カテゴリ:●趣味( 194 )

とうとう完成

2008年に着手して、まる4年間掛かりました。
f0024310_16404128.jpg

1000時間を越える、気の遠くなるような作業です。
こういうことをやろうとする時は、完成を焦らないことです。
f0024310_1641883.jpg

暇なときだけやる、と決めます。手を動かしさえすれば、いつかは完成します。
昨日あったこと、嫌なこともよいことも、だんだん考えなくなって、最後は何も考えずに無の境地で、ただチクチクと手を動かします。
f0024310_1641597.jpg

出来上がったものには執着せず、じゃんじゃん日常使いにするのが好きです。
汚れもまた味になっていきます。
「見本」はなく、思いつきで鉛筆でどんどん布に描きますが、洗濯すれば落ちるので大丈夫。

これは30年前の作品です。
よーくみると、娘の幼稚園時代に作ったワンピースの布地が、たくさん散りばめられています。
“味”が出すぎてオンボロです。いい加減に捨てないと。
f0024310_16533441.jpg


こうやって、生徒さんに座っていただきます。
f0024310_16421784.jpg

by youkosodesu | 2012-02-02 17:04 | ●趣味

ひなまつり

場が華やぎます。
掛け軸に見えますが、実は手ぬぐいです。
上下の始末と吊り棒は、自分でやりました。
f0024310_11195682.jpg

狛江市役所側の交差点にある、「1」という珍しい名前の雑貨店で買いました。
f0024310_112056.jpg

by youkosodesu | 2012-01-29 11:24 | ●趣味

小引き出し

捨てちゃおうかな・・・
いやいや壊れているわけでないし。
f0024310_16365856.jpg

前から気になっていた小引き出しは、いよいよ日の目を見ることが出来ました。
ジャーン!
f0024310_18153123.jpg

パッチワーク用指ぬき、針などの小道具や、こんな風にアクセサリーを入れるのも良いですよね。
以前は、印鑑や切手や小銭入れだったのに、見た目が気に入ったとたん、入れるものに変化が出てくるから不思議です。
f0024310_18162145.jpg

2時間の超スピード仕上げです。


(古屋加江子先生のデザインを真似しました)
by youkosodesu | 2011-11-27 16:47 | ●趣味

世にも珍しいごみ容器 追記あり

出来ました。(古屋加江子先生の本を真似しました)
これぞまさしく「再生」です。
f0024310_9194581.jpg

f0024310_9202730.jpg

三年前、ファイル入れを作った時に描かれたアリスの顔はこれ↓
このときの私に何かあったのだろうか・・・フランケン顔で、“可愛いさ”からは程遠い顔つきです。
当時の心境を物語っているのだろうか。
f0024310_921437.jpg

今回はこれ。
可もなくなく不可もなく、と言ったところですが、これではぜんぜん味がないなぁ・・・
何かを見て描いたわけではなく、心の中で、「可愛くなれ!」と念じて描いたのですが、魂が宿ってないなぁ。
f0024310_9212567.jpg

榮倉奈々に似ています。

こういうごみ容器が外に出ているのを見かけたことは、生まれてから一度もありません。

昨夜は勇んでいたものの、だんだん気恥ずかしくなってきました。
40歳前後の、ちょっとおしゃれな、小中学生がいる若いママが住んでいると思いきや・・・

あまりにもギャップが大きいので、出す時、他人に見られないようにこそこそしてしまいそうです。

いいわ。でもやるわ。

(時間経過)


あっ、収集車が来ました。
急いで二階に駆け上がり、この容器をゴミ箱と察してくれるかどうかをカーテンの陰に隠れて観察します。


フツーでした。
普通にふたを開けて、中からゴミ袋を取り出して去って行きました。

仕事だもんね。仕方ない。

私は朝から一体何をやっているのだろう。

掃除も洗濯もしていない。
家はメチャクチャ。


さぁそろそろ 遅い朝ごはんにするかな。


[追記]

