カテゴリ:●料理( 47 )

自家製ジャガビー

2017年 9月13日 水曜日  晴れ

ジャガビーが好き過ぎて、毎日1箱ずつ食べていましたが、やっぱりこの年齢でスナック菓子を継続して食べるのは、健康上良くないのではないかと罪の意識にかられています。

たぶんもう70箱くらいは食べたかも・・・
明らかにダメでしょう。

そこで自家製ジャガビーを作ることにしました。
ジャガイモをこれくらいの量、拍子切りにする。
f0024310_13514247.jpg
少しゆでる。
f0024310_13521747.jpg
弱火でじっくり揚げる。
f0024310_13525461.jpg
ジャガビーの空き容器につめる。
f0024310_13535827.jpg
チーズパウダーを加えて濃厚さを出そうと思ったが、邪道でした。
塩だけのほうが、あっさりとしてよいです。

1時間かけてこんなに手間もかけたのに、量はあっけなかったです。
容器に詰められたものと、残りは後ろにチラッと見える切れ端2,3本。

これでは効率悪いです。
やる気失せます。

でも、味はとてもよいです。
とって置くことができる人格なら、まとめて作るという方法もありますが、ジャガイモ10個分だとしても、その日のうちに胃袋に入れてしまうという残念な人柄なので、それはやりません。前世は、たぶん飢餓で死んだと思われる。



翌朝も引き続く検証。

染色体ではありません。
f0024310_10561375.jpg
左半分を塩味、右側をチーズパウダー味にしてみました。

おいしいんだけど、やっぱり何かが違う。

中身がほっくりした自家製のポテトフライと、中までカリっとしたジャガビー。

うーーむ、ム、ム、ム。

真剣な悩み事です。

クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ

by youkosodesu | 2017-09-13 14:06 | ●料理

本年もよろしくお願いします。

2017年 1月1日 日曜日 晴れ

元旦はたいてい晴天でなによりです。

さて、新しい試みとして「ひとり・ひとつ」のおせち籠盛を買ってみました。
下の写真は自分で撮ったもの。
写真周りがギザギザで、見苦しくてすみません。
丸く囲ってくり抜くやり方がわかりませんでした。

プロの写真家が撮った下の下の写真とは大違いですが、実際に見るとすごくきちんとできていてきれいだな、という印象です。直径は承知してしましたが、大きく見えます。
中身も宣伝写真と遜色ないです。
味も薄味だし、珍しいものも入っていて、なかなかおいしいです。

これだけではなく、他にもいろいろ作ったので、そうすると、やはり食べ切れませんでした。
まずはご報告まで。

本年もよろしくお願いします。

f0024310_17510615.png
f0024310_18113639.png
クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


by youkosodesu | 2017-01-01 18:28 | ●料理

おせち シェ松尾

いままでずっと成城きた山で注文していたおせちですが、さすがに何年間も続いたら飽きてきました。
よーし、こんどはかえてみるぞ。
そこでシェ松尾のフレンチおせちにしてみました。

ダンボールが重かったし、大振りだったので、へ~案外すごいかもと期待していましたが・・・
すごいのは両脇にびっしりと入った保冷剤でした。
でも劣化を防ぐ配慮を徹底する企業魂は立派です。
f0024310_17304956.jpg

中身はこんなに細かった。幅約40cm×奥行き約10センチ×高さ約13センチ(2段分
f0024310_18154759.jpg

開けてみます。じゃーーん!
こぎれいにまとめてあります。しかも賞味期限が元旦限りというのも気に入りました。
添加物や保存料が入っていないという証です。¥29400
f0024310_174982.jpg

詳細です。
f0024310_1737997.jpg


きた山の今回のおせちはこれです。↓
姉はこちらを買いました。
「華やかな上、丁寧に作られていて満足」と言っていました。
こちらは¥33000です。
シェ松尾の¥29400と比べると、きた山に軍配が上がりますが、いかんせん飽きてしまったのです。
中身の半分位は変化させてくれればいいのに・・・
頼みますよ、きた山さん。

