きな目的は、「符号を瞬時に判断する」です。

ですから、数そのものの扱いは、ここではカンタンなものにしています。

申し込み時点で、計算力がなくても構いません。
しかし、まったくないのではご本人も辛いと思うので、そのあたりは各ご家庭でご判断ください。

既に当塾では、夢子ちゃん(小3)、斗真君の弟(小5)が名乗りをあげてくれました。

1.現在小学3年生以上(小6受験生を除く)

2.終了までに、6回から8回程度狛江市まで通うことが可能な人

3.私立生でも公立生でも可

4.仕上げまでに、次の進行速度で課題に取り組める人

小6→1ヶ月で平均3~4課題をクリアする程度の進行速度
小5→1ヶ月で平均2課題をクリアする程度の進行速度
小4、小3→1ヶ月で平均1~1.5課題をクリアする程度の進行速度

教材は、15項目37課題でできています。
そのうちの29課題が20問で作られており、残りは30問(3課題)→10問(4課題)→12問(1課題)と続きます。

1課題を合格するまでの練習枚数は、計算速度がとても速いお子さんで3枚、遅いお子さんでは50枚程度です。
スタート時点では、平均して制限時間の20倍くらい掛かりますがめげないでください。
毎日繰り返していると、昨日より今日、今日より明日、と確実にスピードがついてきます。

毎日1課題を3枚程度、ストップウォッチを見ながら自分で計測して練習します。
カリキュラムは、正負の数から方程式の計算まででいったん終了とします。

その後に続く方程式文章題は、単元別に毎回対面指導となるため、代数計算部門終了者に、改めてご希望を募ります。

流れ
①初回学習(母子可)対面指導後、8課題をHWとして渡します。
②HWが時間クリア出来た時点で連絡をください。
③来塾日時を決め、目前でテストをしてもらいます。
④合格した課題を次の課題に差し替えを行います。その際に、次回分のやり方指導を行います。

以上を繰り返します。
初回は親御様のみにやり方指導、2回目以降ご本人登場、でもよいです。

下記の1~3を明記の上、「中学代数問い合わせ○○(ご自身のお名前)」の件名でご連絡をお願いします。

追って当方の地図入りのご案内書をご郵送します。
事前面談(無料40分)もご利用いただけます。毎週水木の午前中に行っています。

1、ご住所と郵便番号
2、郵便のあて先となるお名前
3、お子様の学年

費用
入塾金 1万円(ご兄弟姉妹有効)
授業料 1授業4千円(80分間)or5千円(110分間)その都度お支払いください。
教材費・冷暖房費 不要
終了まで概ね3万円程度ですが、期間はさまざまです。
先払いではありません。その都度お支払いください。

一対一という性質上、ご連絡日に応じたキャンセル料金も発生します。
(一日前までは8割ご返金、当日キャンセルは半額ご返金します)

関連記事→「中1代数 通信制 断念」  「そろそろ一般募集?」

by youkosodesu | 2017-05-20 19:47 | 中学生版・数学習

中間テスト対策

2017年 5月19日 金曜日 晴れ

ピーチちゃん(中1)です。
f0024310_21464682.jpg
どの中学も、いっせいに中間テストの時期を迎えました。

ピーチちゃんは、学校帰りに制服姿で寄ってくれました。
登山でも、こんなに重いリュックは背負わないだろう、と言うほどの大量の教科書類です。

今回のテストは5科目で、テスト内容をそれぞれ「理科はこれ、社会はこれ・・・」のように見せてくれました。
いやはや、内容が濃くて、これをそれぞれ気合を入れて勉強しなければならないのは、気の毒としか言いようがありません。

ですから忙しくて、最近の代数・数学習は方程式直前でストップがかかっています。
というか正直に言うと、数学習への熱意は、№10をきっかけに下がってきていると感じています。
一度辛口毒舌コメントを出したからかなぁ・・・
ゴメンネ。

