カテゴリ:I(女の子)( 20 )

2011年度 合格記②(Iちゃん)

2011年度合格記②
Iちゃん編

Iちゃんは今からちょうど4年前、新3年生になったときに家庭塾に入ってきました。
お住まいが遠いこととお母様が超多忙な為、月に二回程度と少な目でしたが、それでも休まず通い続けてくれました。

そもそものきっかけは、お母様が2007年に学習相談にお越しになったことでした。
「とにかくなんでもゆっくりです。“ゆっくり”などという生易しいものではなく、心配になるほど遅いのです。それが原因で、(学校)テストも途中で時間切れになり、評価も悪くなってしまうのです。自分のペースでやればすべて出来るのですが。」

慎重な性格の奥に、秘めた意思も感じさせるお嬢さまです。
が、確かに遅い。親御様のご心配も尤もです。

「~~~なの?」という学習に関する問いかけに、やっとのことで頷くのに5秒掛かります。
慎重に考えてから、いったん逡巡し、最後に私へのサービスで、にっこり微笑んで頷くまでに“5秒”。
これでは学校でのあらゆる集団行動に合わせるのは、ご本人にも負担でしょう。


早速「数の学習」で速度をつける指導を始めました。
しかし、これも効果はいまひとつです。
お母様が多忙のため、小3のIちゃんに、ご家庭で継続的に見てあげる人がだれもいなかったのです。
出来ない状況をあれこれ言っても仕方ないので、「この場だけ楽しんでやればそれでよし」と、途中から考えを切り替えました。

5年生からは回数も増やし、週に一回四谷のシリーズを一回分ずつ終わらせていきました。
自己解説も、ゆっくりした口調ではありますが、“ハッキリ・しっかり”出来るまでになってきました。

しかし中学受験するには、問題を解く速度がまだまだの段階でした。
6年生で、いよいよその点の指導を強化しようと思っていました。

ところが…
2011年3月から始まった単発学習に、Iちゃんからの申し込みがぱたっと途絶えました。
「何かあったのだろうか」と気にはなるものの、そのまま数ヶ月が経ちました。

2~3ヶ月に一度、ポツリ ポツリとお母様から近況報告がありました。

秋になって、お母様が来訪されました。
「娘が先生に会いたがっています。『どうして家庭塾に行かないの?』と聞かれますが、どうしても今は送迎が出来ない状況なので、せめて客観的な意見を伺いたくて訪ねました。」

結局塾にも行かず、家の誰からも教わらずに、四谷シリーズを自習して受験勉強をしたのです。
いちばん気がかりの「解くスピード」も、内容の理解と併行して、自然に解消されたということでした。

つい先日、2校合格(偏差値は両方とも51)の知らせが届きました。

自学自習して合格を勝ち取る話は、最近めっきり聞かなくなりましたが、Iちゃんの場合、「ゆっくり上昇」が守りきれたのは、自分のペースを貫き通せる「ひとり勉強」の賜物だと思います。

まもなくお食事会で、まる一年ぶりにIちゃんに会います。
変わったかな?
すごく楽しみです。

Iちゃんの家庭塾での3年間の軌跡はこちらです。
by youkosodesu | 2012-02-11 11:14 | I(女の子)

スピードが出た

Iちゃん(小5)
小4の4月から月に2回、小5からは毎週1回通い、本日で通算54回目を迎えました。

学習ご報告です。
f0024310_073058.jpg

逆算48、
分数乗除№2.15 満点賞100円券
方程式15 今日からいよいよ先陣を切って方程式に進みます。
最小公倍数25 満点
異分母分数足し算15 満点
異分母分数引き算15 満点
暗記カード12 満点賞100円券
平面図形と比の文章題20
以上で120分です。
f0024310_084051.gif

Iちゃんは、超のんびり屋で寡黙なお嬢さんです。
丁寧できちっとしたやり方ではありますが、何をするのもゆっくりで、そのペースを崩すと物事が上手く運べなくなってしまうようです。

「〇〇なの?」と質問した場合、うなずくだけの返事にも5秒は待つ必要があります。

私はこの子を見たとき、まずとことん“数の学習”で力をつけて、「スピードで処理する」ことを体感させる必要を感じました。
毎度同じことをやっているので、当然記録はどんどん伸びていきます。

かつては「先週やったことをすっかり忘れています。帰ったらすぐに家で復習をされていますか。」と辛らつな内容のご報告もたびたびでした。
そのたびに「やることの全てが遅く、学校の宿題だけで手一杯になってしまいます」と、わが子を見て切ないお母様のお返事も頂きました。

