カテゴリ:M(男の子)( 22 )

比例反比例

[会いたかった 四人目]
夏休みなので、小学生時代に通っていた卒塾生が、ご希望により申し込み制で来ています。
f0024310_12485100.gif


M君(中1)です。

春休みまでに一学期分の予習として、代数は不等式まで済ませました。
ところがM君の通う私立中学は授業進行がゆっくりのため、まだまだ学習貯金が残っています。

しかしどの中学生も、ひとたび学校が始まれば部活で大忙しです。
夏期で時間の融通がきく今、合間を縫ってリクエスト単元「比例反比例」の予習を行います。
この授業が行われる11月下旬(たぶん)まで、どうかこのまま忘れないように。
f0024310_16394076.jpg

始めの頃、「比例」章を学んでいるときはy=ax 、「反比例」に進んだらy=x分のaと、たぶん見当をつけてやっているようでした。
ですから混合の文章題になると、分かりにくくひねっている場合は、どちらか判別できず行き詰まっていました。

文章を読んでx、yにあたるものを表中にいくつか自分で数字を当てはめ、ここから比例か反比例かの判別をして、式を立てグラフを描く、という練習をたくさんやりました。

(予習の場合でも)先に解説を行うことはせずに、出来ても出来なくてもまず問題に取り組ませます。そうでないと彼の頭に入っていきません。
分からないところを具体的に意識させて、その部分について教えることをもって授業とし、あちこちに点として散らばった「理解」を、最後にひとつにつなげて「分かった」に導くやり方が、彼には一番効果的です。
「始めに全体を説明するね」は、抽象的でぼ~っとしてしまうようです。

しかし「出来ない」、「間違える」の繰り返しに、めげたり劣等感を持ちやすいお子様には、学校授業方式が良いと思います。


この学校のテキストは難しいです。
M君の思考回路は先刻承知済みなので、1,2を最初にやるのでは、とっつきが悪い。きっと拒絶反応を示すだろうなと思い、テキストの番号順ではなく、解いてもらう順序をあらかじめM仕様に変えておきます。

あちこちに飛びながら元に戻って、最後は「思ったよりずっと簡単」の一言に、ほっと胸をなでおろしました。

「証明問題」の時にはまた来てね。
by youkosodesu | 2009-08-11 17:05 | M(男の子)

アルバイト代 いくら貯まった?

元塾生のM君(現中一)がアルバイトに来ました。

かつて自分が使った教材なので、こちらの意図するところがすぐに伝わり、仕事の流れがスムーズです。

約分をレベルに応じて6段階作って(書き写して)もらいます。
今までのを、きれいにやり直すのがM君の仕事です。

解答編には最大公約数、答えを記入し、ここまでやってワンセット出来上がり。
最大公約数に偏りがないように作るのもひと仕事です。

今後ずっと小学生の子ども達が使うのだから、「クセのある数字を書かない」、「見てきれいなものにする」などと、今までの自分の作ったものを棚に上げて、注意しまくりました。
出来たものはこれ。きれいです。
f0024310_1882453.jpg

小3にも挑める約分を追加中。
f0024310_952149.jpg


私立中の一学期評価も立派な結果で驚きました。主要5科がオール9(10段階)とは・・・すばらしい。
今後もこの調子でね。
by youkosodesu | 2009-07-19 18:22 | M(男の子)

地図が読める男

2009.6.15 月曜日

卒塾生のM君(中1)です。
(現在は生徒としてきているわけではりませんが、許可を得てご出演願っています)
アルバイト(犬散歩)に目覚めたM君は、責任感を持って約束の日にやってきます。

f0024310_1827873.jpg

言葉数が少ないので、会話らしきものをめったとしません。
しかし今日は「数学96%出来た」と一言だけ報告がありました。
フフ、よかったね。でも100%でないと“いいもの”は出しません。

それから、お母様とは決して交わさないであろうこんな会話も。
ちゃんと釘を刺しておきましたョ。
「自分でバイトして稼いだお金でも、まだ中一なんだから、ガールフレンドにおごっちゃダメだよ」
「ガールフレンドなんていません。それにボクは貯めます。今日で〇円になりましたよね」
一回ごとに支払わないので、結構チリも積もれば山となっています。支払いがこわ~い!