今日はテスト範囲全部をチェックします。

見ているのもつまらないので、必ず一緒に競争します。

う~む、ムムム

ピーチちゃんは符号のミスをしています。
それも、ここは符号ミス発生注意!のような決まったところで。

どんなに計算力があっても、途中一箇所でも符号ミスをすれば、答がまるっきり違ってくるので、符号を瞬時に正しく判断することは重要です。

これが、中1代数の目的を「符号の判断」に絞った理由です。

理系に力を入れている中学のプライドにかけたレベルを出題してくると予測されますが、それでも定期テスト程度の計算問題だと、ミスをするのは決まった箇所です。

一緒にやっているわたしも、ミスしやすい符号箇所が来ると、いまだにマイナスを濃く二重に(行ったり来たり往復)書く、のような習慣が抜けません。

目立つように濃くしたいから、無意識にギュッと往復書きするクセがついているのです。
すると、見直しをするときも、そこを見ればよいので楽です。

そしてもうひとつ。
ギュッと濃く書いたとたん、さぁこれからミス多発地区へ突入だ、と五感が反射的に身構えるのが分かります。

内容が難しいから正解できないのとは違い、うっかりミスはもったいないの極みです。

次回から、「利き手は鉛筆を持って式を書く」、「もう一方は、人差し指で式を追いかける」をやってみようかな。

いつも応援ありがとうございます!

by youkosodesu | 2017-05-19 08:58 | 中学生版・数学習

中1代数 通信制 断念

2017年 5月10日 水曜日 小雨

次々訪れる中1数学習生徒ですが、私の率直な感想は「中学生版・数学習代数は、通信に向いていない」。

予習して初めて活きるため、比較的短期で仕上げる必要があったことも原因のひとつです。

各人にまとまった量の宿題を渡して、解説を見ながら自学形式でやってもらっていました。

すると厳しい制限時間に何とか入ろうとすれば、早く書くのではなく、途中式を省略する方向に行きます。
しかも自分の(勝手な)独特なやり方で省略するから、あちこちにミスも出ます。

そして、こちらに来たときには、すっかりその間違ったクセが身についてしまって訂正が大変です。

やっぱり、初期指導は対面指導に限るのだと思い知りました。
「口うるさく」
「しつこく」
「裏技的なコツを伝える」
これって、実はすごく役に立っていることがわかり、改めてびっくりしました。

だから、対面指導ができない通信部門は断念します。
といっても、誰からの申込みもないんですけどね。

小学生版の数学習同様、課題が達成した時点で連絡をもらい、チェック後、差し替え分を対面指導し、次につなげるやりかたです。

例えば、合格確認後に進むことができる四則混合など、関所のようなチェック箇所が何箇所かあります。

区切り毎にどれくらいの期間を要するかは個人によりますが、費用に差は発生しません。

仕上がりまでに少なくとも10ヶ月以上費やすことができて、さらに家庭塾でチェックを受けられる生徒さんを対象にします。

こちらの生徒さんから「制限時間が短すぎる、ムリ」のようなご意見を頂戴している課題もあり、現在は制限時間の調整を行っています。

こうして少しずつ枠組みもしっかりしてきました。

はっきり決まった時点で、幅広い学年に向けて「中学生版・数学習代数」 募集をします。
参考に昔の記事をお目通しください。
8ヶ月間で2600問の代数予習に通った小6→

いつも応援ありがとうございます!


by youkosodesu | 2017-05-10 08:46 | 中学生版・数学習

ダントツ 1位の座

2017年 5月3日 水曜日 晴れ

ぺこちゃん(中1)です。1ヶ月ぶりです。
先回反抗期は終了か、のように書きましたが、ぜんぜんそんなことはありませんでした。
わたしと話をする時には普通なのに、お母様のほうに向き直ったとたん、声も低く、無愛想になります。
ぺこちゃん、ママがかわいそうだよ。いいかげんにせんかい!
(只今食事時間です)
f0024310_15004068.jpg
反抗しながらもママの適切な助言に従い、課題は着々と進んでいました。

