カテゴリ:●家族( 40 )

呼び出し

ある朝、娘から
「お母さん、大変。カードで電車に乗って目的地に着いたものの、カードの残額は端数しかなく、おまけに財布には百数十円しかないから来て。用事が済み次第、現金でいける距離だけ狛江方面に戻るから。」というわけで明治神宮前まで出向きました。

ついでなので、自然食の店「HANADA ROSSO」(はなだ ろっそ)でランチもしました。
肉を使わないハンバーグ。
f0024310_13254256.jpg

豆腐で作ったチーズケーキ風。
f0024310_13255971.jpg

甜菜糖を煮詰めたガムシロップと、豆乳を添えたオーガニックのアイスコーヒー。
f0024310_13261287.jpg

全部で2000円(一人前で)ちょっとでした。

帰りは娘と伊勢丹まで足を伸ばし、ぐるぐるぐるぐる・・・・・

昔は味気ないと思っていたコレールの食器ですが、軽い上場所もとらないので、最近急に欲しくなりました。
しかし、有名デパート3店はどこも「カタログでの取り寄せ」になり、残念。
by youkosodesu | 2010-09-04 13:35 | ●家族

娘のパン

パン教室に10回通った成果を見せてもらいましょう。
f0024310_959653.jpg

昼1回目は丸いパン。
2回目はゴマ食パンです。
3回目がこれ↑

一日のうちに、3回も作りました。
8時間くらいパンにかかわっていました。

しかし、出来上がったものはちっとも味がしません。
砂糖、塩など書かれている分量どおりに入れましたが。
ほとんど無味の、「やわらかな食感の食べ物」です。

でも噛み締めると、昔食べた食パンの味を思い出しました。
そういえばあの頃は、ビニールに入れて外に出しっぱなしにすると程なく青かびがはえて来ました。
今はこのシーズンにもかかわらず、袋の中で蒸れた状態で放置しても、何日もかびがはえないパンがあるのにはビックリします。

そういう意味では、この手作りパンは貴重です。せっせと2センチ厚に切って、冷凍保存をしました。
by youkosodesu | 2010-07-31 10:16 | ●家族

今日のパーティー

長女のボーイフレンドが本日のお客様です。
彼は新潟出身なので、お爺君の転勤で一年ほど住んだことがある私とは、繁華街のことで盛り上がりました。

たこ焼きパーティーをやります。
f0024310_19423775.jpg

f0024310_1941961.jpg

きのう買ったばかりのたこ焼き器です。
f0024310_1945039.jpg

くるっとひっくり返すのも、なかなか上手です。
味もとてもよかったです。
f0024310_19453720.jpg

クックパッドを参考に、たこ焼きのたれを作りました。
蜂蜜
ケチャップ
ウスターソース
オイスターソース
を混ぜます。
ベースになるタネの分量をきちんと守ったのと、山芋の効果で、たぶん上手にひっくり返せないだろうと思っていたのが、思いのほか玄人はだしに出来て、一同大満足でした。

たこ焼き器は2千円台でした。
今は、安くて便利なものがいろいろありますね。

相当熟練した頃の出来栄えです。
f0024310_23205827.jpg

by youkosodesu | 2010-05-07 20:03 | ●家族

やっと晴れ

予定が流れてしまったガーデンパーティーを催しました。
この日は親類の集まりでした。
今日の為に日夜掃除に励みました。
一年分のいらないものを捨て、整理の末ようやく見るに耐える庭が完成。
上手い具合に接合道路がカーブしているため、道行く人からはまったく見えません。
さらにこの勢いに乗じて、めったに起こらない掃除熱も再燃し、網戸洗い、クロゼットドアや壁紙を拭く、洋服ダンス整理と10日間やり続けました。
極めつけは玄関床を洗ったことです。靴裏の泥汚れのため真っ黒で暗かったのが、空間全体が明るくなりました。
誰かを呼ぶのは、掃除のためにはいい事です。
f0024310_23291642.jpg

いつも出すものは決まっています。
フキと牛肉と椎茸の煮物、海鮮サラダ、高野豆腐の素揚げとおくらの煮物、お寿司、
それにタイ料理の差し入れです。
私以外のみんなは、じゃんじゃんビールを飲んでいます。
す、すごい・・・
私も、試しにアルコール0%を飲んでみます。
f0024310_2335125.jpg

春は意外に天気も不安定で、堪能しないうちに梅雨に入ってしまいますので、大急ぎでお茶会をやろうと思います。
by youkosodesu | 2010-05-01 00:12 | ●家族

また叱られるか!?