きた山↓
量が多いので、大人4人でも十分足ります。
f0024310_2057625.jpg

by youkosodesu | 2012-12-31 18:24 | ●料理

恵方巻作る

生まれて初めて恵方巻を作りました。
恵方巻といっても、普通の海苔巻きですが。
どう違うのか、よくわかりません。
f0024310_19412093.jpg

本当は、一本丸ごと切らずにガブッといくのですが、半分に切りました。
ちゃんと北北西の方角を向いて、「無言」で食べました。
f0024310_19453460.jpg

豆まきは柴子にもおすそ分け。
喜んでガツガツ拾って食べていました。
by youkosodesu | 2012-02-03 19:53 | ●料理

自由は終わった

午後2時ごろから野菜を刻み、即席漬けを作りました。
これはいいですよ~♪
大根、きゅうり、しょうが、にんじん、昆布を交互に敷き詰めて(間に塩をふる)上からギュッと圧力をかけます。
二時間後には水があがってきて、しんなり食べごろになります。家にある野菜なら、ほぼなんでもつかえますので、ぜひやってみてください。
f0024310_1793551.jpg

ここに、玄米酢をかけて頂きます。
漬物って言うよりはサラダのような感覚です。
f0024310_17105066.jpg

あらかじめ火を通し下味をつけておきます。
冷めたら袋詰めし、味を馴染ませる為に再び煮ます。
油揚げの中には、ささがきごぼう、白滝、にんじん、高野豆腐のスライス、椎茸の含め煮が入っています
f0024310_1711406.jpg

ほかは、新ショウガをスライスして甘酢に漬け込んだもの、サバの甘辛煮、ポテトフライ。
なんだか取りとめがないメニューになりました。

最近にしては珍しく、午後ずっと料理をしていました。

当初物珍しく大喜びだった宅配弁当でしたが、三週間目にしてお爺君が「もうヤダ!」といいましたので、手首もよくなったし、「仕方ない、そろそろやるか・・・」となりました。

ご飯作りは、家庭の仕事で最も手間が掛かります。
これがなければ、すごく自由時間が増えるのですが・・・。
by youkosodesu | 2011-07-05 17:27 | ●料理

雑穀のコロッケ

日比谷の「チャヤマクロビ」に行きました。
↓は雑穀のコロッケです。
f0024310_22365225.jpg

よーし、これを真似して作ってみよう!
カボチャ、ジャガイモを茹で、そこに雑穀ご飯を入れて、熱いうちにすりこぎでトントンたたくように混ぜる。
味付けは、塩、胡椒、バジルソース少々。
f0024310_2239483.jpg

次、直径3㎝位のボール状にまとめる。
f0024310_22413024.jpg

真似っこ料理が出来ました。
f0024310_22441184.jpg

もう一品です。
f0024310_22474082.jpg

いなりずしのように見えますが、これは実は中にいろいろ入っています。
フキ、にんじん、白滝、豆腐、ひじき、椎茸を甘辛に煮込んで、油揚げの中に詰めて、再びことこと煮ます。

今日から家庭塾は長期の休みに入りますが、気が緩んだせいか早速風邪を引いて、どこにも出かけずに、日がな一日を料理に費やしました。
by youkosodesu | 2011-01-24 23:11 | ●料理

30分クッキング

内部ご連絡:冬期講習は全枠ふさがりました。ありがとうございました。
f0024310_9393214.gif


携帯と比べると、器が大きいことが分かります。
こんなに山ほど作っても、1回の食事できれいになくなり、残りがでません。
小松菜、白滝を2,3分ゆでる。じゃこ、大根おろし、刻みゆず少々。味付けは醤油を少し。
f0024310_23425174.jpg

こういう副菜は、小さいお子さんには人気がないかもしれません。
しかし、子どもたちが小さい頃も、私がしゃれたもの(オムレツとか、ハヤシライス、ホワイトソース関係の洋物)がぜんぜん出来ないので、子どもながらも仕方なくこういうものを食べていました。そのうち慣れて平気になった記憶があります。


スライサーで皮をむくように、なるべく厚みをださないでごぼうをスライスする。水にさらす。小麦粉をまぶす。カラッとするまでじっくり揚げる。煮詰めておいた砂糖に絡めて“ごぼうかりんとう”の出来上がり。
f0024310_23483821.jpg