しかし、いよいよの時がやってきました。
待つこと50回目辺りから、たまりに溜まった力が、傍目から見ても分かるように外に向かい始めたのです。
加えて、文章題の力も上がってきたではありませんか。
“処理能力”が脳内の歯車のひとつに加わり、他の歯車と上手い具合にかみ合い、廻り始めたという感じです。

全国の“ゆっくりタイプ”のお子様をお持ちの保護者の皆様。
ご安心ください。
子どもは日々成長していきます。
「はやくはやく」と叱らなくても、必ず早くできるように変身していきます。
ただし、2年間くらいの長い目で見てください。
by youkosodesu | 2010-12-05 00:42 | I(女の子)

相似形・年齢算

Iちゃん(小5)です。
f0024310_0242166.jpg

学習ご報告です。
逆算
約分
約数
分数乗除
素数
以上100問の正解率は100%です。

毎回繰り返しているので、どんどん早くなり、歴代の受験生と比べても決してひけをとりませんので、速度に関してはご安心ください。

文章題は第14回の相似の図形8、年齢算7をやりました。
解説に終始したため、正解率を出すに至りませんでした。

図形はいよいよ「平行線の錯角は等しい」、「対頂角は等しい」などの暗記カード内容がものを言う時期にきました。

問題のひとつひとつに、何故これが相似形といえるのかを言わせて、
[相似の定義]
・対応する線分の長さの比は、すべて等しい。
・対応する角の大きさは、それぞれ等しい。
を意識してもらいました。

年齢算は線分図で解きましたが、Iちゃんは丁寧な図が描けるので分かりやすく、そのことが功を奏したためか、理解が良かったです。
彼女は図解で解くものになると、俄然やる気がアップします。

今日は両単元ともスムーズでした。
では次回。
by youkosodesu | 2010-11-07 00:39 | I(女の子)

懐かしい服

Iちゃん(小5)です。
門から入ってくるなり「学校見学?文化祭?」と思わず尋ねたほど、おめかしをしています。
銀座サエグサかしら、と思ったら、なんとBeBeです。
だんだん子どもファッションも変化を遂げているのでしょうか・・・
私がイメージするBeBeとぜんぜん一致しません。
このデザインは昭和レトロで、とても素敵です。
「ポーズつけてね」と注文をつけ、カメラにおさめさせてもらいました。
f0024310_1926348.jpg

正面からも撮りました。
ローウエストになっています。
太いベルトも。
“ジュニアそれいゆ”に載っているようなデザインです。
f0024310_2241561.jpg

学習ご報告です。
逆算
約分
最大公約数を出す練習
分数乗除
四谷12回の比のところ36問やりました。
by youkosodesu | 2010-10-23 19:25 | I(女の子)

簡単ですが

Iちゃん(小5)です。

おやつ釣堀も久しぶり。
赤いバスケットに入れたら、釣り具が縁に当たって取りにくそうです。
f0024310_14582157.jpg

今日やったこことは・・・

一行問題集下巻の第13回比と比の性質の三周目
しつこく三週にわたって同じところを繰り返しています。

そのほか数学習に時間の半分を当てました。

簡単ですが今日はこれでおしまい。
by youkosodesu | 2010-10-11 15:08 | I(女の子)

場合の数 好調

Iちゃん(5年)です。
久々に登場。
(本日は写真を撮らなかったので、以前のものです。↓)
f0024310_7495624.jpg

この2回で、「場合の数」を完成させようと張り切りました。
この単元はどの子もとっつきが良くて、どんどん進みます。

積の法則は簡単なのでみんな大喜びですが、テクニックとして暗記してしまうのを防ぐため、導入では樹形図も書き、やり比べをしました。
さらに役員選びの際、「重複を避ける為に、分母数をこの数にする理由」に時間を割きました。

本日のご報告です。

逆算48、
約数5、
約分48、
素数2周
分数乗除15

文章題は「場合の数」を引き続き行いました。今日でこの単元は終わりにします。
とてもよくできました。

カード並べ2、
道順1、
役員選び10、
順列7、
塗り分け2、
席順4
即興で作った問題10
以上の36問です。
by youkosodesu | 2010-08-07 18:40 | I(女の子)

いよいよ相当算

Iちゃん(小5)です。
小5になってからは、週一回コンスタントに来ることになったので、学習の予定が立てられるようになりました。

一般的な受験塾に通っているわけではないため、もう一人の個別の先生との兼ね合いを考えながら授業を進めていきます。
f0024310_2039649.jpg

私が担うのは、四谷シリーズです。
毎回一回分ずつ進めていきます。(本日は1,5回分)
5年生は最重要学年なので、とことん分かるようにしておかないと、あとあとが“砂上の楼閣”を招くので、とても気が張ります。
しかし、こちらのリードで受験校の層が決まるのかと思うと、責任の重さに毎回緊張する反面、遣り甲斐もひとしおです。

