カテゴリ:ピーチちゃん( 17 )

期末対策に来る

2017年 11月19日 日曜日 晴れ

ピーチちゃん(中1)です。
f0024310_23160597.jpg
一学期は、数学の先生の授業の進め方とこだわりにビックリして、合わせていくことに必死でした。

先生の採点は減点方式なので、ほんの些細な書き漏らしや、先生独自のやり方を踏襲していない失点が重なると、ギョッとするほどの痛い結果になり、本人のみならず、数学は得意の子だから、たぶん上位だろうと踏んでいた私も驚きました。

二学期は幾何の授業だけに絞られており、つい最近図形の証明問題に入りました。
証明に関しての先生は、意外にも普通のやり方でしたので、ちょっと安心しました。

証明は、「型」に沿って書くやり方に慣れれば毎度同じで、そう手が掛からばないのですが、まだ学び始めの段階では、ピーチちゃんはその「型」に慣れておらず、じーっと考えていました。

ぼーっとしているわけではなく、じーっと考えているので、「もっと早くやりなさい」ということはできませんし、本人が教えてと言っていないのに、思考を遮るように口を挟むのをとても嫌がるので、今日のところは問題数は捗らず。
ママ、ごめんなさい。

次回は速度を出す練習をする予定です。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2017-11-19 23:29 | ピーチちゃん

ストローアート

2017年 10月15日 日曜日 雨

ピーチちゃん(中1)です。
f0024310_21014679.jpg
最近は、中学生専門塾かと思うほど中学生ラッシュです。
どの中学も、定期テストがまもなく始まります。
全校、作図が範囲となっています。

●角の二等分線を引く
●円の中心を見つける
●点Pから線分ABへ垂線をおろす
●線分ABの垂直二等分線を引く
●60度、45度、75度の三角形を書く
●点Pを通って直線ℓに平行な直線を引く

決まって同じようなものばかりですが、そんな中、ピーチちゃんの数学の先生は、すごく高度な問題を作るのか好きなので、気が抜けません。

月に一度の顔見せですから、お母様には、学力アップに直結する気が利いたことをお伝えしたいのですが、ピーチちゃんは間違えることなく、ひとりでどんどん解き進めていくため、問題点を見つけることはできませんでした。

わたしへの質問は・・・13問中1回でした。

ほとんど役立っているとは思えないわたしの存在ですが、おそらくお母様は「現在の学力状況を、第三者から聞いておきたい」のでしょう。

ところで、先日のわたしからのずうずうしいお願いを聞いてくださり、お父様が作ってきてくださいました。
ストローの芸術。
左側はプテラノドン、右側はさそり。別にあと二匹(金魚・海老)あり。
これは、夏休みの提出課題にすごくいいですね。今まで見たことありませんでした。
f0024310_20580190.jpg
クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2017-10-15 21:23 | ピーチちゃん

図々しいお願い

2017年 9月18日 月曜日 晴れ

ピーチちゃん(中1)です。

今日は作図をやりました。
数学に力を入れている学校では、難しい問題を好んで出題する傾向があるので、毎年この時期にはこれをやっています。

1、角度を作る。 30度、45度、60度。
2、円に内接する正三角形、正方形、正五角形、正六角形、正八角形をかく。

この中の正五角形は、再びかけと言われても、複雑すぎてまず無理です。
こうなったら試験の前日に3回ほど繰り返すしかありません。

時間の関係で出来なかったのは40度、50度、105度、135度です。
コンパスと定規だけで角度を作る問題は、必ず定期テストに出題されるから、練習しておいてください。

ところで今日ピーチちゃんは、すごいものを持ってきてくれました。
曲がるストローで作った甘海老(作・父)です。
f0024310_20321344.jpg
腹部分に、ちょうど曲がる部分のジャバラが利用されています。
器用なお父様です。

パパはこのごろこれに熱中し過ぎて、自分のほうを向いてくれなくなった、とこぼしていましたよ。

えーーっと、大変言いにくいのですが、あのぅ、あのぅ、もうひとつください。
すみません、欲しいです。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ

by youkosodesu | 2017-09-18 21:31 | ピーチちゃん

二学期分の予習を。

2017年 7月30日 日曜日  曇りのち晴れ

ピーチちゃん(中1)です。
二学期から幾何が始まるので、できる限り予習することにします。
f0024310_20115677.jpg
教科書の解説をしながら進めるのでは間延びしてしまうため、どんどん問題集をやっていきましょう。

数研出版のテキスト(発展)は、私立学校のほとんどが使用する教科書で、なかなかレベルの高い問題が掲載されています。

午前午後通し授業なので、いつもより多い92問終わりましたが、ピーチちゃんが間違えたのはたった4問。予習にも関わらず、分からないところが無いってどういうこと??