学校では、代数はダントツで1位です。

しかもみんなをぐーんと引き離しての1位なので、周りはもうビックリ。
「公文習っているの?」
「じゃ、そろばん?」
と驚かれているようで、それを聞くとわたしもすごくうれしくなります。

ぺこちゃんが中学生版数学習を開始したのは1月末ですから、約3ヶ月でダントツ1位の座を獲得しました。

しかし、なかなか通過できずに1課題に20枚以上掛かったものもあるそうなので、陰の努力があってこそなのです。

ところがところが、今日のテストの合格は、まさかの2課題。

お母様いわく、「先生の書いたブログを見ていると、中学生はみーんな一発合格とはならず、苦戦しているのだと分かり、自分の子だけではないと安心します」

そうですよ。
みーんなそうです。
だからめげている場合じゃない。
緻密に、正確に、高速で、を培おう!

折角ですから、合格分の差し替えは行いました。

いよいよ最大の山、方程式にちょっとだけ入りました。グループごとに8段階作りました。
X-8=2のような平易なものから、↓の写真のようなものまでを、1グループ20から30問を作っています。
f0024310_14542893.jpg
いつも応援ありがとうございます!


by youkosodesu | 2017-05-03 15:10 | 中学生版・数学習

中学代数初回指導

2017年 4月30日  日曜日 晴れ

ねこちゃん(中1)です。
卒塾お食事会にも都合でお母様だけいらしたので、かれこれ3ヶ月ぶりに姿を見せました。

その間、こちらの事情もあり、中学代数の予習に来ることはできませんでした。
結局互いの予定が合わず、直接指導を省略して通信添削と同様に課題だけ送信したのが、3月22日でした。
あれから約40日たちました。

今後、遠い方の通信も考えて、解説書に目を通しながらひとりで進めていく場合、どのようになるのか大変関心がありました。
中1代数は、どの場所よりも一段とひとりで学習が可能な範囲ですが、その分いくらでも緩やかになりがちです。

上位に喰い込むようにするには、ひとえに自分と戦えるのかの意気込みに掛かっています。

出した課題は
1.正負の数の足し算引き算
2.〃カッコ付の足し算引き算
3.掛け算
4.指数計算
5.割り算
(いずれも、1枚あたり20問で作られています)

じゃぁ、ねこちゃん始めましょう。
f0024310_10185216.jpg
ところが1枚目、一番簡単なところから、びしっと決まりません。
時間内に入れば1問ミスするし、ミスがなければ時間オーバー。
--と+-の場合に混乱が見られます。
自分でもどこが弱いのか気づき始めました。

わたしはこの課題で、計算力を問うているのではなく、瞬間的に正しく符号を捉える訓練をしているので、数字はとても単純なものに統一しています。

ですから対面指導で、加減(+-)に手間取る生徒はいませんでした。
やっぱり初回は来て貰い、小うるさく注意事項を伝えるべきだったのか・・・

完璧になるまで繰り返せば、時間内にすべてのチェックを終了し、第一のヤマ、四則混合計算には進めないだろう。

はい、残念でした。
ハイ、又残念、もう一度ね。

柔らかな対応ではありますが、やっている内容が激鬼なので、ねこちゃんがめげてしまうのは時間の問題です。

しかし、ねこちゃんは普通に付いて来ました。
淡々と。

結局、加減はカッコを外すことを含めて300問に及びました。

その後は巻き返すかのごとく、掛け算割り算はすいすいクリアしました。
こっちのほうがよっぽど楽、と本人は言っています。

そんなわけで、時間内に四則の裏技を伝えることが出来てよかったです。

ねこちゃんは集中力と根性で、460問の代数計算をやり終えて帰りました。

いつも応援ありがとうございます!


by youkosodesu | 2017-04-30 18:21 | 中学生版・数学習

そろそろ一般募集?