ごぼうがこんなにおいしいなんて。
子どもたちが小学生時代にこれを知っていたら、帰ってくる時刻にあわせて作って待っていたのに。
by youkosodesu | 2010-12-01 00:02 | ●料理

マクロビオティック

約半年前からマクロビオティック(簡単に言うと、自然食みたいなもの)を始めましたが、まだ続けています。
完全に切り替えるのは手がかかるし、徹底した無添加食材にはお金もかかるため、現在のところ“マクロビ風”で自己満足している段階です。
この日のランチは、
f0024310_103994.jpg

1.小豆入り玄米ご飯
2.野菜(きのこ、にんじん、長ネギ、かぼちゃ、キャベツなど)入りの味噌汁
3.海老と長ネギのかき揚げ
です。
おかずはこれしかなく、一見倹しい(つましい)感じがしますが、手作りなので、海老が山ほど入ったかき揚げを娘と2人で2個ずつ食べて大満足です。

なにせレパートリーが無いため、蕎麦、ひじき、切干、高野豆腐、玄米、煮魚、刺身、ゴボウの揚げ物、ワカメの酢の物が頻繁に出てきます。
肉類、うどん、白米、ピザやパスタ、チーズ、ケーキなどは、月に数回口にするだけになりました。
レパートリーを増やしたいので、秋になったらマクロビ料理教室に参加してみます。

何故マクロビ食を始めたかというと、検診時に医師から
「外見的に太っているように見えない人が、中性脂肪値がここまで高いのは、太っている場合よりずっと問題が大きいですよ。内臓脂肪はとても体に悪い」と言われたからです。
by youkosodesu | 2010-07-24 10:07 | ●料理

クシガーデン

最近のマイブームはマクロビオティックです。
簡単に言うと肉や白いもの(砂糖、小麦粉など)を使わない「自然食」です。

竹橋にあるクシ・ガーデンに行ってきました。(“クシ”は、マクロビの大御所・久司道夫さんの苗字が由来)
f0024310_18443919.jpg

このランチは1000円です。
玄米ご飯。さつま揚げに見えるのは、テンペ(大豆発酵食品)といいます。
野菜のソテーや、八宝菜もあります。
f0024310_18451760.jpg

甜菜糖を用いて、こんなケーキも出来るのです。
f0024310_18455941.jpg

↓は手作りです。
f0024310_18474033.jpg

自分流に作ったら、こんなに質素になってしまいました。

自分が食べる時には白米を玄米に代えます。
もやし、にんじん、ほうれん草、春雨をサッとゆでて酢醤油のソテーに。
なまり節と生姜のたきあわせ。
豆腐のマーボー風。
これで材料費は一人当たり300円くらいでしょうか。
家族の為に二重に作るのが面倒なので、いつまで続くだろうか。
by youkosodesu | 2010-04-04 19:11 | ●料理

ワンパターン

稽古事仲間との集まりです。

誰の家でやるかが決まらないときは、すぐに名乗りを挙げます。
ワンパターンのメニューなので、もう苦になりません。

来る人は違うので、相手方は「わ~!」と必ず喜んでくれます。
f0024310_993754.jpg

一番人気は、10品目+海鮮物のサラダです。
ドレッシングに凝ったものを使い、バジルソースを加えればなかなかの出来になります。

「高野豆腐の揚げだし」は、大豆高騰の折、なんと金額が倍になり驚きました。
いままで100円で4個入りの小さい袋が200円ほどになっていました。
なんともせこい話で恐縮です。
でも4個が16個に増え、他のものと煮れば立派なおもてなし惣菜になります。
↑の写真下の右は、オクラ、きのこと共に三角形にカットした高野豆腐を煮付けたものです。

(水でもどし、軽く水分を絞り、片栗粉をまぶしてさっと油で揚げた後、熱湯にくぐらせて油きりをし、用意しただし汁で2,3分煮ます)



f0024310_917502.jpg

友人持参の鶴屋吉信の和菓子です。↑
日本の菓子は小さな芸術品です。
by youkosodesu | 2008-10-11 09:32 | ●料理