うーん・・・なんか私、役立っているのかなぁ・・・・
いいの?
ぜんぜん教えていないのに躓きませんけど?
ひとりでもできるのでは?

しかしお母様は、
「学校のテストではうっかりミスが多いので、その対策として、家庭塾で二学期分の予習を済ませておけば、学校授業が復習となり、今までより自分に余裕が生まれるのではないか。

ひいては落ち着きも生まれ、うっかりミスが減るのではないか。

追われていつも焦っているのが、うっかりミスの遠因かもしれない。

それに娘が、たった一人で意欲的に予習を済ませるとは考えにくいので、ぜひ家庭塾でやって欲しい。」
とおっしゃっています。

そうでしたか。
なんだか罪の意識が消えませんでしたが、そういうことなら、お受けします。

7月23日の昼食はこれ。
f0024310_20415269.png
7月30日はこれ。
f0024310_20371639.jpg
いつもきれいなお弁当だね。おいしそうだし。
すると、学校の昼食タイムに友達からも「おいしそー」と言われる、といっていました。
最近の母弁当は、たいていどの子にもデザートがくっついているので、私は驚いています。

思えば、私が娘たちに作っていた弁当は、ビジュアル的にひどいものだったので、こうして今すごい弁当を見るたびに、あまりの違いに落ち込んでしまいます。

ヒジキとか切り干し大根の煮物とか高野豆腐など、考えたらこげ茶色のものばかり。
今更ですが、見た目がぱっとせずごめんね。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2017-07-30 20:56 | ピーチちゃん

ピーチ、数学習断念

2017年 6月18日 日曜日 曇りのち雨

ピーチちゃん(中1)です。
もう止め。
中学生版の数学習は中断しよう。

理由は、数学担当の先生が「暗算・省略の一切を禁ずる」「自分の教えた式がどんなに面倒でも、手順を一箇所でも抜いたら×」だからです。

108.png 133.png 149.png 145.png 122.png 133.png

まぁちょっと聞いてください。
通常、さわりの何問かは、対比させたいのでわざわざ手間をかけさせます。

そして、「ねっ、こんなことをするのは手間が掛かるし、かえって間違いも増えるよね。だから先に式を整理すると楽になるよ」にして、「ほ~ら、簡単になったね」とつなげます。

そのために、約分力や指数計算の符号決定にも、それはそれは力を入れて、「高速で、正確に」を目指してきたのです。

5月ごろは、先生に何かお考えがあってのことだろう、と様子を見ていました。
しかし・・・まもなく期末テストを迎える今でも、ずーっと、複雑な式に代入して計算することを要求します。
通常は写真のように約分で仕上げてから、最後に代入します。
f0024310_08213007.png
数学担任のやりかたはこうです。
写真の式なら-5×6×(-4)×(-4)×(-4)÷10×6×6×6×(-4)×(-4)・・・・と延々と代入し続けなければ×になるなんて、いったいどういうことだろう。(怒)
そもそも学習は、間違いをなくす方向に進むべきではないのですか?

さらに、暗算しながらスピードで解くクセが付いているピーチちゃんは、ついクセがでて、あちこちマイナス点をくらうことが増えてきたのも心が痛いことでした。

だから、とうとう数学習を辞めてもらうことにしました。
さようなら、ピーチ。
残念。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ

by youkosodesu | 2017-06-18 17:25 | ピーチちゃん

卒塾お食事会第二弾(ピーチ家)

2017年 2月4日 土曜日 晴れ

ピーチ家との合格お食事会です。
家庭塾には一年間通いました。

第一志望を逃した日のメールは、どよ~んと沈んでいました。
ですから、本日のお食事会は延期する方向になっていたのですが・・・

しかし、今朝になって「本人気持ちを切り替えて、すっかり前を向いて歩き始めたようです。塾テキストも入試関連も過去問もどんどん捨てています」が届き、予定通り実施することになりました。

そして到着。
f0024310_18154173.jpg
今までの3年間の思いのたけをぶつけ(主にお母様)、時間を追うごとに全員の様子が、受験はもはや「過ぎ去った遥か過去のもの」になっていくのを感じました。

そうだそうだっ!
蓮舫 「一番一番って、なんで二番じゃだめなんですか」
その通り!

