カテゴリ:千早ちゃん( 4 )

図形比

2017年 6月4日 日曜日 晴れ

千早ちゃん(小6)です。
f0024310_21111189.jpg
今日でわずか5回目ですが、相当算、速さの差集め算、年齢算、損益算が終了。
損益算は2回に分けて、かなり突っ込んで行いました。

今から、売買損益の定着度を確認します。

おぉ!!
難問(2問)がスラスラと正解するではありませんか。
やったーっ!
よかったぁ。

今まで千早ちゃんは、随分不便な思いをしてきたに違いありません。
どこが分からないのだろう・・・
どこで詰まっているのか、自分にも分からない
やる気があるのに・・・もどかしい。

そこで全国の塾先生の皆様に提言。
売買損益算は、ぜひとも視覚化してください。
面積図はいいよォ~♪
千早ちゃんも、自分のかいた面積図をちらちら見て、求める場所を確認しつつ解いていましたよ。

さぁて、今日は図形比に進むかな。
一回完結でいきましょう。

チェバとメネラウスの定理でまとめるか、図形の天秤を使うか、混乱が無いようにどちらか一方に統一します。

図形の天秤は、共通比を作るひと手間があるものの、どの子にも取っ付きがよいです。
たいていの子が「わー、楽しい」と大喜びします。

しかし考えた末、定理で攻めることにします。
定理というと一見難しげですが、何のことはない、カンタンなルールを覚えるだけのことです。

すべての辺の比が短時間で出せれば、それに伴って面積比も出せるので、この上なく便利です。

両者の混乱を防ぐため、チェバなら、そればかり15問を立て続けにやります。
間髪いれずにやり続けることがコツです。
テンポが出てきたら、定着してきた証です。

その後はメネラウスにうつります。
「図形にキツネ顔を発見したら、そこに鼻とヒゲ、目を描き入れなさい」と指示します。
一瞬、「えっ!?ハハハ」という表情をしましたが、こちらの真剣な顔つきに黙りました。
f0024310_08275582.jpg
面白く和ませたいわけではなく、両者の使いこなしが、小学生にとっては混乱しやすいため、それが怖いので区別を印象に残したいからです。

その後の千早ちゃんは快進撃でした。

たった110分間で、さっきとは違う人物になって帰りました。

わたしは、なんだかとても良いことをした気持ちになって、うれしくなりました。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2017-06-04 21:05 | 千早ちゃん

時間切れで帰る

2017年 5月20日 土曜日 晴れ

千早ちゃん(小6)です。
f0024310_21435955.jpg
今日、損益算をやろうか迷いました。
どうしようか。
途中で時間切れになると、厄介なことになる。
記憶を塗り替えるためには、中途半端がもっとも良くないのだ。

しかし学習時間などの条件はいつも同じだから、ま、やってみよう。

さぁ、千早ちゃん、今まで塾でやっていたやり方で、この8問を解いてみて。

線分図など一切書かず、式だけで進めていますが、様子を見ていると、危なっかしい様子は全く感じられません。
しっかり分かった上でやっていることが、よくわかります。
具体的に言うと、「今この式は、ここの部分を出しているんだな」が、頭で追いかけられている状態です。
いったい、これのどこが苦手なのだろう。

どうするかなぁ・・・・・

ここまできちんと理解している子に、いまさらやり方を変える必要はあるのだろうか。

じゃぁ今度はこの問題を。
ここから問題は大問ひとつに対して(1)、(2)、(3)と小問に分かれ始めます。

千早ちゃんは、式を書いて少し考えて消しました。そして空中で目を泳がせると、また同じ行為を繰り返し、結局最後に全部消して一言「分かりません」になりました。

そうかぁ。
文章が複雑化してきたら、始めは求めたいものに向かっていくはずの計算式でしたが、今どこの何を計算しているのか、目指すものが行方不明になっちゃった。

さぁ発動だ。時間に猶予はありません。

簡単な問題を使って、面積図でのやり方を教えます。
図の描き方に慣れたら、すぐに難しい問題をやります。

そして、どこを聞かれているのか一目で分かる面積図の利便性を伝えて、その後相当算を使いこなして答えまで一気に進みます。
こんなときが来るだろうと、千早ちゃんには1回目の授業から相当算をやっておいたのです。

