カテゴリ:2016 数学習( 15 )

数学習 お申し込み多数御礼

2016年 12月1日 木曜日 曇りから晴れへ

数学習(小2・男児)に申し込まれたお母様です。
f0024310_1181436.jpg

数学習は、規定時間内に入るまで、少量(15問~30問/1枚)を一日に2,3枚練習することや、掛け算九九の「読む」を、一日にひとつの段を十回など、細かくやり方が決まっています。

小2ですから、九九はちょうど学校でやっていて、楽しく取り組んでいるとのことです。
でも、どうやら「早く言うのが良い」と思っているらしくて、大急ぎの早口で、何を言っているのか聞き取れないと仰っています。
ところが、あちこち決まった場所の間違いがあり、そのたびに言い直しています。

あーー、これはダメですね。
九九は「90%出来る」はないですから。
90%はほとんどよい、あと少し、とは全く意味が違います。

その曖昧さを仕切り直す意味でも、とにかく読む、読む、読む。
ぼく知ってるもん、出来るもん、と言い張って読むことを嫌がるかもしれませんが、時間当てのゲーム形式で気を逸らして読ませてください。

言い間違いした後の訂正を何度も繰り返していると、そのうち脳の誤作動が始まります。

ためしに、大人も今日から毎日10回ずつ「しちろく48」と言った後、「あっ、42だ」。と言い直してみてください。ひと月待たずに、あれ!?どちだったっけが始まります。

掛け算九九は、逆から正確に言えることもとても大事です。

割り算筆算の商がすぐに立たない原因のひとつに、九九の逆の仕上がりが完璧ではなく「何とか考え考え言える」に留まっていることが挙げられます。

ともかく、小学生時代の算数の出だし「10になる組み合わせ」「九九」を120%にしておけば、第一段階はOK。

最近は、数学習のお申し込みが多いですが、女児は、既にいる生徒さんたった一人です。
男児ばかりとは、不思議現象です。


クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2016-12-01 11:11 | 2016 数学習

平行四辺形の性質

2016年  11月26日 土曜日 晴れ

バル君(小2)です。
驚いてひっくり返りそうになったため、ご本人の写真を撮り忘れて、「驚きの対象物」を写してしまいました。
それがこれです。
f0024310_20402025.png



家庭塾では、暗記カード(ご購入は自由意志)10枚ワンセットですべて正解したときには100ポイント進呈することにしています。

たいてい、やりやすい簡単なものばかり先に持ってきてしまうので、後半からみんなへたばってしまい、うやむやになる子が圧倒的ですが、なんと!みんなが最も嫌がるもののひとつ、「図形の性質」を選んだではありませんか。
バル君が初めてです。

そして他の課題チェックもすべて合格。

「決まったこと」を次々片付けることに達成感を持つ、という世の中の親御さんにとっては喉から手が出るような性格です。

例えば問題集を1冊提示して、10日でこれを仕上げようね、のように言うと、もくもくと取り組み、終わったときに、やったぁ~♪と、そのことを喜べるのです。
その間、イヤイヤやっている様子も、手抜きもなし。 
ちゃんとやる=うれしい
ブラボー!!

こういう性格なので、課題がスモールステップになっていれば、どの科目も苦労なく学年を超えられるということです。

お母様は、受験することをはっきりと決めていらっしゃるので、こちらもそれに合わせてせっせと課題を送信することにしますが、関所があるため、どんなに急いでいる人でも、やっぱり全6回にはなってしまうので、そこのところすみません。


クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2016-11-26 20:18 | 2016 数学習

数学習 2回目の小3

2016年 11月23日  水曜日  曇り

ミニクロード君(小3)です。
f0024310_1912411.jpg

都合で10月には予定が入れられず、結局今日でおよそ90日も経過してしまいました。
おかげで、課題は全部合格しました。

逆算→OK
素数→OK
九九の逆→OK
線分図の書き方の練習→OK
真ん中ゼロ引き算→OK
単位→OK
引き算プリント→OK
と、チェックは順調に進みました。

残り3回で終了予定です。
次回までの新しい課題は、
1.割る数、割られる数とも小数点のつく、割り算筆算の小数点の移動と余りの小数点の位置
2、相当算たすき掛けの練習
3、四捨五入の練習
他いつも通り、
4、割り算のプリント
5、素数
6、逆算
7、単位
と続きます。
しかし、お母様は「自分はフルタイム勤務なので、無理は出来ないし、しません。家庭のペースに合わせてやるしかないです。」と仰っており、年末年始のあわただしい時期と重なるため、次回も約90日後の予定です。
では来年の2月頃に。


クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2016-11-23 19:16 | 2016 数学習

数学習 初めての小2

2016年  11月20日 日曜日 晴れ

小2(名前は未定)です。
今日初めての授業です。

ママだけでいらっしゃったのが10月20日です。
あれからまだ1ヶ月しか経過していないので、2年生ではすごく早いほうです。
いえいえ、実はママからSOSのメールが入ったのです。

ママ)「だめで~す! SOS! 本人クイズごっこでもしている気分で、大喜びで毎回走り回って全く言うことを聞きません。数学習どころではありません。」

予測するに、風呂からあがった3歳児が、洋服を着せようと追いかけても、かえって遊んでいると勘違いして喜んで逃げまくる、の図でしょうか。

私)「じゃぁ、1回こちらに連れてきてもらえますか? 一度やれば、何のために毎日学習しているのか目的がはっきり分かるから、取り組み方が違ってくると思うのですが。」

これを読んでいる皆様から、「何もそんな状態に陥っている子にやらせることはないのでは。
少なくとも、何をやっているか通じるようになってからでも遅くはないと思う。」という怒号が聞こえてきそうです。
その通り。
だから、ふざけるのが止まらないなら、時期をずらせることを提案しようとおもいます。

写真にはひとりで写っていますが、周りはぐるりと母、姉が心配そうに見守っています。
ご本人は緊張のため、始めは声も出ない様子でした。
f0024310_197340.jpg

さぁ、やるよ。

素数は全部覚えています、合格!
逆算は・・・まだまだだね。ちょっとお姉ちゃん、こっちへ来てお手本を示してね。
わかったかな?このくらいのテンポね。

「10から引く」は合格しましたし、「足して10」は意外にもあと2,3秒で合格するところまでこぎつけているではありませんか。

掛け算九九は、学校と時期が重なったこともあり、なかなかいい調子だね。

逆に、1ヶ月間「ふざけながら」よくぞここまでの成果をだしたと感心してしまいました。

家庭塾では、課題に合格するとポイント付与があるので、なんだかそれに釣られた感もありますが、とにかくやれそうです。

この1ヶ月は、単に、ママが毎日自分だけ専門に見てくれることが、うれしくて仕方がないのでは、という気がします。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2016-11-20 19:15 | 2016 数学習

バル君(小2)初登場!

2016年 11月3日 木曜日 晴れ

バル君(小2)初登場。
f0024310_18213148.jpg

私が目指していた「反射的に答を書く」を具現化してくれました。

もちろん、今までバル君は学校の宿題だけやっていたわけではなく、お母様の段取りでしっかり家庭学習をこなしていました。

そのお母様曰く、「スタート課題の、10のまとまりが息子にとっていちばんきつかった。」

今までのTOPは小5の22秒でしたが、バル君は25秒でクリアしました。(制限時間は30秒)
(小5で数学習に来ていたわけではなく、記録を更新したい!と自発的にチャレンジした結果です。)

これが完璧になれば、12引く7や、64引く8のような引き算は、学校のようにさくらんぼ算でやる必要はありません。

「7の補数は3、その3と引かれる数の一の位である2を足して5」のようにやれば、高速でできます。
後半は「8の補数は2、その2と引かれる数の一の位である4を足して6、十の位もひとつ繰り下げて答えは56」です。

「補数探し」と「一桁+一桁」がタッグを組めばは、「引き算」より受け入れやすい上、スピードもアップします。

高速が良いと言うよりも、高速でできるということは、負担がないことの証と私は捉えています。

どの子も出だし課題には手こずり、学年が小さいことや、それまで全く家庭学習をしていなかった場合は、80枚を要することも珍しくありません。

しかし10の組み合わせ(2と8、4と6など)を覚えることは、学年や考える力とは関係が無いので、小1から完璧に覚えて、それを瞬時に吐き出せるように練習しておいたほうが、後々都合がよいことに保護者の皆様はお気づきだと思います。

数学習を進めていくうちに、厳しい時間制限を課した「10のまとまり」をスタート教材に据えた理由が、時を待たずして分かっていただけます。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2016-11-03 10:30 | 2016 数学習

数学習お母様1回目

2016年 10月20日 木曜日 晴れ

初めての数学習のお母様(小2)です。
第一回はお母様おひとりなので、平日の午前中に来ていただきました。
ノートパソコンご持参。
目の前のテキスト5年生用は、教材例としてお見せしたものです。
f0024310_15321830.jpg