さらに蓋のバージョンアップ。
これなら収集係も、きっと開けやすいに違いない。
すごくいい感じ~♪♪
f0024310_1445357.jpg

f0024310_1484492.jpg

再生前写真
やったーっ!!またもバージョンアップ。秋なので、手仕事がはかどります。
f0024310_1413552.jpg
f0024310_1415188.jpg

by youkosodesu | 2011-10-27 09:34 | ●趣味

今はこんなに汚いですが

12,3年間放置していたゴミ容器を捨てようと思い立ちました。
しかし、これを捨てるにもお金が掛かるし・・・と思いなおし、再生に挑戦!

この状態では「うゎーーきったない。よくこんなことするね。」と呆れられるのを覚悟の上で載せます。
一応洗ってありますが、長年風雨にさらされて劣化したためか、細かい傷に汚れがしみ込んで落ちません。
f0024310_23554053.jpg

下絵完成。(デザインは古屋加江子先生)
f0024310_003399.jpg

後はサイドローディングで絵を立体的にして出来上がり。
あと少しで完成です。

本を見ながら、見よう見真似で6時間ほどで適当に仕上げました。

ごみ収集日に、こんな可愛い容器で出すのが楽しみです。

明日(今日)朝、仕上げのニスを塗った後、完成品を写真に収めたら載せます。
びっくりですよ~♪♪
すごく気に入りました。

追伸
勉強しているみんなー、ゴメンネ。こんなのを描いていて。
by youkosodesu | 2011-10-27 00:14 | ●趣味

2011年のピエール・ド・ロンサール

各年の最盛期を載せています。

2007年
f0024310_1023987.jpg

2008年
f0024310_103116.jpg

2009年
f0024310_1032814.jpg

2010年
f0024310_9534070.jpg

2011年
f0024310_20121614.jpg

大きくします。
f0024310_89620.jpg

なんということでしょう。
何もしていないのに今年は大豊作です。

しかしよくよく考えると、思い当ることがあります。

園芸に素人の私は、毎年花が咲き終わると、どこを切っていいのやらいまひとつ自信がないため、いつも遠慮がちに剪定していました。
しかし昨年はたった5個ほどの花付きだったため、命は枯れてしまったんだと覚悟して、強剪定を行ったのでした。
思い切ってばっさりいきました。

多分これが功を奏したのだと思います。

数え切れないくらいの花付きです。

この牛ふんも、一年を経て効果があったのかも。
by youkosodesu | 2011-05-17 20:28 | ●趣味

2011年のバラ

わずか4日間でこんなに違います。
f0024310_11464684.jpg

黄モッコウバラはとても丈夫です。
水遣りと肥料だけで、害虫にもやられずに毎年こんなに見事に咲きます。
f0024310_11504015.jpg

左の端にある薄っすらピンクのはハナミズキです。
ホームセンターで1200円くらいで買ったものが、4年かかってようやくしっかりしたピンクの花を咲かせました。
f0024310_1295254.jpg

門内は緑のトンネルになって、少々薄暗くなっています。
f0024310_1147677.jpg

by youkosodesu | 2011-04-26 12:11 | ●趣味

変身を遂げた事務用品

¥198で買った、事務用のテープカッターです。
f0024310_12103914.jpg

だ、だいじょうぶなのか・・・ワタシ。
f0024310_12111234.jpg

周りに“柴子”と入れることにします。
まだまだ不安はつのる。
f0024310_12192369.jpg

出来た!世界でたった一つの、どこにも売っていないテープカッターです。
結構アンティーク感がでて、満足です。
細かいところは見ない見ない。
f0024310_12152427.jpg

娘からも絶賛でした。
古屋加江子先生の本を見ながら、出来不出来にこだわらず、兎に角スピードで完成させてみました。
by youkosodesu | 2011-02-04 12:37 | ●趣味

断捨離(だんしゃり)