今週から塾生お母様の、毎年恒例6月面談がスタートします。

一番目のお母様はこの方です。

背景が怪しく白抜きです。後方に写っている資料棚の整理整頓が悪く、隠そうと思ったらこんなに汚くなってしまいました。
f0024310_20512682.jpg

テーブル真ん中のクッキーは、私の姉に「お母様方に、紅茶とともに出すお菓子を作って」と頼んだものです。
火曜日にどっさりもらったのに、もうこれだけになってしまいました。↓
(実は2袋食べてしまいました)

袋や品名シール、キュッとひねる針金など、売っている商品と(味も含めて)何ら遜色がありません。
f0024310_2059242.jpg

しかし姉はいまだに(10年以上も)ケーキ教室に通う“習う専門”の生徒です。
「ひとたび仕事になったとたんに、楽しみが半減するから、厚意で作っているだけでよい」と言っています。

写った写真を見てぎょっとなり、今慌てています。黒いクッキーのシールが逆さまです。ということは逆さまに置いた?

ど、どうしよう・・・

姉「アンタのやること(写真の撮り方)はいつも汚い。みっともない。テーブル上のおしぼりもまるで台拭きのようだ。写真に写らないようにするか、買い替えなさい」

私「い、いいのよッ!インフルエンザ予防のために、おしぼりはよく洗って“チン”しているんだから。すごく清潔よ!」

姉「そういう問題じゃないわよ。見た目って大切なのよ。非常識で汚らしい先生だと思われるわよ」
どんどんエスカレートする姉妹の言い合い。

じゃ、気を取り直して早速追加頼みま~~す♪
まず、写真の白いクッキーね。卵黄は塗らないでね。
それからフルーツケーキと、“彩果の宝石”風のゼリーも。

皆様のお口に入るように、今後は自分のお口には入れないようにします・・・
出来るかな??
by youkosodesu | 2009-06-04 21:41 | ●家族

感想です

2009.1.17 土曜日
姉と恵比寿に出掛けた折、手土産にともらったものです。
ケーキ教室に通っているので、「いろいろな作品を誰かに味見してもらいたい」そうです。

まるで売り物にも出来るような外見です。
ぜんぜん出来ない私からすると、すごい!の一言です。

大きさの参考にと、マジックインキを目前に置いてみました。
f0024310_141572.jpg

じゃ、感想言うわよ~。
左端の“キャラメルなんとか”↓
はキャラメル部分がもう少し乾いた感じで、パキッと割れるような食感のほうが好きだな~・・・、これでは歯で噛み切るのが大変です。
印象は「甘く、ぬが~っとした何か」という感じです。
それともこれはこういうものなの?
f0024310_1445876.jpg

真ん中列のフルーツゼリーは買ったものと遜色ないくらいの出来で、甘さといい丁度良いです。
『彩果の宝石』という有名なゼリーそっくりの味です。

右端のクッキーは、普通においしいです。
きっとこんな感想じゃダメなんだろうな・・・

陳腐な褒め言葉ですみません。

では結論。
ゼリーが一番おいしかったです。
f0024310_132122100.jpg

大きさは3×3です。
by youkosodesu | 2009-01-17 14:25 | ●家族

娘の作品

自然志向のカフェに飾っておくには
もってこいの絵が完成しました。
f0024310_13353562.jpg


私が気に入っているのはこれです。
金属の質感がよく出ています。
鉛筆デッサンを和紙にプリントしました。
f0024310_1341084.jpg


絵の台座は、ダンボールをカットしたものを使います。
f0024310_13361022.jpg


油絵のキャンバスを裏返して使用し、ナチュラルっぽい額としました。
はじめ裏返しと分からなかったので、へ~、と思いました。
キャンバスは500円くらいだそうです。
f0024310_1337739.jpg