わたしが受験に際し一番心配したのは、ピーチちゃんのことではなく、実はお母様でした。
いつもあきれるほどオロオロしていました。
何かにつけて一喜一憂。
ちょっと待て。それでは子どもも重かろう。

しかし、2月1日にはいったとたん、メールの文字から発せられるトーンが明らかに変わって来たのを感じました。
(わたしは、言葉には言霊が、文字には文字霊があると信じています)

どーんと来い。
昭和時代のお母さんになっています。
この子をしっかりと支えるという落ち着き。

最後にお母様からお手紙を頂きましたので、掲載いたします。
(長文のため、一部抜粋)

5年生の秋頃から強かった算数が下がりはじめ、塾では周りの子に抜かれ、親は焦り、親子共々疲弊していました。

あのままの状態を続けていたら、本当に共倒れになって、受験を取り止めにしていたと思います。

家庭塾に入ってからは、先生との授業が楽しかったようで、伸びていきました。
受験に挑戦できたのは、本当に算数があったからだと思います。

第一志望が残念だった日、布団の中で声を殺して泣いていた娘が、翌日には気持ちを切り替えて前へ進もうとしている姿に、頼もしく成長した姿を見る思いでした。

今は、娘に合う学校を神様が導いてくれたのだと思い、私も前へ進もうと思います。

わたしたち家族は、受験を通して本当に多くのことを学びました。

家庭塾とめぐりあったご縁、娘を合格させてくれた学校とのご縁。
そのすべてに感謝を込めて。   

ピーチ母

クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ



by youkosodesu | 2017-02-04 19:11 | ピーチちゃん

ピーチとチリ

2016年12月24日 土曜日 晴れ

ピーチちゃん(小6)です。
「前回合否の分かれ目は理社にある」とお迎え時にご両親にお伝えしました。

そこで、毎朝のひとり学習に、あまり意欲を燃やしているとは言えない状態のピーチちゃんにカツを入れるため、本日は社会を受け持つことになりました。
ピーチちゃんが嫌いと言っている、地理を勉強します。

絶対に負けられません。
だって勉強のお手本を示すのですから。

各人指定ページを15分間読んでから、テストに臨みます。
わたしが負けたら100ポイント支払います。ま、負ける分けがないけど。

ヨーイ、ドン!
さぁ読むぞーーー。

15分間で全部覚えなくちゃ。
九州の地図も早書きします。えらいぞ、私。
f0024310_17502861.jpg
布田川断層、日奈久断層ネ、はいは~ぃ♪(と言っても初めて聞いた名前です)
書けば必ず覚える。
縦ずれには正断層と逆断層があるのね。
ジャストインタイム方式、フムフム、楽勝!

まったくもぅ、やっぱり小学生のお勉強ね。
一般常識さえ分かっていればチョロイもの。

しかし外目に見えるわたしの真剣な様子に引っ張られるようにして、向かい合うピーチちゃんも書く書く書く。

近年ここまで緊張して力んだのは久々です。

試験結果発表します。
じゃーん!
ピーチ得点↓
14点中13点!なかなか健闘しましたよ。えらいえらい。
f0024310_17563389.png
わたしは・・・・・
えーっと、えーっと、

チ~ン 

6点。

ぜんぜん触れていないこと出題するなー、P波、S波なんてどこに書かれてた?と一言弁解させてください。

あれがあっていればあと○点とれていた、とみんながテスト後にやる気持ちがよーく分かりました。

その後すぐに算数の時間に切り替えて過去問に臨みましたが、重複カード問題で手こずっている様子が気になったので、明日同種問題で練習しましょう。

クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


by youkosodesu | 2016-12-24 18:39 | ピーチちゃん

壁は突き止めましたが・・・

2016年 12月21日 水曜日 晴れ

ピーチちゃん(小6)です。
前回約束した売買損益の難しいものをかき集めて9問。
f0024310_19184012.jpg
自分でやりながら、ピーチちゃんに限らず、子どもたちに共通する混乱が見えてきました。
問題が難しくなるにつれて、見込み利益と実利益と損失の関係がごちゃごちゃになってくるのです。

どの程度のレベルから混乱が始まるのか、調べたいと思います。

準備した早稲アカ「上位校への算数」は難なく正解しました。
面積図も線分図も何も書きません。
ただ式だけでどんどん正解していきます。

へー、すごいね。
混乱しないの?

しかも式にはxもyも入っています。

私)どこでそのやり方を習ったの?

ピーチ)どこでも習っていない。
2つわからない問題が他でもあったから、この損益に流用しているだけ。
面積図だとかえって分からなくなる。
つるかめ図も書いてやったことはない。全部頭の中で処理できる。

す、すばらしい!

