カテゴリ:G(女の子)( 12 )

誰と話しているの?

Gちゃん(小3)です。
おやつに肉まんを出したところです。
f0024310_2140182.jpg

休憩時間に、8歳の少女とはどんな会話をしていると思いますか?

「肉まんにショウユつける?からしは?」
「わたしは、いつもつけるよ」
G「じゃ、わたしも」
ここまで言って、私はグビッとヘルシアを飲みほしました。
「体脂肪がすごいからさぁ、わたしは」
G「体脂肪って?」
「外から見えないお腹の中の脂肪かな」
「この前の検査で中性脂肪がすごかったのよね、でもこのヘルシアがだいぶ効いたわー」
ここまで一方的にしゃべってふとGちゃんを見ると、目が
f0024310_21484795.jpg

になっていました。
Gちゃんは小柄なため、外見はとても幼く見えますが、中味は立派に大人会話が通用する子です。だからこちらも、気を使わずにいつも会話を進めてしまいます。
しかし、目がぐるんぐるんになっているところを見ると、今日の会話は良く分からなかったようです。
G「パパもそれ飲んでるよ」
この一言で救われた。会話は成立してたのね。
肉まんがのどに詰まっただけなの・・・?
by youkosodesu | 2007-10-22 22:12 | G(女の子)

年代物 コンパス

Gちゃん(小3)です。
小学校でも、ポツポツ進学塾に通い始めたお友達が出てきたそうです。
そんな中、Gちゃんはマイペースでシリーズ上巻を終わらせようとしているところです。
今日はコンパスの使い方の指導です。
まだ学校の授業で使ったことがないのと、指先が器用に使えないため、円を描くのに難航の模様でした。
今使っているものは、私が中学生のころに買った古いものですが、ステンレス製で、当時としては破格の値段だったと思います。現在に換算すれば、5000円くらいだと思いますが、何年経ってもすごく使いやすいです。
お母様方は、コンパスだけは100円ショップで買わないようにお願いします。私も何度か生徒用に買い求めましたが、とても使いにくいです。
一生使えるので、いいもの(2000円~4000円)を買いましょう。
f0024310_2252639.jpg

おやつは、焼きおにぎりです。熱かったので、ヒーフーいいながらGちゃんは食べていました。
f0024310_2235687.jpg

オジイを見るGちゃんの後姿はなんともかわいらしい。
こんな小さい子が、四谷のテキストのうんと難しい問題を、すらすら解いてしまうのですから・・・「人類は進化していく」を目の当たりにする思いです。
f0024310_2254616.jpg

by youkosodesu | 2007-09-13 22:27 | G(女の子)

また四谷(怪談)シリーズ

Gちゃん(小3)です。
暑い日です。
チューっとまずは一杯。
f0024310_2014527.jpg

さぁ、今日は国語をやりましょう。第七回「話題と要点を正しくつかもう」です。
要点の探し方は、いい事書いてありますね。さすが四谷です。
各形式段落のはじめか終わりに、要点があります。終わりのほうにある場合は「だから」「したがって」「つまり」というような接続語のあとに要点がきます。このように具体的に読み取り方が書かれているので、シリーズはとても良い教材ですが、題材が難しすぎる・・・。(毎度しつこいですが)

出典は吉良竜夫「熱帯の森が消えていく」です。なぜ熱帯森林破壊が進んでいったのか、そして地球温暖化が進んでいくとどうなるのか・・・こわーい話でした。

地球の絵を描き、樹木が根から吸い上げた水分を、葉から蒸発させて、周りの空気を冷やす様子を説明。森林破壊で温度が上昇し、北極や南極の氷が溶けたらどうなっちゃうんだろう、あわや!という話に及んだところで、Gちゃんが「すぐ近くまでカメが流れてくる」といったので、可愛いこと言うなー、と一気に楽しい気分になってしまいました。

コーヒーも控えよう、外食するときでも、“My hashi”を持っていこう、と密かに決意を固めるほど怖いはなし・・・
by youkosodesu | 2007-06-16 20:45 | G(女の子)

指示語の探し方

Gちゃん(小3)です。
四谷大塚国語シリーズ第6回。「指示語を正しく読み取ろう」のところです。
四谷の教え方は非常に的を射ています。
指示語が出てきたら、だいたいその前のほうを探せば出てくるよ、なんていう大雑把な説明ではありません。
①指示語のすぐ後にくっついている単語または文に注目。
②前のほうにそのような単語が出てきている場所は無いかを探す。
③いくつかその箇所を探したら、①の単語を問いかける文を自分で作って、それに答えているような内容を選ぶ。
というように、実に具体的に指示してくれます。