周りの木の部分は、コーヒー抽出後の出がらしを繰り返し擦りつけて、色を付けるとともに、木部の風合いを消さないようにしています。
だからこの絵からよい香りがします。

手作りが好きな方のヒントになると思って載せました。



ご連絡:こちらからメール送信すると、2~3時間の間をおいて、同じものが2通届くという変なことがおこっています。こちらは一通だけ送信しているので、気になさらないようにお願いします。
by youkosodesu | 2008-11-15 13:54 | ●家族

珍しい

2008.9.27
一番目の生徒さんが帰った後、トントンと遠慮がちにノックしてお爺君が入ってきた。
「いつもこっそり駄菓子を食べてゴメンネ。これで今までの分をチャラにして」と言って、これを置いていった。
f0024310_1659323.jpg

珍しい・・・・(このお菓子のことではありません)

私が食べよう、パクパクパク。
帰っちゃったさっきの生徒さん、ごめんなさい。
ひと足違いでした。
by youkosodesu | 2008-09-27 17:04 | ●家族

新婚一年目に

2008.9.17

昼食をちょっと凝って作ってみました。

トマト3個
赤ワイン
バジルペースト
ブロッコリー
冷凍海鮮ミックス少量(えび、いか、ホタテ)
スモークチキン少々
にんにく

水をいれずに全部煮る。
最後にオリーブオイルでにんにくをいためて、ゆでた麺とトマトソースを混ぜる。
f0024310_12184945.jpg

おいしー!
料理はレパートリーも無く、関心も薄いのですが、味はいたって普通です。
「得意でない=まずい、下手」 ではありません。

しかしお爺君は結婚一年目の会社の健康診断で、なんと“栄養失調”の診断を下されました。

一人暮らしが長かったせいか、いわゆる定食屋風のものはよく食べますが、家庭料理などは、あまり食が進まないようです。
栄養失調の診断に、こちらはが~んとなりましたが、本人が誰かれとなく本気で得意満面に語るので、とても気が楽になった記憶があります。

駄菓子はこっそり食べているようですが、現在も栄養は失調気味です。
by youkosodesu | 2008-09-17 12:36 | ●家族

過保護

学校の休み時間になると、長女のことが気になってフェンス越しに覗きに行ったことしばしば。
f0024310_933330.jpg

働いていなかったから時間がありすぎて、気にしなくてもいいことまで気になってしまったという訳ではありません。
むしろその逆。
気になりすぎて働くどころではない、といったほうがぐっと近い気がします。

乳児の頃は、ゲップを十分にさせても、飲んだ母乳を噴水のように吐くので、医学書を読み漁り、小児科の先生を前に「幽門狭窄症ではないでしょうか」なんて質問して、ものすごくヒンシュクを買ってしまったこともありました。
専門家を前にそんなことを言うなんて、まったく赤面の至り・・・

年月が経った今も変らず、よそのお子さんにも心配性で過保護な対応から抜け出せないでいます。外見とはまったく似つかわしくありません。

ですから、「うちの子は活発だし、言うことを聞かないので、びしびしやってください、何なら一発ぶん殴ってもいいから厳しい指導を」というお母様は、当てが外れるので、お申し込みは避けたほうが無難です。

相当な元気者もいないわけではなかったけれど、何でもいったん受け入れて、静かに対応していると、たった一人で反発したり騒いでも張り合いがないのか、段々とお互いの空気が混ざり合って「濃度一定」になります。

超元気者も一度静かな人格を見せると、その後騒ぐことは「駄菓子で当たりくじを引いたとき」くらいかな。
by youkosodesu | 2008-08-07 10:12 | ●家族