母)仕事が忙しく、当時は息子も小さかったため、上の子が低学年の時に基本的なことを十分に見てあげられなかったことが心残り。

忙しすぎて、算数が手薄になっていることにすら気づかなかった。
小3でそのことに気づいてから手を打ち、その状態が解消されるまでに余計な年月を費やしてしまったので、下の息子は早めに準備したいと思った。
そして、一対一を条件にさがした結果、家庭塾を見つけた。

私)そうでしたか。
今も超ご多忙なのですね。
一日にどれくらい数学習を担えますか。

母)1回5分がせいぜいです。

私)では一日に朝5分、夜5分お願いします。

決して、「ママはすぐそばでにんじん切っているから、○○君はひとりでこれやっちゃいなさいね。」はだめですよ。横について計測してください。

なぜかって?
それは、ママが見ているほうが、俄然やる気が出るし、一人でヨーイ、ドンなんて30秒以内になるまで練習したってつまらないですよ。いったい何の修行?になってしまいますから。

母)分かりました。
息子は小2だし、急ぎません。
普通どおりのペースで進みたいと思います。

私)最近は終了までに、目標4~5ヶ月の方が圧倒的に多かったのですが、そういうことでしたら、次回までは①から⑧を課題とし、来訪予定日を11月末といたします。

いい忘れましたが、途中経過のご報告を少なくとも1回はしてください。
その時に計測時間の記録も合わせてお知らせください。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2016-10-20 15:41 | 2016 数学習

西島ヘラクレス君

2016年 10月16日 日曜日 曇り

数学習の西島ヘラクレス君(小3)です。
f0024310_2082592.jpg

今年の冬休みから進学塾に入る予定なので、課題をどんどんやってもらっています。

ところが課題がたくさんのため、チェック事項も多くなり、80分でも足りずに、最後の相当算たすき掛けの解説が少なめになってしまったのが、気になるところです。
スマホで撮りましたが、ちょっとでも分からなかったらすぐに聞いてください。
ここ大事!

5,6年受験生と学ぶうちにその重要度にいっそう気づき、小3から始めることにしました。
ヘラクレス君が、あゆみちゃんに次ぐ第二号です。
これは思考ではなく訓練なので、今からやっても問題はありません。

さて、今日の授業模様の学習ご報告をそのまま貼り付けます。

やったこと
1.口述方程式→何度か言い直している場面がありました。テンポ良く言えるまで継続してください。「早く言う」のではありません。訂正なく最後まで言い終わるように練習してください。
2.素数→OK
3.単位→間違えたものだけ、家中に10箇所貼り付けてください。追って(2)(3)を送ります
4.結合の法則→OK 次回までに、途中式を完成するところまでやって下さい。
5.四則の鍵印→OK いったん終了。
6.⑭→合格終了
7.⑮→合格終了
8.⑯→合格終了
9.⑰→合格終了
10.⑱→合格終了
11.小数から分数→合格しましたが、毎日5個続けてください。
12.線分図→合格終了

今回お送りする課題です。
1.⑲割り切れる割り算筆算(下に途中経過を書かず暗算で処理する練習)(1)→(2)→(3)この順に。
2.⑳余りのある割り算筆算(〃)(1)→(2)→(3)→(4)この順に。
3.㉕分数から小数へ(1)→(2)順不同
4.㉖累乗(平方数)丸暗記(1)→(2)やりやすいほうからで可。
5.相当算たすき掛け
6.単位(2)(3)この順に。

現在の募集枠はこちらです。→

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2016-10-16 20:19 | 2016 数学習

小3男児続々

2016年 9月12日 月曜 晴れ

バージル君(小3・仮名)です。
f0024310_17475491.jpg

この5月にお母様とは一回目の授業が済んでいましたが、あれから4ヶ月間掛かってしまいました。
1ヶ月に1回程度進捗状況を知らせていただきますが、出だしは良かったのです。

ところが・・・
この分でいくとそろそろ達成か、と思っていたら、次に送られてきた時間の推移表を見て「あー、もうあきあきしているんだな。」と感じました。
タイムの乱高下=集中度合いの乱高下、なのです。

追いかけるように、お母様からこんなメールが。
ご指摘の通り、中だるみや、飽きている様子は何となく感じられます。これをクリアするとどうなるの??というのもあると思います。後略

これを受け、一回はクリアしているのなら、折を見て来ていただこう、そのほうが本人に目的がはっきり分かり、その後は今までとは違う気持ちで取り組めるはず、と思ったのです。