次は本文です。ひまわりは、芽生えからつぼみが開き始めるまでの間は、太陽の方向と共に向きを変えますが、その仕組みについて語っています。まったく「理科」でした。

算数のほうがずっと好きなGちゃんですから、毎回「国語を始めるよ」というとげんなりして、今日の学校での出来事を語り始めたりして、何とか時間を遅らせる努力をします。
しかし、夏休みいっぱいでシリーズ上巻を終わらせなければならないので、「はい、はい、やりましょ」となります。つぶらな瞳のお母様のお顔もちらついて、何とかしなければと、生徒さんとお母様の板ばさみになって苦しんでおります。

f0024310_21392617.jpg

by youkosodesu | 2007-05-24 21:41 | G(女の子)

四谷(怪談)シリーズ

Gちゃん(小3)です。
四谷シリーズ国語第5回です。
動物や昆虫や魚など、「広い意味での生き物」に備わった、種族保存のための知恵、擬態や保護色についてがテーマです。
これにまつわる、最近のぎょっとした体験です。
下の絵は一般家屋の車庫前などに良くある、アコーデオン状の扉です。その中に赤い絵が描かれているでしょう。これ「蛇」です。状態が良く分かるように下に黒ペンでも描きました。
f0024310_23265368.jpg

野川沿いの調布市に住む友人宅に行ったとき、いつもなら開けて入るところですが、そのときは何故か扉には触れず、外から「○○さ~ん」と呼んで、出てくるのを待ちました。出てきた彼女が取っ手に手をかけようとしたとき、私がはじめに見つけました。“ぎゃーーーーー!!”
蛇は完全にスチール製のこげ茶色の金属棒に(色も姿勢も)成りすまして、びんびんに横に直立して(?)頭の部分だけL字型に持ち上げています。そして木の上の鳥の巣箱のヒナを狙っていました。しかし彼女は偉かった。すごく動転しながらも、まもなく巣立つはずのヒナを守るべく、棒に蛇を絡ませて、どこかにポイと追いやりました。

この時期、川べりに住んでいる人は気をつけてください。空いている窓から蛇が入ってくるかも・・・・

全然学習報告になっていません。
by youkosodesu | 2007-05-17 23:49 | G(女の子)

算数進みすぎなので、ゆっくりやります

Gちゃん(小3)です。
本日の流れは、暗記カード、算数一行問題集の第12回「円と長さ」、他に単位交換のカードを作りました。
これからは、再び予習シリーズ第一回に戻り、同じ事をじっくりとやっていくつもりです。それも一学期までに済んでしまったときは、仕方ない、学校教科書の「3年生」を全部終わらせてしまおうかしら。Gちゃんはやる気満々のため、どんどん進みすぎてしまうので、足踏みすることも必要かもしれません。

しかし、国語はまだまだ第四回なので、今後のほとんどは国語に費やすことになりそうです。
f0024310_2021395.jpg

小3(受験) を教えるのは初めてですが、世間では今年の秋辺りから、受験塾に入る子はたくさんいるわけですから、特別なことでもありません。今からこうして学習に慣れておけば、いざというときにスムーズに進学塾に移行できます。
Gちゃんは家庭塾に来るのがすごく楽しそうなので、こちらも華やいだ気分になります。
by youkosodesu | 2007-04-26 20:55 | G(女の子)

四谷シリーズ国語難しい~~

Gちゃん(小3)です。
(当たり前かつ、無用な引用ですが)去年の3月は、Gちゃんはほんの小学一年生(7歳)だったのです。

そんな子どもに・・・難しすぎる・・四谷国語。
過去に小3受験を教えたことはありませんでしたが、前からこんなレベルだったのでしょうか。
出典そのものは、小学校教科書の枠を越えていませんが、ざっと見るとほぼ一年先取りの学習ですし、設問内容が高度です。
これをだれかの介添えなしでやることは、ちょっと無理ではないだろうか、という印象を受けます。
f0024310_7465844.jpg

本日は漢字の「音と訓」です。「湯桶読み」、「重箱読み」などの説明に触れた後、熟語を判別していくことを学習しました。例えば、“楽屋”、“身分”、“生糸”など。大人だって判別が分からない人がほとんどです。
ま、四谷はスパイラル方式ですからまた繰り返すので、今日のところは「漢字の読み方は音か訓、または組み合わせのどれかだ」ということが分かれば良しとしましょう。


もっと大きい学年ですが、「国語を得意にするにはどうしたらいいのだろう」という質問は昔からよくありました。生まれてから一桁年齢までにやっておきたいことをあげます。
①一日数分は、わが子の話を、横からコメントを差し挟まずにだまって聞く
②友達とたくさん遊ばせる
③スポーツなどのチームの輪の中に入れる
④自然体験、旅行もよし
⑤映画、芝居、音楽、絵画に多く触れさせる
⑥読書をする(知識の積み上げには大いに手助けになりますが、感性が育っていなければ、折角の読書も文字の上滑りになってしまうということもあります)

私の中で大切と思う順に書きました。
幼いながらも自分なりの考えが構築できた上で、はじめて他者への共感性が生まれるのです。このことは説明文、物語文のどちらにも必要なことです。

「喜怒哀楽」の感情を育てる実体験無くして、いきなり机上での受験国語学習は、酷というほかは有りません。
by youkosodesu | 2007-04-20 09:37 | G(女の子)

ミルクパウダーのスナック菓子好きなの?