「それじゃ、“お使い”も出来るかな?動物病院に、オジイ君の目薬をとりに行ってきてね」

簡単な地図を描く。
しかしM君はこの辺りの子ではないため、分かるのだろうか・・・・不安。
世田谷通りを地図で示し、目印になる店と、この距離は自転車ならおよそ〇秒、と書き入れていく。

大丈夫かなぁ・・・待つこと30分。
戻ってきました。
ぜんぜん迷わずに着くことが出来たそうです。「地図が読める」ことが判明。

長女とはえらい違いです。

[内部ご連絡]
6月15日月曜日より夏期講習の受付を開始します。事前に空き枠をご確認下さい。
事後確認もよろしくお願いします。ご入金日は追ってご連絡します。一括でも、各日ごとでも、ご入金のやり方はご自由です。
by youkosodesu | 2009-06-15 19:10 | M(男の子)

困り抜く母

昨日に引き続き卒塾生のM君の話題です。
まもなく中間テストが始まります。

困り抜くお母様↓(要約しています)
テスト前なのに友達とぶらぶらして遅く戻ってきて、 全くもってふざけています。
私の言うことは聞かないので、メール宜しくお願いします。


分かりました。
こういう時、女の私では迫力がなく、効き目が薄いので困ります。
しかし、がんばって“怖さ”を前面に出しました。
本当にこれで送信します。いくよっ!ポチッ062.gif

(原文のまま)↓
件名「コラッ!」‏
差出人: 狛江の家庭塾
送信日時: 2009年5月23日 18:41:53
宛先: M君携帯アドレス

家庭塾の先生です。数学の勉強はもういいから社会をやりなさい。社会こそ、やっていない人は30点くらいしか取れないわよ。点数の低すぎる男の子はもてないよ。折角カッコよくなってきたんだから、勉強もがんばりな!!


こんなもんでいかがでしょう・・・・



その後、私の“カツ”の効果はどの程度のものだったのでしょうか。
社会はなんと92点(100点中)も取れたのです。
お母様の怒りより、他人の「コラッ!」のほうが数段効果があったのです。
やっぱりあれですね。反抗期ですね。

携帯メールで怒鳴るのならいくらでもやりますよ。
by youkosodesu | 2009-05-23 19:00 | M(男の子)

家庭訪問

卒塾生のM君のお母様が、ご自宅に招いてくださいました。
よその家大好き。
「いろいろ見たいな~」と思っていると、それを察したお母様が「どうぞ見てください。Mの部屋もいいですよ~」と言ってくださったので、早速拝見。

M君きれいに整頓しているではありませんか。
「いえいえ、先生が来るので私がやったんです。この一週間掃除しっぱなしでしたよ~。いっそ今のうちにどんどん友人も“招きだめ”しようとおもいます」
(誰でも考えることは同じで、ちょっとホッとしました)

許可を頂いて写真撮影です。

モデルルームのようにきれいなおうちです。
玄関↓
f0024310_16372458.jpg

リビング↓
f0024310_16352550.jpg

食堂↓
f0024310_1638835.jpg

外景色
f0024310_1652181.jpg

林の中にある静かな家です。



私「中学の勉強はいかがですか?」

M母「それが・・・“勉強”といったら、もう数学しかしないんです。100点を取ると、先生が(私のこと)いいものを下さると仰ったそうで。それはそれは気合が入っているんです」

私「ヒヒ。バレましたか。でも“いいもの”がきっかけで、数学がトップクラスになるということがありますよ。そしてひとつの教科が全体を引っ張るかもしれません」

M母「で、“いいもの”って何ですか?」

私「それは言えません」

M母「・・・・・えっ?」



ほんとに言えませんから。
by youkosodesu | 2009-05-22 17:08 | M(男の子)