しかしとうとうやってきました、壁が。

総売上金から仕入れ値を引いたものが利益だよ。
でも難しい問題ほど、値引きしたり廃棄処分にしたり、個数が分からなくなっていたり、ここのところに工夫が必要です。

これくらいの問題になると、どこからどこを引くのか、図に描かないと分かりにくいと思うよ。

いまさら面積図を必ず描きなさいはないにしても、これは図を描く必要があるぞ、と判断したら、ぜひ描いて欲しい。そうすればどこを引いたものが実利益になるのかすごく分かりやすいと思うよ。

さらに、いきなり図がかけるとは限らないので、その時のために図の描き方の訓練をしていると思って、常日頃からやって欲しいところですが・・・
そこのところの判断は難しいところです。

お迎え時に、「過去問は家で何周もしたほうが良いのでしょうか」とのご質問がありました。

うーん・・・・・
算数はもはや上げ止まったと思いますので、残り1ヶ月は理社を集中的にやったほうがどんどん合格に近づきます。

はじめの偏差値を聞いて「ハイハーイ♪」と安請け合いしたものの、すぐにおやおや~?
この子はすごいぞ。
教える私もアップアップ。
でも、なんで今までこの偏差値なの?

不思議に思っていたのですが、程なくその理由が判明しました。
なんかこぅ・・・勉強そのものが楽しくない感じでした。

だから、そこのところが変わったとたん、ピーチちゃんにとって、算数偏差値が15上がるのは大変なことではありませんでした。

算数はもういいから、とにかく理社やって!!!

クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


by youkosodesu | 2016-12-21 19:26 | ピーチちゃん

過去問に取り組む

2016年 12月18日 日曜日 晴れ

ピーチちゃん(小6)です。
本日からピーチちゃんの7日間冬期講習を始めます。

合不合結果は、前回よりは若干下がったものの、相変わらず算数は4科目の最強科目になっており、何とか受験日までこのまま行って欲しいものです。

1ヶ月ほど前に、年度ごとに問題と解答をコピーしたものをいただいていたので、暇を見つけては、細かい解説書を作っていました。

なぜ別仕立てで解説を作り直すのかというと、この解説を担当した人の解き方と、塾での進め方が違っていた場合、解説を読んでもさっぱり理解できない場合もあるからです。

ピーチちゃんの考え方はわかっているため、それ仕様にやり直したほうがよいと思ってやっています。

当初、一学習回で一ヵ年の過去問を終わらせようと思っていましたが、本日手がけた過去問は、過去7年間で最も難しいものでした。

中でも、売買損益。

彼女は損益の理解がよいのにもかかわらず、無言、お手上げ状態です。

これをこんこんと解説することに意義を見い出せるのか・・・・

できないところを見つけたら、一旦進行にストップをかけてとことん単元追求をすべし、と言うのが持論なので、次回までに損益算の超難問そろえます。

じゃ、さようなら。


f0024310_19260177.jpg
さて、これから解説作りに取り掛かります。
クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


by youkosodesu | 2016-12-18 19:38 | ピーチちゃん

本日の合不合結果

2016年 11月13日 日曜日 曇り

ピーチちゃん(小6)です。
f0024310_1942771.jpg

午前中に受けた合不合結果は好調でした。
「大問6のニュートン算できたよ」と、うれしそうです。
ニュートンは徹底的にやりました。
結果的に、この1年で算数に関しては8~10偏差値が上昇しています。

寒くなってきたので、そろそろコタツの出番。
f0024310_19432929.jpg

思えば、泣きの涙の内容でご連絡を頂いたのが、ちょうど一年前。

もともと全く悪くない成績でしたが、お母様がすごく心配性で、面談時に「もうだめだ。どうしようもない」のような口ぶりだったのですが、わたしには優秀なお子さんに見えました。

しかし、「そんな気休めを・・・」「お世辞でしょう」みたいな目つきでした。
どなたも、わが子の優れている点は、あまり目に入らないようです。

お母様いわく、「先生と一緒に問題を解くと『勝てる!』と自信を持つみたいなので、家庭塾に行くのもとてもうれしそうです。」

042.gifあぁ、そうですか。( ̄ー ̄;

わたしは競争してしばしば生徒に負けるので、ちょっと複雑な心境・・・

今の時点では、難レベルだけやっていますが、しばらくは1学習回に1単元を目安に、苦手単元に絞って基本から徹底的にやり直しました。

「テストのための勉強ではない。入試日に照準を据えて、苦手単元をつぶしていこう。」を何度もいい続けました。

テスト結果が良くなれば、モチベーションも上がり、きっとやる気もおきるだろうと誰でもが思います。
わたしもそう思います。

しかし、あるレベル以上のお子さんは、何のための勉強かを受け容れているし、モチベーションも既にあるので、取り組みを緻密に落とし込んでいったほうが、実は断然効果が上がります。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
by youkosodesu | 2016-11-13 19:49 | ピーチちゃん