第11,12回の「円とおうぎ形」を18問(式だけ書き、「計算は家でやってね」と個数を稼いでいます。ここは簡単でつまずきません。約分力バンザイ)
同、結合法則と百分率(計算部分のところ)を11問
同、相当算、繰り返し含み10問

この中で最も時間をかける必要があるのは、今後を大きく左右する単元、「相当算」です。

線分図表現は、思ったより正確に出来ました。Iちゃんは描くセンスがあります。
実数と割合が一致したところを、文中のヒントを頼りに見つけ出すことも出来ます。

しかし、「(例→)5分の2が300円なら、1当たりは300円÷2/5=750円」の式の意味がいまひとつ分かっている様子がありません。「こうするのだといわれれば、その通りにやることは出来る」といった顔つきです。

そこで何故自分量を、それに相当する割合で割った結果が、1当たり量になるのかにほとんどの時間を費やすことになりました。

ほか逆算48、約分24、約数10、素数2周、分数乗除15、累乗24 以上で120分授業です。

最後、私が疲れと緊張でぐったりしましたが、Iちゃんは「疲れた」の一言も発することなく(物静かなので)帰りましたが、大丈夫?
by youkosodesu | 2010-06-12 20:41 | I(女の子)

シリーズ第9回「割合」

*次の土、日曜日は第五週のため、通常授業の方はお休みです。

Iちゃん(小5)です。
いよいよシリーズ第9回「割合」に入ります。

ここは大きな要になるところなので、絶対につまずかせる訳にはいきません。
教えるこちら側にも緊張が走ります。

文章から、基にする量、比べられる量をどうやって見出すかの判別のつけ方、
基にする量はどのような役割を担っているのかを、
30÷5と5÷30を例に、図で示します。
一行問題集のわずか12問ではらちがあかないので、あちこちから30問の基本問題に取り組みました。
f0024310_21323991.jpg
この単元をはじめて学ぶ5年生を教えるたびに、「逆算を、約分を、とことんやらせていてよかった」と毎度思います。
「数の学習」は、受験問題を意識して下降方式で作ったものですが、そろそろ5年生のこの時期から、日の目をみることになります。

「割合」は、相当算、食塩水、損益算とあちこちに波及するため、出だしは慎重に行います。


等差数列の和6
逆算48
約分24
約数10
最大公約数、最小公倍数を、連除法を使わずに目視で答える練習100
以上で120分授業でした。
by youkosodesu | 2010-05-22 21:39 | I(女の子)

等差数列

Iちゃん(小5)です。
f0024310_938185.jpg


シリーズ第7回の、和や差に関する問題を8問。
それらの線分図の表し方をやりました。
同じ金額の増減は、線分の先頭部分で行います。

さらに第8回の等差数列です。今日はここを集中して学習します。
こちらも8問やりました。

はじめの数+加える数×(番目-1)

これを公式として単に「覚えている」お子さんがたくさんいたため、しっかりと理解と結び付けたくて、消去算は次回に見送りました。

口数が少ないのと、表情で読み取るのが難しいIちゃんなので、“黙っている時間”、“聞いてから彼女が(かすかに)頷くまでの時間”を手がかりにするしかありません。

正解率も高く、この等差数列は好感触でした。

一行第8回の小数乗除の問題は、常々数の学習で行っているため、こちらは楽勝です。

ほか、逆算48と約数6も行いました。
by youkosodesu | 2010-05-15 21:29 | I(女の子)

単位量あたりの大きさ

Iちゃん(小5)です。
とうとうお菓子が底を付き、昨日の雨の中をいやいや出向き、大量に買い込みました。(と言っても、ほんの千円)
「今日はいっぱいあるから、オヤツ釣りどう?」と誘い、Iちゃんを乗り気にさせます。

f0024310_18422833.jpg

彼女は今のところ100円分の貯金がありますが、計画的?に使いたいらしく「80円分お願いします」と控えめな申し出により、8センチの両面テープのお買い上げ。
頑張った成果は↓
f0024310_18362967.jpg

差額40円のお得です。

本日の学習ご報告です。
四谷シリーズは突っ込んで「単位量あたり」を扱っていないため、論理エンジンの5年上(P89)を使用します。

問1.プラスチックは200立方cmで320g、材木は140立方cmで280gです。
同じ体積のプラスチックと木材ではどちらの方が重いですか。

重さを比べたい時、かさを比べたい時の式の立て方の違いは、簡単なようですが中学生でもよく間違えます。

今日は単位量あたりの文章題11問と、数学習(逆算48、約分24、約数10、結合の法則20、素数)をやりました。
以上で120分授業です。

ではまた来週。
by youkosodesu | 2010-04-17 18:48 | I(女の子)