M君来たる その2

M君(中1・卒塾生)来たる。
今度は犬散歩のアルバイトです。

後ろのほうからそっと追跡。

どうやらご褒美用の餌を高く飛ばして遊んでいる模様。


夕暮れ時の絵になる光景です。

f0024310_197163.jpg

by youkosodesu | 2009-04-26 19:14 | M(男の子)

M君ありがとう!ランチ会決行(下に追加)

快晴のある休日、M君(新中1・卒塾生)はやってきました。

以前から「先生の家で、何かアルバイトをやらして」と言っていたので、それではと庭の掃除を頼みました。
バラが満開のうちに、友達とランチの予定があります。しかしこの一年おざなりにしていたので、庭の隅々に泥がたまり、何だか全体に朽ち果てたようになってしまいました。
早速M君に活躍してもらいます。

段取りをざっと説明します。
結構掃除に慣れている様子でしたので、「家でよくお手伝いをするの?」と聞くと「学校の掃除当番で覚えました」と言うので、そういうことも非常に役立つのだと再認識しました。

何故かカメラ目線の柴子。
f0024310_19181541.jpg

またカメラを意識する柴子。
f0024310_19242070.jpg


黙々と働くM君。
f0024310_1429412.jpg

床面もデッキブラシでごしごしやりました。
どうです!美しくなりました。
f0024310_14141411.jpg

外も満開です。
数年前、門の上に幅2メートルのアーチを取り付けました。
黄モッコウバラは丈夫でどんどん増えるので、このように暴れて、アーチがどの辺りなのかも分かりにくくなっています。黄色の塊が頭の上にドッカ~ンと乗っかっているようです。
f0024310_18365881.jpg



私はなんでも任せたいほうなので、やってもらえるのでしたらどんどん頼みたいです。
例えば「食器洗い」「風呂洗い」「不用品の整理」「犬散歩」次から次へと頼みたい事が湧き出てきます。

うちで修行すれば、結構花婿修行になりますよ。
お礼は中学生にふさわしい程度にしました。

ありがとうM君。助かりました。
これで友達を堂々と呼べます。




堂々と呼ぶことはできたのですが、なんと本日は雨模様です。しかし根性で決行します。
f0024310_13595242.jpg

雨の中、パラソル内で3人で海苔巻きを食べるという、あまりステキとはいえない光景です。
いろいろと手抜きです。これでランチ会と呼べるかどうか・・・
しかし樹木は小雨で生き生きとした緑に甦り、なかなか良かったです。
by youkosodesu | 2009-04-20 14:41 | M(男の子)

♪~さようなら~♪

2009.4.5 日曜日

M君(新中1)との最後の授業です。

ちょうど子どもから少年への過渡期の一年間だったので、一年前のあの日と、最後の学習日の今日はまるで別人のようです。
f0024310_21324577.jpg

今まで学校以外の出来事のすべては“お母様の眼”を通して見ていました。
ですから“学校以外のところで出会う大人”と長時間面と向かったことがなかったようで、世間話を投げかけても返答に窮すると「わかりません」「忘れました」を連発。
どう答えたら会話が成り立つか困惑しているように見えました。

そんなM君ですが、秋になった頃は会話大暴走です。
いろいろ突っ込んだことを聞いてくるし、筋道立てて気持ちを伝えることも出来るようになりました。

「ダンナさんとはどこで知り合ったんですか」
「今ここで急に大地震が来たら僕のこと守ってくれますかー、それとも自分だけ逃げる?」
はなを片手でかんでいるのを見て
私「ほぼ全員が片手でかむのが不思議だわね。かえってやりにくくはないの?」
M「片手を空けておけば、かみながら同時に何かが出来るので便利なんです」(何かやってる様子はないけど?)


夏冬の休みを入れれば70回ほど通い続けたので、すっかり打ち解けましたが、別れの時を迎えました。

M「ボク、中学生になってもここに来たいなぁ、何で中学生はダメなんですか」
私「中学生は時間帯が遅いからね・・・でも全範囲で、最も教え上手なのが方程式、一次関数、因数分解だから、その頃になったら一時的に来ていいよ」
M「ふ~ん、じゃ6月に来ます」

へー、ずいぶん早い再会になりそうだけど、お母様に許可をもらってね。
M君は第二のAちゃんになるのでしょうか?