そして今日、バージル君はお母様とやってきました。

その夜のメールです。
本日お邪魔して先生の所でテストをした事で、今までやっていた課題が、ようやくどこに繋がっていくのか理解できたようです。
点と点がつながったかのようでした。
また、合格したことで「やればできるんだ。」と達成感を味わえ、とても良い経験をさせて頂きました。
本人、ご褒美の件もあり「次も頑張ろう!!」と闘志を燃やしてお りました。

第一回のお母様だけの授業模様はこちら→


クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2016-09-12 17:34 | 2016 数学習

バル君は未登場

2016年 9月8日 木曜日  小雨時々曇り

随分前に数学習を申し込んでくださいましたが、こちらの事情で延期になり、結局今日が1回目となりました。

第一回は、平日午前に来ることができるお母様おひとりです。
f0024310_8313749.jpg

お母様が家庭塾を見つけてくださったいきさつです。

息子のバル(小2 仮名)は、本人の性格を考えても、短期決戦が向いていると判断し、入塾を小5の直前に定めることにした。

しかしただ漫然と小3、小4を過ごしていたのでは、スタート時に他の生徒に大きく遅れをとるのは目に見えている。

自分(母)が見てあげられる科目は出来るだけ協力するが、要の算数は補強手段をあれこれ模索していた。

パズル的な図形に特化した塾や、右脳開発のようなものではなく、中学受験に100%連動する内容をやってくれるところはないものだろうか・・・

そんな折、「個人塾」でヒットしたのが家庭塾だった。

時折掲載写真に写りこんでいる数学習のプリントに目を凝らすと、その内容があまりにも単純であっさりしているので、これは自分でも出来るかもとおもったが、ブログを読み進めるうちに、どうやらこの進め方こそにメソッドがあるらしいことがわかり、先生に託したい気持ちがわいてきた。

お母様は、家庭学習にかかわることは全く苦にならず、それどころか楽しいとおっしゃっています。
暗記カードも早速ラミネート加工して、見た目もきれいに仕上げたそうです。

さらに、「バルがやりやすいように、準備するのが楽しみ」とおっしゃっているので、掛け算九九カード作りや逆算の表作りも、さっさとご自分で仕上げてしまいそうな気配を感じます。

そこで、「どんなに拙い仕上がりでも、自分でやらせましょう。
自分で作ったものには愛着が湧くはずです。」と一言。

お母様は、「きれいに作ってあげたかったのに」と、とても残念そうでした。

さいごにすべての皆様へ、まとめです。
本人の創意工夫や思考の入る余地がない単純作業(数学習や計算練習)を、しかも一回ごとに計測するので集中力が必要なものを、第三者(親や先生)が指導を取り仕切る場合、ほどほどの時間で切り上げるほうが効果大です。

「ほどほど」は各人によって受け取り方が曖昧なので、学年にゼロをつけた時間と思ってください。
1年生は10分、2年生は20分、3年生は30分です。


クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2016-09-08 08:46 | 2016 数学習

嗚呼、帰ってきたのね夢子ちゃん

2016年 9月1日 木曜日 晴れ

数学習クラスの夢子ちゃん(小2)です。
f0024310_9484588.jpg

最終来塾日は去年の12月末です。

数学習の始めの説明会(面談)のとき、どなたにも
「実際にやってみたら、私には毎日の指導は無理ということが分かった」または「うちの子には合っていない、続かない」と思ったときには、次回の予約日を入れなければ自動的にうやむやになるので、それで構いません。
とお伝えしています。

と思っていたら、この7月に夢子家から久々にご連絡がありました。
随分長く空いてしまったのは、課題が出来ていなかったからではなく、お母様の事情により、家庭塾までの送迎が出来なかったからでした。

余りのでる割り算は、ご家庭では口頭で練習しています。
例えば
37÷6=6・・・1
70÷8=8・・・6
の答部分を口頭で述べるのですが、これをクリアするには、九九の相手探しと、一桁の引き算を3秒以内で処理する必要があります。

繰り返しが多いと、答えを数字列として暗記することもありますが、余りが入ったとたん、配置を丸暗記することは困難になりますので、夢子ちゃんはすごい速さで必死に取り組んでいました。大人もかないません。

練習の賜物です。
7歳すごい!!

といってもこれが目的ではなく、これを使いつつまだまだ先のことをやります。
先が楽なように、基本はへたばるほど厳しいので、そこのところが申し訳ないです。

しかし、あとが楽勝。


クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2016-09-01 21:25 | 2016 数学習