Gちゃん(新小3)です。
到着するなり、「ちょっとGちゃん、台所見たくなーい?」と半ば無理やりに見せる。

とんでもない状況のときに、「見たいなー」といわれたらどうしようという重圧感から逃れたい一心で、望まれてもいないのにいつも無理強いしてしまうなぁ・・・

無邪気に喜んでくれたものの、他人の台所には、まったく興味が無い模様。
そうかぁ、この前のH君同様、子どもは台所になど関心が無いのだ。

じゃA君や大御所Aちゃんは何故?(私には相当のトラウマになっているらしい)

Gちゃんは、「あたしんちは、ここに壁が無い」とひと言ったきり、ほんの2秒で去って行きました。↓台所
f0024310_2016832.jpg

それより、矢印の白いお菓子(ミルクパウダーのキャラメルコーンのような)を大気に入りで、「どこで買ったの?」と興味をもちながら、パクパクと食べていました。
f0024310_22302036.jpg

じゃ、次の生徒さんの授業だからバイバイ。
お母様のお迎えまで、オジイ君と遊んでいてね。
しかし遊ぶどころか、Gちゃんにはまったく見向きもせず、私を名残惜しそうに見つめるオジイ。
f0024310_22354160.jpg

ところでお母様、本日の学習ご報告ですが、四谷シリーズ国語第四回(総合回)を終わりました。
三回目までと比べると、文、設問共に二倍量に増え、私たちはへたばりました。その為、いつものように絵に書いて説明したり、内容にまつわる色々なおしゃべりをするゆとりはなく、時間内に何とか終わらせなければ、と終始あたふたとしていました。(こういうやり方だったら、どこの塾でもやっていたのに、と後で後悔しました)

宿題は第五回と、第六回の問題文を読んでくること、漢字の練習帳を10ページやってくること、以上です。
f0024310_23121836.jpgf0024310_726284.jpg





↑正体不明の“謎の白いおいしいお菓子”の拡大写真

さっきごみくず籠の中から拾ってきました。
メーカーは豆でおなじみの「でん六」。
「ホワイトショコラコーン」と書いてあります。
f0024310_19595472.jpg

by youkosodesu | 2007-04-12 22:59 | G(女の子)

Gちゃん、へこたれません

お知らせ:新学期からの、木曜日18時の募集枠は、お申し込みがございましたので締め切りました。

Gちゃん(新小3)です。
暗記カードが覚えられないよー、と半べそをかいていました。
「じゃさぁ、自分の家の電話番号はどうやって覚えたの?あんな意味のない数字の並びも、毎日馴染んでいるから覚えられたんだから、こちらも大丈夫」と強引に1km=1000m、1ℓ=1000立方cmなどのカードを10枚ほど覚えさせました。

シリーズ算数は3年生ながらもう{=、>、<}がでてきました。なんだか公立の小学校内容とは別世界を歩んでいる感じです。
f0024310_1419558.jpg

by youkosodesu | 2007-03-28 14:28 | G(女の子)

「くもった顔」がうまく出来ません

Gちゃん(新小3)です。
国語の四谷大塚シリーズ第三回。

Gちゃんは、登場人物の「くもった顔つき」にひっかかってしまいました。前後関係でおおよその理解ですすめてもいいのですが、折角早くから受験準備に取り掛かったのだから、こういうことも含めて、細部にもこだわってきちっと教えたいと思います。
この顔を実際にやってみました。しかし難しいですね。"しょんぼり"とも違うし、"心配そう"、"険しい"とも少し違うのです。う~~ん、実際にやるとなると非常に難しい顔です。

続いて本文は、村中李衣(むらなかりえ)の「走れ」です。
国語の授業というのは額面どおりに進めれば、あっという間に解説を終わらせることも出来ますが、国語こそ、他者への共感性をはぐくむ教科ですから、毎回のテーマを題材にして、ぜひ子どもと話したいなと思っています。そのため、つい脱線話に花が咲いてしまいます。

一人で仕出し屋を切り盛りしている、主人公の母親を取り巻く状況は、厳しいものがうかがわれます。だからわが子の運動会にも来られるかどうか分からない、そのことと、走りの遅いことが絡んだ複雑な感情。こういう、理屈では割り切れない感情に共感するのに、あっという間に授業を終わらせてなるものか。
というわけで、ほとんどがテーマに沿ったおしゃべりとなりました。

座っている風情は本当に幼げですが、女の子は8歳でも、こちらと互角に対話が出来てすごい。「恐るべし」です。
f0024310_20323379.jpg

宿題は漢字練習帳10枚、
算数の一行問題集の計算を出来る限り終わらせておく
国語の第4回をすらすらになるまで読む   以上です。
by youkosodesu | 2007-03-22 21:26 | G(女の子)