しんみりと、いい事言ってくれたわ・・・と思っていたら、新しい自転車にわくわくしながら、あっさり帰ってしまいました。

じゃ、ホントにさようなら~~(涙)
f0024310_21343081.jpg


[13ヶ月間の軌跡]
四谷大塚「計算と一行問題集」5年生上下巻、
6年生上下巻終了。(文章題1500題位)
中学一年正負の数 加減乗除、文字式、不等式、方程式
合計2500題終了。
中学校使用テキスト 方程式、不等式の文章問題 50問(難し過ぎて、これしか手をつけられませんでした)
そのほかの、少し易しいテキストから食塩水方程式問題を
100問

以上で学習時間は合計約140時間(内40時間は数の学習)でした。
by youkosodesu | 2009-04-05 23:36 | M(男の子)

仲良し

2009.2.12 木曜日
M君(小6)です。

仲良しです。
M君がすごく可愛がってくれるので、ピンポ~ン♪と鳴ると、すっ飛んで転がり降りてきます。
見詰め合う二人・・・
f0024310_20403122.jpg



四谷大塚の一行問題を終了し、中一の予習に入りましたが、難しくて進みがガクッと遅くなりました。
前回できなかった問題から取り掛かると、またそれに時間が掛かりますが、先に進めばいいわけでもないので、復習を入れながら着実に学習をしていきます。

3日連続して同じ問題をやっていますが、自力で解ける部分が広がってきているので、繰り返しはあと2~3回で終われそうです。
こんなの↓ばかりで、ちょっと辛そうなM君です。
しかし音を上げずに、「教えないで下さい。ボクに考えさせて」といつも言い、頼もしく成長しました。
「今日はここまで自力で出来るようになってえらい!」と言うと、嬉しそうににこっとします。

容器Aにはa%の食塩水が500g、容器Bには3%の食塩水が500g入っている。
容器Aから食塩水100g取り出し、容器Bに入れてよくかき混ぜた後、容器Bから食塩水100gを取り出し、容器Aに戻した。このとき、容器Aの食塩水の濃度はb%未満となった。この数量の関係を不等号を使って表せ。


答え
6分の 5a+3<b  
または、6分の 25a+15<5b
by youkosodesu | 2009-02-12 21:28 | M(男の子)

質問連打

2009.1.29 木曜日

このごろとっぴな質問を投げかけるM君(小6)に、おっとっと・・・となっています。
話す時間はそれぞれ一分足らずなのですが。
ここ一ヶ月のM君語録

M「ギャル曽根の胃袋の大きさってどれくらいか知っていますか」
私「知ってるわよ~♪この前TVで、食べた後の実際の大きさが模型になってでてきたわ」
M「ふ~ん、すごいですね」
って、それだけでこの会話オワリ?

M「ジェットコースター好きですか」
私「大嫌い、どんなことがあっても絶対に乗らないわ」
M「じゃ、10万円あげるって言われたら?」
私「いりません、結構です」
M「じゃ、100万円って言われたら?」
私「・・・・・・・・・・・・・・・・・・やらせていただきます」

M「下の娘さんはどこの会社に勤めているんですか?」
私「う~ん、言っても子どもにはきっと分からないような、名前を知らない会社だよ」
M「博報堂ですか?」
私「??」

M「今度やるお別れ食事会どんなところに行くんですか」
私「そうね、7回催さなくてはいけないから、そんなに豪華なところは無理なのよね、ごめんね」
M「大丈夫です、気にしないで下さい。何ならボクの時は、お年玉で差額を負担しますから、豪華なところにしてください」

M君はこの子↓です。
f0024310_10492615.jpg
f0024310_1050750.jpg

ぶどうのジュースです。
by youkosodesu | 2009-01-29 10:52 | M(男の子)