繰り返し解かせて、定着するように必ず発表もしてもらいますが、残念なことに時間切れとなりました。

うわぁ、100個仕入れて、腐った15個を捨てる問題までたどり着かないよー

難問を少なくてもあと5問やらないと、自在に使いこなせる段階ではありません。
こういうときが一番困ります。
間隔を置いたら、もとの解き方に戻ってしまうかも。

宿題を20問出しましたので、今日教えたやり方でやってもらい、途中経過をお母様から報告していただくことになりました。

長く感じる110分間ですが、受験生だとあっという間です。

いつも応援ありがとうございます!

by youkosodesu | 2017-05-20 21:29 | 千早ちゃん

次々苦手単元が消えてゆく

2017年 5月13日 土曜日 小雨

千早ちゃん(小6)です。
鉛筆を指し棒代わりにどんどん解説を始めます。
f0024310_09510677.png
今まで2回授業を終了しましたが、着々と苦手単元をつぶしています。

初回→①倍数算と年齢算を比例式で解くやり方、②移項の考え方を使わずに方程式を解くやり方(これは、今後全体量の分からないニュートン算で活躍します)

2回目→①速さの差集め算、②分数乗除の練習課題合格、③年齢算と倍数算の確認テスト、④割合問題を相当算たすき掛けで解くやり方

次の単元リクエストをたずねたら、図形比、立体の切り口を展開図に記入する、場合の数色の塗り分けの難しい版という答が返ってきました。

前回学習した速さが「とても楽しかった&必ず正解する」ので、自宅でも同じような問題を探して勉強しています、というメールをお母様から頂きました。
根雪部分が溶けてよかった!
「返す返すも、もっと早くお願いしていれば」というお言葉に、こちらのやる気も倍増です。

次に何をやろうかな、と考えながら段取りをする時が一番楽しいです。
分かったときに、どんな顔をするかな。

いつも応援ありがとうございます!

by youkosodesu | 2017-05-13 09:41 | 千早ちゃん

千早ちゃん小6

2017年 4月29日 土曜日 晴れ&雨

千早ちゃん(小6)です。
残る8ヶ月で合格するには、どのように進めるべきか考えました。

あれこれ苦手単元のリクエストはあるみたいですが、その前に、事前にぜひともやっておかなければならいことを優先します。
今後、頻繁に使うものだけに絞ります。

1.逆算がすらすら出るような練習のしかたを教える
2.こちらでは、割り算筆算は場所を取るので、すべて分数の形にして約分処理で済ませているため、分数乗除の効率的なやり方を教える
3.相当算たすき掛けのやり方を使って割合問題を解く練習
4.式を展開する練習
5.移項の考え方を使わないで、方程式を解く練習
6.比例式で割合問題を解く練習

千早ちゃんは初めて私と会ったので、とても緊張していることが分かりました。
分かっていても、時間の関係もありこちらはその事は受け流して、ひたすら順番に従って問題に当たるしかなく、どんどんやっていきます。

すると、次第に室内は学校化してきて、緊張は収まりました。
学校では、一対一であろうとも、教えている先生に対していつまでも緊張し続けている生徒はいないので。

単元が正解したりしなかったりの場合には、次のようにします。
絶え間なく手が動くように「正解できる程度の」問題を大量にやらせます。
中途半端な量だと、今までのやり方がよみがえってしまい、かえって混乱するのです。

今日の学習内容は、何もかも、比例式で解く割合の文章題のために準備したものです。
あっけなく「できた!」にするために。
逆算も、たすき掛けも、展開も。

先に何をやらせるか、すごく重要です。
その手順を考えるのが、私の大きな仕事です。
f0024310_20400998.jpg
いつも応援ありがとうございます!


by youkosodesu | 2017-04-29 20:46 | 千早ちゃん