2017年  4月22日 土曜日 雲り

中学生版 (数学習)代数は、先日「ちゃんと練習してから申し込んでね。そうでないと、一課題も合格できず、その結果差し替えもできず、単に無駄足に過ぎない」と伝えたとたん、ぴたっと誰からも申込みがなくなりました。

制限時間が「ありえない」のか、全問正解という縛りがきつすぎるのか。
しかし、たったの20問。注意力を持続できなくてどうする。

制限時間は必ず自分でやって決めるのですが、脳卒中を起こすと思われるほど全速力でやっているので、倒れそうになります。
その後いつも吐きそうになるから、私、もしかして呼吸を止めてやってる?

いくら年齢を経たとはいえ、まだまだ生徒に勝てるのか。
そうかぁ、厳しすぎかも、と昨日は制限をプラス20秒にしてみました。
開店休業状態を脱するには、甘くすればよし!

いやぁ、いやいや、やっぱりそれは違う。
それでは上位5%以内には入れないのだ。

わたしは、この20問のあっさりした課題を利用して、「時間内に入る」「全問正解」を名目に、繰り返さざるを得ない状況を人為的に作り出し、緻密さや正確さ、無駄のない視点移動を身に付けて欲しいのだ。

卒塾生5人のだれかぁーー申し込むのだ!!

まてよ、そろそろ一般募集を開始すると言う手もあるね。
そうだ、この案を詰めよう。
f0024310_14232678.png
現在、日夜方程式を作っています。

ここは中一最大のヤマなので、種類別にたくさん作りました。

問題を作るのは大変ではないのですが、ワードは本当にやりにくいので、そこに時間を取られます。

筆記体のエックスがやっと出せるようになったのが、なんとおとといのことです。
それから、全部のエックスをやり直しました。

残すは、方程式文章題です。もうこうなったら、手書きをスキャンするしかありません。

単元別に100作る予定です。

いつも応援ありがとうございます!


by youkosodesu | 2017-04-22 15:01 | 中学生版・数学習

ピーチちゃん、文字式で停滞する

2017年 4月10日 月曜日 晴れ

ピーチちゃん(中1)です。
前回来てから、ちょうど1週間経ちました
f0024310_17282391.jpg
このところ、ピーチちゃんに追い上げられて、煽られ気味に課題の作成に勤しみました。
もしピーチちゃんの存在が無かったら、きっと、ゆるゆるのんびりしていたと思います。

ところが今日・・・

初めてチェックに引っかかったのは、「文字の式」のところです。
簡単に言うと、方程式文章題に進む準備として作った、短い文章を文字の式にする課題です。

速くて時間も余ってしまうのですが、1枚20問がなかなかバシッと決まりません。

「時間を計っているのがストレスとなり、ついミスしてしまう」のではありません。
見ていれば、それは分かります。

「×と÷は省略できても、+と-は省けない」「数字を最優先し、次にアルファベット順にする」をあるときは覚えていたかと思うと、再びぽっかり抜けたりを繰り返すのです。各回同じところを交代で間違えます。

1問でも合わないと全部やり直しなので、結局合格するまでに4周(80問)を要しました。

そして、試しにやってみた文字式の第二課題はもっと間違えていましたので、いったん打ち切り、それをよけて差し替え課題の解説に入りました。

既に中学生活が始まっていて、これからはどんどん忙しくなるから、次は5月の連休のころを目安に合格するように練習してきてください。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


by youkosodesu | 2017-04-10 17:07 | 中学生版・数学習

1枚も合格せずに帰る

2017年 4月8日 土曜日 小雨

剛君(中1)です。

昨日「代数チェックお願いします」のご連絡があったので、早速来ていただきましたが・・・

いままで上手く行っていた正負の数ですが、分数があちこち入る割り算で暗礁に乗り上げました。
掛ける記号を書かずに、中黒点にして時間短縮を図るなど助言しましたが、剛君は、(自分にとって)スムーズに進行しないと、とたんにあくびしたり眠そうにウトウトするのですぐに分かります。