休み続きで、何をしているかというと、
1.一年分の領収証の整理。
2.自分の持ち物を、今流行りの“断捨離”(だんしゃり)して、半分に減らす。
3.家中を掃除する。

1は、月別12袋に分けて、さらに仕分けしたところまで終了。しかしこれからが大仕事です。
2は、昨年一度も袖を通さなかった服を処分。でもまだまだです。
3は、掃きだし窓の表裏を拭き、サッシの溝の泥ごみをほじくり、雨戸の内側の泥や埃を清掃するのをたった一箇所やったのみ。
一週間で、たったこれだけ。


そういえば、十数年前まで都心に住んでいたころは、とても小さな一軒家だったので、持つものを本当に必要なものだけに厳選していました。

押入れが一間半しかなく、その中に家族四人分の四季の布団と押入れタンスも入れていたので、余分なものは一切所有することが出来なかったのです。

コタツ布団をしまう場所が無い。この辺りの一坪当りの地価と安いコタツ布団の値段を比べて、何分の一坪かを占領するに値するかどうかを比較検討した結果、断腸の思いで毎年捨てて毎年買う人もいたくらいでした。

私はどうしてもそれはできずにどうしたかというと・・・・当時流行り始めていた布団圧縮袋で真空状態にぺちゃんこにして、台所裏の外物置に入れました。季節外の普段着も、全部そうやって外に収納していました。

家の中はほとんど何も無く、一階8畳ほどのリビングにはピアノと飾り棚だけ。6畳のキッチンにはテーブルと冷蔵庫と作り付けの食器棚だけ。この食器棚は自分仕様に設計してもらい、炊飯器や、電子レンジ、本類、果てはごみ容器まで白い扉を閉めれば見えないようにしてもらいました。

二階の6畳と4畳半の和室も、勉強が出来る程度の細幅机のほかはなにもありません。テレビも電話機も押入れに仕舞いました。

この地はとても便利でしたが、地価が高くて、ものを買うときに、これをこの土地に置く価値があるのかといつも考えさせられて、結局それが功を奏した?ため いつもガラ~ンとしていました。四人家族なのに、ちっとも狭い感じがしません。
娘の友達が来ると「〇〇チャンちはお店みたい。何にも無いね」とよく言われました。

結局物などなくても、なんら差し障り無く生活できるのです。

今は広さが二倍以上になったのに、昔の生活がうそのようにガラクタの山で、おまけにむちゃくちゃになってしまいました。
この休みに絶対に何とかしなくては!
「何とかなった」写真もぜひ載せたいと思います。それを励みにして断捨離します。

私はよほどさっぱりとした物の無い室内にあこがれているらしく、2年前にもほとんど同じようなことを書いています。
しかも娘の友達の言葉が心底嬉しかったようで、今回もまったく同じことを書いているではありませんか。
はずかしや。2年前
by youkosodesu | 2011-01-29 00:42 | ●趣味

おせちの箱 変身

結構しっかり出来ているのに、毎年泣く泣く捨てていました。
しかし今年こそはよみがえらせます。
おせち料理の木の箱がこんなに変わりました。(デザインは古屋加江子先生)
f0024310_20415196.jpg

赤いデカ鼻のような木製持ち手を付けました。
今後はパッチワーク布 収納に使うつもりです。
箱サイズは約22センチ角です。
f0024310_20445559.jpg

アップです。どの動物の表情もすごくかわいい~♪♪
f0024310_23572673.jpg


次はこれに着手します。
なんと190円で買いました。
プラスティック製のテープカッターです。
よくある事務風なので、これではありきたりです。
今からすばらしいものに変身させます。
f0024310_20553038.jpg

しかしこの調子だと、どうなることか先が思いやられます。
f0024310_2056621.jpg

秋の夜長、TVを見ながらずっとハンドクラフト三昧です。
by youkosodesu | 2010-12-07 21:07 | ●趣味