私「ちょっとぉ、これ何枚くらい練習してきたの?」
剛「うーん・・・3枚くらいかな」
私「何だって? 3枚だって? 確認だけど30枚の間違いじゃないんだよね。困るよそれ。家で時間内に入ったから、お母さまからご連絡があったとばかり思っていたけど、ぜんぜん程遠いじゃん」
f0024310_11550016.jpg
そうして繰り返す事140問。
最後は合格タイムの3秒差まで近づくことができましたが、心を鬼にしてオマケは無し、さようなら~。

今度から、練習後時間内に入ったらお母様に告げるようにしてよね。
チェックだから授業時間も短く、金額も安くなってはいるけど、それにしてもここを練習の場にするのではもったいない。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


by youkosodesu | 2017-04-08 12:02 | 中学生版・数学習

次はGウィークね

2017年 4月4日 火曜日  晴れ

ぺこちゃん(新中1)です。

中学生版・数学習は、出した課題が全部合格しました。
次なる課題送信内容は、「式を文字に表わす」ところです。

①ygのx%
②a円で仕入れた品物に、x%の利益を見込んだときの定価
こういう問題が全部で20×2あります。
どの子も、具体数ならできるのに、文字になったとたんガクッとできなくなるため、この課題を作りました。

遠方のぺこ家は、「たまにしか来られないから、いっそ午前午後通し授業を申し込む」ことが多いのですが、受験が終わった今それをやると、長すぎて本人がうんざり顔なので、極力短めで完結することに努めます。
余った時間は、自由が丘に寄ってスイーツ食べてください。

今日はママ同席授業です。
f0024310_12105909.jpg
体力がまだまだのぺこちゃんは、長すぎる通塾時間がたたってか、「疲れた。ちょっと休憩したい」と頻繁に申し出ます。

片道3時間半を考慮すると、休憩を許可するしかなく、それをじっと見ているわたしも手持ち無沙汰なので、受験が終わった今回からお母様に同席を願いました。

ぺこちゃん休憩時は、ママに向かって授業をします。
すると、この課題の指導ポイントをくどくど伝えられるため、ママが家で指導する時にすごく役立つのです。

受験の一時期は、ママがいるとうっとおしそうでしたが、気分が軽やかになったせいか、今日のところは全く普通でしたし、絡む場面も激減。

やっぱりここ2年は、ストレスでいっぱいだったんですね。

次は5月のゴールデンウィークの頃。

この代数予習は、前倒しで行ってこそ真価を発揮するので、なんとしても夏までに終了しなくては、と慌てています。
混乱をきたしてしまった新中2が、復習のためにやっても、おそらくその速度にまったく付いて来られないでしょう。

新小6の皆様、もう少しで完成するのでお待ちください。

今日はこれから、分数の文字式を作成します。
こちらも、もっと速度を上げて課題作成に勤しみます。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


by youkosodesu | 2017-04-04 12:02 | 中学生版・数学習

迫り来る恐怖のピーチ

2017年 3月27日 月曜日 小雨

ピーチちゃん(新中1)です。
中学生版数学習の2回目です。

1回目に450問の練習課題をこなし、ステップ6まで合格。
本日はステップ7と、第一の山場であるステップ8の四則混合計算に進むことになりました。

さしものピーチちゃんもこの四則は歯が立たないらしく、なかなか合格しません。
あーよかった!
というのは、なんだかんだ更新で忙しくするあまり、教材作りが疎かになってしまったので、まだステップ10なんです。

まさしく自転車操業です。
自転車で怪我して、自転車操業。(座布団2枚!)

宿題は「8-(1)四則」、「8-(2)四則」、「8-(3)指数入り四則」、「9-(1)乗除符号を略す」の4課題です。

本日の練習量は350問でした。
練習個数を数えているところ↓
f0024310_18270596.jpg
出来次第すぐに連絡してください。

時間短縮でよければ、どこかにちょこっと入っていただきます。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


by youkosodesu | 2017-03-27 09:10 | 中学生版・数学習